世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2013年12月

先日、岩佐と椎野の試合を見たが予想通りの岩佐の圧勝だった。1ラウンドこそ、岩佐をのけぞらしたりしたが、いかんせん近い距離しかうてないイージーな相手なので、岩佐にあそばれるのに時間がかからなかったようだ。3ラウンドからは椎野はサンドバックのように打たれ続け、5ラウンドに左ストレートをうけて、吹っ飛ぶようにダウン。この後、連打をうけあっさりと撃沈。それにしても、なぜ椎野はOPBFチャンピオンかわからない。全くのミスマッチでした。

岩佐は弱い相手には本当に強い。しかし、接戦になった時や後半に弱さを露呈するので、それらを克服すれば世界は遠くないと思う。あと、もっと右フックを効果的に打てばいいのですが。

まあ、山中戦の敗戦や前の前の試合(フィリピン人)で後半KOされかけたのをしのいだこと等で、成長はしたでしょう。今一番世界に近い日本人ボクサーだと思うので、頑張ってほしいです。願わくば、亀田兄(モレノから逃げてスーパーフライ級に行ったから無理)か三男からベルトを奪って、モレノと試合をしてほしいですね。

     
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

前回がっかりさせられた井上には今回もがっかりさせられた。あんなにパンチのないボクサーも珍しいし、あれだけあてても倒せないボクサーも珍しい。わざと倒さないようにしtれるのか?と思ってしまうほど、倒せないのですw 5ラウンドにレフェリーがおなさけでストップしなかったら、大凡戦になっていたでしょう。

一方、村田も今回の相手はアメリカ人だったので倒すのが難しかったようだ。日本王者が相手のようには行かなかった。しかし、村田は井上と違ってパンチがあるし、パワーもあるので倒せなくても眠たくはならない。井上は親の影響が強いので、のびしろは少ないでしょうが、村田はアメリカでトレーニングをしたり、キューバ人がトレーナーとしてついたりしているので、もっともっと強くなるでしょう。

村田は、他の日本人ボクサーと違って、1番強いチャンピオン・ゴルフキンに挑戦したいようなので 応援したくなりますね。でも、今日のような試合をしていれば、速攻KOされるのがおちです。

続いて、八重樫とソーサの一戦ですが、ソーサはアナウンサーが言うほど強いとは思えない。ロデル・マヨールに2ラウンドでTKOされているし、李にも負けかけたし。そんなスローなソーサ相手に八重樫が眠たい試合をしていたので、途中で眠ってしまいました。少し前に起きてネットで結果を見るとやはり判定。

亀田大毅の試合も眠たかったが、最近の日本人ボクサーの試合は睡眠薬のようだ。

     
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ