先日、辰吉次男がデビュー戦を2ラウンドKOで飾りましたが 辰吉とは桁が違うだの、日本チャンピオンどまりだの、いろんな意見を聞き驚きました。

デビュー戦がゴールなんですか? デビュー戦ってスタートなのでは?

デビュー戦で負けた世界チャンピオン達って割とおりますよ。ピピノ・クエバスやあのロマチェンコを破ったサリドはデビュー戦黒星です。日本人なら、セレス小林や星野敬太郎がそうですね。

さらに、あのマルケス兄弟もデビュー戦負けてます。ファン・マヌエル・マルケスは2回開始時の反則負けでラファエル・マルケスは、辰吉と死闘を繰り広げたラバナレスに8ラウンドKO負け。

デビュー後、どんどん強い相手と合い間見えて 強くなっていってほしいです。辰吉寿以輝はまだ18歳でアマ経験がなにので、これからのボクサーです。どんな練習をするか、またどんなボクサーと試合をするのかによって化ける可能性があります。また 亀田兄のようにかませ路線にジム側が走れば、希望はもてないでしょう。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村