世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2019年07月

海外のボクサー達は、マルコ・アントニオ・バレラやクリチコ兄弟のように学があるボクサーがいたりします。

また、デラホーヤやフロイド・メイウェザー・ジュニアのようにプロモーターやビジネスでも成功しているボクサーも目立ちます。

日本のボクサー達はどうでしょうか?

元日本スーパーバンタム級チャンピオンの横田広幸は、現役時代はアートネイチャー社の池袋支店の支店長でした。

また、元WBA世界バンタム級チャンピオンの六車卓也は引退後はミズノ社で働き、多くのアスリートをサポートしております。

最近の選手では、元日本ミニマム級チャンピオンの大平剛は大学卒業後カネボウ社で勤務しておりました。しかし、ボクサーと両立するのは難しい為カネボウ社を退職し、アディダスのショップでアルバイトをしながらボクサーとして頑張ってました。

ただ、このような例は珍しくほとんどのボクサーはアルバイトや3Kの職場等(建設会社、リフォーム会社等)で働くことを余儀なくされてます。

プロ野球の世界もそうですが、ボクサー達も一般社会となかなかまじわる機会がないので、情報も入ってこなく、優良企業で働く機会が見つからないのです。

しかし、そんな体育会出身、スポーツ人材をサポートする会社があり、転職に困っている体育会出身者様と人材確保に苦労している優れた企業様、双方の課題解決等を目指しているようなのです。

アーシャルデザイン社がそうなのですが、『アスリートからビジネスアスリートへ。』を合言葉に、競技に全力で励んだ元アスリートの方々とビジネス(仕事)のマッチングを行っています。

既に3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援してきた豊富な実績があり、水泳部出身の方が博報堂グループへの転職をサポートしたり、元力士さんを株式会社白寿生科学研究所に導いたりした実績をもっているのです。

詳細やご登録は↓
3000名以上の体育会、アスリートの就職、転職を支援|【アスリートエージェント】

しかし、無理な商圏拡大はせず提供できる「質」を優先している為、活動範囲がを東京、神奈川、埼玉、千葉の限定なのです。

10万社以上の中から選抜した弊社だけが取り扱う体育会アスリート限定の求人案件が多数ありますので、東京、神奈川、埼玉、千葉近辺にお住まいの方はサービスをご利用されればいいかと思います。

そして、最後にアーシャルデザイン社のゴールを見てみましょう。

「体育会・アスリート人材が入社後も輝き続ける事」です。 そのため、求人紹介や就活相談に乗るだけでなく、入社前に体育会・アスリート人材向け オリジナル教育研修の実施や入社後のフォロー研修なども責任を持って対応させていただいております。 大学時代スポーツに励んでいた方、スポーツ選手としてご活躍されていた方のご紹介を多くいただけますと幸いです。

あと以前紹介したDYM就職という転職サイトは(10代・20代限定)、10代・20代の方には強力なサポートをいたします。(職歴や学歴問わず書類選考なしで企業面接へ進めるのです。)

従来では必須の書類選考・一次選考が組み込まれていないため、企業の人事の方や社長と直接最終面接をすることが可能なので、正社員として働く機会が目の前にあるのです。

(『書類審査なし』で、いきなり面接まで進める理由はDYM就職のマッチング力の高さと企業からの信頼にあります。だから、おすすめサイトとしてよく紹介されてます)

既卒や第二新卒だけでなく、フリーター・ニート・中卒・高卒など社会人経験の少ない方をも対象としているので、第二新卒・既卒・フリーター・ニート達の96%が正社員としてご活躍されております。

ご登録はこちらから↓
無料登録 DYM就職

アスリートや10代・20代の方には、力強いサポート会社があるのです。これを利用しない手はないでしょう。

※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

最近のコメントで才能、天才という言葉が出てきます。

海外では本物の天才ボクサーが数多くいます。その中でも、ベスト5を見ていきたいと思います。

第5位 シュガー・レイ・レナード
ウェルター級最速のスピードを誇り、5階級制覇のチャンピオンです。
ハグラーはハーンズとの一戦は伝説となっております。

第4位 パーネル・ウィテカ
ディフェンスの神様、4階級制覇のチャンピオン。
ウィテカのディフェンスは本当に凄すぎて、見とれるぐらいですね。ディフェンスの歴代トップ3にも入ります。キャリア49戦で最もタフなファイトはと尋ねられ、全てイージーだったと答えているほどです。対戦相手の中には、チャベス、ホセ・ルイス・ラミレス、アズマー・ネルソン、デラホーヤ、ティト達がいます。ちなみに、デビュー戦の相手は11戦全勝でした。

第3位 ロイ・ジョーンズ・ジュニア
元世界ミドル級チャンピオン、ライトヘビー級チャンピオン、ヘビー級チャンピオン。運動神経は抜群で、独立リーグのバスケット選手としても活躍してました。

第2位 ナジーム・ハメド
悪魔王子。ガードをしない、飛び上がってパンチを打つなどスタイルが奇抜。160cmに満たない身長でフェザー級で試合をしていたのも驚きですね。たくさんの日本人を破壊したバスケスを子供扱いした試合も圧巻でした。911のテロがなければ、バレラとも再戦したりして、もっと活躍していたでしょう。

第1位 モハメド・アリ
ヘビー級史上最速スピード、The Greatest。



フロイド・メイウェザー・ジュニアやロマチェンコでも歴代トップ5には入れないですね。

この2人は天才でもありますが、それ以上に努力・訓練の方が大きいですね。

あと、ジェームズ・トニーやザンダー・ザヤス(現在16歳)も天才ですね。

世界のボクシング界は、次から次へと天才ボクサーが出てくるので見ていて本当に楽しいですね。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ