井岡惨敗。明らかに井岡がとったラウンドは無かったですね。しいて言えば、5ラウンド・8ラウンド・9ラウンドかな?

1ラウンドを見て「こりゃ井岡は勝てない」と思いましたね。井岡は基本的に自分より小さな相手にしか勝てないし、アマ時代に負けた教訓を生かしていないし、パワーが全然違った。

一人だけ井岡につけたジャッジはいたけど、ボクシングを知っている人なのかな? 途中、タイ人に目の前でアリ・シャッフルをやられたり、メイウェザーばりノディフェンスをされたりと井岡はいいとこなしでした。井岡のクリーンヒットはあまりにも少なすぎでした。おそらく、あまりのパンチのなさからかタイ人は余裕をもってしまったのでしょうね。前の対戦相手がパンチがあったフィリピン人だったので、井岡ではさぞ楽だったでしょう。井岡陣営は、このタイ人が一番弱いチャンピオンと思って挑戦したと思うが、井岡の実力はそんなもんなんです。フライ級では10位にも入れません。

今後は、負けるのを怖がるのでなく、強いボクサーと対戦しないと井岡は強くなれないでしょう。ロマゴンやエストラーダだけでなく、ブライアン・ビロリアやマルケスやコンセプションやムザラネ(ドネアにKOで負けてますが)等対戦相手はたくさんいます。

蛇足ですが、テレビ放送では3階級の事を強調するも先に3階級した亀田長男のことを一切触れなかったのには笑える。日本最速3階級って、そればかり言ってましたね。

   
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村