前回がっかりさせられた井上には今回もがっかりさせられた。あんなにパンチのないボクサーも珍しいし、あれだけあてても倒せないボクサーも珍しい。わざと倒さないようにしtれるのか?と思ってしまうほど、倒せないのですw 5ラウンドにレフェリーがおなさけでストップしなかったら、大凡戦になっていたでしょう。

一方、村田も今回の相手はアメリカ人だったので倒すのが難しかったようだ。日本王者が相手のようには行かなかった。しかし、村田は井上と違ってパンチがあるし、パワーもあるので倒せなくても眠たくはならない。井上は親の影響が強いので、のびしろは少ないでしょうが、村田はアメリカでトレーニングをしたり、キューバ人がトレーナーとしてついたりしているので、もっともっと強くなるでしょう。

村田は、他の日本人ボクサーと違って、1番強いチャンピオン・ゴルフキンに挑戦したいようなので 応援したくなりますね。でも、今日のような試合をしていれば、速攻KOされるのがおちです。

続いて、八重樫とソーサの一戦ですが、ソーサはアナウンサーが言うほど強いとは思えない。ロデル・マヨールに2ラウンドでTKOされているし、李にも負けかけたし。そんなスローなソーサ相手に八重樫が眠たい試合をしていたので、途中で眠ってしまいました。少し前に起きてネットで結果を見るとやはり判定。

亀田大毅の試合も眠たかったが、最近の日本人ボクサーの試合は睡眠薬のようだ。

     
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村