世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2015年04月

リングマガジン誌のパウンドフォーパウンドで現在4位に輝く、ローマン・ゴンザレスは42戦全勝36KOと戦績も凄い。日本人相手では、天才・新井田を滅多打ちにして4ラウンドで葬り去り、スタミナのお化けの高山を消耗させての判定勝ち、八重樫を9ラウンドでKOとその強さを見せ付けてます。

パンチが多彩で、上下のコンビネーションが巧みで、連打のレパートリーも多いうえ、ディフェンスもなかなか上手と穴がないように思えます。

ロマゴンを攻略できるボクサーはいないのだろうか? 数人いるように思いますね。

例えば、ミニマム時代のロマゴンを攻略できるのはリカルド・ロペスでしょう。八重樫のようにアウトボクシングをあきらめたりせず、きちんと距離を保ち、ロングレンジからのストレートやアッパーを放ち、後半にしとめるような展開が想像できます。

ロマゴンのジュニア・フライ時代なら、張正九でしょう。張正九ならとにかく乱打戦にもっていき、あのロマゴンをも消耗させられるでしょう。高山のように、逆に消耗させられるようなこともないはず。

そして、フライ級のロマゴンならフライ時代のドネアが真っ先に浮かびます。ドネアのスピード、ジャブで翻弄され近づけば右ストレートをぐさぐさ刺され、滅多打ちにされるかもしれません。

しかし、今はこんなボクサーは軽量級にはいないので ロマゴンの天下はしばらくは続くでしょう。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

亀田和毅がWBA王者のマクドネルと試合をする為、亀田和毅がWBOのベルトを返上し、その返上されたベルトを以前佐藤に完封された赤穂と和毅にKOされたプルンアン・ソー・シンユーとが争うようです。なんか低レベルな試合の感じですね。和毅もどうせやるのだったら、パヤノとしてほしいですね。弱い相手としか試合をしない山中よりはずっとましだが。

IBFのほうは、カバジェロがけがをしているので、岩佐とハスキンスというトリッキーなボクサーと暫定王者決定戦をやる動きのよう。

何か決定戦ばかりですね。もし赤穂と岩佐が決定戦で勝って、和毅がマクドネルに勝てばバンタム級を日本人ボクサーで独占ということになるのかな? 仮にそうなって、テレビでこの4人がゲストかなにかで出演したら、ややこしくなりますね~ 世界バンタム級チャンピオンの山中選手です。続きまして、こちらも世界バンタム級チャンピオンの亀田選手です。続きまして、またまた世界バンタム級チャンピオンの赤穂選手です。最後に、えーーと 岩佐選手もバンタム級の世界チャンピオンです。

そのうち、他のゲストがWBAとWBCがセリーグで、IBFとWBOがパリーグみたいなものですよね とかしったかぶったりして。

こうならないように、山中・亀田・赤穂達は試合をして 同階級の日本人世界チャンピオンを1人にしようとしてほしいものです。山中は絶対にやらないと思いますが。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシングの戦績はあまりあてにならないですね。

自分より弱いボクサーとばかりすれば全勝になるし、ホームタウンデシジョンが酷いので(日本人同士の戦いでも)負けた試合でも勝ちになることが多々あるからですね。

以前、他の人のブログで東日本新人王が1勝11敗のフィリピン人ボクサーに負けたという記事を読んだことがありました。また、最近でも池水という12戦全勝のボクサーが19勝12敗のこれまたフィリピン人ボクサーのヤップに負けました。

こうして弱いけど戦績をうまく作るのは日本だけでなく海外でもわりとやっていて、こうしたボクサー(弱いけど戦績がいい)に目をつけランキングに入れて対戦者にしたてあげることがひじょうに多いので、げんなりすることがとても多いですね。

大事なのは質のいい対戦者、 そんな対戦者にどんな戦いをしたのか、そしてそれを糧に成長して行くのが大事だと思うのですが、なかなかそんなようにはいかないのが現実です。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

以前、白仁鉄とジュリアン・ジャクソンのことを次のように書きました。

アジア人最重量級チャンピオンの白仁鉄がジュリアン・ジャクソンに3ラウンドでKOされている。白仁鉄は戦26連続KOするほどアジアでは敵がいなかった (宮田、堀畑、田島達は簡単にKOされている)。が、ジュリアン・ジャクソンには3ラウンドにつかまり、左フックで吹っ飛ばされてダウンを喫し、なんとか 立ち上がったがコーナーまで簡単につめられストップ負け。

そんなジュリアン・ジャクソンもジェラルド・マクラレンには、2度KOされている(5回TKP負けと1回TKO負け)。そんなハード・パンチャーのマクラレンもナイジェル・ベンに強烈にKOされ、試合後意識不明に陥り、近くの病院へ搬送された。脳内出血が確認されたので、緊急手術が施され、幸い一命は取りとめたものの、半身不随・失 明、24時間の看護が必要な状態となってしまった。

現在の日本人同士のボクシングの試合はスポーツ感覚で見られるが(パンチがなく、アマのようだから)、世界のハードパンチャーの試合は、格闘技以上なのである。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ