世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

2019年07月

最近のコメントで才能、天才という言葉が出てきます。

海外では本物の天才ボクサーが数多くいます。その中でも、ベスト5を見ていきたいと思います。

第5位 シュガー・レイ・レナード
ウェルター級最速のスピードを誇り、5階級制覇のチャンピオンです。
ハグラーはハーンズとの一戦は伝説となっております。

第4位 パーネル・ウィテカ
ディフェンスの神様、4階級制覇のチャンピオン。
ウィテカのディフェンスは本当に凄すぎて、見とれるぐらいですね。ディフェンスの歴代トップ3にも入ります。キャリア49戦で最もタフなファイトはと尋ねられ、全てイージーだったと答えているほどです。対戦相手の中には、チャベス、ホセ・ルイス・ラミレス、アズマー・ネルソン、デラホーヤ、ティト達がいます。ちなみに、デビュー戦の相手は11戦全勝でした。

第3位 ロイ・ジョーンズ・ジュニア
元世界ミドル級チャンピオン、ライトヘビー級チャンピオン、ヘビー級チャンピオン。運動神経は抜群で、独立リーグのバスケット選手としても活躍してました。

第2位 ナジーム・ハメド
悪魔王子。ガードをしない、飛び上がってパンチを打つなどスタイルが奇抜。160cmに満たない身長でフェザー級で試合をしていたのも驚きですね。たくさんの日本人を破壊したバスケスを子供扱いした試合も圧巻でした。911のテロがなければ、バレラとも再戦したりして、もっと活躍していたでしょう。

第1位 モハメド・アリ
ヘビー級史上最速スピード、The Greatest。



フロイド・メイウェザー・ジュニアやロマチェンコでも歴代トップ5には入れないですね。

この2人は天才でもありますが、それ以上に努力・訓練の方が大きいですね。

あと、ジェームズ・トニーやザンダー・ザヤス(現在16歳)も天才ですね。

世界のボクシング界は、次から次へと天才ボクサーが出てくるので見ていて本当に楽しいですね。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ