八重樫はローマン・ゴンザレスと試合をするつもりですね。凄い勇気です、敬服します。思えば、八重樫は過去にもイーグル京和という強いチャンピオンに挑んだ経験もあるのでですね。

思うに、過去強いチャンピオンに挑んだり強い挑戦者を迎え撃った日本人は希少なのですよね。IBFやWBOがなかった時代はやむをえなかったのですが、2000年に入って以来は数えるほどでしょうか?

例えば、ドネアに挑んだ西岡やロマゴンにベルトを奪われた新井田、またはロマゴンに挑戦した高山、そしてゴロフキンに挑戦した石田でしょうか。そうは言っても、ほぼ100%玉砕する試合を組む日本人ボクサーはほぼいなくなり、井岡でさえロマゴンを回避したし、内山もガンボアとやれたかと思うが実際にはやっていない。

それを思うと、八重樫の勇気は素晴らしい。雑魚としかやらない亀田、ロートルとしかやらない山中あたりとは大違いだよね。

    
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村