今下記3人のホープに注目しています。

ケビン・ジェイク・カタラハ 7戦全勝6KO スーパーフライ級 22歳 フィリピン
ライアン・ガルシア 14戦全勝13KO スーパーフェザー級 19歳  アメリカ
ジョシュ・ケリー 6戦全勝4KO ウェルター級 24歳  イギリス

カタラハは、アジア1名門でレベルの高いALAジム所属で、同門のマーク・マグサヨより完成度は高い。マグサヨはまだディフェンスに難があり攻撃も雑だが、カタラハはディフェンスもしっかりしており、つめもマグサヨよりうまい(関係者の方からアマチュアでは300戦以上、マグサヨには2戦2勝と聞いてます)。


ライアン・ガルシアは、鋭い左ジャブと右ストレートをもち、接近してもフック・アッパーが強烈です。まだ19歳と若いが、尾川レベルなら既に序盤でKOする力をもってます。アマチュアでの成績は210勝15敗で、現在ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約してます。


ジョシュ・ケリーは、オリンピックにも出場しており(リオ)、防御勘は抜群にいいですね。ガードはせず、上体でよけ、サイドにまわったりする独特の動きをします。ハメドとロマチェンコをミックスさせたイメージですね。辰吉や日本のボクサーとは違い、アマでのしっかりとした基礎があるからこの動きができるのです。攻撃もなかなかスピードがあり、左フックの7連打は見ものです。


この3人の他にも、Teofimo Lopez (8戦全勝6KO、ライト級、20歳、アメリカ)、Vergil Ortiz (9選全勝9KO、ス-パーライト級、20歳、アメリカ)、Michael Conlan (6戦全勝5KO、フェザー級、26歳、イギリス)等のホープも面白いので、youtubeで是非ご覧ください(検索欄に英語で書いた名前をコピーして検索すればたくさん動画がヒットします)。

これらのホープ達は、スーパーフェザー級からウェルター級の階級で強いボクサー達とぶつかりあってほしいものです。

  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村