世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2014年03月

八重樫の次の対戦相手は、高山に負けたロドリゲスにも負けてるし、ルイス・コンセプションにもたった2ラウンドでTKOされている。どうせなら、ルイス・コンセプションかエルナン・マルケスを選んでほしかった。こんな相手を選んでいたら、いざロマゴンとやるとなったら、ギャップがありすぎて対応できるだろうか?

そういえば、山中の次の対戦相手も亀田三男に負けた相手(判定でひと悶着あったようだが)。そして、この2人の対戦相手に共通しているのは直近の試合はいづれも負けているw

最近の日本人世界チャンピオンは、弱い相手を選ぶのが好きな傾向にあるようだな。また、向井や井岡や亀田兄のように正規の階級より落として世界挑戦するのも好きな傾向もある。

そんなやり方で勝っても、嬉しいのかな?
   
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

トレーナーとボクサーの関係はとても重要な要素である。日々の技術面、精神面、練習におけるモチベーション、試合当日の戦略面、等云々。

信頼できるトレーナーと離脱し落ちぶれていったタイソンや辰吉の例を見ればそれがわかるだろうか? 逆に、パッキャオはローチと出会って開花したし、薬師寺もマッククリハラと出会わなければ辰吉に勝てなかったでしょう。

今、日本のボクシング界には信頼できるいいトレーナーは少ないでしょうね。数少ないいいトレーナーの中では、高山のトレーナーの中出は他の日本人トレーナーよりは秀でているようだ。中出の技術面等はわからないが、少なくとも高山が半端でないほど信頼しているのは十分わかる。信頼しすぎているといったほうがいいかな? 今、日本のトレーナーで選手からこれほどの信頼をうけるトレーナーがいようか? しかも、海外でも勝てる本物の世界チャンピオンから・・・・
  
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

先日見事にKOされた下田ですが、国内では一応天才タイプのようですね。でも、日本の天才はアメリカ、メキシコ、フィリピンにはごまんといます・・・・

下田のニックネームは「シュガー」のようだが、これはレナードの真似ですか? レナードと下田とでは、月とスッポン、ダイヤモンドと糞ぐらいの差ですねw まあ、シュガーを名乗りたいのなら、砂糖にしておけばいいでしょう。

しかし、日本人ボクサーのニックネームは大げさなのが多すぎる。大橋秀行なんかは「150年に一人の天才」と言われていたが、張正九に二回もKOされ、あげくリカルド・ロペスに子ども扱いされてましたっけ。

亀田長男は、「浪速の闘犬」って言われてたが、なんか逃げ回ってばかりいるようですが。細野はバズーカと言われているようだが、相手が一流なら全く当たらない(泣) 井上の怪物くんは、???

西岡は、一時スピードスターと名乗っていたが、ドネアに比べれば超スロー。また、モンスターレフトの左も、ドネアから言わせれば、「全くパンチのないボクサー」のようです。 

その点、具志堅の「カンムリワシ」と辰吉の「浪速のジョー」は、しっくり言ってますね。

でも、外人ボクサーの「アイアン」「ヒットマン」「パックマン」「マネー」「死刑執行人」「童顔の暗殺者」「テリブル」「悪魔王子」等は、しっくり行き過ぎてる!!!
  
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ