世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2019年02月

打たれすぎたボクサーには、パンチドランカーの症状が出てきます。

私は50試合以上を行ったボクサー
打ち合いを好むボクサー
打たれ強いボクサー
ハードパンチャーとの試合を5試合以上行ったボクサー
軽量級(一発で終わらないことが多いため)

以上5項目があてはまるボクサーには心配してしまいます。

エルナン・マルケスというメキシカンのボクサーがいるのですが、マルケスは5項目全てに充当しております。

戦績は43勝(30KO)10敗2分、打ち合いを好み、打たれ強く(最近は簡単に倒れます)、過去ドネア、ルイス・コンセプションと3試合(37勝26KO7敗試合)、ブライアン・ビロリア(38勝26KO6敗)、ジョバンニ・セグラ(33勝29KO4敗)、ファン・フランシスコ・エストラーダ(38勝26KO3敗)、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(29勝21KO4敗1分)と戦っているのです。

はじめてマルケスを見たのは、コンセプションとの試合(第1戦)でした。当時のコンセプションは25歳でフライ級ながらKOの山を築きいけいけでした。

そんなコンセプションが1ラウンドから襲い掛かり、マルケスは1ラウンドにダウンを喫します。しかし、すぐにダウンを奪い返し、11ラウンドの激闘を制しTKOで破ったのです。



しかし、その後ビロリアに倒され(3度のダウン、そしてタオル。試合後に病院に直行)、セグラにも倒され、エストラーダには7度も倒され、



直近の試合のロドリゲスJr戦ではカウンターの左フックを食らって失神しました。



メキシカンは、試合数も多いし、打ち合いが多く、また同国人同士のサバイバルマッチも多く想像以上に大変です。

しかも、これだけ強いボクサーばかりにぶつけられるマルケスの身体は大丈夫なのでしょうか?


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ご存知の方も多いかと思いますが、橋詰知明という元プロボクサーが殺人事件を犯しました。

事件の経緯は、スナックで橋詰容疑者と被害者がトラブルになり(どちらかが歌を歌っている時に、ぶつかった、または橋詰容疑者が一方的にうるさいと因縁をふっかけた)、被害者の友人が仲裁に入ったがそれを殴り、さらに被害者をカラオケのリモコン(タブレット型)で殴るなどをして、殺害し被害者の友人をも負傷(顔面打撲)させたようです。

橋詰容疑者は、「酔っていたので覚えてません」としらばっくれており、大阪府警は傷害致死罪で調査中のようです。

橋詰容疑者は元井岡ジムで14勝(7KO)3敗で2006年には17歳ながら西日本新人王になっております。その後、中日本新人王の林に負けた為(後半スタミナ切れで僅差の判定負け)全日本新人王にはなれませんでした。

また、当時は同じジムであった井岡、宮崎(2017年9月に公務執行妨害で逮捕)とは同学年です。ちなみに、井岡と宮崎は興国高校に行きましたが、橋詰容疑者は高校には行ってません。(井岡とは幼馴染)

ボクシングのスタイルですが、動画を少し拝見しましたがこの橋詰容疑者はパンチが全くない虚弱ボクサーですね。死亡させたのはパンチでではなく、カラオケのリモコン(大きなタブレット型)で殴ったのが原因ですね。(2000年以降の日本人ボクサーの拳は凶器にはなりえません)

自慢は中学時代に、スパーリングで亀田2号に鼻血を出させたこと。西日本新人王というショボイタイトルを取った時に、リング上で「亀田かかってこい」と言ったようです。まるで、チンピラです。

ところで、以前京口竜人というボクサーが逮捕されましたが、いくつかの共通点が見出せます。
・ともに大阪のジム(井岡ジムと大阪帝拳)
・ともに刺青
・ともに新人王(デビュー当時はともに騒がれてました)
・ともに逮捕歴は2回以上(橋詰容疑者は以前わいせつ罪でつかまったそうです)
・ともに非力でパンチ力がない
・最初は良かったが挫折をして崩れる
・低レベルで弱いが、自分自身では強いと勘違い

京口の記事はこちら → http://www.maywetherj.work/archives/45713087.html

ちなみに、橋詰容疑者は井岡ジムの橋詰将義(現役OPBFランカー16勝2分)のいとこです。また、同じく2回逮捕された健文トーレストも交友があります。

大阪のボクシングジムは、犯罪者を出しすぎですね。トレーナーやジム関係者はそのことをどう感じているのでしょうね。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ほとんどの日本人ボクサーは、強い世界チャンピオンには挑戦しないし(できない、相手にされない)、また強い相手と防衛戦をしません。

さほど強くもないボクサーにチャンピオンの座を献上するのです。http://www.maywetherj.work/archives/50945706.html

世界のトップクラス達の戦いの輪に入っていけないのです。

フェザー級以上になると、そのことが実に顕著に現れますね。

横田、葛西、渡辺雄二を簡単に破ったのはウィルフレド・バスケスです。バスケスは、日本人ボクサーに対しては子供扱いしましたがナジム・ハメドには子供扱いされてKOされました。(ハメドはバレラに完敗してます)

ライト級チャンピオンで最弱ともいわれている畑山を簡単に下したのはラクバ・シンとジュリアン・ロルシーです。この2人は、ファン・ディアスに負けてます。(ディアスはマルケス兄にKOされてます。好勝負でしたので、下の動画をご覧ください)



ウェルター級では、吉野と佐藤仁徳の二人のボクサーは日本では無双していました。日本人ボクサー相手にKOの山を築いておりました。

そんな無敵の吉野と佐藤仁徳は韓国人の朴に簡単にKOされました。その朴は、世界に行けばアイク・クォティに左手一本で粉砕される始末なのです。(クオティはデラホーヤに負けました)

同じく当時ミドル級で最強だった佐藤幸治はフェリックス・シュトルムにこれまた左手一本で子供扱いされてます。(シュトルムもデラホーヤに負けました)

日本人を片手で粉砕したり、子供扱いするボクサーでも、マルコ・アントニオ・バレラやファン・マヌエル・マルケスやオスカー・デ・ラ・ホーヤには勝てないのです。

だから、日本人ボクサーはこのレベルのボクサーとは対戦すらできないのです。(対戦しても、先日のメイ対茄子皮のようになるでしょう。また、このレベルのボクサーは日本人と対戦となると雑魚狩のレッテルをはられます。)

そんな世界の戦いに入っていけない日本人ボクサーの中にあって、下の階級ではありますが先日井岡がドニー・ニエテスという世界レベルのボクサーと対戦しました。これは、現役日本人ボクサーの対戦相手では最強のボクサーです。だから、井岡は負けても胸をはれるのです。

ちなみに、スーパーフライ級では NO1はシーサケット、NO2がエストラーダ、その下にローマン・ゴンザレス、ニエテス、アンカハス、ヤファイが君臨しており、その下が井岡なのです。

下の階級のトップクラスのボクサー達がスーパーフライ級に終結したので、人材がそろい、レベルの高い階級となっているのです。(逆にバンタムはミニマムやジュニア・フライとともに1番レベルの低い階級)

日本人ボクサーは、西岡以来長らく世界レベルのボクサーの争いに入っていけていないので、今後の井岡の動向や活躍に期待をしております。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

先日、中国人のWBAフェザー級チャンピオンが生まれました。(その上にスーパーチャンピオンのレオ・サンタ・クルスがおりますが)

その中国人・徐燦(チャン・シュ)は、16勝(2KO)2敗という対戦成績ながら、日本で1試合、オーストラリアで1試合、アメリカで2試合をしております。

日本には試合以外にも、井上尚弥のスパーリングパートナーとして来て井上をフルボッコし、圧倒したようです。(中国の動画にあがってます)https://www.bilibili.com/video/av35270090/

おそらく、マクドネル戦の前に長身の相手として呼んだのでしょうが、井上のパンチは全く効かず接近戦でも完全に井上を圧倒しました。(フェザー級だから当然ですが)

井上とのスパーではパワーがあるようには見えますが、徐燦は2KOというKO数が示すようにパワーがないのです。

しかし、基本(ガード、左ジャブ)ができており、スタミナがあり、頑丈で、粘り強いのです。

ガードが良い半面、攻防分離ですが、まあ仕方なしですね。ステップいんはできてます。アッパーをもっと有効に打てれば、攻撃の幅はさらに広がるでしょうね。

また、インタビューでわかるように芯が強く、勇気があり、どこででも戦うボクサーなのです。(インタビューは拙い英語で答えてましたが、ひじょうに好感がもたれます)



日本人ボクサーは、是非この中国人・徐燦を参考にしてほしいものです。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ