世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2016年08月

名城、坂田、河野、高山、この4人のボクシングスタイルはひじょうに似ている。相手のふところに入り、手数で圧倒し、豊富なスタミナで相手を崩していく。美しさはなく、見た目は不細工だが、相手からすればとてもやりにくく、日本人ボクサーの利点を生かしたスタイルだ。

しかし、世界レベルのボクサーからすれば、こんなボクサーはおいしく、簡単に料理ができる。速いリードジャブ、入ってくればストレートやアッパーのカウンターでおこし、連打をうち、なぶり殺していく。ドネアなんかは、こんな相手を簡単に料理していた。

この中で、唯一高山だけが世界で通用している。理由は海外で世界レベルの練習を吸収し、世界レベルの相手とスパーをし、また海外で世界レベルの相手と試合をしたから、経験とひきだしが豊富になった。

関係者から聞いた話だが、高山はフィリピンのアジア一の名門アラジムで修行をしている時、日本人キラーの強打のロッキー・フェンテス(高山より2階級上)とスパーをした時、ロープの端から端まで吹っ飛ばされたようだ。また、ほとんどのボクサーが日本人とは違ってパンチがあるので、肉体改造の必要性を感じ、体感を強化し、強打にあっても耐えられる肉体を作ったと伺った。

さらに、南アフリカやメキシコ、フィリピンで数々の試合をし練習法をとりいれ、また試合をのかけひきも覚え、引き出しを増やしていった、

だから、試合中ちょっとやそっとではあわてない。ローマン・ゴンザレスと12ラウンドやりあったし、ロマゴンが嫌がっていたジョイと2回も12ラウンド打ち合い(しかも敵地南アフリカで)、フィリピンのアラジムで、ドニー・ニエテスやロッキー・フェンテス、超一流のフィリピンのアマボクサー達(日本人チャンピオン程度なら序盤で簡単にKOするレベル)とスパーや練習を一緒にしていたのだ。

河野は、先日の亀田戦で一皮むけたように見えたので、今度のコンセプション戦は期待している。これまでの相手の中では、間違いなく一番の強打の持ち主だ。コンセプションは30歳を超え、またタイソン・マルケスに2連続KO負けをするなどして、峠を越えてはいるが、河野の勇気のある決断は評価したい(井岡とは大違い)。ただ、八重樫のように玉砕戦法ではなく、しっかりと勝つ可能性のボクシングを練って、挑んでほしい。

   
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

亀田興毅がデビューした2003年は、日本ボクシング界は超低迷していた。畑山が世界チャンピオンでなくなり、人気のない徳山が世界チャンピオンであり、その後実力のない日本人が世界チャンピオンにどんどんなっていき、ボクシングがテレビで放映されなくなっていく過程であった。

そんな中、亀田家が様々なパフォーマンスをやり、注目され、ボクシング人気を支えた。もし、亀田家がいなかったら、日本ボクシング界は韓国ボクシング界のようになったかもしれない。また、当時本物のボクサーがいたら、亀田家はさほどとりあげられていなかっただろう。

しかし、亀田次男対内藤の一戦後 急激に亀田パッシングが始まったのだが、亀田家のやっていることは他日本人ボクサーもやっていることにすぎないのに。

山中の世界チャンピオンになった過程(エスキベルという世界ランカーにほど遠いボクサーと挑戦者決定戦をする予定が、無理やり世界戦になった)、山中の防衛相手、内山の防衛相手、井岡の防衛相手(またロマゴンから逃げた)、長谷川の対戦相手等 亀田家とやっていることは変わらない。亀田興毅がムニョスとやったように、田口はランダエダと試合をした。

亀田家の一番の功罪は、日本人ボクサーの隠れ蓑になり(叩かれるのはいつも亀田家)、正々堂々と強い相手と試合をしない日本人ボクサーが叩かれなくなってしまったことでしょう。
  
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

この前のプルンアン・ソー・シンユー対マルロン・タパレスの一戦はとても面白かった。両者、パンチがあり、上下の打ち分けがうまく、敵地でも戦う、本物の世界ランカーだからだ。

プルンアンは、50戦以上のキャリアがあり、28歳という油ののったボクサーで、赤穂をあっという間にKOしたのはまだ記憶に新しい(亀田三男にはボディでKO負けしたが)。一方、タパレスも8ヶ月前に大森から4回もダウンを奪い、たった2ラウンドでKOしてしまった。

プルンアンは相変わらずプレッシャーがきつく、マルロンは下がりながらの展開となり、プルンアンが5ラウンドにボディでダウンを奪い、ペースを握ったかのように見えた。が、続く6ラウンドにタパレスは左でダウンを奪い返し、試合がわからなくなった。そして、11ラウンドに連打から左ストレートで吹っ飛ばしてタパレスがKOしたのです。あの打たれ強いプルンアンを倒すところ、やはりタパレスはパンチがある。大森は、タパレスのパンチがあたる度に倒れていたもんな。

タパレスは、前回の大森戦も日本で戦いKOし、今回も敵地タイに乗り込んでのKO勝ち。同じバンタムでも日本の誰かさんとは大違い。

 
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ