世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

WBA世界ミドル級の防衛戦ですが、村田涼太がロブ・ブラントに惨敗しました(119-109、119-109、118-110)。119-109が二人いましたが、村田1ラウンドしかとれておらず残り11ラウンドはブラントがとったということですね。

贔屓目に見ても村田は3ラウンドほどしか取れておらず、距離をつめて打ち合っても右ストレートなど被弾して逆に村田が倒されそうになってました。

敗因はたくさんあり、村田が世界で通用しないのは以下の3点ですね。
①近い距離しか打てないのに、ステップインができない
②完全な攻防分離
③弱い相手としか試合をしていないので、成長がない

ちなみに村田は183cmの身長でブラントは184cmなのです(リーチは逆に村田の方が長い)。しかし、ブラントの方が長い距離でパンチが打てるので、完全にブラントに距離をコントロールされました。

先日ゴロフキンを打ち破ったカネロは173cmしかありません。それでも、ゴロフキンを相手に距離をコントロールするのです。それは、ステップイン・アウトができ、攻防一体だからです。

カネロは村田ができないこの技術に長けている(他の全ての技術も村田のはるか上のレベル)ので、下の階級からあがってきてもゴロフキンのようなミドル級NO1の猛者とも打ち合えるのです。

それと気になったのは、村田が相手のスピードについていけていないことです。村田はガードは良かったのですが、4つ目や5つ目などになると綺麗にパンチをもらっているので劣化・動体視力の衰えがあるかなと感じました。

相手が強く見えたのは、村田が弱かったからでしょうね。私は村田はミドル級では7番ぐらいと思ってましたが(カネロ、ゴロフキン、ジェイコブス、チャーロ、サンダース、テレヴィャンチェンコの次)、贔屓しすぎてました。実際は10位以下でしょうね。

ピストン堀口の時代から80年以上経ちますが、その間で村田はミドル級日本人では歴代2位でしょう(竹原の次)。一方、ロイ・ブラントはアメリカの歴代ミドル級では200位ぐらいでは?

ミドル級では日本人のNO2よりアメリカ人の200位のほうが強いのです。

何回もいいますが、欧米人の多いウェルター級やミドル級では日本人ボクサーは通用しないのです。軽量級のように、日本につれてきてインチキ判定や雑魚狙い・空位狙い等ができなく正々堂々としなければならないので、日本人ボクサーは勝てないのです。

そうはいっても、雑魚狙い・空位狙い・地元判定に頼らず正々堂々と第三国でも勝てるボクサーが少しずつ出てきているので(三浦、木村、伊藤)、もう少し長い目で見たいと思います。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  

ダンベルや様々なトレーニング用具はこちらから格安で購入ができます。
  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (179)

    • 97. maywether
    • 2018年10月25日 17:52
    • >素人のボクシング好きさん
      ウェルター級とミドル級はレベルが高いですね。村田はジェイコブスやチャーロとやっていれば、放送事故でしたよ。ライト級のテクニックの無いボクサーが、ミドル級で試合をするようなものですからね。
    • 98. maywether
    • 2018年10月25日 18:02
    • >大阪人さん
      村田に関しては、少し期待はしていました。特にアメリカでトレーニングをしていた時ですが(いつのまにか、低犬傘下になり成長ゼロになりました)。私は、西岡、三浦、木村、伊藤、田口等はがんばったと感じましたが村田から勇気をもらったことは皆無でした。特に自分をゴロフキンの次と言う所が嫌で、本当は7以下8位のくせにと思ってました(実際は10位以下でした)。ステップイン・アウトができない、完全な攻防分離、コンビネーションが少なすぎる等技術的にも稚拙なのですが、日本ではトップなのです。マスコミにチヤホヤされすぎたこともありますが、村田は自身で10位以下と公言し「すみません、嘘ついてました。本当は10位~20位なのに、ゴロフキンの次と偽ってました。また、おいしい相手ばかり用意してもらってました」と白状すればいいのにと思います。
    • 99. ななし
    • 2018年10月25日 18:03
    • 指導者が日本のマスコミや協会らの
      圧力とどう付き合うかでしょう。
      そういう意味において、ラグビーの
      エディージョーンズはよくやりましたね。
      ラグビーの母国イングランドがエディー
      をほしがるはずです。
    • 100. 陽大
    • 2018年10月25日 18:06
    • >79
      村田はライト級のパンチですか。それなら、ミニマムの大橋と同じですね。大橋はライト級なみと言われてましたから。実際は、フライよりパンチがなかったですけどねwww昔もマスコミが嘘ばかり言ってました。
    • 101. ななし
    • 2018年10月25日 18:06
    • NHKの奇跡の教室でウズベキスタンの
      アマボクのトップレベルの指導者が
      日本の子どもたちにボクシングを指導する番組が再放送でもうすぐやります。
      エディーやランディジョンソン
      も引き受けてますが、まだ見てないですが、
      日本のボクシング指導者は見るべきでしょう。
    • 102. maywether
    • 2018年10月25日 18:10
    • >ななしさん
      マスコミや協会の大半は無能なので、無視をするのに限ります。マスコミはあることないこと書きたて批判しますが、無視ですね。マスコミにもちあげられている選手の大半は二流です。
    • 103. ボクサー
    • 2018年10月25日 18:12
    • 一つ村田を擁護するとすれば勇気ですね。グローブが薄くなるプロで戦ったこと。前に出たこと。世界レベルのミドル級のパンチは半端ないですからね。今回の対戦相手がアウトボクサーで良かったです。それでも相当ダメージありますが。カネロ、ゴロフキンならニラウンドで倒されてますね。後、本田会長の手腕は相変わらずすごいですね。大金を引っ張ってきてマッチメイクして。全てわかった上で色んな発言なさるし 尊敬します。
    • 104. maywether
    • 2018年10月25日 18:13
    • >陽大さん
      大橋はジュニア・フライ時代に張に2回KOされましたが、明らかに張のほうがパワーとパンチがありました。ライト級どころか、ジュニア・フライ級の張の半分レベルですよ。
    • 105. ななし
    • 2018年10月25日 18:17
    • ステップインからのパンチが打てれば、
      パンチ力も倍増します。
      村田がステップインを覚えれば、
      まだなんとかなったかもしれません。
      マイクタイソンやパックが
      自分よりサイズのでかいボクサーをたおせたのは、パンチが強かったのは、ステップインからのパンチを打てたから
      そしてステップバックができるから、
      相手の射程距離から逃げられる
    • 106. maywether
    • 2018年10月25日 18:28
    • >ボクサーさん
      低犬会長は村田の実力は10以下でパンチ力のない相手でないとすぐにKOされることがわかっていたのでしょうね。カネロ、ゴロフキン、ジェイコブス、チャーロ、サンダース、デレイビャンチェンコの全員に簡単にKOされるレベルなのでしょうね。
    • 107. maywether
    • 2018年10月25日 18:33
    • >ななしさん
      ステップインも種類があり、それようのトレーニングは必要ですね。また、想像以上にスタミナも消耗するのでスタミナ強化の必要もありでした。村田のスタイルは、スピードのある相手からすればおいしいサンドバッグです。今のままでは、これが限界です。マッチメイクに助けられてました。
    • 108. ななし
    • 2018年10月25日 19:26
    • 厳しいことをいいますが、やはり、欧米人がゴロゴロいるウエルター級前後、白人、ヒスパニック、アフリカ系のボクサー、特に層の厚いボクシングの本場アメリカのウエルター級前後のトップレベルのボクサーを倒して真の王者といえるんじゃないですかね?
      村田がやられたのは、アメリカにいるアフリカ系のボクサー。
      村田はウエルター級前後のトップレベルのボクサーとスパーをしながら修業し、レベルアップをはからなければならなかった。

      フィリピン、タイ、メキシコ、中南米、アフリカに英国あたりが加わってる井上の周辺にはダニエルローマンやラッセルジュニアがいますが、少ない。彼らレベルの欧米人ボクサーはウエルター級前後にくさるほどいるんでしょう。
      そしてまったく、フィリピン、タイ、日本人ボクサーが入れなくなる。
      メキシコや中南米、アフリカなどは少しは入れます。
    • 109. グラ
    • 2018年10月25日 21:29
    • 村田擁護派のニワカは、日本人ばかりの軽量級でイキってる井上よりマシなどとほざいていますが、日本人ばかりではないし、アジア人も中量級以上と比べれば多いと言うだけで、黒人も白人もヒスパニックもいます。
      リゴンドーやロマチェンコやロマゴンといったPFP候補もいて決して低いレベルでもない。
    • 110. ハメッド
    • 2018年10月25日 21:29
    • 今ようやく村田の試合を観ましたがまあ一言で言うなら「今までのツケを払わされた」感じですね。
      ガード一辺倒でワンツー主体。攻防分離だ本格的な選手とやってないとか一部のファンは言ってましたがとうとうその経験値の差が浮き彫りになった感じですね。
      ただ村田フィジカル自体はしっかりしてる方なので多少打たれ強さはあるかなと思います。
      村田は再起するなら三浦を参考にした方がいいですね。三浦は自分の武器である左のパンチ力を1番に理解して左をクリーンヒットさせるための引き出しを考えてやってましたが村田はこのスタイルで通用すると過信しすぎです。
      というかよくそのスタイルで世界と戦えると思ったなと。まあ村田って実は不器用で悪い意味で頑固なんですかね。プロに適したスタイルや引き出しを増やすことを放棄した点で。
    • 111. グラ
    • 2018年10月25日 21:32
    • >75
      管理人さんよりも村田のことを全面的に批判してる方もいましたよ。
      逆にめちゃくちゃ擁護してる人もいましたが笑笑
    • 112. グラ
    • 2018年10月25日 21:33
    • 個人的には引退しないでゴロフキンに壊されて引退して欲しいですね。
      村田信者の次なる言い訳が聞きたい。

      パック(166cmウェルター級)>>>>>>>>>>>>>>>>>>村田(183cmミドル級)

      2000年以降のボクサーで最強かつ偉大なのはパッキャオ。
      日本のライトヘビー級チャンピオンより強いんじゃないですか?
    • 113. グラ
    • 2018年10月25日 21:36
    • http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1810/25/news055.html

      面倒臭くてタイトルしか読んでないんですけど、とうとう日本のメディアも真実を伝えるようになったんですかね
    • 114. ボクサー
    • 2018年10月25日 22:25
    • カネロに対してメキシコ産の肉無しならやりたいって発言はさすがにダメですよ。海外メディアにとりあげられたらしいですけど 前やってたシルバータイトルのモリソン対ウェルボーン戦みるとこれよりも内容が。しかし日本で世界ミドル級のタイトルマッチ行い防衛戦までしてくれた本田会長て選手からしたら神ですね。勝ってたらゴロフキンも呼んでくれてたでしょう。どんなビッグマッチも実現してくれる 本田会長こそスーパー 対戦相手やスパーリングパートナーはめちゃめちゃ儲けて家建てたとか 彼女連れて来日してたエンダムは今どこで何してるんでしょうか 稼ぎ過ぎて無事か心配です
    • 115. 通りすがりっぽい人
    • 2018年10月26日 01:19
    • 予想通りの超低レベルのミドル級タイトルマッチでしたね。どっちもカネロやゴロフキン、チャーロとやったら3R持たずにKOどころか事故レベルで壊されていたぐらいの弱さのことが証明されてしまいました。そしてそんなレベルのボクサーにも手も足も出なかった村田は酷いものです。こんな低レベルな試合(タイトルマッチ以前に試合を強行したことが問題なレヴェル)をアメリカでしてしまったことを恥じるべきですね。二度と日本人はアメリカのリングには上げないで欲しいものです。
    • 116. toney
    • 2018年10月26日 04:13
    • ステ無しだろうが有りだろうがカネロとやったら病院行きでしょうね。。ゴロフキンと戦った淵上選手はマウスピース取った瞬間前歯がこぼれ落ちてきたと言っていたそうですが、戦えば村田選手もそうなるかも知れませんね。いくらガードが固いとはいえあれだけ顔が腫れるというのは...あのスピードではトップ選手からしたらいい的でしょうね。今までの圧力をかけるという戦法も、村田選手以上の圧力を受けて来た選手からすればなんて事ないでしょうし、上のコメントを見た感じパンチ力もミドル級にしたら?って感じなのかも知れないですし、確かにゴロフキンやカネロと戦って派手に散るのも有りだったかも知れません。まだ、その方が皆納得出来たんじゃないかと...
    • 117. ななし
    • 2018年10月26日 06:36
    • 帝拳のマッチメイクがやりたいようにできず、WBAに睨みがきかなせれなかったんでしょうね。ミドル級じゃ、村田はアメリカを中心とした世界での商品価値はなく、あくまでも極東のローカルマーケットにすぎない。
      いくら本田会長がミドル級を扱うWBAほえても、軽量級じゃ通用しても、ミドル級じゃ帝拳パワーが通用しないいろんな力のあるプロモーターが狙うグローバルマーケットなんでしょう。

      山中や八尾板の解説はひどかったですね。
      20万ドルでブランド側は興行落札。
      ブランドとの対戦を当初帝拳サイドは拒否しましたが、王座剥奪されると村田の極東での価値は下がる。

      しかし、ブランドにいいようにやられ
      村田の価値は暴落。

      いずれにしても、帝拳や帝拳周辺のマスゴミや取り巻きが才能ある村田を極東にとどまらせつぶしたんでしょう。

      村田も山根から本田という網にひっかかり
      その網から抜けられなかった。

      イスラエルサラスとの契約がきれた時点で
      村田のミドル級での運命は決まったんでしょう。
    • 118. ななし
    • 2018年10月26日 06:52
    • イスラエルサラスはボクシング未開の地
      中東のアラブの王族からボクシングを教えてほしいとオファーがあり、プロジェクトを進めてるようです。
      イスラエルサラスは日本になじみがあり、
      井岡を指導したり
      日本に居住したこともあります。
      あと、畑山や伊藤や石田をみた
      ルディエルナンデス。
      マックは年齢的に厳しいでしょうが、
      世界的な名トレーナーであれば
      世界中からいくらでもオファーがあるでしょうね。日本のボクシングのトレーナーで
      海外のボクシング関係者からオファーが
      殺到し、世界的な名トレーナーになったことなど聞いたことないですね。
    • 119. ななし
    • 2018年10月26日 08:54
    • 村田はアマボクの国際大会では金メダルをとりましたが、プロでは所詮極東のちいさな島からでない世界レベルの中量級以上のボクサーが皆無の中でも、アジアでトップレベルのガラパゴスボクサーだったんです。
      ところが、中量級以上の世界レベルのボクサーがゴロゴロいるアメリカを中心とした
      世界レベルとアジアレベルでははてしなく大きなレベルの差があり、日本の帝拳やメディアがそういうことを知らせず、極東で村田をつかい世界レベルだ、カネロやゴロフキンと戦える位置にいるとごまかして価値を維持してそれが6年たち、ブランド戦でメッキがはがれたのでしょうね

      アラムもライバルが増え、所属するボクサーがライバルのプロモーターに流れ、パックの成功によってアジアのボクサーに目をつけ
      アジア戦略として帝拳と組んだんでしょう。

      井上はダニエルローマンやドグボエ、ラッセルジュニアを倒せば、軽量級の最強のボクサーでしょうが、まだそこまでたどりついてないのに、枯れたロートルやコンディションの悪いボクサーを倒しただけでもちあげすぎです。
    • 120. みかん畑
    • 2018年10月26日 15:33
    • 管理人さん、こんにちは

      モロニー強いと確かに感じました。
      しっかり動くし、多彩でガードもしっかり…
      それに勝つロドリゲス…怖い怖い!笑

      村田さん、なかなか言われてますね笑
      年もあるし、引退かもしれないけど、続行するなら一つでも上に行くかっこいい姿を見たいです(^-^)
      続行するなら、負けたからこそこれから!であってほしいです(^-^)
      応援してます
    • 121. maywether
    • 2018年10月26日 17:26
    • >ななしさん
      そうですね、ウェルター周辺は日本人だけではなくアジア人に厳しい階級です。日本では敵なしだった吉野や佐藤仁徳をKOした朴はクォーティに片手で破壊されたし、日本のミドルで敵なしだった佐藤はシュトルムにこれまた片手でなぶり殺されました。アジアのトップでも、世界のトップからすれば片手で十分なのですね。両手はいらないのですw 今回の村田は日本歴代2位の実力ながらアメリカ歴代200位以下のボクサーに惨敗です。どれだけ差があるのでしょうね。
    • 122. maywether
    • 2018年10月26日 17:28
    • >グラさん
      村田と井上は階級が違いすぎるので単純に比較はできません。バンタム以下の場合は、欧米はイギリス以外いないし、アジア人も体が大きくなりつつありアジア人でさえ層が薄い階級ですから。
    • 123. maywether
    • 2018年10月26日 17:44
    • >ハメッドさん
      「今までのツケを払わされた」という感想ですが、これは長谷川しかり・内山・山中・井岡(タイ人に惨敗した時)にも当てはまっております。雑魚を刈っている時は楽でいいでしょう。しかし、それで慣れると世界レベルの相手に全く歯が立たなくなるのです。また村田はミドル級なので練習相手が日本にはいません。だから、アメリカに行くべきだと言ったのです。先日2時間6分を日本人で初めて切った大迫はアメリカでずっと練習をしております。特別なことはしていなくても、世界レベルのランナーがまわりにいることで刺激にもなり、世界レベルのランナーとの舞台に慣れていくのです。アメリカに行けばそういったことにもなれるし、練習相手に困りません。むしろ、村田がはるかに下の扱いを受けるかも知れません。これらがアメリカ行きを勧める理由です。
    • 124. maywether
    • 2018年10月26日 17:49
    • >グラさん
      私は村田に期待をしていたし、日本人ボクサーの中ではいいほうだと思ってますよ。ただ、他のボクサーとは違って欧米人ボクサーと試合をしなければならないので村田が弱く見えるだけなのです。

      パッキャオが相手なら、スーパーウェルターのマルガリートが病院送りにされた以上に悲惨なめにあうでしょうね。失明、脳神経破壊等。

      ボクシングの村田は作られた王者だったのか?というタイトルですが、2000年以降のほとんどすべての日本人世界チャンピオンは作られた王者です。村田もその他大勢です。
    • 125. maywether
    • 2018年10月26日 17:55
    • >ボクサーさん
      ある意味本田は凄いですよね。ミドル級でも、10以下の村田でさえ世界チャンピオンにしたのですから。そして、世間には村田がゴロフキンの次と言っても信用されていたのですから(本当は10位~20位)。軽量級ではなく、ミドル級でさえも世界ちゃんピンを作ったのですね。

      カネロに対しての発言はだめですね。高校野球の選手がメジャーの選手に対してジョークを言って笑いをとってるレベルですよ。
    • 126. maywether
    • 2018年10月26日 18:02
    • >通りすがりっぽい人さん
      カネロ、ゴロフキン、チャーロ、ジェイコブス、サンダース、デレイビャンチェンコどころか、レミュー、アンドラーデ、又は下の階級の多数のスーパーウェルター級のチャンピオン達にも簡単にKOされるレベルです。
    • 127. maywether
    • 2018年10月26日 18:05
    • >toneyさん
      カネロやゴロフキンとやるには、せめて5位ぐらいまであがらないと駄目ですね。今のように10位~20位では惨殺されるだけですから。村田はゴロフキンやチャーロと比べるとパンチが軽すぎますね。佐藤(シュトルム)や朴(クォーティ)が片手で破壊されたように、村田レベルでは片手で料理されるでしょうね。
    • 128. maywether
    • 2018年10月26日 18:10
    • >ななしさん
      村田のトレーナーや陣営は世界レベルで見れば能無しだったということですね。せっかく、低犬が世界チャンピオンにしたてあげて10位ぐらいの実力のチャレンジャーを用意しても、惨敗ですからね。日本のトレーナーは不要です、全員外国人トレーナーの見習いからスタートすればいいのです。

    • 129. maywether
    • 2018年10月26日 18:14
    • >ななしさん
      欧米人と日本人とでは、差がありすぎます。だから、私が以前から日本人は欧米人の極端に少ない階級でしか世界で通用しないと言って来ました。また、日本のずるがしこい戦法(穴王者狙い、空位狙い、雑魚狩、ロートル狩、日本びいき判定等)がウェルター前後から通用しないのです。日本人ボクサーが世界チャンピオンになるには、欧米人のいない階級でこのずるがしこい戦法を使わないと無理なのです。だから、正々堂々と世界チャンピオンになれる日本人を待ち望んでいるのです。ただ、木村や伊藤のように正々堂々と海外でも勝てるボクサーが出てきたので期待はしてます。
    • 130. maywether
    • 2018年10月26日 18:19
    • >みかん畑さん
      モロニー強いですね。バンタム級以下は層の薄いレベルの低い階級なので、ガードがしっかりしていて、フィジカルがしっかりとしていて、きちんと動けるボクサーは少なく、それだけで上のレベルになっちゃいます。

      村田はアメリカに行って、スーパーウェルターやウェルターの一流どころとスパーを繰り返し、レベルをあげないとミドル級では通用しないでしょうね。(ミドルとスパーを続ければ村田は壊されます)
    • 131. ななし
    • 2018年10月26日 18:57
    • ウエルター級のトップレベルのボクサーは減量前なら、ミドル級くらいいくんじゃないですか?だから、ウエルター級の世界の王者あるいはトップレベルのボクサーと村田とやっても、スピードに翻弄されてやられるかもしれませんね。クロフォードやスペンスジュニアとやっても勝てないかもしれませんよ。

      メイウェザーとカネロじゃサイズが全然違うのに、メイウェザーにあしらわれましたし
    • 132. 密舵
    • 2018年10月26日 20:40
    • まぁ、日本人にウェルター級やミドル級は厳しいとして、話が変わりますが、日本人のレベルが最も高くて世界で通用しそうな階級(頑張れば)はどこら辺ですかね?やはり、フェザー級辺りですかね。バンタム級以下は日本人でも層が薄いし、ライト級以上は日本人のレベルが落ちるし。最も日本人の層が厚くてレベルが高い階級は。
    • 133. 密舵
    • 2018年10月26日 21:11
    • 今の日本のボクシングを観てると世界王者クラスはアマエリートが多いですが(王者候補やジムでトレーナーにちやほやしてもらえるのもアマ上がり)、管理人さんは、アマエリートとジムの叩き上げではどちらが強いと思いますか?僕は、叩き上げの方が強いと思いますね。今の世界王者達(アマエリート)も国内レベルに過ぎないですし、ジムでもアマ上がりの奴はすぐ辞める気がします(1回負けただけで)。
    • 134. オルフェーヴル
    • 2018年10月26日 21:51
    • 結局は向上心が無かったという事と「過保護」という事でしょうね。繰り返しで恐縮ですが、アメリカ(欧州でもいいですが)へ行ったら潰されてしまうので、日本で温室育ちさせたんでしょう。安倍のような二世で坊ちゃん(道楽息子)が日本政治の機能不全で総理大臣になり世界に恥を晒し続けているのと同じで(つまりは器ではない)、世界チャンピオンの器ではないのに、マッチメーク(日本ボクシング界の機能不全)によって世界チャンピオンになってしまいました。その結果が惨敗です。ブラントはハグラーが倒したアンツォフェルモやミンターよりも能力はかなり劣ります。幕尻が妥当でしょう。
      これも繰り返しですが、村田は本当に自分のパンチ力は世界に通用すると思っていたのでしょうか。だとしたら自惚れというより、本当にバカ(価値判断が出来ないという意味)だと思います。それに陣営はコンビネーションブローの練習を何故させなかったのか。日本なら右1本でも楽に勝てますが、世界の舞台に出ればコンビネーションブローは打たないと駄目でしょう。試合をみるとミット打ち等で練習させているとはとても思えません。それとブラントを研究、分析した形跡が試合から殆ど感じられませんでした。研究、分析してれば負けたとしてももう少し何とかなったのではないでしょうか。でもコンビネーションが打てませんからね。
      私も村田が好きになれない理由は中途半端に謙虚なところですかね。それとあの程度の技術しかないくせに解説での辛口解説はいただけませんね。
    • 135. aito
    • 2018年10月26日 22:22
    • 私もこちらのコメント欄で言われている10位以下という評価はその通りかと思います。そして村田選手自身も、自分の実力ではミドル級で通用しないことはある程度わかっているのではないでしょうか?ゴロフキンとの東京ドームにしても、勝つというよりは歴史に残るビッグネームと日本で戦うという国内史上最大の興行を実現させて、日本のボクシング界への恩返しをしたいということなら納得がいきます。村田選手らしいなと。さすがに10年以上ボクシングをやってきて、かつ頭のいい村田選手が、ゴロフキンとの実力差を測れないことはないはずです。だとすれば、自分のためにボクシングをできなくなった村田選手を動かしている(=利用している)電通やフジテレビ、DAZN、帝拳、そして虚像を見てきたファン達に翻弄されているが気の毒に思えてきます。
    • 136. オッター
    • 2018年10月27日 01:10
    • 村田の試合を見て個人的に思いました。
      管理人さんの仰るとおり、モロニーはかなり強豪でした。試合中ロドリゲスが
      拳を負傷したとありましたが、実力伯仲でした。
      アロイヤンもまともな相手だと思います。この2人と井上が普通の防衛戦で
      試合をしたら勝つかもしれないし負けるかもしれない。(日本開催だったら
      井上が間違いなく勝つでしょうが)
      その点、井上はマクドネル、パヤノと格好良いKO。WBSS出場者の中でも
      取って付けたように上手くいっています。
      ロドリゲスに勝つかもしれないし負けるかもしれない、全試合KOも有言実行になるかもしれませんが、村田の様になる事もあり得る訳ですね。
    • 137. ボクシングファン
    • 2018年10月27日 01:20
    • 3 まぁ、村田はこんなもんでしょう。
      ここのブログの方々なら、村田に世界は無理と以前からわかっていたんじゃないですか?

      この前の試合では、唯一打たれ強さだけは証明した感じはしましたけどね。
    • 138. ななし
    • 2018年10月27日 08:15
    • 3流4流のアジアのボクサー、さらに
      レベルの低い日本人とスパーしたり、
      世界レベルをしらないレベル低い日本人指導者がいる日本で練習するのと、海外でスペンスジュニアや少しレベルが落ちる世界ランカーの欧米のボクサーとスパーしたり練習するのと、全然違うんでしょう。
      日本やアジアで無双のジャブの名手佐藤がシュトルムにジャブだけでやられた話ですが
      佐藤の話では、自身のジャブは偽物のジャブだったと語ってます。結局、佐藤のコメントが物語っているように、世界レベルのボクサーのパンチ&テクニックからしたら、日本人ボクサーの基本のジャブからのパンチ&テクニックは偽物なんでしょう。
      さまざまな国のボクサーは日本人ボクサーと
      比べ、骨格、筋繊維、手足、パンチの軌道など全然違うんでしょうが、フィジカル、バワー、テクニック。はかりしれない差があります。
    • 139. ななし
    • 2018年10月27日 08:24
    • 石田はエンダムスパーしたことあるそうですが、ミドル級では180くらいで身体も小さく、強いとは感じなかったようです。
      たしかクイリンとよくスパーしてたようです。石田の絶頂期のレベルでは、クイリンやレミューあたりとスパーできるレベルであり、ジェイコブスレベルだとまじでやられると壊されるレベルだったのでしょう。
      エンダムよりはるか下の外国人ボクサーをよびよせて、日本で練習しても強くなるはずがありません。
    • 140. いくお
    • 2018年10月27日 09:51
    • 管理人さん質問です。
      村田の実力はなんとなくわかってきたのですが、井上尚弥はどうなんでしょうか?
      バンタム、スーパーフライ、スーパーバンタムと近隣階級にさほど良い選手がいないようですが、例えば誰に勝てばなかなかの実力者と言えるのでしょうか?フェザーは体格的に厳しいと思うので、フェザーは無しで。よろしくお願いします。
    • 141. ななし
    • 2018年10月27日 09:56
    • くりかえしますが、村田はおそらく、
      ウエルター級時代のトップレベルのトリニダード、ウィテカー、クォーティ、デラホーヤ誰一人として勝てないでしょう。下手したら
      その下の階級のスーパーライトのチャベスとやってもどうなるかわからない。
      竹原は目が見えなったとはいえ、ジョッピーのスピードにあしらわれ、なすすべがかったですか、ウエルター級からあがったトリニダードにやられましたからね。
      ミドル級の王者でも、ウエルター級のトップレベルのボクサーにやられるくらいですから。ウエルター級なスーパーウエルター級の
      ボクサーですら勝てるかどうかわからないのに、帝拳やマスコミはうまく騙しましたね。
      だから、村田はアメリカでウエルター級やスーパーウエルター級のボクサーと練習すればよかったのですが、もったいないですね
    • 142. 頭無し
    • 2018年10月27日 10:37
    • カネロやゴロフキンとやったら事故になる云々言ってる人たち、ボクシング見る目が全然ないですね。

      現実的にはレフェリーの存在。
      そうなる前にストップされること間違いない。試合はあっけなくストップになるので観客からのブーイングは凄まじくなると思うけどね。

      村田はもし戦っても殺されることはないw
    • 143. お徳
    • 2018年10月27日 10:46
    • 村田は残念でしたね。個人手にはすごく応援していました。
      ただ1Rの内容を観た時点で、ラッキーパンチが当たらないと負けるな…と確信できる残念さでした。
      ブラントは素直に対策を遂行してたなぁと逆に関心しました。
      再起は本人の気持ちひとつですが、チャンピオンに返り咲くには遅すぎる年齢なのかなぁと。。。
      ところで井上尚弥も海外では無名だとよく言われますが、海外ではPFPのランキングなどは見られないのですか?
      上位に入っているのでイヤでも目に付くと思いますけど。
      まぁ少なくともWBSSで優勝すれば名は知れ渡ると思います。
    • 144. ボクサー
    • 2018年10月27日 12:17
    • マスコミが全然報道しないのに違和感感じますね。試合がなかったかのような扱い。ボクシング界への恩返しとかはないでしょう。アマとプロはそもそも全然関係ない団体なんだし。恩返しならアマで活動して行うはず。あと京都人なら村田が頭がいいってのはちょっと違和感ありあり。マスコミをうのみにしすぎでしょ。自分から神輿に乗った村田を擁護する必要はないのでは。それなりに高額なファイトマネーもらっていい待遇受けてますから。電通さんや帝拳さんは最高のサポートしていますよ(これ以上しようがないくらいに恵まれた)。10位以下はブラントの実力では?ブラントはとびぬけて強い選手ではない。それと村田選手は大学時代はコンビネーションや足使ったボクシングしてましたよ。彼自身それはできるんですが国際大会ではそのボクシングが通用しないと理解して今のスタイルに。そういう流れがあることをわかってください。足使う、コンビネーションのボクシングはいい面もあるがスタミナを食ううなどのデメリットもある。12Rもたない。ステップインはパンチ力は上がるがカウンター食らえば一発で沈みます。パックがマルケスに倒されたように。村田選手はスパーで何回もカウンター食らって今のスタイルなのです
    • 145. ななし
    • 2018年10月27日 12:44
    • 欧米人の階級が多い、ウエルター級前後で
      アメリカを主戦場にして戦ってるボクサーに
      ラスベガスなどで勝って強さを現地のファンやマスメディアなどに示さないと世界的な知名度も上がっていかないですよ。石田がカークランドを倒したら、一夜にして世界が変わったように、ジェイコブスやゴロフキン、他の世界のスーパースターである強豪ボクサーの対戦オファーが増えたように、金を出しで雑誌に寄稿しても、強豪ボクサーをかかえてるプロモーターから相手にされない。
      一度も試合して強さを証明してないボクサーで、誰それだし、無名です。試合をして勝って強さを証明してアメリカのボクシング雑誌の表紙にカネロのようにデカデカと乗るくらいなら話は違ってきます。
      井上の階級はアメリカを主戦場にするような
      知名度のある強豪ボクサーは皆無に近く、ミドル級やライト級、ウエルター級のように注目されておらず、唯一知名度のあるのは下り坂のドネアくらいですよ。
    • 146. みかん畑
    • 2018年10月27日 15:23
    • 確かに村田さんは壊されそうです(-_-)
      まぁいままでの試合見てたら予想はつきますが、それでも一つでも上を目指してたのは素晴らしいと思います(^-^)
      あと、商業とボクシングの狭間にいたと感じます。

      相手は、1200発のパンチを出したらしいですが、一試合で何発くらい出すものなんでしょうか?
    • 147. ななし
    • 2018年10月27日 16:35
    • ステップインもステップバックも
      パンチを打たなくても、やれば
      相手ボクサーも対応がかわってきます
      一瞬でやられるかもしれないからです。
      ステップインができるんだな
      ステップバックができるんだなと。
      間合いを詰めて、体重とスピードに
      のったパンチは空手でも拳法でも
      そのような技はあります。
      なにもずっとステップイン、ステップバックを繰り返す必要もない。
      魔裟斗の話では、10代の頃の村田とのスパーでは、とにかく強い、前にグイグイきて倒しにくるスタイルだと語ってました。村田とのスパーがある日は憂鬱だったと。他のアマボクは、軽いパンチを打っては逃げるスタイル。
    • 149. ななし
    • 2018年10月27日 17:05
    • スポルティーバのブランドへの
      村田対策のインタビューネット記事がのってます。
      村田のパワーに驚かなかったのは、パワー対策としてスペンスジュニアのスパー経験があったから。スペンスジュニアのパンチは別次元で、村田のように右だけじゃなく、左右から強いパンチが飛んでくる。
      村田のフィジカルやパワーを認めた上での話です。パンチが効かないというより、村田のパンチを軽減するディフェンス技術がブランドにはあり、そのような練習をしてきた。
      また、手数についてもあれほどの手数を出さなければ、村田を倒せなかったといってます。また5ラウンドの村田の猛攻を乗り切り、あそこで勝利したといっている。
      村田の右ストレート、左フックからのボディ対策、スタミナ対策すべて万全な状態で
      2ヶ月前からラスベガスに入り望んでましまね。
      日本での再戦があれば、一ヶ月前からはいり
      万全な状態でのぞむといっている。
    • 150. maywether
    • 2018年10月27日 23:07
    • >ななしさん
      ウェルター級のボクサーとスパーをやるのは、スピードに慣れる狙いがあります。村田はスピードのあるボクサーに翻弄される傾向があり、苦手なようですから。
    • 151. maywether
    • 2018年10月27日 23:10
    • >密舵さん
      日本人のレベルが高い階級は、スーパーバンタム級とフェザー級でしょうね。しかし、最も通用する階級はミニマム級・ジュニアフライ級・バンタム級でしょう。理由は層が薄いからです。

      エリートと叩き上げの比較ですが、アメリカならエリートの方が強いです。アメリカはたくさんのエリートがおり、そこからふるいにかけられます。エリートでも努力をしなければいけないし、エリートのレベルが違います。一方日本の場合は、日本人のエリート・天才は海外では高校野球レベルです。だから、日本の場合はエリートは全く駄目でエリートといっても井岡や田中のように猛練習をしないと駄目なのです。
    • 152. maywether
    • 2018年10月27日 23:15
    • >オルフェーヴルさん
      日本にいて日本人相手に練習をしたり、たまに外国人パートナーを呼んでも勘違いしてしまうでしょう。また、マスコミやテレビ局がちやほやしたりもするので、村田のような10位以下のボクサーでも勘違いはするかと思います。
    • 153. maywether
    • 2018年10月27日 23:17
    • >aitoさん
      私は村田は7以下8位だと思ってました。実際は、10位以下(15以下か20位ぐらい)だと判明したのですが、自分でも少し村田に甘かったと思ってます。村田はおそらく自分の実際の位置・実力をわかっていなかったと思います。理由は、日本にいたので世界が見えないからです。
    • 154. maywether
    • 2018年10月27日 23:22
    • >オッターさん
      日本人ボクサーで歴代パウンドフォーパウンド10位以内に入ったボクサーの共通点は、マッチメイクが上手(というか雑魚狩の連続)ということです。長谷川、内山、山中と全てそうです。本当は、100位以下(200位以下かもしれません)でしたが。そして、井上もマッチメイクがうまくてパワーのない相手・ロートルがほとんどです。だから、井上に対して懐疑心をもった見方を多数の人がしているのでしょう。また、井上のジムの会長自体が150年に一度のボクサーだとかライト級並のパンチという嘘で固めたキャッチフレーズの主だったのも胡散臭いのです。
    • 155. maywether
    • 2018年10月27日 23:25
    • >ボクシングファン さん
      村田の実力はこんなものですが、ブラントに負けるとは思いませんでした。チャーロやジェイコブスを避けてゴロフキンに玉砕すると思ってましたが、化けの皮がはがれて良かったでしょうね。
    • 156. maywether
    • 2018年10月27日 23:31
    • >ななしさん
      佐藤はさぞシュトルムのジャブに驚いたでしょうね。また、シュトルムも観客も佐藤の弱さに驚いたでしょう。おそらく、あんな弱い世界ランカーは初めてでしょうね。

      村田がチャーロやジェイコブスとしても、無様な姿をさらけだされ、観客とチャーロ(またはジェイコブス)もあんな弱い世界ランカーは初めてだと思うでしょうね。
    • 157. maywether
    • 2018年10月27日 23:34
    • >いくおさん
      通常は、その階級で1番か2番だったら強いボクサーといえます。ただ近年は強いボクサーがどんどん上の階級に行くので、バンタム級以下がスカスカになるおとが多いので一概には言いにくいですね。

      井上の場合は、まずはバンタムで結果を残すこととバーネットとどんな試合をするかでしょう。
    • 158. maywether
    • 2018年10月27日 23:39
    • >頭無しさん
      一発のパンチで顎が砕けることもこめかみを打ち抜かれて大惨事になることもあるのです。ミドル級ですよ。
    • 159. maywether
    • 2018年10月27日 23:47
    • >お徳さん
      基本、どこの国の人でも自国以外があまり興味はありません。アメリカ在住時にオリンピクの話題や野球の話題を聞いたりしてましたが、アメリカ人以外の話は出てこなかったですね。ボクシングでは、メキシカンとパッキャオやゴロフキンの話題は出てきます。また、アメリカ人含め欧米人はバンタム級のような軽量級には一切興味がありません。アメリカやヨーロッパでは180cm以上や185cm以上の人が多いので、160cm前後の人の試合には全く興味がもたれません。アメリカでは基本ヘビー級で、あとはその他スターがいる階級や強いボクサーがしのぎを削っている階級が注目されます(百歩譲ってスーパーライト以上)。
    • 160. maywether
    • 2018年10月27日 23:50
    • >お徳さん
      基本、どこの国の人でも自国以外があまり興味はありません。アメリカ在住時にオリンピクの話題や野球の話題を聞いたりしてましたが、アメリカ人以外の話は出てこなかったですね。ボクシングでは、メキシカンとパッキャオやゴロフキンの話題は出てきます。また、アメリカ人含め欧米人はバンタム級のような軽量級には一切興味がありません。アメリカやヨーロッパでは180cm以上や185cm以上の人が多いので、160cm前後の人の試合には全く興味がもたれません。アメリカでは基本ヘビー級で、あとはその他スターがいる階級や強いボクサーがしのぎを削っている階級が注目されます(百歩譲ってスーパーライト以上)。
    • 161. maywether
    • 2018年10月28日 00:02
    • >ボクサーさん
      一部マスコミは掲載はしてますが、報道のほうはあまりないですね。村田は勉強の頭は底辺ですが(山中と同じM京都高校出身)、世渡り的な頭はいいと思います。

      アマ時代の村田のコンビネーションやフットワークは知ってます。しかし、アマレベルですね。ステップインには種類があり、足の筋肉の必要性(特にふくらはぎ)、スタミナの消耗度も認識してます。村田は足を使わなくていいから、せめてステップイン・アウトとサイド(打った後や相手の攻撃をはずしてサイド)を入れないと、対戦相手に近づくことすらできない場合も出てきます。毎日やれば、村田でもできるはずだしそれを教えられるコーチを海外から呼べばいいのです(もしくはアメリカかメキシコで修行)。ステップインは当然カウンターを食らうリスクもありますが、食わないステップイン、または数種類のステップインを身に着ければいいだけです。パッキャオは、あれだけステップインをしていたらそりゃあ一回・二回は強烈なカウンターを食らいますが、それ以上のメリットの方が大きいです。それに、村田の場合はパッキャオほど大きなステップインは必要なく、カネロのようにパンチをはずしステップイン、ガードしてコンビネーション、ステップアウトのようなパターンを覚えればいいのです。でないと、世界10位が限界でしょう。
    • 162. maywether
    • 2018年10月28日 00:09
    • >ななしさん
      村田はトリニダード、ウィテカー、クォーティ、デラホーヤどころか、今のウェルター級の上位にも勝てません。

      軽量級の話ですが、上にも書きましたがライト級以下は全く興味をもってないですね。以前は本当にヘビー級だけだったのですが、ハグラーやレナードの功績でミドル級やウェルター級も注目されました。しかし、大男がたくさんいる国では井上のように160cmの身長のボクサーの試合を見ようとは思わないでしょう(160cmでも筋肉隆々でウェルター級あたりでバンバンKOしているのなら話は別)。
    • 163. maywether
    • 2018年10月28日 00:17
    • >みかん畑さん
      ジャブ主体だったのですが、1200発はかなり多いですね。村田はメダリストでミドル級だったのでマスコミに利用されたきらいがありますが、肝心の強さがついていっていなかったですね。
    • 164. maywether
    • 2018年10月28日 00:22
    • >ななしさん
      田口がメリンド戦前にしっかりと対策をしたように、ブラントもしたのでしょう。スペンス・ジュニアとスパーを積めば、村田は子供レベルに感じるでしょうね。村田への感想は、リップサービスだと思います。本音は、想像以上に弱かったですね。準備をしたボクサーと準備を怠り勘違いしていたボクサーとの差ですね。ただ、お互い世界10位以下同士の試合で世界戦というのはやめてほしいと思います。
    • 165. 密舵
    • 2018年10月28日 01:09
    • >管理人さん
      まぁ、スーパーバンタム以上になると、日本も世界も層が厚くなりますからねぇ。ただ、層が薄いバンタム以下でも、今の日本人は通用してるのかと言われると…?ですね。

      確かに、アリやデラホーヤ、メイウェザーのようなボクサーを思い浮かべれば、アメリカのエリートは凄いですね。
    • 166. あさってのジョー
    • 2018年10月28日 01:14
    • 村田が足が使えないという管理人さん・皆様の御意見、ごもっともと思います。どうも日本のトレーナーはステップワークの事を重要視していない傾向があるようですね。某ジムでワンツーを教えていて習い手の後ろ足の寄せ足が無く、体が流れてしまってストレートの威力が全く出ていないにも関わらず、そういった事は何も教えられなかったり、日本のトレーナーなんて大なり小なり所詮そんな程度の有り様ですよね。個人的にはステップワークは一番重要だと思うのでジャブやストレートより一番先に教えなければいけないものと思います。前後、左右、左右の斜め前・斜め後ろ、左右のターン等、実際のケースでの用法を交えて理論も細かく教えるべき技術だと思います。
      ゴロフキン以上のパワーがあれば別ですが村田程度のパワーで世界のレベルを目指すのであれば技術の引き出しを頑張って増やすしかないでしょうね。それか逆にボディービルダー並みにウェイトトレーニングに励んでゴロフキン以上のパワーを身に付けて強引にそのパワーで押しきるかですかね。
    • 167. グラ
    • 2018年10月28日 02:20
    • >97
      カネロがドーピングやってようがやってなかろうがどっちみち村田なんかカネロの名前出す事すら許されないレベル
      歴代世界チャンプの中で最もレベルが低いのが村田
    • 170. グラ
    • 2018年10月28日 02:40
    • >107
      期待してたのはともかく、ブラント程度に惨敗してもなお良い方だと思ってるんですね。
      個人的には歴代最低のチャンプだと思いますが。
      オフェンスはワンツー、ディフェンスはガードだけ。山中のほうがマシですよ。
    • 171. グラ
    • 2018年10月28日 02:40
    • 他のボクサーも欧米人ボクサーと試合してますよ?井上も井岡も山中も内山も。
      「欧米人でも強くないから」と言うんだろうけど、それは村田の相手も同じでしょう。カネロやゴロどころかその下のチャーロやジェイコブスやサンダースでもない更に下でしょ。
      マクドネル、ナルバエス、パヤノ、ネリーの方が強い。
      村田が弱く見えるって弱く見えてないのですか?
    • 172. グラ
    • 2018年10月28日 02:41
    • そもそも欧米人が多い少ないとか関係ないでしょ。
      よく日本人だからアジア人だからとか書いてますけど人種はあんま関係ないですよ。トレーナーとかは無能ですが。
      2000年以降のPFPであるパッキャオはアジア人ですよ。全盛期ならメイも倒してましたから。
      井上も海外で現PFPにあげれていますし、それこそアメリカで育ってれば確実にそうでしょ。
    • 173. 通りすがり
    • 2018年10月28日 10:51
    • mayさん、粘着ですね笑。
      あなたはどんな実績をお持ちなのですか?
      もしかしてお口だけではないですよね?
    • 174. maywether
    • 2018年10月28日 12:56
    • > あさってのジョーさん
      自分より射程距離の長い相手と試合をすれば、ステップインなしではパンチがうてない状況が多いですから、まずはステップイン・アウトですよね。それから、パンチを覚えてもいいでしょう。サンドバッグ相手でも、ステップイン・アウト、サイドをやらないと駄目ですね。シャドーでもそうです。今の村田は、戴せない手からすれば木偶の坊のようなサンドバッグです。サンドバッグのままでは、このまま10位以下で終わるでしょう。
    • 175. maywether
    • 2018年10月28日 12:59
    • >グラさん
      村田はカネロに対して言ったジョークは本当に見苦しいですね。10位以下のボクサーが1位のボクサーに何を言っても説得力はないのです。言う権利もないですね。せめて、5位まであがってから言えと感じました。

    • 176. maywether
    • 2018年10月28日 13:05
    • >グラさん
      他の競技もそうですが、その競技に向いている人種と向いていない人種があります。ボクシングで言えば、ブラック・アフリカンや白人種より日本人は劣ります。筋肉、体型、パワー、スピード等が違いますから。

      ウェルター以上は、そんな人種が多いのでよりレベルがあがります。軽量級にもまれにイギリス人やアメリカ人等がいますが、彼らはイギリス内やアメリカ内で切磋琢磨していないので、ウェルター以上に比べレベル的にはアジア人とさほど変わりません。パッキャオは例外だし、パッキャオの幸運なのは日本に断られてアメリカを市場にできたことと、ローチと組んだことです。ドネアはアメリカ育ちだからアメリカでトレーニングしてましたね。いずれにしても、アジアだけでは無理なのです。
    • 177. ななし
    • 2018年10月28日 19:11
    • アメリカを主戦場にして、さまざまな
      人種とガチで戦い勝ち上がっている世界ランカーあるいは世界レベル、トップレベルの欧米のボクサーでしょう。特に相手の興行によるアウェーだとさらに厳しくなる。
      日本の興行で日本のホームに呼んでくるボクサーはかくじつに勝てる二流ボクサーでしょう。
    • 178. グラ
    • 2018年10月29日 16:48
    • >156
      だから俺が言ったように選手ではなくトレーナーのせいですよね?
      トレーナーの教え方とかに人種関係ないでしょ。黒人も白人も日本の無能に育てられれば弱いし、アジア人でもアメリカやメキシコの優秀なトレーナーに育てられれば強くなります。
      パッキャオの何が例外なのですか?
      パッキャオもドネアも、俺や管理人さんが言う通り優秀で相性の良いトレーナーと組めたことで強くなれた。それは人種関係ないでしょ。
    • 179. グラ
    • 2018年10月29日 16:55
    • パンチ力に筋肉はあまり関係ないですよ。
      マイダナみたいにムキムキじゃないのにパワーある人もいれば、逆に筋肉あってパンチ力大したことない人もいる。
      井上はアジア人で日本育ちですが上手いしパワーもスピードもあります。
      ロマゴンと戦い、同門で井上ともスパーしてるであろう八重樫がロマゴンよりも尚弥の方が強いと言ってます。しかも現地の人から認知されてるし。
      https://youtu.be/vAhab2TLs1U
      29:00~
    • 180. グラ
    • 2018年10月29日 16:59
    • 前のコメントでも書きましたが、マクドネルとかナルバエスは村田の対戦相手達よりはマシでしょ。
      あと、アジア人の方が不利ならそれはそれで良いですけどね。
      小さいなど不利な条件で勝つ方が本当の強さを証明できますから。
    • 181. 新月
    • 2018年10月29日 19:45
    • いや、アジア人は黒人白人に比べて筋力や運動能力で劣ります。
      動物から一番遠いので。

      https://blogs.yahoo.co.jp/shikyou426/23688276.html
    • 182. maywether
    • 2018年10月29日 19:50
    • >ななしさん
      ボクシングに関しては、アメリカが世界の中心なので一流ボクサーはアメリカを目指すのは至極当然のことです。日本に来るのは、小銭稼ぎの二流がほとんどです。
    • 183. maywether
    • 2018年10月29日 20:00
    • >グラさん
      トレーナーの教え方に人種は当然関係ありません。しかし、ほとんどのスポーツ、又はスポーツ科学はアメリカが最先端なのです。古い話で恐縮ですが、昔巨人が9連覇をした要因はONのおかげというより、川上がアメリカにキャンプに選手を連れて行き、ドジャース戦法を浸透させたからです。野村がID野球と言われたのも、ブレーザーから学んだことを忠実にやっているだけなのです。野球同様ボクシングも戦略、トレーニング、技術、コーチング等アメリカの方が日本より遥かに進んでいるのです。日本人は頭がいいと思いがちですが、実は日本人は平均より上が多いだけで、トップレベルはいないのです。大学でも東大はマサチューセッツ工科、スタンフォード、カリフォルニア工科、シカゴ大、ハーバードやプリンストンに比べると足元にも及ばないのです(東大が通用するのは日本だけ)。アメリカではこのような優秀な人材が、コンピューターを使って戦略等を分析するのです。日本のボクシング界は、日本の企業の中でも下のレベルの人が多いので、どんどん遅れていくのは当然なのです。

      パッキャオを例に出されてますが、パッキャオはアメリカでトレーニングをしました(試合の後、休暇でフィリピンには帰ってますが)。だから、私はパッキャオのように日本人ボクサー達がアメリカやメキシコでトレーニングをすることを推奨するのです(一過性でなく、継続的に)。
    • 184. maywether
    • 2018年10月29日 20:05
    • >グラさん
      パンチ力に筋力は多少必要です。筋肉だけではなく、正しいフォームで拳に伝えること、関節の柔らかさ等様々なことが関係してきますね。ただ、打たれ強さ等について言えば、筋肉があったほうがいいでしょうね(首周り、背中、及び体幹等)。

      軽量級でパワーがあるっていうのは、そんな凄いことでしょうか?ほとんどが、減量で体格等で優位に立った上でパワーで圧倒するパターンが多いですね。だから、私はカオサイ・ギャラクシーをはじめとした軽量級のパワー・ヒッターは評価しません。結局1つ2つ階級をあげると(たかだか1.5キロや3キロ)通用しませんから。
    • 185. 陽翔
    • 2018年10月30日 15:15
    • >163
      管理人さん、はじめまして。
      私は京都大学中にペンシルバニア大に留学したことがあり、日米の大学レベル差に愕然となったことがあります。ペンシルバニア大は世界で10位下、京都大で70位下、東大で50位下ぐらいなのですが、実際の差はもっとありました。管理人さんが東大は世界で通用しないと言うのは納得です。そして、秀才達がスポーツ科学・トレーニング学を学び、また戦略等も科学的に行い、アメリカのスポーツ界に貢献している姿を見て、日本のスポーツ界の脆弱さを実感しました。私は、ボクシングではなく他のスポーツの研究者と話をしましたが、データ化・数値化が半端ではなく、そこまでデータ化するかというレベルでした。色んなデータがあるので、アメリカのプレーヤーは何を補うべきかはすぐにわかり、上達していきます。私はボクシングは素人ですが、おそらく村田選手にはそういったデータも何も渡さず、何となく練習をこなしていたにすぎなかったのではないでしょうか?1年未満の在学でしたが、管理人さんの言ってることは凄く理解できます。
    • 186. グラ
    • 2018年10月31日 18:55
    • >163
      だからアメリカが最先端なのは分かってますよ。
      俺が言いたいのは指導者が問題であって、何人だから強い弱いってのがおかしいということ。
      管理人さんは日本人だからアジア人だから弱いといってますよね?向いていないと。
    • 187. グラ
    • 2018年10月31日 18:57
    • >パッキャオを例に出されてますが、パッキャオはアメリカでトレーニングをしました(試合の後、休暇でフィリピンには帰ってますが)。だから、私はパッキャオのように日本人ボクサー達がアメリカやメキシコでトレーニングをすることを推奨するのです(一過性でなく、継続的に)。

      だから日本人でもアジア人でも優秀なトレーナーに育てられれば強くらるし、管理人さんの大好きな黒人白人でも無能なトレーナーに育てられれば弱くなりますよね?
      選手の人種は関係ないってことじゃないですか
    • 188. グラ
    • 2018年10月31日 19:05
    • >164
      多少でしょ?
      多少必要なのは自分も分かっていますよ。
      でも多少でしょ?
      それを言ってるんですよ。

      見せるための筋肉しかないボデイビルダーのパンチなんか大したことない。
      パンチに必要な筋肉はパンチの練習でしか得られない。

      井上のパンチ力はバンタムレベルじゃないでしょ。
      ここのブログで井上はパンチが無い、ロマゴンに勝てない逃げたと言われてるから、そういう意味でも両者と経験のある八重樫の発言を出したまでですよ。
      井上ってそんなに自分より小さい相手とやってますかね?マクドネルなんか長身じゃ無いですか。
      それいうと逆に減量苦だの、ただたんに井上を認めたく無いだけじゃん。
    • 189. グラ
    • 2018年10月31日 19:07
    • PFPに選ばれるのは、軽量級なら軽量級のスピードとテクニックがありながらパワーもある、重量級なら重量級のパワーがありながらスピードとテクニックもあるような選手です。
      軽量級でパワーあることは凄いでしょ。
      体格小さい相手とかじゃなくて、単純にパンチ力です。
    • 190. maywether
    • 2018年10月31日 19:19
    • >陽翔 さん
      そうですね、アメリカには優秀な学生が多い大学が多いですね。
    • 191. maywether
    • 2018年10月31日 19:26
    • >グラさん
      人種によって、体格・筋肉量・筋肉の質・骨格の作り・間接の柔軟さ等が違っており、競技に向いている向いていないというのがあります。当然アメリカ人にもひ弱な人がいたり、日本人でも強い人はいます。ここでは、相対的なことを述べてます。

      何回も言ってますが、アジア人で優秀なトレーナーはいますか?誰でしょうか?いれば、その人に教えてもらえばいいのです。日本人トレーナーもアメリカに数年滞在して、学べば優秀なスキルも当然つきます。しかし、誰一人していないでしょう?

      八重樫のいうことってあてになりますか?デビュー前のタイ人をしたてて試合をした程度のボクサーですよ。井上もバーネットかテテと試合をすれば認められるでしょう。勝たなくてもいいです、試合をすれば。

      PFPは雑誌社が選定しているので、マーケット開拓の意味合いもあります。だから、長谷川、山中、内山が入ったのです。本来は、100位以下、200位以下のボクサーです。

    • 192. グラ
    • 2018年11月01日 00:21
    • 人種によってその競技に向いてる向いてないがあるのもよく分かります。
      しかしボクシングはいろんなタイプがいるというかこの人種が有利とか不利とかあまりない気がしますね。
      メイやモズリーやハーンズのスピードは黒人ならではだと思いますが、そのスピードが絶対ではないし。
      ロマチェンコとラッセルJr.ではラッセルJr.の方がハンドスピード速いのに当たらなかった。逆にロマチェンコのは当たる。
      ボクシングで最も重要なのはタイミングだと思います。
      井上はスピードもパワーもあると思います。
    • 193. グラ
    • 2018年11月01日 00:35
    • こちらこそ何回も言ってますが、アジアのトレーナーは無能で欧米のトレーナーは優秀です。それは俺も分かってます。アジア人で優秀なトレーナーがいるとは1度も書いてませんよ。
      アジア人でも優秀なトレーナーに育てられれば強くなるし、黒人白人でも無能なトレーナーに育てられれば弱くなる。つまりその選手の人種は関係なく、トレーナー次第だと言いたいのです。
      管理人さんの今までの言い方は、トレーナーも無能だが、アジア人だから弱く向いていないとなります。
      156でも白人黒人より劣っていると書いてます。
    • 194. グラ
    • 2018年11月01日 00:38
    • 何人種だろうが優秀なトレーナーに育てられれば強く、無能に育てられれば弱くなります。
      その選手の人種は関係ない。
      そしてトレーナーの優秀さも人種関係ない。
      つまりボクシングにおいて人種はほとんど関係ないのですよ。スタイルなどに違いはありますが。
      井上が強いのはトレーナーが父親で相性が良いのでしょう。
      優秀さも大事ですが相性も大事ですからね。
      ムエタイの有名な選手で名前忘れましたが、ムエタイ経験の無い兄に教えられてた選手がいます。
    • 195. グラ
    • 2018年11月01日 00:42
    • 選手の比較と、八重樫がデビュー前のタイ人をしたてて試合をした程度のボクサーというのは関係ありますか?
      名選手、名目利きにあらずですよ。
      ロマゴンと試合、井上とスパーの経験があることが重要。
      我々のように目で見てるだけより説得力あるでしょ。
      実際にパンチくらってるんだから。
    • 196. グラ
    • 2018年11月01日 00:56
    • 管理人さんが>164で「軽量級でパワーがあるっていうのは、そんな凄いことでしょうか?ほとんどが、減量で体格等で優位に立った上でパワーで圧倒するパターンが多いですね。」
      と書かれたので、
      軽量級ならパワーある選手、重量級ならスピードとテクニックがある選手が“凄い”という意味でPFPという言葉を持ち出したまでです。
      なのでPFPは雑誌社が選定していてマーケット開拓の意味合いがあることは関係ないです。
      山中とかが入るべきじゃないのも分かってます。
      リゴンドーがロマチェンコに負けただけでガクンと落ちたのは可哀想でしたね。
    • 197. ななし
    • 2018年11月01日 12:02
    • 中量級以上で日本人か世界王者に何人なったか?1990年代から調べたら結果は出てますよ。ちゃんと第2じゃなくベルトをとったのはスーパーライト級の平仲、ミドル級の竹原、ライト級の畑山くらい。統一王者など夢。しかも、彼らよりさらにレベルの高いボクサーは海外でゴロゴロいます。
      チャベス、ポプキンス、マルケスなど。
      まだその下にもゴロゴロいます。
      数字を調べたらわかる。

      相性もありますが、世界レベルを肌で知っている指導者がきたり、世界レベルのボクサーとスパーをやれば、強くなりますし、もう少し、ランキングも上がったと思います。

      スーパーフェザーでも日本人トップの渡辺雄二がエルナンデスにまったく歯がたたない。
    • 198. maywether
    • 2018年11月01日 15:43
    • >グラさん
      このことは今まで散々昔からコメントしてますが、もう一度言います。日本人の戦い方は、泥試合にもっていき粘り判定で勝つことです。日本人は練習量も多くスタミナもあるからです。この戦い方は、日本限定になります。理由は、海外では日本ほどのホームタウンデシジョンができないからです。日本人にはスピード・パワーがないので、こういった戦い方になります(これは韓国人や中国人にもあてはまります)

      タイミングも当然大事ですが、スピードがなければスピードのある相手にタイミングをとるのは難しいですよ。井上もスピードはあるほうですが、世界の一級品のボクサーとやればわかりません。ロートル相手では、スピードがあるようにみえますから。

      トレーナーも優秀なのに限りますが、ボクサーも優秀にこしたことはありません。また、トレーナーも間違いがあるのでボクサーも勉強しなければならないですね。日本人ボクサーも欧米の優秀なトレーナーとデビュー頃から組めばいいのですが、なかなかそんな日本人ボクサーはいないのです。いれば、想像以上に強くなったボクサーが出てきたでしょう。

      八重樫を例に出したのは、弱いとか言うのではなく、そんなインチキをするボクサーの言うことはあてにならないということです。

      PFPはマーケットの開拓とは関係あります。リング誌は日本にも購読者がいるし、日本開拓のため日本人を上位においたほうが購読者が増えるというのはマッチしてます。労泉に対してのサービスもあるでしょう。でないと、弱すぎる長谷川・山中・内山が上位に来ることの説明ができないでしょう。
    • 199. maywether
    • 2018年11月01日 15:51
    • >ななしさん
      1990年以降のスーパーライト級以上のチャンピオンは、平仲と竹原だけですね。石田は暫定で村田は偽ですから。

      渡辺雄二は日本では連続KO勝ちで騒がれてました。しかし、エルナンデスに子供扱いされ、階級を落としてバスケスに顎を砕かれました。渡辺雄二はスーパーフェザーから落としてフェザー級、バスケスはバンタムからあげてのフェザー級でした。渡辺雄二を子供扱いしたエルナンデスやバスケスは、デラやメイやハメッド達に子ども扱いです。

      何回も言いますが、日本人を子供扱いする海外のボクサーを子ども扱いするのが、世界のトップ達なのです。日本人ボクサーは、そのボクサー達とは試合を組むことすらできないレベルということです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ