世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2018年06月

ボクシングは才能より努力だとよく言ってますが、海外のディフェンスの天才の試合を見れば、そんな努力も無力のようにみえる場合もあるのです。

例えば、フロイド・メイウェザーJrやミドル級の体格でヘビー級のチャンピオンにまでなったジェームス・トニー達を見れば日本人がいくら努力しても到底立ち向かえるレベルではありません。

そして、さらに凄いレベルのディフェンスのカリスマ達が3名います。それは、ニコリノ・ローチェ(117勝4敗14分)、ウィルフレド・ベニテス(53勝8敗1分)、パーネル・ウィテカ(40勝4敗1分)の3名です。(詳細は下の動画で)



ニコリノ・ローチェは、藤猛を空転させ続け試合放棄に追い込んだことでも有名です。ヘッドスリッピングやウィービング技術が凄いですね。

続いてウィルフレド・ベニテスですが、17歳6ヶ月で世界チャンピオンに輝いた天才です。レナード・ハグラー・ハーンズ・デュラン達ボクシング史上最もレベルの高い階級でレナードやハーンズやでデュランとも戦いました。

ベニテスはプロ入り後に練習嫌いになり、レナード戦は試合前の1週間しか練習をしなかったようで、当然レナードには負けてしまいます。そして、ヒットマン・ハーンズにも負けはしましたが、わざとコーナーにつまりヒットマンの嵐を裂けまくりました。あの破壊力抜群の嵐を涼しい顔でかいくぐる様には驚愕を覚えたものです。デュラン戦もあの驚愕のディフェンスをするものですから、デュランはすっかり翻弄され、苛立ち、すっかりペースを乱してしまい見事に判定勝ちをもぎとりました。

最後に、パーネル・ウィテカですがあまりのディフェンスの凄さで試合が面白くないと批判が殺到したようです。歴代最も偉大なチャンピオンの一人のフリオ・セサール・チャベス(チェベスの連勝を87でストップさせてます)や若き日のデ・ラ・ホーヤのパンチも空転させ続けました。

また、ジュニア・ミドル級チャンピオンのフリオ・セサール・バスケス(上山仁を1ラウンドでKO)をも12ラウンドに渡って翻弄し勝利してます。

この3名は、あまり減量をしていなかったでしょうね。ベニテスはスーパーライト級でスタートし、スーパーウェルター級まで行きました。ウィテカもライト級スタート(ロス・オリンピックではライト級で金メダル)でしたが、最後はスーパーウェルター級まで行ってます。

これぐらいの技術があれば、大きな相手や強いパンチへの恐怖心はないのでしょうね。
 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクサーはなぜ減量をするのか? 理由は2つあるでしょう。

1つは、余分な肉をそぎ落とした方が動きに切れが出て、速いパンチ・速い動きができるからです。

そして、もう1つの理由は少しでも小さな相手と試合がしたいからでしょう。例えば、普段60kgのボクサーがライト級でライト級のボクサーと対戦するより、10kgほど絞ってフライ級で出るほうが勝つ可能性が高いし、何よりより小さく・よりパンチのない相手と試合ができます。

ある程度の減量は、動きに切れが出て、そのボクサーも強くなります。例えば、普段60kgのボクサーが5kg~7kg絞って、スーパーバンタム級やバンタム級で試合をすればいい動きができます。

これが10kg前後絞りフライ級で出ると明らかに減量疲れ等が出て、パワーがなくなるばかりかスタミナもなくなり、コンディションがうまく作れないでしょう。

しかし、自分のコンディションが悪くてもより弱い相手。よりパワーのない相手と試合がしたいため、日本人は過度の減量をする傾向があるのです。

私は、過度の減量をするボクサーは「私はより小さな相手・よりパワーのない相手と試合がしたい」と言っていると感じますが、世間は「減量大変だな。頑張れ」となってます。

中には減量が辛いので、周りに当り散らすボクサーもいるのですが、誰もそのボクサーに減量してくれと頼んだわけではないのです。そのボクサーが、より小さな相手と試合がしたいから減量しているだけであり、嫌なら減量せずに試合をすればいいだけなのです。

ただ、ファイティング原田さんや白井義男さんが世界チャンピオンになった当時は 今のように17階級ではなく、たったの7階級だったので(加えて1団体しかない)、無理な減量をしないと世界では戦えない環境にありました。

その後、階級や団体が増えていくのですが1つの漫画が減量に対してポジティブな印象を植え付けたのです。その漫画は、ご存知あしたのジョーですね。

力石徹がライバル矢吹丈と戦うために、ウェルター級からバンタム級まで下りてくる壮絶な減量があり、力石はそれを乗り越えて、試合にも勝ったのです(その試合で力石は死亡)。

力石の減量は矢吹と戦うためだったので仕方ないと感じますが、ほとんどの日本人ボクサーの減量はそうではなく、弱い相手と試合をするためなのです。

だから、無理な減量をしていて「減量きつい」とうるさく言うボクサーには、「そんなに小さな相手と試合がしたいの?」と言ってあげてください。

最後に減量はボクサーだけでなく、ほとんどの方の健康にいいかと思います。私も、炭水化物を抜いたダイエットをしたり、野菜を増やして食生活を改善したダイエットをたびたび決行しております。

しかし、なかなか続かないのが現状なので、下記アプリ(専属AIトレーナー 無料でダイエット)とともに減量を行うのもいいかと思います。

一度、お試しください。

ps. 途中入力画面で有料プランの提案がありますが、私は無料プランで行ってます。今、ストレッチやツイストの指令が出て(動画にて)、実行しております。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
 

フォーブスが、最新の「世界で最も稼ぐスポーツ選手」100人のランキングを発表しました(2017年6月1日からの1年間にプレーした選手の給与とボーナス、賞金などを調べ、合計額を算出。スポンサー収入は業界関係者への取材に基づき、期間中の広告契約料や出演料、ライセンス使用料を推計している。また、収入の金額は税引き前、エージェント手数料などを差し引く前のものとなっているほか、投資収入は除外している)。

1位はフロイド・メイウェザー・ジュニア(2億8500万ドル、約313億円)でした。昨年8月、世界最高峰の総合格闘技団体「UFC」のスター、コナー・マクレガーと対決し、その試合でおよそ2億7500万ドルを手にしたことで、2012年以降、4度目のトップとなったのです。

ちなみに、前回の1位のクリスティアーノ・ロナウドは、今回は3位(1億800万ドル)で、2位は同じサッカー選手のリオネル・メッシ(1億1100万ドル)。

過去18年間にトップの座に就いたのは、メイウェザーのほかロナウドとゴルフのタイガー・ウッズの3人のみなのです(ウッズは今年、年収4330万ドルで16位)。

最新のランキングに入った100人は、11の競技で活躍するプレーヤーの名前が並び、このうち米プロバスケットボールリーグ(NBA)の選手が最も多くを占めています(40人)。

2番目に多かったのは、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL、18人)の選手。そのほか野球(14人)、サッカー(9人)、ゴルフ(5人)、ボクシングとテニス(各4人)の順になってます。

100人の選手たちの出身国の数は、22に上る。最も多かったのは、当然ですがアメリカで66人がランク入り。

英国からは5人、ドミニカ共和国とスペインからは3人がリストに入った。また、日本とアルゼンチン、ブラジル、フランス、ベネズエラからはそれぞれ2人が名を連ねた(日本人はテニスの錦織圭が3460万ドルで35位、メジャーリーグの田中将大が2310万ドルで95位)。

野球もボクシングも、日本はアメリカとは比べ物になりません。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
 

このページのトップヘ