世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2015年11月

ボクシングはどうすれば人気が出るのか?

ラグビーのワールドカップで、日本代表が3勝したので最近ラグビー人気が出てきている。3勝のうちの1勝は世界ランク3位の南アフリカなのだから、人気が出るのも当然だ。

ラグビーはボクシングと違って体重制限がなく、番狂わせが少ない競技なのだが、今回の3勝はどうしたことか?まずは、エディー・ジョーンズがヘッドコーチとなったのが大きいでしょう。エディー・ジョーンズは母国オーストラリアを準優勝に導いた実績もあるそうで、とにかく厳しい練習を課すそうです。パス練習中にしんどいサーキットを入れたり、筋力トレーニングも大きなボールを使ったり、自転車をこぎながらおもりをあげたりと とにかく試合を想定し、心拍機能をあげることを課したのです。そうです、試合中は疲れているのでバーベルをあげるのも疲れている中であげた方がより試合に近いのです。また、ラグビー用のGPSを選手につけさせて走った距離やコースや選手がぶつかった時の衝撃等をチェックしたりもしたのです。そういったデータを集めまくり、また外国人のコーチ(ジョン・プライヤー?)が分析してました。さらに、主将のマイケル・リーチ(ニュージーランド出身、現在は日本国籍を取得)がフィフティーンを体をはったプレーでぐいぐい引っ張ったのも大きかったでしょう。

ラグビー日本代表の活躍で、どうすればボクシングも人気が出るのか? また、どうすれば強くなれるのかのキーワードが出ているかと思います。

やはり人気を出すには、世界一流に勝たなければいけません。偽者のチャンピオンばかりでは人気が出ません。モレノレベルならきっちりと倒す、また口ばかりではなくきっちりとスーパーチャンピオンのエストラーダに勝つ、そんなボクサーが出てくればファンが認め、またボクシングに興味がなかった人もボクシングに興味をもち始めるでしょう。

そして、そんな強いボクサーを作る土壌にはやはり外国人が必要でしょう。スパーリングパートナー、トレーナー、戦術的なトレーナー、マッチメイカー等外国人の力が必要なのでは? と思います。

今まで全然駄目だったので、抜本的に変える必要があるのではないでしょうか?
 
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

パウンド・フォー・パウンド

メイウェザー・Jrが引退した後、ローマン・ゴンザレスがパウンド・フォー・パウンドのトップに躍り出ました。44戦全勝38KO、軽量級といえど3階級制覇し、ほとんどの軽量級の強いボクサーに勝ってきているので当然といえば当然。

世界チャンピオンになったのは、2008年9月(当時21歳)で相手は安定王者の新井田。新井田は左フックの連打等かなりアグレッシブにうつが、パワーの差が激しすぎ一方的に打たれて4ラウンドでレフリーストップ。完全に大人と子供。その後、4団体制覇の高山、現WBA・WBO王者のエストラーダ、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア、ロッキー・フェンテス、ブライアン・ビロリア等強い相手に圧勝している。

軽量級のボクサーでこれほどまでに強いボクサーはといえば、リカルド・ロペスを思い出す。52戦51勝1分の成績だけでなく、ロペスはほぼ全ての試合を完璧にコントロールした。ロマゴンが若き日、成熟前に新井田に圧勝したように、ロペスも大橋を子供扱いした。ロペスのパンチはモーションがないうえ、肩をきちんといれてくるので、見た目以上に見えにくいようで、大橋は左フックや右ストレートをもらいまくっていた。

ただ、ロペスはロマゴンのように階級を上げることをせず(50戦目にIBFライトフライ級王者になった)、アンディ・タバナス、ビラモア、ロッキー・リン、アレックス・サンチェス、アルバレス等を相手に防衛を重ねた。(個人的には、マイケル・カルバハルとしてほしかった)

この二人は、タイプが違う。ロマゴンは硬いガードでプレッシャーをかけて、アッパーを交えたコンビネーションで倒すのだが、ロペスは打たれるのをひじょうに嫌い、ガードを高くあげつつフットワークを使い、ダッキング、ヘッドスリップも使う(ヘッドスリップはあまり使わない印象があるが、ビラモアをKOしたアッパーの前に、いいタイミングでヘッドスリップしている)。要は、ロペスは相手には打たせずに自分だけ打つ。完璧な勝ち方をする。

もし、ロマゴンとロペスが戦えば(共に全盛期、ミニマムかライトフライで)、おそらくロペスがポイントアウトしているであろう。ロペスは距離を自在に操れるからだ。そして、遠距離からでも素早いステップイン&伸びるパンチ(肩をきちんといれる為)でどんどん的確なパンチを打ってくるのである。距離が遠い上にフェイントを巧みに使うので、ロペスからカウンターを取るのは至難の業でしょう。さらに、ロペスはクーヨ・エルナンデスとナチョの教えを受けており戦術にも長けているのですね。

しかし、実際は戦えないのでどちらが勝つかはわからないが。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
記事検索
ギャラリー
  • 5人の日本人キラー
  • 17歳で世界チャンピオンになった防御の天才
  • 1970年代・1980年代と現代ボクシングの違い
  • 神ディフェンスのボクサーと手本となるボクサー
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング