日本人歴代ボクサーは、最強は誰でしょうか? 



5位は現役最強の井上尚弥で、4位が防衛日本記録の具志堅用高。

3位は日本一のテクニシャンの渡辺二郎(26勝18KO2敗)です。大学までは日本拳法をしていたので、デビュー当時で既に日本では無敵でした。だから、全日本新人王決勝では後の世界チャンピオンの小林光二をたった1ラウンドでKOしております。

渡辺二郎は、強い南米ボクサーを相手に防衛したり、息のいい韓国人を簡単にKOしたり(海外防衛)してますが、1番印象に残っているのはパヤオ・プーンタラットとのWBA・WBCの統一戦ですね。ただ、渡辺二郎の所持していたWBAが統一戦を認めていなかったので、渡辺二郎がリングに立った時点でタイトルが剥奪されたので幻の統一戦となったのでした。

1位と2位はもう決まってますね。2位は大場チャンピオン(35勝2敗1分)。世界チャンピオンになる前から、花形進、スピーディー早瀬、中村剛、海老原博幸等の強豪達との戦いでどんどんレベルがあがっていきました。

そして、世界チャンピオンになった後も花形進、オーランド・アモレス等の強豪を退け、その後は伝説となったチャチャイ・チオノイとの一戦であまりにも壮絶な逆転KOへとつながって行きます。しかし、試合後の不幸のためこの試合が最後になり世界チャンピオンのまま旅たったのです。

1位は満場一致でファイティング原田さん(56勝23KO7敗)です。ファティング原田さんは、当時7人しか世界チャンピオンがいない時代で2階級制覇し(フライ級とバンタム級)、フェザー級も普通に制覇しかかったのです(3度ダウンを奪ったし、KOだったが、レフリーとジャッジのせいで引分けにされた)。

加えて、当時PFPのトップ3に入っていたエデル・ジョフレ(72勝50KO2敗4分)を2度も破ったのです。エデル・ジョフレはあまりにも強すぎて黄金のバンタムと呼ばれたのです。その異名通り、ジョー・メデルやビセンテ・サルディバルをKOしており、負けたのはファイティング原田さんに対してだけなのです。

ファイティング原田さんの時代は、ジュニア階級もなく、団体も1つしかなかったので、世界チャンピオンになるのが難しく、白井義男さんが敗れてからファイティング原田さんが世界チャンピオンになるまでに8年もかかったのです。

世界チャンピオンの価値は、今とは比べられほど高く、本当のチャンピオンだったのです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村