世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2015年09月

井岡は弱いアルゼンチン人と試合をして勝ったようですが、これって防衛と思っていいの? 一応、井岡は正規王者だから防衛でいいかもしれないが、スーパー王者のエストラーダとは試合をしないのでしょうか? 井岡は以前 ローマン・ゴンザレスから逃げましたが、エストラーダにも恐れをなしているのか?

そのエストラーダは、ハードパンチャーの元WBA世界フライ級チャンピオンの難敵タイソン・マルケスと防衛戦をして見事に10ラウンドでKOしてます。このエストラーダは井岡と違って、強敵とよく戦ってます。ジュニア・フライ時代はローマン・ゴンザレスに挑戦したし、フライ級のタイトル(WBAとWBO)はブライアン・ビロリアから奪取してますし、防衛戦では当時無敗のミラン・メリンドともやってます。井岡レベルでは、絶対に勝てないからエストラーダとやらないほうが懸命でしょう。だから、井岡はWBA格下チャンピオンと名乗るべきでしょうね。

ちなみに、井岡対アルゼンチン人との試合とエストラーダ対マルケスの試合ではレベルが違いすぎ。冒頭でも述べたが、井岡の試合って世界戦?っと思わざるをえない。

セミでは、高山が原と試合をしてKOしましたが、高山は日本人とはやらないほうがいいでしょう。このところ、小野や大平等日本人とやってますが、もう日本人とはやってほしくはありません。理由は、日本人ボクサーは弱いから弱いものいじめにみえてしまうから。高山は、昔ロマゴンやイーグル京和やジョイ等強者に挑んでいました。それが、井岡同様弱い対戦者を選んでいるようにみえて仕方がない。

雑魚狩は井岡、山中、亀田兄にまかせて、高山は今後ジョイに勝ったブドラーや38戦全勝のミナヨーティンと試合をし、その後ジュニア・フライ最強のドニー・ニエテスに挑んでほしい。高山は雑魚狩をする必要はない。井岡、山中、亀田兄は格下に勝つ技術に長けているが、高山は格下だとどうも力が出せない傾向がある。人には向き・不向きがある。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

今日、山中対モレノの試合をyoutubeで見ましたが(山中は興味のないボクサーなので(弱いボクサーとしかしないから)、ダルチニアン戦以来となるのかな?)、山中の引き出しの少なさに驚きました。

モレノのことは関係者の方から、「壊れている」「もう終わったボクサー」と聞いてました。そして、実際以前に比べて錆付いているように見受けたが そんなボクサーですら山中は左を当てられない、距離をコントロールされている、ぐらつかされる(9ラウンド)、明白にとったラウンドはほとんどない 等、低レベルさを露呈してしまった。まあ、日本以外なら判定でモレノの勝ちだったでしょう。最初の4ラウンドで山中優位はないし、5ラウンドから9ラウンドはモレノがとったでしょう。まあ、モレノは12ラウンド戦える力がないので、山中は助かりました。

あと、アナウンサーが頂上対決を連呼していたのには違和感が感じましたね。モレノは、1年前にパヤノに負けてチャンピオンではないのし(モレノはそれ以来試合をしてません)、カバジェロがいるのに、何が頂上対決なのか? 

マスコミの異常な持ち上げは今に始まったことではない。それにしても、山中に判定で勝つのは難しい。亀田兄弟に判定で勝つより難しいのでは?
 
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

河野の会見中に亀田兄が乱入するというハプニングあったようですが、ネタ作りかなと勘ぐってしまいます。河野陣営は、亀田が乱入するということは頭になかったのでしょうか? 簡単に乱入させるというのは、ちょっとお粗末すぎませんか? まあ、河野は華がないし、人気がないので 話題づくりの為にセットしたんじゃないの?

河野って、「かわの」か「こうの」かどっちっと聞く人が多いほど知名度がないボクサーなのですね。だから、話題作りをしているように見えてしまう。亀田と戦うことによって、やっと注目された苦労人。

やっと注目された河野も、亀田に簡単にアウトボクシングされて、負けるでしょうね。でも、河野の一生の晴れ舞台です。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ