世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2016年10月

前回は、1996年以降いかに多くの低レベルの日本人世界チャンピオンが生まれたという内容でしたが、今回はヘビー級のリアル・チャンピオンについて書いていきます。ただ、ロッキー・マルシアノやジョー・ルイス等、アリ以前のボクサーについてはほとんど知らないので、対象からは外します。
ジョー・フレージャーや20度防衛をしたラリー・ホームズ等も強かったが、上位5位(6人)は圧倒的に強かったし、本物すぎます。

5位は、イベンダー・ホリフィールド。ホリフィールドは元々クルーザー級の統一チャンピオンだったが、当時全勝だったタイソンに挑戦表明をし、勇気があるボクサー、さすがリアル・ディールだと感じた。ただ、タイソンが番狂わせでKO負けしたり、私生活で問題があったりし、試合が実現できななkったが、その6年後にタイソンと試合をし、見事KO勝ちをした。また、タイソン以外でもレノックス・ルイスやリディック・ボウ等2回り以上大きなボクサーとも堂々と打ち合った。繰り返すが、ホリフィールドは、リアル・ディール。

4位は、ウラジミール・クリチコとレノックス・ルイス。2人ともボクシングがつまらなく、好きではないが強いには確か。

3位は、史上最強のハード・パンチャーのジョージ・フォアマン。象をも倒すと言われたほどで、ジョー・フレージャーとケン・ノートンを2ラウンドで倒したのはあまりにも有名。フォアマンはオリンピックでも、金メダルをとっており、当時ボクシングを始めてさほどたっていなかったがKOの山を築いたようです。

2位は、マイク・タイソン。これには異論があるかもしれませんが、カス・ダマトがついているという限定での話です。あるアメリカ人から聞いたのですが、タイソンはカス・ダマトが亡くなってから物凄く変わったそうです。練習量は激減したし、外での事件等が増えていった。たとえば、女性のハンティングがすごく、一晩で20人以上の娼婦の相手をしたりしたほど。トレバー・バービック戦やジェームス・スミス戦等の最中は、淋病ということも聞いた。そして、カス・ダマトが生きていれば絶対にドン・キングと組むことはなかっただろう。カス・ダマトがもう少し生きていれば、タイソンは間違いなくもっともっと強くなっていたと確信ができる。

1位は、モハメッド・アリ。これは、満場一致でしょう。アリの場合は、ヘビー級を超越したスピードがあるし、美しさもあります。話は変わりますが、アリのアリ・シャッフルを見たことはありますか?日本では、辰吉や井岡がやりましたが、アリのアリ・シャッフルとは月とスッポン、ダイヤモンドと泥ほどの違いがあります。一番の違いは、辰吉や井岡は相手が離れている場所でしかできませんが、アリは相手との射程距離でこれをやるのです。詳しくは、youtubeでアリの試合をできるだけ見てください。パッキャオやメイ同様、神の領域のボクサーのことは、うまく伝えることはできませんので。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

日本の世界王者一覧によると、日本人(日本のジム所属。イーグル京和やユーリ等を含む)世界チャンピオンは、現在80名。初代は白井義男さん、二代目はファイティング原田さんと続き、21代は渡辺二郎さん。ここまでは、真の世界チャンピオンですね。そして、1996年以降は、大量52名も世界チャンピオンが生まれてます。この辺から、なんか怪しくなりだしました。

これ以降の世界チャンピオンは、
1.体格で圧倒型(無理な減量をし、体格で勝り、距離をとりまくって判定勝ち)
このタイプは、山口圭司、李、越本、佐藤洋太、五十嵐等

2.がちゃがちゃで判定勝ちタイプ
このタイプは、高山、名城、坂田等

3.マッチメイクで勝てたタイプ
このタイプは、亀田興毅、亀田大毅、井岡、下田、山中

4.実力がないのになぜかなったタイプ(ラッキーパンチ含む)
佐藤修、川嶋勝重、粟生、清水、宮崎、田口、木村、他1、2、3にカテゴリーされているボクサーも

5.根性・精神力で勝ちあがったタイプ
戸高秀樹、セレス小林、内藤大助、八重樫

6.テクニシャン型
星野敬太郎、新井田豊、

7.実力でとったタイプ
イーグル京和、長谷川穂積(防衛戦の相手は惨いボクサー多し)、西岡利晃(タイトル戦は弱い相手との決定戦だったが、その後の戦いに敬意をあらわしました)、内山(防衛戦の相手は弱い)、亀田三男、

三浦と井上は今後次第。井上はこのままでは3になってしまう。

とこんな感じでしょうか。1996年以降の52名の中で世界チャンピオンと呼べるのは、イーグル京和、長谷川、西岡、内山、亀田三男、星野、新井田、戸高、セレス小林、内藤、八重樫、高山(海外奪取は立派)、ホルヘ・リナレスと13名というのは少し淋しすぎますねえ~
  
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

マック・クリハラさんが以下のコメントをしておりました。

 ミニマム、ライトフライの2階級制覇チャンピオン、ドニー・ニエテスはエストラーダとの対戦を希望してフライに転級した。エストラーダはスーパーフライに上げてしまったが、ニエテスはもう1階級上げてでも対戦を希望している。フィリピン人は日本人と違って強い相手と戦う。山中はまた、統一戦って言ってますけど、亀田次男、三男は統一戦で負けましたけど、すんなり実現させました。なんとも思わないのかなぁ?本田さん。

 
まさに、その通りですね。ドニー・ニエテスについては、さほど詳しくなかったので、フィリピンや日本等の関係者から情報を集めたのですが、日本人ボクサーとはあまりにも違いすぎる実態がわかってきました。

攻防一体となったきれいなボクシングをするのは知っていたのですが、けっこう海外でも試合をしており、チャンピオンになる前はインドネシアで3試合、そしてチャンピオンになってからは、たびたびメキシコで防衛戦をしており、最近はアメリカにも進出してます。

日本では無敵の高山を破ったロドリゲス・ジュニアを難なく破り、日本でもおなじみのエドガー・ソーサを120-108(三者とも)と圧倒的な内容で勝ってます。ニエテスは、元来ミニマム級だったので、ソーサと体格差がありますが、日本人のようにぴょんぴょんはねて距離をとることはせず、必要最低限に動きやサイドに回る動きでいなし、また時には接近して相手の攻撃をはずし、巧みにパンチを放ってました。

ある関係者が言ってましたが、高山がセブのALA GYM でニエテスとスパーをした際(高山は一時 ALA GYMの所属)、高山のパンチをことごとくはずし、あまりにも高山のパンチが空を切るので、高山がラフファイトをしかけたが、軽くいなし続けたようです(あくまでも噂です)。

それにしても、井岡が避け続けている井岡の上のスーパー・チャンピオンだったファン・フランシスコ・エストラーダを逆に追いかけているところは凄いですね。ただ、フィリピン人ボクサーはこういった傾向がある(メキシカンも同様)ので、一般の人から尊敬されるのでしょう。強いだけでなく、この強い相手にも立ち向かっていく姿勢が素晴らしいですね。

日本人ボクサー全員が見習わなければなりません。特に、井岡と山中。ニエテスも、たまには井岡と山中のように雑魚やローとるを見つけてきて、防衛する技術も学んでもいいでしょう。お互い、長所があるのでしょうね。

  
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ