世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

一流会社で働くボクサー達とアスリート人材への心強いサポート会社

海外のボクサー達は、マルコ・アントニオ・バレラやクリチコ兄弟のように学があるボクサーがいたりします。

また、デラホーヤやフロイド・メイウェザー・ジュニアのようにプロモーターやビジネスでも成功しているボクサーも目立ちます。

日本のボクサー達はどうでしょうか?

元日本スーパーバンタム級チャンピオンの横田広幸は、現役時代はアートネイチャー社の池袋支店の支店長でした。

また、元WBA世界バンタム級チャンピオンの六車卓也は引退後はミズノ社で働き、多くのアスリートをサポートしております。

最近の選手では、元日本ミニマム級チャンピオンの大平剛は大学卒業後カネボウ社で勤務しておりました。しかし、ボクサーと両立するのは難しい為カネボウ社を退職し、アディダスのショップでアルバイトをしながらボクサーとして頑張ってました。

ただ、このような例は珍しくほとんどのボクサーはアルバイトや3Kの職場等(建設会社、リフォーム会社等)で働くことを余儀なくされてます。

プロ野球の世界もそうですが、ボクサー達も一般社会となかなかまじわる機会がないので、情報も入ってこなく、優良企業で働く機会が見つからないのです。

しかし、そんな体育会出身、スポーツ人材をサポートする会社があり、転職に困っている体育会出身者様と人材確保に苦労している優れた企業様、双方の課題解決等を目指しているようなのです。

アーシャルデザイン社がそうなのですが、『アスリートからビジネスアスリートへ。』を合言葉に、競技に全力で励んだ元アスリートの方々とビジネス(仕事)のマッチングを行っています。

既に3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援してきた豊富な実績があり、水泳部出身の方が博報堂グループへの転職をサポートしたり、元力士さんを株式会社白寿生科学研究所に導いたりした実績をもっているのです。

詳細やご登録は↓
3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援|【アスリートエージェント】

しかし、無理な商圏拡大はせず提供できる「質」を優先している為、活動範囲がを東京、神奈川、埼玉、千葉の限定なのです。

10万社以上の中から選抜した弊社だけが取り扱う体育会アスリート限定の求人案件が多数ありますので、東京、神奈川、埼玉、千葉近辺にお住まいの方はサービスをご利用されればいいかと思います。

そして、最後にアーシャルデザイン社のゴールを見てみましょう。

「体育会・アスリート人材が入社後も輝き続ける事」です。 そのため、求人紹介や就活相談に乗るだけでなく、入社前に体育会・アスリート人材向け オリジナル教育研修の実施や入社後のフォロー研修なども責任を持って対応させていただいております。 大学時代スポーツに励んでいた方、スポーツ選手としてご活躍されていた方のご紹介を多くいただけますと幸いです。

あと以前紹介したDYM就職という転職サイトは(10代・20代限定)、10代・20代の方には強力なサポートをいたします。(職歴や学歴問わず書類選考なしで企業面接へ進めるのです。)

従来では必須の書類選考・一次選考が組み込まれていないため、企業の人事の方や社長と直接最終面接をすることが可能なので、正社員として働く機会が目の前にあるのです。

(『書類審査なし』で、いきなり面接まで進める理由はDYM就職のマッチング力の高さと企業からの信頼にあります。だから、おすすめサイトとしてよく紹介されてます)

既卒や第二新卒だけでなく、フリーター・ニート・中卒・高卒など社会人経験の少ない方をも対象としているので、第二新卒・既卒・フリーター・ニート達の96%が正社員としてご活躍されております。

ご登録はこちらから↓
無料登録 DYM就職

アスリートや10代・20代の方には、力強いサポート会社があるのです。これを利用しない手はないでしょう。

※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

井岡一翔の今後に期待

井岡一翔のタトゥ問題は一応決着がつよたようですね。(昨年末の田中恒成との試合で左腕などのタトゥーが露出した状態のまま試合を続行した。試合前にファンデーションをほどこしたが、試合中はがれた)

日本ボクシングコミッションは「厳重注意」処分にしたのですが、厳重注意といってもペナルティーはなく、「次回から気をつけてください」といった感じでしょうか。




日本ボクシングコミッションは相変わらず一貫性がない。

井岡一翔は、「日本に住んでいる外国人ボクサーは、タトゥーを入れていても、日本での試合では、隠すことなく試合をすることが許されている」と言ってましたが、その通りですね。

さらに、外国人ボクサーが日本で試合する場合の制約もない。

また、今回は井岡は試合前は日本ボクシング協会から言われた通りタトゥーを隠してました。(試合中汗で薄くなるのは小学生でもわかるもの)

だいぶん前に辰吉が網膜剥離になった時に、特例で日本のリングにあがったが、あの時のように一貫性がないですね。辰吉や井岡一翔のように、客が呼べたり影響力があるボクサーには寛容と思ってしまうのは気のせいでしょうか?

今回は、井岡一翔がタトゥーを完全除去しなければ日本のリングに立てないぐらいの、厳しい処置を期待してました。

日本ボクシング協会には毅然とした対応を期待したのと同時に、井岡一翔には海外でシーサケットやローマン・ゴンザレス等と絡んでほしいからです。(今エストラーダとやると簡単にKOされるので、もっと強くなってからエストラーダに挑戦すればいいでしょう)





田中恒成との格の違いを見せつけた井岡一翔は、日本で雑魚狩りをするより海外でリアルと絡んでほしいのです。




 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

井上の対戦相手は弱かった

ノニト・ドネアがコロナ検査陽性で、エマニュエル・ロドリゲスの代役で急遽レイマート・ガバリョが立てられました。

準備不足で当て勘の悪いガバリョだが、ロドリゲスが非力なのでどんどん前に来て明らかにガバリョが攻勢。




ロドリゲスのパンチは当たるがパンチが弱すぎてノーダメージ。ロドリゲスは、パワー不足でおいしい相手に成り下がってますね。

ロドリゲスが距離をとりガバリョの圧力を嫌がり、山場もなく、12ラウンドが終わり、ガバリョの判定勝ちですか。(スプリット)

ガバリョは大した相手と戦っていない経験不足のボクサーで、試合も雑で技術的に大したことがないのだが、そんな代役相手に負けるロドリゲス。

ロドリゲスはパンチが弱すぎて、世界の舞台では無理なことが判明したな。




井上が悪いわけではないが、井上の対戦相手は弱いボクサーやロートルが多すぎですね。

だから、カシメロやナバレッテが井上とやりたがるのでしょうね。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

井岡一翔対田中恒成の予想

数日前に井岡一翔対田中恒成の対決が決定しましたね。

この一戦は、田中サイドの方が乗り気で階級を上げてWBOチャンピオンの井岡を狙い撃ちしてきました。

大晦日に両者相見えますが、この対決は畑山対坂本以来の大一番となるでしょう。



両者実績は申し分ないですね。

井岡は7戦目で世界チャンピオンになり、一方田中は5戦目で世界チャンピオンになりました。お互いに、当時の日本ボクシング界での最速レコード。

複数階級制覇としては、井岡は日本人初の4階級制覇を達成し、田中は3階級制覇を達成しております。

戦績は井岡は25勝14KO2敗に対し、田中は15戦全勝9KO。世界戦での戦績は、井岡が16勝9KO2敗、田中は9戦9勝5KO。

戦績と勢いを見れば田中が有利と言う人は多いでしょう。実際、田中の攻撃力は現役日本人ボクサーの中ではNO1。

が、井岡は経験があり負けた試合で学んで強くなってます。また、スーパーフライでは井岡の方が体格的にも有利で、リーチ差を生かせる戦い方もできると予想します。

だから、序盤田中ががんがん出てきて、井岡が中盤からカウンターを当てだし、左ジャブをうまく使いながら出入りし、判定で井岡が勝つと思います。



ただ、それには条件があり 井岡が八重樫戦の前に行った走り込みを今回もすることです。当時は、井岡父が井岡に猛練習を課しましたが、現在は井岡父は練習に関与していないので、以前のように追い込めるかが鍵です。

猛練習ができなかったら、後半井岡は田中の連打につかまるでしょう。加えて、これまで以上に田中が猛練習をして12ラウンド終始手数を出し続けると、井岡は攻防分離の傾向があるのでガード一辺倒にまわり、田中がポイントを積み上げます。

しかし、井岡はきっちりと仕上げ、防御面、距離感、引き出しの多さ、経験、そしてスーパーフライ級での実績で、井岡が勝つと予想します。

いずれにしても、名勝負になるのは間違いない。


 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクサーの減量とダイエット方法

ボクサーはけっこうな減量をします。特に日本人のボクサーは昔からかなりの減量をしてきました。ファイティング原田さん、ガッツ石松等は普通に短期間で 10kg以上落としてますね。

ただ、ボクサーの減量は計量時までに落とすだけであって持続できないのです。前日計量にシフトされた昨今では、おそらくほとんどのボクサーは1日で 5kg以上体重が増えているでしょう。中には、10kg前後増えるボクサーもいるのです。

今回は、そんな減量ではなく正しいダイエット法を書いてみます。私も、20代後半頃からたびたびダイエットを行ってきましたので自身の成功例や身近の人の成功例を列挙します。

以前筋トレで紹介しました、HMBはダイエットにも効果的です。http://www.maywetherj.work/archives/52460017.html 

HMBの正式名称は「βヒドロキシβメチル酪酸」といいます。サプリメントとしては2010年に販売が許可された成分で、医療の現場において入院中の寝たきりの患者さんに投与する事で筋力の低下を抑えたり、リハビリをしている方の筋力増加などの目的で使用されていた成分なんですね。

「HMBはプロテインの20倍効率がいい」とされてます。ダルビッシュがまわりのメジャーリーガーの影響をうけて(自身でも研究した結果)、HMBを使用しております。https://twitter.com/faridyu/status/445363060392214528

こちらに、安くて効果的なHMBのサイトを見つけましたので、ご興味のある方はご覧ください(購入もできます)。

  

ただ、このサプリメントを飲むだけでは筋肉増強・ダイエットはできません。あくまでも筋トレをして筋肉をつけ、脂肪燃焼をさせてのダイエットです。

また、カプサイシンやカテキン等のサプリメントもそうですね。それらを摂取しただけではだめで、あくまでもトレーニングや運動した時の脂肪燃焼をサポートする役割なのです。

なかなか飲むだけでやせるサプリメントはないものです。

しかし、知人たちが楽して成功したサプリメントを1つ共有します。おなかの脂肪を減らすサプリメントとして口コミが広がっているクビレユーグレナが有効でしょう。(2019年モンドセレクション銀賞を受賞)

「体内のダイエットの邪魔をしているデブ菌を減らす」がキャッチフレーズです。簡単に言いますと、腸内フローラを整えてくれる善玉菌であるビフィズス菌・酪酸菌・乳酸菌が入っていて、その効果を助長してくれるユーグレナも入っているサプリです。(腸内には善玉菌と悪玉菌があり、善玉菌が優勢になることで余分な脂肪をため込みにくくなることがわかっているのです)

さらに、脂肪の吸収を抑えるサラシアと吸収をコントロールする植物由来きのこキトサンをも配合し、脂肪が体にたまりにくくしているのです。

口コミでは、
「ただ出すだけじゃ、一時的には体重が減っているように見えても本当の意味でのダイエットにはならないと思っていたので、このサプリには驚かされました。腸内環境がこれほど体質や健康に影響を与えているとは思っていなかったんです。ただ出すだけのサプリではなく、ユーグレナの作用で腸内フローラのバランスを整えて痩せやすい体を作ってくれるサプリなんだと思います。実際、私もCUBIREを飲み始めてから体質が変わったのか、暴飲暴食してしまった次の日でも簡単に体重が増えなくなりました。今体重も少しずつ落ちているところなので、定期コースで購入しちゃいました!!」
といったものがあります。

最安値は公式ページ(初回は465円)↓

私もかなり体重が増加したことがあり何回かダイエットをしたのですが、その時はこのクビレ・ユーグレナを使って内臓脂肪とお腹まわりを落としたことがありました。

これまで、いろいろとお金をかけてきたがイマイチだった方、毎日忙しくてまとまった運動ができない方、頑張ってもなかなか体重が減らない方、まずは2ヶ月間トライしてください。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
記事検索
ギャラリー
  • 5人の日本人キラー
  • 17歳で世界チャンピオンになった防御の天才
  • 1970年代・1980年代と現代ボクシングの違い
  • 神ディフェンスのボクサーと手本となるボクサー
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング