世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

3日ほど前の BOXING NEWS 24 の記事に、井上のことを言及してましたね。
http://www.boxingnews24.com/2017/12/zolani-tete-wants-naoya-inoue-bantamweight/

正直、井上尚弥は日本以外では知名度はないです。先日も、アメリカに行った時にたくさんのアメリカ人とボクシングの話をしましたが、誰一人井上のことは知りませんでした(その中の7割は村田のことは知っていました)。

記事の話に戻りますが、その記事には、シーサケケットやヤファイやアンカハスとの対戦を熱望されている今、バンタムに上げるのはタイミングとしておかしい” “まるで彼らを避けているようだ” “井上はスーパーフライに上げてから格下とばかりやってきた” “負けるのを避けるために計算された階級アップではないのか” “バンタムに上げてもテテと対戦しないのなら(雑魚狩りを継続するなら)非常にがっかりだと内容です。ちなみに、テテは井上との対戦を熱望してます。

個人的には、井上には全く期待していないのですが、このまま井岡のように逃げ回るのかどうかには、興味があります。

記事の中には、「もし井上がバンタムにあげてもテテやネリといったボクサーと戦わないのなら、他の日本人ボクサーと同じパターンでしょう」 といった、日本人ボクサーを的確に表したものもありました。

 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (128)

    • 29. maywether
    • 2017年12月30日 21:44
    • >譲治さん
      井上陣営は、井岡の失態から学び逃げ方を探している時にアンカハスが他の相手をとったので(おそらく、数名にオファーを出していたのでは?)、ラッキーとばかりにアンカハスが避けたというシナリオを作ったのでしょう。こんなことをするので、日本人は姑息だと思われるのです。
    • 30. 大祐
    • 2017年12月30日 21:56
    • このブログが一番信用できる。他のブログは亀田だけ叩いて、他の日本人のヨイショ。もううんざりだわ、偽世界王者だらけの日本人ボクサーには。
    • 31. あ
    • 2017年12月30日 21:57
    • 日本のマスコミ破壊しないとスポーツ強くなれませんよ
      消えてほしい

      トレーナーについての本はありましたか?
    • 32. maywether
    • 2017年12月30日 21:58
    • >まきさん
      今回の井上批判のソースは、海外の記事です。井上のファン達もだんだんあきれていっているのでしょうか?
    • 33. maywether
    • 2017年12月30日 21:59
    • >大祐さん
      日本人ボクサーのヨイショって、どこを褒めるのでしょうか?ある意味、凄いですね。
    • 34. 2台目、初心者です。
    • 2017年12月30日 22:00
    • 返信ありがとうございます。
      流れたのは、合わなかったからと思ってました。まさか、そこも逃げていたのかと思うとメディアの報道の仕方は問題ありすぎです。日本語がわからないからって変に書きすぎでしょう。
    • 35. maywether
    • 2017年12月30日 22:01
    • >あさん
      日本のマスコミは、ある意味北朝鮮や韓国のマスコミと同レベルですね。韓国人も、韓国のプレーヤーがアメリカ等で賞賛されていると思ってますよ。本についてですが、あれから海外には行ってないので探してません。
    • 36. maywether
    • 2017年12月30日 22:06
    • >2台目、初心者ですさん
      日本にいると、海外からの情報は少ないしまた日本人が脚色するので情報操作が簡単にされてしまいます。また、日本人以外のほとんどの人が日本語がわからないので、どうでもできます。日本は、ガラパゴスそのものです。
    • 38. サモラ
    • 2017年12月30日 22:17
    • 大佑さんのコメント「偽世界王者だらけ」は同意ですが、弱い日本人王者に挑む、世界ランカーもまた弱いのばかりですよね。ただただ、レベル低っ!と嘆くばかりです。今日の試合、全て酷かったですね。
      ボクシング協会は考えたほうが良い。実力の伴わない世界チャンピオンが増えたって、何の価値も無い。10年くらい前よりも、ここ近年はもっとレベルが落ちてる。
      比嘉や拳四朗が強いんじゃなくて相手が弱すぎる。選手に責任があるわけじゃないけど。
    • 39. あ
    • 2017年12月30日 23:09
    • じゃあ機会があったらお願いします

      今はスペイン語勉強中で何とかスペイン語のボクシングの本読もうとしてます
      管理人さんの歯がゆさもわかりますんで機会があったら何とか自分に日本ボクシングよくしたいのでお願いします 繰り返しすいません
    • 40. あ
    • 2017年12月30日 23:11
    • 後尾川さんすごかったですよねよく敵地で取れましたよね
      テイケンの金かなとか言われてますけどどう思いますかお願いします
    • 41. タクミソ
    • 2017年12月30日 23:34
    • 長文失礼します。

      私も最近、似たような井上批判の記事をboxingnews24で見つけました。

      https://www.google.co.jp/amp/www.boxingnews24.com/2017/12/naoya-inoue-vs-yoan-boyeaux/amp/

      以下、抜粋、和訳。

      ・階級を上げることにより、井上はシーサケと戦うことを望むファンのプレッシャーから逃げることができる。シーサケは、井上にとってパワフル過ぎる。

      ・井上はSフライでベストファイターと思われている。しかし、井上はシーサケ、エスト、ロマゴン、クア、ヤファイ、アンカハスらのようなベストファイターと戦って、それを証明していない。

      ・ボワイヨとの試合はミスマッチ。常に階級ベスト5の選手と戦うべき。

      ・シーサケと戦った場合、断言はできないが、井上は負けるだろう。


      そして、こんな記事が日本では井上絶賛記事と変換されるのです。


      「凄まじい重圧がかけられている」 V7戦に挑む井上尚弥、“強すぎる王者”の宿命に米注目
      https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010009-theanswer-fight

      記者は洗脳されているのか、英語できないのに無理矢理記事を書いたのかのどちらかでしょうね。事実、井上を誉める海外記事もありますので、わざわざ、こんな井上批判を元ネタにする必要はありません。上司は誰もチェックしなかったのかしら。記事を書いたジ・アンサーは、企業としてのレベルが低過ぎます。

      それとも、わざとそうして、井上批判の記事があるのを暗に宣伝しているのでしょうか。意味不明なぐらい、井上絶賛の記事しかないですからね。変な圧力がかかっているのかしら。
    • 42. maywether
    • 2017年12月30日 23:41
    • >2台目、初心者ですさん
      日本のメディアの報道はあてになりません。
    • 43. maywether
    • 2017年12月30日 23:44
    • >サモラさん
      世界ランカーは作れますから。プロモーター達の話し合いで決まります。だから、総会等で推薦すれば簡単に作れます。だから、定見ボクサーはWBCでは簡単にランカーになれます。そんな事情で、対戦相手を選ぶので、弱くて勝てそうな相手を選ぶので、両者弱いから当然レベルの低い試合になり、そんなものをテレビで見せられても、一般の人は興味をもってくれないのです。
    • 44. maywether
    • 2017年12月30日 23:48
    • >あさん
      スペイン語は相当難しいですね、凄い挑戦です。でも、スペイン語が理解できればメキシコのボクシング放送をさらに楽しめますね。うらやましいです。’

      尾川の試合ですが、完全に尾川の負けですね。低犬の金か政治力ですね。
    • 45. maywether
    • 2017年12月30日 23:55
    • >タクミソさん
      凄いですね、井上への海外の評価が正反対にすりかえられるのですね。その程度で重圧といえば、メイ、パッキャオ、マルケス兄、ロマチェンコ、ロマゴン、シーサケット、その他大勢のボクサー達は、超超超超超超超超重圧がかけられていることになりますね。これ訳したの誰ですか?クズすぎます。小学生レベルの間違いか意図的な捏造かはわかりませんが、バカげてますね、カルト集団ですよ。そして、そんな捏造を盲信する日本人は悲しすぎます。戦前の日本や南北朝鮮と変わりません。
    • 46. No name
    • 2017年12月31日 00:39
    • さすがにラスベガスの舞台では帝拳といえども買収は無理でしょう。可能性があるとすれば、あまりにオッズが開きすぎていたので、むしろマフィアあたりが審判に圧力かけてた可能性のほうが高いでしょう。アレだけオッズが開くと尾川に掛けてればボロ儲けですからね。しかもファーマーは技術は高いですが、KO率は低いので無理をしなければKOされない可能性はかなり高い相手なので。

      最も思った以上に前評判が高かったファーマーがダメすぎた感じはありましたけどね。尾川が無名すぎて舐めきってたのもあるんでしょうけど、むしろ叩き上げボクサーゆえのひ弱さというかラスベガスの大舞台に萎縮してた感じが強く、本来はもっと攻撃的なボクサーのはずがほとんど攻撃をしないような有様で、それが対サウスポーの技術系ボクサーに強く、大舞台でも萎縮しない尾川にとってめちゃくちゃ幸運な展開でした。結果として手数はファーマーが多かったですが、有効打だけで見れば両者にそこまで差がなかったため、結果的にファーマーがポイントを取れなかった要因にもなってます。

      まぁ尾川よりや中立的な視点ならドローやスプリットでもおかしくなかったのではないかと。最も尾川の見栄えが悪く、採点後にブーイングが飛んでたぐらいなので、パッと見やファーマーよりに採点すればファーマーのフルマークでしょうけどね。

      個人的には再戦したとしてもファーマーはもう尾川に勝てないと思ってます。ボクサーとしてのレベルはファーマーが断然上ですが、尾川はサウスポーの内藤とは再戦時のほうがいい内容で防衛してるように、対サウスポーにはかなり強いです。逆にオーソドックスには日本ランカーに負けそうになるほど滅法弱いので、サウスポー相手でないと防衛は難しいと思いますけどね。
    • 47. No name
    • 2017年12月31日 00:39
    • ちなみに尾川の次の試合は、前王者で指名挑戦者のデービスとアメリカのリングでやるのが候補らしいので、そこで真価が問われると思います。デービスは間違いなくトップレベルのスター候補です。まぁデービスはサウスポーなので相性的には内山や三浦より、わずかばかり尾川にも勝機があると思うんですけどね。仮に内山や三浦が現役だとしても、相性的にデービスとやってもほぼボロ負けするのは確実ですし。
    • 48. タクミソ
    • 2017年12月31日 01:56
    • >>44
      早速のお返事、ありがとうございます。

      あの記事の作者はわかりませんが、ジ・アンサー編集部、と文末に書いてありました。元のサイト記事はこれですね。

      https://the-ans.jp/news/14883/

      サイトには、間違いを指摘したメールを送っておきました。人のすることですから、間違いもあります。で、間違ったときは、訂正、謝罪などされるのが正道ですが、今回はどうですかねー。何もしない気がします。汗

      本当、今の状態は戦前や朝鮮と同レベルかと。いやいや、まだ、こういうサイトで事実が伝えられるだけマシですよ。笑

      そういや、今日も井上は快勝したらしいですね。見てないですが。格下相手に重圧なんぞ、あるわけない。あるとしたら、ただのあがり症です。

      不甲斐ないマッチメイクのなか、明日の田口はガチンコですね。リアルタイムでみたかったのに・・・嫁がガキ使でテレビ独占します。

      もう大晦日ですね。明日もサイト更新されるかもしれないですが、とりあえず、よいお年を。
    • 49. とうる
    • 2017年12月31日 02:25
    • この井上礼賛祭りの時期に、逆に張るのは勇気あるな、と思いました。僕の目にはモンスターな身体能力に見え、かつてこんな日本人は見たことがありません。そう言う意味では凡庸な目の持ち主なのでしょう。
      海外の記事にも井上に対して賛否あるようです。否のほとんどが、何やら強そうだが、相手が弱すぎてまだ分からない、という論調と思います。

      確かにその通りだと思います。

      このコメント欄では大したことない説が大勢を占めていますが、それもまた証明されていません。是非テテを含めた強者との試合を海外で実現させてほしいですね。何よりマネジメントに関しては海外のプロモーターと契約してほしいです。

      僕は売りようによってはネクストパッキャオと思ってますが、さあいかに。
    • 53. ピューマ出口
    • 2017年12月31日 07:56
    • みなさん、ホント「日本人」が大好きなんですねえ。特に「強い相手とやらない日本人」が。この話題になると俄然盛り上がりますね。お仕事がうまくいってないのでしょうか。ストレスのはけ口として、このブログはすごく機能しているようです(笑)。あ、このブログの存在自体を否定しているわけではありません。

      私は「本物のボクシング」を語り合う場を求めているのですが、なかなかないですね。このブログでもそういう話題に期待しているのですが、そんなコメントをする方は少数派のような印象です。
      「日本人は弱い」という論調は飽きました。だったら「強いボクサー」「うまいボクサー」を話題にすればいいのに。そして、「何が強いのか」「どこがうまいのか」「なぜそうなったのか」を語り合えばいいのに。でも盛り上がるのは「●●は雑魚狩り」とか「●●は●●から逃げた」っつーネタばっか。くだらない。

      今年も世界的なビッグマッチがいくつかありましたけど、大して盛り上がらない。そして必ず「今回の試合に比べ、日本人の試合はレベルが低い」という主旨のコメントがつく。だったら見なきゃいいのに。でも見るんですよね。ツッコミどころを探しているのでしょうか。心の底で日本人に期待しているでしょうけど、だったら「期待できそうな日本人」とか「どうすれば日本人が強くなれそうか」とかっていうコメントもいっぱいあってほしいんですけどね。
      もっと建設的なコメントを読みたいものです。ボクシングを見る目を養えるような話題で盛り上がりたいです。日本人は弱い?はいはい、わかりました。
    • 54. 砂糖
    • 2017年12月31日 08:40
    • 実際日本では日本人選手を厳しい目でみる記事がなく、日本人上げの記事ばかりなんですよね。うんざりしますよ。

      井上に関しては自分は強いとはおもいますが、マッチメークがやはり日本的で、どうせ井上の勝ちでしょ、って試合ばかりでつまらないですす。

      井上は強い選手としかやらない、と言ってたものの結局大橋じゃその強い選手を用意する程のものはないですね。井上戦をというかsuperfly2を蹴ったアンカハスはもっと大きな舞台で試合しますし、マネジメントに差があります。

      自分は井上側が逃げたとは思ってませんが、井上陣営の事情など海外で知ってる人などほぼいないだろうし、このマッチメークじゃそう思われても仕方ないです。せめてビッグマウスでアピールするなりすればいいのに、と思います。今回の試合後も不満そうな表情してましたが、それをそのまま口に出せばいいのに、と。それがアピールにも繋がるでしょうし。

      もうホントに世界に出て行きたいなら亀田三男みたいに言葉を勉強しながらメキシコあたりでやって名を売って大物プロモーターに目をつけてもらうしか無いのかもしれせんね。

      ところで井上は英語を喋れるんでしょうか。海外でやっていきたいならゴロフキンらの様にある程度英語を話せた方がいいと思うんですが。

      長文失礼しました
    • 55. 初めて書き込ませていただきます
    • 2017年12月31日 10:17
    • デービスとやれば負けても自分は尾川を少なくとも心意気はチャンピオンのそれだと認めます。
      ナルバエスを倒してから井上陣営は相手が逃げていると理屈をつけて誰一人まともな相手とやろうとしませんね。
      スーパーフライで井上と戦ってほしい選手トップ10の誰ともやってないのにどうして絶対王者を名乗れるのでしょうか。
      以前井上が大橋ジムと契約した際に「強い相手としかやらない。」とか契約書に書いてあったとか報道されてましたが流石にもうそんなことは恥ずかしいのか言わなくなりましたね。
      もしその契約が本当で井上が強い相手と戦いたいと心の底から思っているのなら契約破棄してはいかがでしょうか?
    • 56. ナチ
    • 2017年12月31日 10:19
    • 極少数の意見だけ挙げるのはおかしいのでは?
      アンカハスは明らかに逃げたじゃないですか、喧嘩売ってきて買おうとしたのが二回
      逃げた回数は計三回、亀田興毅に比べ遥かに悪質な売名行為ですよ?
      少なくとも亀田は名前を受け身で出しただけで喧嘩は売って逃げていない

      正直、今回のアンカハス関連のコメントは流石に見限りますわ
      批判コメントは載せたくないかも知れませんが
    • 57. 初代 初心者です
    • 2017年12月31日 10:25
    • 対戦相手はジムの会長、プロモーターが決めるのは管理人さんはじめボクシングマニヤなら当然解っています。井上選手は試合後のコメントで、もっとヒリヒリする試合がしたい、スーパーフライには敵がいないと言ったらしいが、それはファンに言わずに大橋会長に言う言葉です。井岡前チャピオンとか井上選手、大橋会長のビックマウスがたまらなく不快です。井上選手も対戦相手は大橋会長が決めることなので会長が決めたどんな選手でも戦うと言ってたらいいのです。それと他番組のコマーシャルの時にケンシロウ選手の試合をチラ見しましたが相手選手本当にプロボクサーでしょうか、酷いものです。
    • 59. mm
    • 2017年12月31日 10:37
    • >タクミソさん 私もその記事を読んだ瞬間に気付きました。数日前に読んだBOXING NEWS 24の記事が意図的に曲げられて訳されていると。日本を離れていることが多いので通常、私は日本のボクサー達を応援していますが、流石に、この現象は戦時中の大本営発表と重なったので久しぶりにこのサイトに投稿しました。井上の場合はネックは大橋会長ではないでしょうか。
    • 60. よっぴー
    • 2017年12月31日 11:46
    • 海外の記事等、メディアを鵜呑みにするんだよなー日本人は^_^
      個人を見抜かないと
      井上尚弥は次世代のライジングスター。
      5年以内に納得する話じゃないかな。
      あと、ビッグマッチはなかなか組むのは大変だどおもいます。
    • 61. ハヤテ
    • 2017年12月31日 11:54
    • ボクシング初心者で何もわからないですけど、統一戦をしないのは相手が嫌がってるからじゃないんですか?あと減量とかの問題とかもありますか。
    • 62. maywether
    • 2017年12月31日 12:09
    • >No nameさん
      ベガスでも軽量級なら、政治力は使えます。尾川については、次の試合が大事ですね。先日の試合では、レベルが低いというレッテルを貼られても仕方ないでしょう。
    • 63. maywether
    • 2017年12月31日 12:13
    • >タクミソさん
      井上の対戦相手のレベルが低すぎて、昨日の試合は見る気がなく、まだ見てません。弱い相手には強い井上なので、快勝だったでしょうね。

      しかし、ジ・アンサー編集部は検証もせずに記事を出すのですね。間違いだらけの記事を。もしくは、編集部がわざとねじまげたのでしょうかね?日本のマスコミは某A日もそうですが、捏造大好きですから。
    • 64. maywether
    • 2017年12月31日 12:16
    • >とうるさん
      勇気も何も、海外記事をあげただけです。さもないと、日本以外での評価は伝わらず、日本人は洗脳されますから。

      証明されていないのは、井上の強さではないでしょうか?他の外国人ボクサー達は、強いボクサー達と対戦して証明していってます。井上の対戦相手で、世界レベルボクサーは、峠をすぎたお年寄りボクサーただ一人でした。井上のようなスピードや攻撃力のボクサーは、海外では珍しくはないですよ。
    • 65. maywether
    • 2017年12月31日 12:23
    • >ピューマ出口さん
      正直、この記事を載せるかどうかは迷いました。井上には興味がないし、雑魚狩の記事なんて、本当にくだらないからです。しかし、こうした記事を紹介しないと、アメリカでは絶賛されている等、うその記事が出回るので一応掲載しました。ピューマさんの仰るとおり、くだらないトピックです。

      また、みんな日本人ボクサーに期待しているが、偽者ばかりではがゆいのです。亀田、長谷川、内山、山中、井岡に期待しましたが、全員リアルではなく、世界レベルの相手には簡単にKOされるレベルが証明され、今は井上に期待がいってますが、その井上が弱い相手としかしない(できない)。どう、打開していくかは簡単なのですが、やらないですね。
    • 66. maywether
    • 2017年12月31日 12:26
    • >砂糖さん
      亀田三男は偉いですね、有限実行ですから。実は日本人はビッグマウスが多くて、何もやらない、口だけ、と結構思われてます。そのあたり。井上陣営はどう思っているのか?もしくは、日本だけで勝負し、たまにベガスで弱い相手を呼んでアピールしていく路線なのか?まあ、井上のことはどうでもいいですわ。
    • 67. 密舵
    • 2017年12月31日 12:30
    • >ピューマ出口
      おい、テメエ、前回の記事を読んだか?嫌なら、おめえがブログを読まなきゃいいんだよ‼︎
    • 68. maywether
    • 2017年12月31日 12:32
    • >初めて書き込ませていただきますさん
      絶対王者は、日本では誰でも名乗れます。テレビ局と契約さえすればいいのですよ。大橋や井上の思っている強い相手レベルは、相当低いのでしょう。
    • 69. maywether
    • 2017年12月31日 12:34
    • >ナチさん
      少数派ではなく、きちんとした海外の記事です。また、アンカハスは井上を売名には使えません。アメリカでは、アンカハスのほうがはるかに知名度があり、井上の名前を出しても、反応が薄いので、売名をするのならもっとレベルが高く有名なボクサーの名前を出します。アンハハスは逃げたと思ってるのは、日本人だけですよw
    • 70. mm
    • 2017年12月31日 13:13
    • 49.> ピューマ出口さん。 私は以前、このブログで貴方が言っている事を試みようとしていました。日本人としてボクシングをより前向きに考え、このスポーツの未来をより良くするためにはどうすればいいのか。「本物のボクシング」そして「日本のボクシングの未来』を建設的に考えたり語りたい人は大勢いると思いますよ。ピューマ出口さんも建設的なコメントを書いてみてはどうでしょうか。正月はずっと日本にいますので私も必ず貴方の意見に前向きなコメントで返事をしますから。
    • 71. 大和
    • 2017年12月31日 13:16
    • シーサケットは敵地でも誰とでも試合をしているが、井上は地元で雑魚狩オンリー。ベガスで1度雑魚狩を決行したけど。今回の相手は、引っ越しやさん。こんな記事があったよ。《新たに契約した米国人トレーナーとマネジャーが「クリスマス休暇」を理由に27日まで来日せず、日本での最終調整はビジネス・マネジャーを務めるバネッサ夫人と2人きり。 どうにも頼りない印象を与えるが、母国で引っ越し業を生業とするボワイヨが“モンスター”に勝てば、世界中を驚かせるのは間違いないだろう》
    • 72. 江戸っこ
    • 2017年12月31日 13:18
    • 選手やプロモーターの意見は、無視して、対戦相手の質と行動だけみればいいのじゃないの?まあ、井上の相手は、銀行員と引っ越しや強い相手とは1度もしていないので、井上は雑魚狩専門の偽王者といわれても、仕方ないよね。
    • 73. maywether
    • 2017年12月31日 13:22
    • >初代 初心者ですさん
      井上の発言は、だんだん井岡に似てきていますね。スーパーフライには、もう雑魚がいないが正解でしょうね。シーサケットもエストラーダもクアドラスもいます。シーサケットは、今アメリカでの評価・人気はうなぎのぼりです。一方、井上は全く評価されていないし、一般層では日本人以外認知されていません。井上が今やることは、ビッグマスや嘘をつくことではなく、強い相手と試合をすることでしょう。明白です。
    • 74. maywether
    • 2017年12月31日 13:26
    • >mmさん
      私は韓国人と仕事でからむことがあり、よく話をするのですが、韓国のマスコミも日本の捏造と全く同じレベルのようです。だから、韓国人も韓国の映画スターやプレーヤーが、韓国で物凄く有名だと勘違いしている韓国人が多いと嘆いていました。日本人・韓国人は、お互い悪い部分は似ているなと認識させられましたよ。島国・半島で隔離され、お互いに固有の文字で英語が理解できない、へんに自国が優秀と勘違いしているが、欧米では通用しない等、共通点が多いと海外の韓国人や中国人までが、日本を分析してますw
    • 75. maywether
    • 2017年12月31日 13:30
    • >よっぴーさん
      政治や経済の中心はアメリカだから、政治や経済の話題の時はアメリカの記事を参考にします。ボクシングの場合は、アメリカが中心だからアメリカの記事を参考にする、それでいいのでは?世界チャンピオンなのだから、世界からの評価が必要と思わないですか?それとも、日本人ボクサーは、「いや、日本国島国限定チャンピオンだから、日本の捏造記事だけで十分です」と思っているのなら、それでいいですがw 行動してください。口では、誰でもほざけます。亀だ、井岡、口だけでしたし、小学生でもほざけます。
    • 76. maywether
    • 2017年12月31日 13:42
    • >ハヤテさん
      井上を嫌がる相手はいません。例えば、シーサケット(タイ人)はロマゴンと2回もアメリカでやりました。ロマゴンと試合をするボクサーが井上を怖がるわけはありません。また、アンカハスは井上にオファーを出してましたが、回答が来ないので、別のオファーをとりました(トップランク社との契約)。トップランク社との契約の方がお金が良かったからでしょう。井上との対戦に固執して、好機を逃すのは割があいません。日本では小金が稼げますが、アメリカでは遥かに大きなスケールの機会が待ってます。ボクシングもビジネスなので、よりいいオファーがくればそちらをとります。
    • 77. maywether
    • 2017年12月31日 13:45
    • >大和さん
      大橋陣営もよくそんな弱い相手を探してきますね。低犬に似てきてますね、商法が。
    • 78. maywether
    • 2017年12月31日 13:46
    • >江戸っ子さん
      そうなんです、誰とやるか・行動、これが大事なのです。
    • 79. さすらいマンボウ
    • 2017年12月31日 15:59
    • 日本ではボクシング人気があまり無い

      日本人世界チャンプが、強豪外国人と対戦しても、ライトなファンは分からずに集客力や視聴率が稼げない

      利益がたいして変わらないなら弱い相手にすりゃいいや!

      という流れになるんでしょうか?やはりアメリカにドンドン進出してほしい…
    • 80. 神麻呂
    • 2017年12月31日 17:29
    • さすらいマンボウさんのコメントはとてもごもっともだと思います。ボクシングだけではなく、海外のいい人材は日本には来なくてアメリカに流れます。フィリピンで働いている時に感じたのですが、できるフィリピン人はアメリカやイギリスに行き、学歴のない人やホステスは日本に流れるということです。ボクシングもまさにそうで、強いボクサーはアメリカを目指しかませや小遣い稼ぎでは、日本に行きます。だから、日本人ボクサーは日本にいれば強いボクサーとは対戦できないので、どんどんアメリカやメキシコに行くべきです。
    • 81. maywether
    • 2017年12月31日 17:33
    • >さすらいマンボウさん
      それは問題ですね。ただ、辰吉が人気あった時もそんな強い外国人ボクサーは来てなかったですね。利益がさほど変わらないのなら、かませでいいかという日本ボクシング界の考えがもう浸透しまくっているのですね。これは、日本ボクシング界にも問題があるし、日本人ファンにも問題がありますね。偽者と本物の見分けがつかないのですから。
    • 82. maywether
    • 2017年12月31日 17:41
    • > 神麻呂さん
      ビジネスでも確かにそうですね。例えば、中国人の本物の富裕層はアメリカやロンドンの不動産を狙うが、小金もちの中国人は東京や大阪ですから。日本に来る外国人は二流・三流が多いので、日本にいれば優秀な外国人と出会えないという話も聞きました。それは、ボクサーにもあてはまるということですね。今のボクシング界は、一流から相手にされずかませ相手に日本国限定で防衛して、日本のマスコミが日本人ボクサーは海外から絶賛されていると捏造し、日本人ボクサーと日本人ファンが悦に入っているという図式ということでしょうか。
    • 83. あ
    • 2017年12月31日 18:34
    • ほんとマスコミ関係者全部死んでほしいですよね
      まあ自分にできること頑張ります 本の件お願いします
      栄養学や動画サイトは見てますがその先の名トレーナーになるために
      何かアドバイスなどありますか?
    • 84. L
    • 2017年12月31日 22:15
    • 通りすがりですが、確かに日本人ボクサーは強豪とやりませんね。
      世界の趨勢では強い名のある者とやり勝つというのに価値があります。
      3階級獲っても有名選手を倒さなければ名声は得られない。
      実より名誉を尊重するそんな日本の現状を腹立たしく思いますが、井上選手は強豪を避けてると思うのは早計な気がします。
      雑魚でもあれだけ圧倒するボクサーは日本初で、彼らが言う対戦選手が避けてるから良カードが決まらないというのも嘘と言い切れないかと。
      減量が厳しいからスーパーフライに留まらず階級を上げるというのも理屈が通ってる。
      私はもう少し見守りたいですね。
    • 85. メリンドファン
    • 2017年12月31日 22:17
    • 管理人さん一押し世界レベルチャンピオンがクソ雑魚4回戦レベル日本人田口に何も出来ずボロ雑巾の様に手も足もてずやられてしまいました。

      悔しいです
    • 86. 金星宏幸(きんせいひろゆき)
    • 2017年12月31日 23:24
    • 4 皆さん考えて見て下さい。日本では増量して強いボクサーと闘おうと言う人が何人いますか???今のボクサーでフェザー級から上の階級で何人のプロがいますか???本物と言うのなら金を稼げるアメリカに行きますよ。ゴルフの松山選手、野球のイチロー選手、テニスのにしこり選手、サッカーの本田選手等は海外に行って結果を残しています。後パッチャオ選手、マイク・タイソン選手等は増量して階級をあげました。自分自身よりもデカイ選手に挑むからこそ本物なのです。日本で金が稼げて海外でも有名なのはアニメや漫画とゲームぐらいです。
    • 87. 減凛怒
    • 2017年12月31日 23:26
    • 田口陣営は、管理人さんの記事に書いていたことを実行しましたね。蜜舵さんのコメントで田口が勝てるわけないと書いてましたが、田口はしっかりと準備をしてこの一戦に挑みました。その結果、今回の勝ちにつながりました。番狂わせは偶然ではなく、そのための準備をした人に歩み寄るということがわかりました。さすが、管理人さん。
    • 88. maywether
    • 2017年12月31日 23:30
    • >あさん
      トレーナーになるためですか?色んなボクサーがいるので、どんなタイプがあっているのか見極めることが大事でしょう。そのタイプごとへの練習プログラムも大事ですが、すべてのボクサーに必要な基礎、ジャブの使い方、ワンツーのバリエーション、ブロッキング、フィジカルトレーニング、足のトレーニング、戦略、このあたりは重要ですね。
    • 89. maywether
    • 2017年12月31日 23:33
    • >Lさん
      日本では、亀田・井岡・長谷川が3階級を達成しましたが、海外では認知されてません。それは、Lさんが仰ったように強い相手に勝っていないからでしょう。そして、確かに日本人は強い相手と試合をしません。しかし、本日田口が結果を出しました。これに触発されて、日本人も変化しけばいいかと思います。田口は、立派でした。
    • 90. maywether
    • 2017年12月31日 23:35
    • >メリンドファンさん
      悔しいですが、今回のようにきちんと準備すれば勝機はあります。田口陣営の勝利ということです。逆に、メリンドの陣営は戦略ミス・調整があまかったということです。
    • 91. maywether
    • 2017年12月31日 23:43
    • >金星宏幸(きんせいひろゆき)さん
      日本のもので世界で大人気なのは、仰るとおりアニメ、漫画、ゲームとそれに加えて、日本食、美容師のレベル、百貨店のサービス、風俗、アダルトビデオです。これ以外は、ほとんど駄目でしょうね。あと、日本人はデカイ人に挑むには嫌いです(柔道以外)。日本人ボクサーにいたっては、かませでしかも下の階級のボクサーとばかりやってます。亀田兄、井岡、井上等は無理やり下げた階級からスタートしました。体格で圧倒するか、判定にもちこんで勝つのが日本人のスタイルです。これ以外の勝ち方は日本人には難しいのです。パッキャオのような日本人は永遠に現れません。イチローのようにポテンヒットで稼ぐか、にしごりのように粘り勝ちするかが日本人のできるやり方なのです。だから、筋肉・パワーをつけて、堂々と勝つのなら、練習方法や考え方や環境を一新しなければ無理です。それをするには、海外で練習をするのが早道でしょうね。
    • 92. maywether
    • 2017年12月31日 23:48
    • >減凛怒さん
      オルフェーブルさんにも、田口をもちあげすぎだと言われました。コメント通り、メリンド陣営は無策でしたね。’実は、多くのフィリピン人陣営は対戦相手に対しての対策はへたくそなのです。ここが、メキシカンとの違いなのです。また、目を切ったとき等モチベーションがすごく下がり、またパフォーマンスも下がります。日本人でいうところの根性も、メキシカンと比べてすごく低いのです。だから、頑張りやの田口に正気ありと思ったのです。
    • 93. ななし
    • 2017年12月31日 23:55
    • 大橋陣営で、英語ができて、世界のトップクラスのプロモーターや海外のメディアと
      交渉できないでしょう。
      海外との交流を常日頃しないし、フジテレビとの契約もある。井上は内山コースまっしぐらじゃないですか?
    • 94. 倭和
    • 2018年01月01日 00:02
    • 田口の記事をもう一度読み返しましたが、管理人さんの知識に驚きました。
      おそらく、田口陣営は管理人さんの記事を読み、それをバイブルにし実行したのでしょう。管理人さんは海外の知識やトレーニングや戦略におそらく日本一長けているので、井上や田口やその他若手を海外に連れて行って一年ほど面倒をみるのは如何でしょうか?もちろん、管理人さんには協会から月給やホテル代等は支給されます。協会はあほなことに金を使わず、このプロジェクトにしっかりお金を使えば、日本人ボクサーは世界でも戦えるし、また一流を日本につれてきて興行もできるだけ強くなるでしょう。どうですか?
    • 95. mayweher
    • 2018年01月01日 00:04
    • >ななしさん
      大橋は低犬傘下でなかったのでしょうか?大橋ではまず無理ですねw英語ができるだけでは、交渉はできません。両方できなければ駄目ですね。
    • 96. 龍馬
    • 2018年01月01日 00:08
    • 田口の記事も秀悦ですが、この井上の記事も素晴らしいですね。ボクシング関係者が言ってましたが、このブログはまさしく日本一のボクシングブログですね。
    • 97. maywether
    • 2018年01月01日 00:14
    • >倭和さん
      今の仕事が好きなので、そのオファーは受けにくいですね。まして、日本ボクシング協会はそんなことは断行できないでしょう。
    • 98. maywether
    • 2018年01月01日 00:15
    • >龍馬さん
      あまり他人のブログを見ないのでわかりませんが、有難うございます。
    • 99. ピューマ出口
    • 2018年01月01日 00:27
    • >65.mmさん
      ありがとうございます。
      たま〜にコメント書いてはいたんですが、やっぱり少数派なもんで、みなさんの反応は悪いですね。ロマチェンコ・リゴンドーの時も事前に二度ほど書いてみましたが、盛り下がりっぷりにはがっかりしました。
      でも今夜田口が勝ってくれたんで、少しは盛り上がってくれるのかな。「雑魚狩り専門だけど、もしかしたら強いかも」という視点が、彼によって生まれた気はしますね。
    • 100. ヘナナロ・エルナンデス
    • 2018年01月01日 04:05
    • 1 ROUND 残り0:17
      ボワイヨのフックぎみの右ストレートをかわし、左フックのカウンター。
      もし、相手が肘を折ってコンパクトなフックが打てるメキシカンだったら……。

      2 ROUND 残り1:47
      ボワイヨのジャブのフェイクからのワン・ツー。
      もし、踏み込んでウエイトを乗せてくるハードパンチャーだったら……。

      いつも思うけど、ガードしないから横から出てくるパンチ(フック)もらいそうだし、打ち終わりも同じ位置にいる(強いパンチ打ちたい)から腕を引いたタイミングにカウンターもらいそうだし……。

      長谷川も内山も山中も、倒せてるうちはそれで良かったんだけれど、本物のトップコンテンダーにはやられてるんですよね。

      どうか私の取り越し苦労でありますように。


    • 101. ゆう
    • 2018年01月01日 08:54
    • WBA のスーパーチャンピオン制度あまり好きではないですけど、田口チャンピオンにはスーパーチャンピオン与えてあげたいですね。
      面白い試合でした。田口チャンピオンもう少しパンチ力あれば倒せたのにと思います。
    • 102. (仮)
    • 2018年01月01日 09:13
    • ある意味今年こそ真価を問われるとしか言いようがない件でしょう。

      少なくとも井上尚弥本人がシーサケットやアンカハスから逃げてるようなことはないと思う(同じ視点でアンカハス本人もそう。)ので、問題点はやはり大橋さんか。

      思うにこういうブログのコメントは大橋ジムに送ってみるのがいいと思うんですが..(笑)
      大橋さん案外素直に見えるので、ダイレクトに反応される可能性もあるかもしれません。
    • 103. mm
    • 2018年01月01日 11:39
    • >94. ピューマ出口さん こちらこそありがとうございます。
      田口は素晴らしかったですね。メリンドと統一戦をしたこと自体に拍手なのですが、地元判定ではなく、明確に勝ってくれるなんて素晴らしいです。井上もバンタム級でテテかネリに挑戦するなら批判する必要はないでしょう。テテは2月10日にナルバエス戦があります。ナルバエスが現在のテテ相手に接近戦に持ち込み打ち込めるのか、それともアウトボクシングされたあげくに倒される又はストップされるのか。テテ対ナルバエス戦が井上陣営にとっても判断材料になるかもしれませんね。WBOには現在2位のダニエルロザノという選手がいます。井上が判定て勝ったカルモナを2017年の8月に2ラウンドで痛烈にKOしています。元々パンチ力はありましたが最近急に強くなったという印象です。続きます。
    • 104. mm
    • 2018年01月01日 11:44
    • 続きです。
      やはり日本のファンとってはネリが山中の再戦に勝ったらネリとやる方が盛り上がるでしょうね。バーネットは怪我のためにハスキンス対エマニュエル・ロドリゲスでIBFの暫定王座決定戦があるようですのでバーネット戦はないでしょう。ロドリゲスはバンタム級での私の注目選手です。元々、ナルバエスとのIBF挑戦者決定戦が予定されていましたが3度キャンセルされました。ナルバエスが避け続けたとしか思えませんが。ロドリゲスは今後も注目したいです。それ以上に注目すべきはやはり井上です。批判すべき事は批判し、認めるべき事は認める、それが最も重要だと思います。
    • 105. さぶ
    • 2018年01月01日 11:58
    • 管理人さんは、日本人が嫌いというわけではないのですね。田口選手の記事を見てそう思いました。田口選手のように勇気のある挑戦をし、きちんと戦略をたてて、立派に戦えるボクサーはほめてますね。井上選手も勇気をだせば、管理人さんはほめるでしょう。でも、管理人さんの言っていることはごもっともです。世界では、井上選手のやり方は通用しないでしょうね。
    • 106. maywether
    • 2018年01月01日 12:01
    • >ヘナナロ・エルナンデスさん
      ー長谷川も内山も山中も、倒せてるうちはそれで良かったんだけれど、本物のトップコンテンダーにはやられてるんですよね。

      いいところをついてますね。ただ、井上の場合はアンカハスとやれば、テクニック・パワーでやられ、12ラウンドレッスンをつけられる可能性もあります。
    • 107. maywether
    • 2018年01月01日 12:04
    • >ゆうさん
      田口はよく頑張りました。カウンターを待っている対戦相手にはあまり踏み込んだり力むと体が流れ、カウンターの餌食になるので、昨日の戦い方・パンチの出し方で良かったと思います。きちんとファイトプラン通りだったと思います。田口チームの勝利です。倒さなくても、明白な勝利で田口本人が納得できれば、素晴らしい勝利だと思います。
    • 108. maywether
    • 2018年01月01日 12:06
    • >(仮)さん
      ブログのコメントを送ってまで、井上のことを思っているファンは少ないでしょう。ここに来る人は、井上のファンではなく常識的考えの人達なので。
    • 109. トップランク
    • 2018年01月01日 13:28
    • 大橋は翻訳アプリを使って交渉していると、何かの記事で見ました。だから、フェイスブック等でプロボクサーを副業としている外国人に友達申請して井上の対戦相手を選んでいるんじゃないかなwww
    • 110. フリーター
    • 2018年01月01日 15:33
    • 4 海外の評価は一切知りませんが現役日本人世界チャンピオン全員が実力で世界で通用しないのは見たらわかります
    • 111. ハートオブマイン
    • 2018年01月01日 15:52
    • 井上までヤルヤル・・とは残念。
      山中、井岡路線は日本人ボクサーの御家芸。
      本当に残念。

    • 112. maywether
    • 2018年01月01日 16:39
    • >さぶさん
      そうですね、だから西岡や田口は好きですよ。田口は、今回の戦いで好きになりました。よく頑張りました。
    • 113. maywether
    • 2018年01月01日 16:41
    • >トップランクさん
      大橋のやっていることは、学生レベルですね。きちんとした交渉人を雇えばいいかと思います。もしくは、スポットで雇ってもいいでしょう。
    • 114. maywether
    • 2018年01月01日 16:42
    • >フリーターさん
      田口は通用しましたよ。メリン・ミランドは世界一流レベルのボクサーです。
    • 115. maywether
    • 2018年01月01日 16:44
    • >ハートオブマインさん
      隠れ蓑にされた亀田が引退し、井岡が隠れ蓑にされ、その間に山中・内山が引退。残されたのは、井上ですがどうごまかすのでしょうか?
    • 116. タクミソ
    • 2018年01月01日 18:17
    • 田口の統一戦、管理人さんのコメント通りでしたね。
      (2017年11月18日投稿記事のNo.16コメント)
      敬服します。

      私的には、田口の頭の動きが気になり、勝ってもしっくりこなかったのが本音です。ダーティーテクニックは好きではないので。
      しかし、あれだけ戦術(バッティング、流血狙い)を貫ける冷徹さ、スタミナ、そして、序盤から積極性を見せる気持ちの強さは大したものです。バッティングも、レフェリーからは何回も注意されていましたが、減点されない程度に試合をコントロールしていた、と捉えられるかと思います。
      フィリピン人も対策が苦手との管理人コメントを見て、なるほど、メリンドはバッティング対策をしてなかったのね、と腑に落ちました。弱点をカバーしないのもどうかと思うのです。
      一晩経って、田口の勝利を素直に喜べる状態です。

      今回のような戦略・戦術の管理人コメントを今後も期待しています。ボクシングを観る目が変わり、とても楽しめました!
    • 117. maywether
    • 2018年01月01日 19:36
    • >タクミソさん
      戦術は簡単に言えば、試合に勝つプランを練り遂行することです。12ラウンドの場合は7ラウンドとれば勝ちになります。田口対メリンドの場合は距離をとり、左を絶えずだしペースをとり、特に後半の4ラウンドはスタミナのある田口はとれるので、1~8ラウンドで3ラウンドとれれば勝ちになります。その為に、どう判定までもっていくか、またどうメリンドの連打をしのぐか、どうポイントをとるか、それをチームで話し合い、練習して、それを試合で実行するのです。その試合で実行するのが、やはり難しいので、実行した田口は立派ですね。ただ、勝てるプランが描けない試合もあります。例えば、井岡対ロマゴン、井岡対エストラーダ、井上対アンカハス等はそうなのですが、そういった場合は試合を回避するに限ります。話は戻りますが、ボクサーとしてのレベルはメリンドの方がはるかに上なのですが、ファイトプランによっては、田口に勝機はあるのです。以前で言えば、辰吉対薬師寺もそうでしたね。今回の田口のように、レベルの上のボクサーに挑戦し、しっかりと準備をしそれを乗り越えれば、ボクサーの力も飛躍するのです。何回も言いますが、田口は頑張りました。
    • 118.
    • 2018年01月01日 21:25
    • ちなみにジョーブログというYouTuberは2回目で合格しました。YouTubeの動画作りが本業で海外に行ったりと大変なのに凄いですね。まあ日本のプロテストはそのくらい簡単で少しの才能があれば受かって当然なだけなのかも(爆笑)
      デビュー戦も見ましたけど、本業がYouTuberのデビュー戦とは思えないくらい上手かったですね。デビュー戦で引退するそうですが非常にもったいないなと思えるような試合でした。
    • 119. maywether
    • 2018年01月01日 22:00
    • >114
      凄い注目度でした。その中でよく勝てました。1ラウンドを見たところ少しどたばたしているが、いいワンツーを打ってるなと感じ、2ラウンドではタイミングのいい右フックでダウンを奪いましたね。対戦相手の方が、経験はあるはずですが、本当によく勝てました。スタミナとガードが課題ですねw

    • 120. 密舵
    • 2018年01月01日 23:39
    • 113のような馬鹿コメントは削除して下さい。
    • 121. maywether
    • 2018年01月02日 00:50
    • >密舵さん
      削除しました。だから、114のコメントが今113に来てます。
    • 123.
    • 2018年01月02日 17:34
    • 何がどう馬鹿なコメントなんですか?
      別に誰の事とは言ってないけど、もしかして自分の事でしかも的中してると思ったんですか?なら馬鹿もなにも事実ってことじゃん分からんけど
      少なくとも一括りに日本を叩いてるコメントの方が馬鹿なコメントだと思いますよ日本人は犯罪する勇気もないだとか

      管理人さんも削除してくださいって言われたらどんなコメントでも削除するんですか?
    • 124. 密舵
    • 2018年01月03日 09:04
    • 117のようなコメントをする奴がいるから、日本人は馬鹿なんですよ。管理人さんは、今後、このようなコメントをする輩をコメント禁止にして下さい。
    • 125. maywether
    • 2018年01月03日 11:31
    • >117
      削除するかどうかは、私が決めます。
    • 127. 爆撃機スタイル
    • 2018年01月05日 06:15
    • 井上は階級におけるパワーとスピードは日本人ボクサー史上最高でしょうが、
      戦略や防御が大した事なければ身体能力だけでは超一流に通用しないのはボクシングの歴史が証明してるし、その点は旬の強豪との対戦がまだないため未知数。

      しかし日本のボクシングオタクってのはプロボクシングのモンキービジネス的戦略にいとも簡単に乗せられてしまうものだと長谷川や内山、山中への負けるまでの過大評価を見て思うものだ。
    • 128. 密舵
    • 2018年01月06日 11:12
    • 元日の亀田大毅さんの企画を見て(田口対メリンドの数百倍面白かったですw)、思ったのですが、そもそも、井上は本当に亀田兄弟より強いんですか?井上選手と亀田大毅さんは、どっちがパンチ力ありますかね?
    • 129. 匿名
    • 2018年01月06日 13:04
    • 井上選手が逃げてるわけないじゃん
      相手が対戦を避けてるんやろ
      ってか井上選手が強いバンタムのチャンピョン達を倒していったらどう弁解するのか楽しみだわ
    • 130. ななし
    • 2018年01月06日 14:52
    • 井上は間違いなく内山コースですよ。
      劣化の激しいナルバエスを倒して
      四年たつんですよ。
      四年たつのに、まったく変わらない。 
      雑魚ばかり倒して四年
      大橋や井上父に国際人脈ができているか
      といえば謎です。
    • 131. トウラト
    • 2018年01月07日 22:45
    • どっちがパンチ力ありますかねってどっちもパンチ力あるだろ。
      そもそもパンチ力が強い方が強いとかじゃないし、そんなこともわからないからいつまで経ってもプロテストに受からないんだよ
    • 132. maywether
    • 2018年01月08日 13:11
    • >密舵さん
      年末の世界戦ラッシュの中では、田口の試合が1番よかったです。しかし、注目度は亀田2号のほうが数段上でしたね。井上と亀田2号のパンチですが、パンチの質は違います、重さなら亀田2号、スピードなら井上でしょう。ただ、井上はこれまで自分より小さな相手としかやっていないので、自分より大きな相手にパンチがきくかどうかは疑問です。スパーであまり参考にならないかもしれませんが、1階級上のセルバニアは井上のパンチを受けても平然としてました。井上も、長谷川タイプで無理な減量をし軽量後に体重を戻し、圧倒するタイプなので、階級をあげればすぐに限界が来るでしょうね。
    • 133. 密舵
    • 2018年01月08日 21:36
    • >管理人さん
      そうですよね。大毅さんのパンチは、体の大きな相手にも効きますが、井上には、そのようなパワーを感じない。キレのいいパンチですが、相手を選んでますよね。もし、井上選手と大毅さんが対戦したら、大毅さんがKO勝ちしてしまうのではないでしょうか?井上選手は打たれ弱そうですし、タフな大毅さんとは相性が悪そうです。日本のマスゴミの井上選手の持ち上げ方は異常ですね。
    • 136. 通りすがりっぽい人
    • 2018年01月11日 09:46
    • そもそもセルバニア自体落ちこぼれボクサーみたいなもので、フィリピンの練習についていけずに日本に来たようなものですからね。日本のレベルはものすごく低いのでヤップやセルバニアみたいな中堅よりやや弱いボクサーでも日本王者クラスなら無双できます。井上のような雑魚にも押されるセルバニア程度のボクサーがバルデスに挑むまで無敗とか本来ありえない話ですからね。あれより強いボクサーはフィリピンの6回戦レベルのボクサーにごろごろいると思います。サバイバルやっていたらヤップやロレトみたいに負けまくっていたでしょうけど、井上程度には負けないボクサーにはなっていたでしょう。
    • 137. 通りすがりっぽい人
    • 2018年01月11日 15:31
    • 井上ごときが全盛期の大毅に勝つなんて無理ですよ。大毅は体重超過して数回級は上の体重があったソリスとも体重ルールが厳格なIBFルール化の圧倒的不利な状況でまともに打ち合えるほどのボクサーです。ソリスは世界的に見ればたいしたことないボクサーではあるものの、河野に統一戦で一方的に勝ち、その後のタイトルマッチでは山中やマクドネルを圧倒(ひどすぎる判定で両試合とも負けにされたが)してるほど、日本人の世界王者程度ではまともに勝てないボクサーです。そんな相手が体重超過して体調万全で試合に臨んだにもかかわらず、その状況下でまともに打ち合える大毅のポテンシャルは相当なものです。同じ時代だったら井上は絶対大毅を避けるでしょう。一応井上がKOした河野は大毅とよく似たボクサーですが、河野と大毅の全盛期同士だとパワーと打たれ強さは圧倒的に大毅が上なので、井上のような雑魚狩り専門の偽者のパンチでは大毅には攻撃がまったく効かず、泥仕合に持ち込まれて負けるのは目に見えているので。

      ちなみに大毅より数段上の和毅とやったら井上程度では手も足も出ないとおもってます。それどころか岩佐にも大竹にも勝てないでしょう。大竹も敵地であのクィッグとフルラウンドやってますから、井上とは実績が比べ物にならないです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ