世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

朝倉未来は健闘した

フロイド・メイウェザー・Jr. 対朝倉未来の試合は、超RIZINで拳を交えたが、2ラウンドでメイウェザーがKOした。

前回、那須川は1ラウンドでKOされたことを思えば、朝倉は健闘したと思う。

那須川はメイウェザーに1発ぐらいしか当てることができなかったが、朝倉は3発は当てたと思う。



まず、メイウェザーとエキシビションながら同じ土俵に立てたことが凄い。

メイ自身は、「自分にとって遊び」「朝倉の名前もルールも知らない」と言っているが、日本人ボクサーの世界チャンピオンですら、メイは名前を知らないのが現実。

だから、メイと同じリングに立てただけでも快挙なのです。それも、2ラウンドまで行くのは凄い。仮に、45歳のメイウェザーを相手に、2ラウンドまで行ける日本人ボクサーはいるだろうか?

まして、3発も当てることは至難の業でしょう。

体格の差(朝倉自身、3階級下のメイウェザーのパンチはきかないと言っていた)やリーチ差はあったが、メイウェザーにパンチを当てるのは3発~5発が限度で、それで仕留める戦略をしないと、勝つことは無理。

一方、メイのカウンターを想定して自分が打つ時と打った後のケアをしないと、簡単にKOされる。

パッキャオが、朝倉に防御のアドバイス(打った後の防御)をしていたが、一朝一夕にはいかなかった。




今回メイは、自分よりかなり大きな相手と戦い、それも体重を無制限にした。前回、那須川の時はメイの方が大きかったことばかり強調したが(実は、メイはスーパーフェザー級からスタートしたので、骨格はさほど大きくない)、今回は体重のことにはあまり触れてなかったと思う。

幸いにも、来年またメイが日本のリングに来るので、日本人ボクサーが相手となればと思う。

井上や中谷達は、軽量級なのでメイのパンチで数秒で吹っ飛ばされて終わるので、できればスーパーライト級以上が望ましい。

村田あたりが名乗りをあげれば、話題になるかも。3ラウンドレッスンをつけられて、一発も当たらず、終わると思うが。


 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

但馬ミツロは圧勝・亀田プロモート大成功

亀田興毅は、大阪市の亀田プロモーション社長、3150(サイコー)FIGHTファウンダー、3150ファイトクラブ(現KWORLD3ボクシングジム)初代会長という経営者として、ボクシングイベント「3150FIGHT」をプロデュースしました。

8月14日に自身がプロモーターライセンスを取得して初のイベントとなる「
3150FIGHT vol.3」をエディオンアリーナ大阪 第1競技場で開催したが、「ファイトマネー倍増計画」を公言し、従来のファイトマネーの相場の2倍を「現金」で支払う試みを発表した。

それだけでなく、ファイトマネーを現金で支払うことを約束した。これは、ボクサーにとって非常に嬉しいことです。なぜならば、ボクシング業界ではフィトマネーはチケットで支払われるという悪しき慣習があるからです。



そして、亀田会長のマッチメイクは非常に厳しく、3人のかませ犬が日本人ボクサーを食ってしまった。

まずは、アマチュアで活躍し、サウスポーからの左ストレートを武器に新人王を期待されている野口海音が名もない韓国人・キムデホンに敗れ去った。

サウスポーからの左ストレートで新人では敵がない野口のストレートが、タフで愚直な韓国人には全く効かず、逆に初回にダウンを奪われた。

この韓国人はデビュー戦でアマ経験もほとんどないのだが、試合前から愚直にダッキング等に防御を繰り返し、野口の左ストレートを時には避け、時には耐え、エリート日本人を食ってしまった。

続いて、元世界ランカーの大沢は2階級下の元世界ランカーのジョー・サンティシマに圧倒された。同じ世界ランカーでも、日本人とフィリピン人ではレベルが違い、たとえ2階級違っても日本人は非力。

サンティシマは、大沢の非力さを感じた後、プレスを強め3ラウンドに左フックでダウンを奪った。4ラウンドは、大沢が左ジャブをコツコツ当てるが、サンティシマが強い右ストレートや左フックを当て、挽回される。

大沢が10発当てても、サンティシマの1発でチャラになるほどパンチ力が違いすぎる。2階級違うのにもかかわらず。

大沢はすぐにKOされると思った矢先、5ラウンドでジ・エンド。

次の試合の宮崎亮はもっと悲惨。

相手は、パナマのアサエル・ビリャル。世界ランカーというが、膝や肩が固く、上体が突っ立っており、フォームはぎこちないパナマ人。

アサエル・ビリャルは、当日体重は57キロまで戻しており、パンチは強く硬いがスピードは?。

が、宮崎は余裕をかまして防御している時にテンプルにいいのをもらい、その後連打で1ラウンドでKO負け。



メインの但馬ミツロは流石だった。韓国チャンピオンのイ・ソンミンをあしらい、50秒過ぎから強いパンチを打ち、高速連打で相手を軽くKO。

韓国チャンピオンは、「あっという間に仕留められた」と絶望していた。

ヘビー級はやはり凄い。井岡一翔がニエテスに勝った試合や井上尚弥がドネアを倒した試合がかすむ。

興行自体は、音響や照明にお金をかけており、前座の試合から入場に盛り上げており、華やかだった。また、試合後のインタビューもあり(通路等ででも)、ボクサーはやりがいがあったでしょう。

亀田のプロモートは大盛り上がりで、大成功に終わった。今後は、多くのボクサーが参加するだろう。



 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

予想通り井岡が勝った・勝因も的中

WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔がドニー・ニエテスを相手に5度目の防衛戦を行い、判定で防衛しました。

4階級制覇同士の対決を制し、井岡は3年半前のリベンジに成功しました。3年半前は、判定こそ2-1でしたが、ほぼ一方的に井岡は負けました。KOされたかけた場面もあり、逆に井岡のパンチはほとんど空を切り、当たってもきかすことができなかった。



この3年半で何が変わったのか?

前回のブログで記しましたが、
ニエテスが40歳で劣化したのが大きいでしょう。ニエテスのような試合巧者でテクニシャンは、ドネアタイプに比べ年齢の衰えはまだましです。

それでも、40歳はきついでしょう。加えて、所属ジムが閉鎖してあまり練習をしていなかったようです。40歳で非力なニエテスが、あまり練習をしないで試合をすると、当然後半スタミナを切らし、防戦一方になります。

逆に井岡は、ニエテスに敗れた後パリクテ、田中恒成と試合をして成長しました。

3年半どう練習したか、誰と戦ったのかが全然違ったので、井岡が判定で勝つと前回のブログで断言できたのです。




井岡はこの後ローマン・ゴンザレスやエストラーダ達と試合をする構想ができました。

スーパーフライ級はバンタム級と違ってレベルが高いので、楽しみです。もし、エストラーダに勝てば(99%ない)、ショボいバンタム級を飛ばしてスーパーバンタム級で戦ってほしいものです。


 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

井岡がハードなマッチメイクをしている

井岡一翔が所属する志成ジムが、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔が7月13日に東京・大田区総合体育館で、ドニー・ニエテスを相手に5度目の防衛戦を行うと正式発表した。

ともにミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級で世界王座を獲得しており、4階級制覇同士の対決となります。(試合は当日午後9時からTBS系列で全国生中継)



3年半前に両者はマカオでWBO世界スーパーフライ級王座決定戦で戦ったが、ニエテスが2-1の判定で勝利致しました。(実際は明らかにニエテスが勝っていた)

その後、ニエテスがタイトルを返上し、井岡がパリクテを破って日本人初の4階級制覇を達成し、その後4度の防衛を重ねた。

さて、今回の再戦だが井岡は再度ニエテスに敗れるのか?

おそらく、今回は井岡が勝つでしょう。

理由は、ニエテスはもう40歳だし、ジムが閉鎖してその後練習ができているかどうかが疑問です。また、初対決以降は井岡の方が強い相手と試合をして経験を積んだのが、大きいでしょうね。




井岡はこれまでもニエテス、パリクテ、田中恒成と試合をしており、現役日本人ボクサーではダントツに強い相手と戦ってますね。

井岡はこれをクリアすると、年末にローマン・ゴンザレスとの試合を計画中。

井岡は既に33歳だが、今後は日本を出て、エストラーダやスーパーバンタム級の王者達と戦えばいいでしょう。


 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

井岡の試合は素人にはわかりにくい

大晦日のWBO世界スーパーフライタイトルマッチで、井岡一翔が福永を3-0の判定で破った。

多くの人は、福永が善戦し井岡の攻めに物足りなさを感じただろう。

しかし、技術のあるボクサーや動体視力のいい人がこの試合を見れば、井岡の圧勝でほとんどのラウンドを井岡がとっていたことがわかるだろう。(115-113をつけたジャッジは、ボクシングを知っているのだろうか?)

逆に、素人や技術の低いボクサーは、井岡の試合を見るのは難しい。




福永は積極的に見えたが、なぜもっと徹底的に攻めなかったのか?これは、井岡がわざと攻めさせていたからで、井岡のカウンターの気配があり、行けなかったのだろう。

序盤福永は攻めてポイントを取っているように映ったが、実際井岡はパンチを殺していてクリーンヒットは僅かだった。

中盤から井岡は完全に福永のパンチを見切り、コンパクトにパンチを当てていたが、後半敢えて倒しに行かなかった。

その理由は、カット等の負傷を恐れていたのだろう。そして、アンカハス対策として色々試したかったのだろう。

井岡の前足は、常に福永の前足の外側に置ていた。そして、福永が入ろうとするとノーモーションの右を当てていた。

お互いパンチを探っている時は、井岡は目線を相手の目から胸や腹に移したりし、目でのフェイントも使い、福永を攪乱していた。

派手なKOをするボクサーは強く見えるが、穴がある事が多い。逆に、井岡のように防御が良く、引き出しの多いボクサーは、強く映らない。



今回の試合は、いいアンカハス対策になったでしょう。

アンカハスと、技術戦になるかと思うが、好勝負は間違いないと確信した!


 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
記事検索
ギャラリー
  • 日本ボクシングは中止だが海外は動く
  • 5人の日本人キラー
  • 17歳で世界チャンピオンになった防御の天才
  • 1970年代・1980年代と現代ボクシングの違い
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング