世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

ライアン・バーネット対ノニト・ドネアの一戦は、4ラウンド終了ドネアの棄権勝ちとなりました。バーネットは4ラウンド2分過ぎに右ストレートを打った際に、腰周辺を傷めた模様。

ドネアは4年前ウォータースにKO負けをくらった後、フアレスの後半追い詰められたり、マグダレノやフランプトンに負けたりと精彩を欠いてましたが、今回は生き残りましたね。

試合を見て少し気になったのが、ドネアがロングレンジでのボクシングができていないことです。両者の体格ですが、ドネアの身長は171cmでリーチは173cm、一方バーネットの身長は163cmでリーチは168cmとなっており、本来のドネアなら速い左で距離をとって相手が入ってくるところをアッパーや右ストレート、左ストレートをカウンターで向かい打つスタイルをするのですが、今回それができていなかったですね。

長い距離を速いパンチで続けてうつのはかなり筋力や体力を消耗するので、年老いたドネアはそれができなくなり、ショートの連打でごまかす戦いに切り替えざるを得ないのかといった印象を持ちました。

戦前、私はバーネットがドネアをさばいて判定で勝ち、決勝まで行くと予想していたので予想が大外れです。

ちなみに今回のオッズは、バーネットの勝利が1.14倍 ドネアの勝利が5.5倍ぐらいでした(ドネアに100ドル掛けていれば450ドルの利益です)。

いやあ、バーネットが負けて本当に残念です。決勝は、テテ対井上になるかもしれないですね。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (329)

    • 231. maywether
    • 2018年11月21日 15:04
    • >金星宏幸より(きんせいひろゆき)さん
      ファイティング原田さんの時代は、今の17階級と違い7階級しかなかったですね。だから、昔の日本人ボクサーは必要以上に減量をしました。しかし、今は17階級もあるので普通に減量して勝負してほしいですね。いかに、日本人ボクサーが臆病かがわかります。減量がきつい、イコール怖いから下の階級で戦いたいということです。
    • 232. maywether
    • 2018年11月21日 15:05
    • >オルフェーヴルさん
      その井上っていうボクサーの名前は初めて聞きましたし、youtubeですら見たことがありません。だから、本気なのかどうかはわかりません。まあ、ムンギアが日本に来てくれればありがたいですね。公開練習でも見たいものです。
    • 233. ボクサー
    • 2018年11月21日 17:57
    • そういえば村田はどうなったのでしょうか?あれだけアマはプロの下ではないとかメイウェザーは美味しい相手とかカネロやゴロにも挑発発言してたのに。はじめて選べなかった相手と試合してから出てこないですね
    • 234. オルフェーヴル
    • 2018年11月21日 21:46
    • 管理人さん、その井上岳志ですが、アジア人以外のボクサーとは戦った事がないようです。確かにムンギア来てくれませんかねと思いますが、5000万円は最低必要かとは思います。ムンギアは久しぶりに表れたメキシコの怪物ですね。以前はこういった王者を日本も呼んでました。古くはルーベン・オリバレス、アルゲリョ、ウイルフレッド・ゴメスですね。検索するとどうやらハードとやるような事が書かれていました。どちらにせよ、序盤でのKO負けでしょうね。ロペスとロッキーリン戦のようになるのではと思います。ハードでもいいので、来てほしいです。
    • 235. オルフェーヴル
    • 2018年11月22日 22:25
    • 村田が亀田同様、大口を叩いていたのは知っていましたが、メイウェザーは美味しい相手とか、昨日今日ボクシングを始めたような試合しか出来ないやつが何を言うかですね。私の父親の口癖は寝言は寝てから言えですが、それが当てはまります。カネロやサンダースも一段下に見る発言をしていましたが、相手側からすればお前に興味はないでしょう。雑魚にしか見えないんだから。敗北から1ヶ月なんだし、そろそろ出てこいやと思います。初めて選べなかった相手ねえ。今までかませ犬を選んでもらっていたんですね。それが嫌なら井岡と同じ道を歩まないと駄目でしょうが、無理そうですね。「真」の世界王者を目指すのならアメリカへ行くべきでしょうが、温室育ちを6年間も続けましたからね。しかし何回も書きますが、アマチュアで100戦以上しても昨日今日ボクシングを始めたような試合しか出来ない、しかも相手は前頭下位レベルのボクサー。ボクシング脳が本当に低いと思います。どういう練習をしている(いた)のかと思うボクシングですよね。寝言は寝てから言いなさい。
    • 236. ななし
    • 2018年11月23日 14:11
    • 2メートル級、スピードもフィジカルも半端ない八村類は全米のバスケ大学選手権でMVPをとり優勝。渡辺に続いて、NBAドラフトは確実といわれてます。

      アフリカ系ハーフの日本人ですが、サッカーも197センチの長身ゴールキーパー、日本代表のシュミットが出てきたように、ハーフ系の大型アスリートが出てくるになってきてます。ディフェンスラインも吉田189センチ、富安188センチとようやく、世界レベルでは普通サイズの高さになってきてます。

      高くて、強くて、はやいアスリートが
      今後野球から人材が他のスポーツに
      流れてくるかもしれませんね。
    • 237. ボクサー
    • 2018年11月23日 18:57
    • ボクサーとして言ってはいけない事を いってますもんね。やっぱりプロはすごかったですというべきでは。ブラントと試合してこんな試合してたら潰れるみたいな発言したとか。プロボクサーは基本潰れる、怪我するかもしれない死ぬかもしれない“覚悟”をもってやってんだよ 何を今更甘いこといってんだ プロとはなんぞやて話ですよ 
    • 238. 密舵
    • 2018年11月24日 01:55
    • >オルフェーブルさん、ボクサーさん
      ところで、村田は本当に国内のプロでも最強なんでしょうか?例えば、現在、日本王者である竹迫選手よりも強いですかね?アマボクでは村田が勝ってますが、プロは別物でしょう。僕は、竹迫選手の方がボクシングの引き出しが多いんじゃないかと思います。
    • 239. ゆう
    • 2018年11月24日 07:30
    • すごく疑問に思うんですけど、亀田三男の暫定チャンピオンはいつからチャンピオンとして認められたのですか?
      日本では暫定チャンピオンは正規チャンピオンとして認められないのでは?
      これも亀田商法ですか?スミマセン誰か教えてくださいm(_ _)m
    • 240. maywether
    • 2018年11月25日 00:11
    • >ボクサーさん
      村田は試合後に今後のことはまだ決めてませんといったいりですね。自分の限界と自分の実力が世界10以下だとわかり、やる気が失せたと思います。
    • 241. maywether
    • 2018年11月25日 00:19
    • >オルフェーブルさん
      井上岳志の動画を拝見しましたが(対韓国人)、対戦相手が弱するし、両者のレベルも超低く、こんなのがムンギアと試合をしてもいいのでしょうか?動きがヘビー級並みの遅さで、ディフェンスも下手で、パンチもなく、日本のウェルター級はこんな低レベルボクサーしかいないのでしょうか?
    • 242. 密舵
    • 2018年11月25日 00:22
    • >ゆうさん
      亀田商法ではなく、以前から認められているんじゃないですか?石田順裕さんも、暫定王者だったでしょ?
    • 243. maywether
    • 2018年11月25日 00:24
    • >オルフェーヴルさん
      村田は、サンダースやジェイコブスやチャーロより遥かに弱いボクサーに惨敗したのです。そんな世界10位以下の村田が雲の上のサンダースやその上のカネロのことを発言するのはオコガマシイことです。まあ、弱くても口だけは動かせますからね。しかし、情けないボクサーですね。
    • 244. maywether
    • 2018年11月25日 00:26
    • >ななしさん
      日本人が海外で活躍するとか、外国人と互角にするのは、アメリカ等でトレーニングをするか(マラソンの大迫や錦織等)海外のコーチをつけるか(錦織)、またはハーフかですね(イチローのようなせこいヒットの量産タイプ、外国人が真似をしたがらないタイプは除きます)。
    • 245. maywether
    • 2018年11月25日 00:29
    • >ボクサーさん
      村田はこれまでおいしい相手とばかりしていたので、つぶれる心配はなかったのですが、前回の試合でそう感じたのでしょう。しかし、本物の世界のボクサーは、メイにしてもデラにしてもマルケス兄にしても、危険なあいてとの試合ばかり継続してきたのです。それができないのなら、世界ということは口に出さずに日本でかませと試合をして、マスコミに強さを捏造してもらえばいいのです。
    • 246. maywether
    • 2018年11月25日 00:35
    • >ゆうさん
      昔からそのへんは曖昧でした。例えば、辰吉も薬師寺と試合をした時は暫定でしたがマスコミはその辺何も言わず世界チャンピオンの扱いでした。西岡もバスケスが怪我をしている時にとった暫定でしたが、世界チャンピオン扱いでした。亀田は今亀田商法ができなくなっておりますね。亀田の場合は、各記事に暫定と書かれているし、原則として亀田は今後、正規王者と戦い、王座を統一する必要があるとまで書かれている記事もありましたよ。
    • 247. ななし
    • 2018年11月25日 10:49
    • マルケス兄はインドネシアに乗り込んで
      クリスジョンに負けてます。
      マルケスは強いのに、若手の頃は
      タイトルに無縁だった。
    • 248. maywether
    • 2018年11月25日 21:14
    • >ななしさん
      マルケス兄対クリス・ジョンの試合ですが、あれはマルケス兄の勝ちでした。中盤から完全にペースを奪い、9ラウンドには追い込み、中盤からはほとんどのラウンドをマルケス兄がとっていました。ただ、10ラウンドと11ラウンドに減点され(あれがローブローだったら、ボディへは打てません)、また敵地だったので判定負けとなりました。

      マルケス兄はデビュー戦も初回にダウンを奪いましたが2ラウンドに反則負けになったし、(相手はプロモーターのおかかえボクサー)、ノーウッド戦もダウンを2回奪ったが、ダウンとして認められず判定負けとなりました。そんな強すぎるマルケス兄が逆境をはねのけて初めて世界チャンピオンになったのは42戦目なのです。日本だったら10戦目ほどで世界チャンピオンになっていたでしょうね。マルケス兄は勇敢で誰とでも戦いますが、おそらく日本人ボクサーとは違ってプロモーター達にこびないので嫌われていたかもしれません。だから、厳しいマッチメイクを強いられ、勝っている試合も落としてます。

      マルケス兄は、真のチャンピオンのバレラやカサマヨール、あのロマチェンコを破ったサリドにも勝っているし、有名どころではパッキャオとの最後の試合では失神させてます。ただ、メイには全く歯が立ちませんでした。

      村田とは天と地ほどの差があるので比較はしたくありませんが、村田はあの程度の試合で壊れるというのなら、マルケス兄はどうなるのでしょうね。対戦相手は強豪ばかりですよ。

    • 249. 颯真
    • 2018年11月25日 22:52
    • >247
      管理人さんが、日本人ボクサーに厳しい理由がわかりました。以前のコメントでも、レナードやメイの技術とチャベスやマルケス兄のレベルの高いボクシングが好きとありましたね。このレベルはもはや神レベルで、日本人ボクサーの世界チャンピオンはせいぜい高校野球レベルとレベルの差があります。管理人さんはメジャーリーグのトップのプレーヤーを語り、一般の日本人ファンは井上や村田なや田中など高校野球レベルを酒でも飲みながら観戦しているレベルなのでしょうね。
    • 250. maywether
    • 2018年11月26日 00:07
    • >颯真さん
      田中、井上はもう少し上のレベルですね。メイもマルケス兄も引退し、今はカネロやマイキーやスペンスジュニアやデービス達に楽しませてもらってますが、メイやマルケス兄に比べるとまだまだですね。
    • 251. オルフェーヴル
    • 2018年11月26日 09:05
    • 管理人さん、ですから事故にしかなりません。村田はこの井上岳志か竹迫とやるのもいいかもしれません。井上はこの階級でアジア人だけとしか戦っていないというのは致命的ですね。最低でも欧州人と戦わないと駄目でしょう。村田はブラントと戦ってこんな試合すれば潰れるなんて抜かしているんですか。ブラントは贔屓目に見ても前頭8枚目程度のボクサーですよ。そんなボクサーとやって潰れるとはプロを舐めているのとかませ犬としか試合していないというのを白状しているようなものでしょう。
    • 252. 松林
    • 2018年11月26日 22:54
    • 今のウェルターはレベルが歴代でも最悪クラスに低いと思います。本来のウェルターは人気階級であり、階級を上げて不人気階級のSウェルターとの二階級制覇が出来てもおかしくないのですが、今のウェルターでは別格の最強ボクサーであるデービスも、チャーロやハードとやれば中盤までにKOされるでしょうし、それよりやや落ちるムンギアにすら判定まで持たないでしょう。逆に言えばそれぐらいウェルターのレベルはヤバイ状態です。適性階級がライト~Sライトのブローナーやマイキー、クロフォードやバルガスのようなウェルターでは明らかに体格が劣る上にパンチがなく、かつ体格を補うようにボクシングを変化させたメイやパックのようなスタイルチェンジすらしていないボクサーが平然と通用している状態は異常事態といわざるを得ないでしょう。

      逆に言えば不人気のはずのSウェルターに強いボクサーが集まっているんですけどね。チャート兄弟やハード、ムンギアは本来ミドルが適性だと思うぐらいです。ムンギアはちょっと未知数な部分がありますが、チャーロ兄弟とハードはミドルでも全盛期のゴロフキンでもない限り勝つ可能性が高いです。(逆に言えば今の衰えたゴロフキンなら勝てる可能性があります)
      カネロやジェイコブス、サンダースでもチャーロ兄弟やハードに勝つのは相当難しいと思いますし、コットは仮に全盛期でも判定まで持たずに負けると思います。ハードが周辺階級最強と言われたララにすらスコア差以上に完勝したのは記憶に新しいです。

      まぁSウェルターに強いボクサーが集まったのはミドルに長期政権が居座っていたのもあるんですけどね。ホプキンスの時代もそうでしたが、つい最近までゴロフキンが絶対王者に君臨してた弊害でしょうね。ゴロフキンが衰え始めたのはモンローとやった3年前ぐらいからですが、なかなかその後も衰えがゆったりでなおさら停滞しちゃいましたからね。
    • 253. maywether
    • 2018年11月27日 16:11
    • >オルフェーヴルさん
      井上は4回戦レベルにしかみえません。こんなのが日本チャンピオンですか?すごいレベルですね。
    • 254. maywether
    • 2018年11月27日 16:31
    • >松林さん
      そのとおりですね、スーパーウェルターに強いボクサーが多くいます。ウェルターはエロル・スペンス・ジュニアとクロフォードの二強ですが、例年に比べると小粒ですね。一方スーパーウェルターには、ハードやチャーロ弟やムンギアがいますね。ハード対ララですが、私はララがコントロールしていたように感じました。最終回のダウンが無ければララの勝ちでもOKでした。ララはハードのパワーパンチをきちんと殺していましたね。

    • 255. ななし
    • 2018年11月27日 16:57
    • マルケス、パック、モラレス、パレラ
      この四天王がフェザーにいたときはやぱいですが、階級を乗り越えたのは、マルケスとパックで、モラレスやパレラは通用しませんでしたね。といっても、マルケスもパックもさすがに
      ミドルまでは届かない。
      あと、この四天王の戦績は日本人ボクサーに比べて、桁外れの価値があります。
      タイトルも最速というのは意味がないです。
      日本人ボクサーが戦った相手より、はるかにレベルが高く、さらにアウェイで積みあげてきた
      ものなんでしょうね。
    • 256. オルフェーヴル
    • 2018年11月27日 22:26
    • 管理人さん、笑うしかないのですが、これが東洋のトップです。どうやってもムンギアは勿論、チャーロ、ハード相手に勝てるどころか、12ラウンド持つとは思えません。確かにムンギアは未知数なところはありますが、それは世界レベルでして、井上相手では前のコメントにもありましたが、適当に攻撃すれば終わりでしょう。ムンギアとの見比べましたが、本当に動きもスローですし、ディフェンスも下手、フットワークもなっていないし、何よりパンチ力が無いというのが素人にも分かります。前にも書きましたが、本当にやるのなら勇気だけは認めてあげましょう。負けたけどこんな凄い奴と戦えたんだというのもボクサー冥利に尽きます。ボクサー冥利というのも日本人ボクサーには死語ですね。大橋もリカルドロペスに負けましたが、こんな凄い奴と戦えたというボクサー冥利はあるようです。絶対に受からないけど記念に東大を受験する受験生みたいなものでしょう。
    • 257. ななし
    • 2018年11月28日 03:37
    • 長谷川がウィラポンを倒し世界王者になったころ、日本では、大騒ぎしますが、すでに日本でアルバイトしていた男が、パックはバレラ、モラレス、マルケスなどの強敵とアメリカでやってる最中で、亀田が出てくる頃には、階級をあげて、次のステージに進んで、マルガリート、モズリー、コット、ハットン、デラホーヤなどとやってます。 
      パックですら、寺尾とやるころに、アジアレベルですが、24戦やっており、フライ級タイトルとったのが、25戦目。
      田中や井上レベルのボクサーが、アメリカやメキシコやフィリピンだとあんなに最速で
      世界をとってないでしょう。
    • 258. maywether
    • 2018年11月28日 13:35
    • >ななしさん
      パッキャオは、フライからスーパーバンタムにいきなりあげ、その後フェザー~ライト~スーパーウェルターまであげました。パッキャオが一番苦しんだのは、スーパーフェザー(対モラレス、対マルケス兄)だと思います。私は第2戦目はマルケス兄の勝ちだと思ってます。

      この4人は凄すぎます。この4名に簡単に倒されたチャンピオンが、日本人のトップを子ども扱いしてます。例えば、パッキャオに倒されたデラが倒したエルナンデスは渡辺雄二を子ども扱いしました。また、モラレスに倒されたサラゴサが辰吉を子ども扱いしましたね。何回も言いますが、日本人はこの4名とは戦うどころか、対戦をオファーすることさえできません。間違って対戦オファーを出してもファンレターと思われるのがオチでしょうね。
    • 259. maywether
    • 2018年11月28日 13:37
    • >オルフェーヴルさん
      井上が東洋のとっぷですか?アメリカなら学生レベルですね。ムンギアとの対戦はやめたほうがいいですね。恥ずかしいだけでしょう。大橋ですら、ロペスとやった時は見ていて同じ日本人として恥ずかしかったですね。
    • 260. maywether
    • 2018年11月28日 13:51
    • >ななしさん
      最短は意味をなしません。ただ、どうせやるのならセンサク・ムアンスリのように初戦で世界ランカーをKO、前哨戦でライオン古山を軽くKO、そして3戦目で世界奪取というぐらいなら凄いですね。センサクはその後、ガッツ石松を簡単に6ラウンドでKOしてます。

      マルケス兄が世界チャンピオンになったのは42戦目でした。デビュー当時でも既に日本チャンピオン程度なら簡単にKOする実力はありましたが、42戦目もかかっているのです。マルケス兄と比べると井上や田中は小学生レベルなので、1000戦は必要でしょうねw おそらく、2000年以降の日本人世界チャンピオンは日本以外なら誰一人世界チャンピオンになれていない可能性もあるでしょうね。実力もそうですが、メキシコの場合は激しいスパー等で貧弱な日本人ボクサーは壊れてしまいますからね。
    • 261. ボクサー
    • 2018年11月28日 15:08
    • 那須川がメイとやるならこっちがメイとしてほしいですね
      https://www.youtube.com/watch?v=epRHMRzQNvI
    • 262. ななし
    • 2018年11月28日 16:28
    • バレラは36戦で世界王者に
      その前に川島とやるチャンス
      ありましたが、体重超過でやらかしてます。
      モラレスは26戦でサラゴサに引導を
      渡して世界王者になってますね。
      メイウェザーですらエルナンデス戦で
      18戦目で世界タイトルをとっている。
      西岡は39戦目でようやく暫定王者です。
    • 263. ななし
    • 2018年11月28日 17:33
    • WBSSバンタムで優勝しても、優勝したボクサーはマルケス、バレラ、パック、モラレスに届かず、その下にいるハメドにも届かない。
      ハメドはまだ世界タイトルをとってないマルケス兄の対戦を避けてた。
      マッカラーなど、ハメドに倒された世界レベルのボクサーレベルでしょう。老獪でロートルでしたが、うまいサラゴサレベルでも優勝できるんじゃないですか?それだけ低レベルです。日本ボクサーは誰も勝てないしたどりつけない。その上にいるメイウェザーは異次元でしょうね。この四天王はアメリカで覇権を争ってましたが、ファイトマネーは億を超えてたようです。バレラはジョーンズに負けたりしてますが、それでも日本人ボクサーは勝てないでしょうね。この四天王からしたら、ドネアやその下にいるジョニゴンやモンテリエルが小粒にみえてしまう。
      バレラやモラレスがライト級以上で通用し、
      パックやマルケス兄とともに、ライト級からスーパーウエルター級まで暴れてほしかったですね。
    • 264. ななし
    • 2018年11月28日 18:35
    • マルケス兄の元世界ライト級3団体統一王者の
      ディアスをKOしたアッパーは芸術です。
      あんなアッパーは打てない。
      アッパーのこまかな連打もうてますが、
      しとめのアッパーも強烈ですね。
      打ち合いもカウンターもうまく、
      意外とよく動きディフェンスもあります。
      ディアスは畑山をKOしたラクバシンを
      判定で破ったタフなボクサーですが。
      マルケス兄はいいですね。
    • 265. オルフェーヴル
    • 2018年11月29日 20:12
    • ななし殿が書かれていたので、改めて見ましたが、マルケス兄はいいですね。これじゃ、比較(相手)になりませんが、畑山や内山では序盤でKOというのも頷けます。畑山にしろ、内山にしろ、マルケスより身長、リーチともに上ですが、マルケスのパンチが面白いように当たり、畑山や内山のパンチは当たらないし、パンチが打てず、ようやく反撃しようとしたところにカウンターでズドンでしょうね。それと若いころは俊敏なフットワークも使っていましたね。そして何よりアッパーを交えた連打が秀逸です。このメキシコ人特有の打たれたら(打たれてなくても)連打で打ち返すという見本ですね。メキシコ人は当て勘もいいですが、必ず単発ではなく、連打で打つというのが、習慣付けされている、染みついているところが特徴です。村田のような右ストレート1本なんて事はありません。管理人さんはメキシコに見学まで行ったそうですが、そんなボクシングではデビューすらさせてもらえないでしょうし、スパーリングさえさせてもらえないのではないでしょうか。また村田で恐縮ですが、前頭中堅のボクサーと戦ったくらいで潰されるなどと弱音を吐くとは情けないですね。マルケスにしろ、一流のボクサーはあれくらいの相手とは何試合としています。まだ大関クラス(ジェイコブス、チャーロ)と戦って弱音を吐くのは理解できます。自分が温室育ちだと白状しているようなもので、亀田と何ら変わりません。これも繰り返しで恐縮ですが、井上は事故にしかならないでしょうね。ハードに挑戦するようですが、あのVTR見たら嘲笑するしかないでしょう。超弱い韓国人に対し1Rはフットワークが全然だめで接近されてパンチを貰い、2Rに軽いパンチでダウンを奪う→相手が棄権となりましたが、出来レース見たいでしたね。あれじゃ素人が見ても4回戦レベルですよ。
    • 266. ななし
    • 2018年11月30日 02:27
    • フレディノーウッドはまるで
      メイウェザーのようなディフェンスをしてて
      身体をつかいパンチをはずすのがうまく、越本隆志が子供扱いされます。とにかく越本隆志のパンチがはずされて当たらない。身体が柔らかい。もし真剣に練習してたら、すごいボクサーですがマルケス兄は越本隆志とやる前に対フレディと戦してたんですね。身体はそんなに大きくないですがかなりイケメンです。
      フレディやハメド、マルケスあたりが、
      パックが出てくる前の時代に互いに戦えばおもしろかったかもしれませんね。
    • 267. オッター
    • 2018年11月30日 14:32
    • 皆さんと同じ気持ちで、何度も恐縮ですが
      https://efight.jp/news-20181129_313306
      こちらの記事で、井上が海外の試合の展望の解説でで、
      ロマチェンコについて語っています。
      ロマの分析をして条件が合えば戦いたいと。ある程度の対応は出来そうと。
      だから僕は井上を応援できないのですよ。世論に何を言われても。
      管理人さんや皆さんのように、興味ないし、好きではないです。
      勿論、言わされているという事もあるかもしれませんが、
      村田にしろ井上にしろ、他の方が言うように、雲の上の存在に対して、
      リスペクトもないしおちょくってますよ。
      井上とロマがやれば茄子川とメイのようにエキシビジョンの
      放送事故でしょう。
    • 268. K
    • 2018年11月30日 19:39
    • >>267
      この文面からするとおちょくってはいないでしょ。少なくとも、井上はロマチェンコのことをリスペクトしていると思います。ロマチェンコの映像をめちゃめちゃ見ていると過去に言っていたので。
      リスペクトしているからこそ、拳を交えてみたいのでしょうよ。
    • 269. ななし
    • 2018年11月30日 20:19
    • ロマチェンコとやるには、ロマチェンコとやるのにふさわしいボクサーとして、強さを証明しなければなりません。
      相手にされなかった西岡も、モンテリエルレベルより上のジュニゴンやイスラエルバスケスと死闘をくりひろげたマルケス弟を倒して、強さを証明し、ドネアの対戦相手としてふさわしいステージにきました。
      口先だけでやりたい、やりたいいっても、
      ロマチェンコのステージにたどりつくだけの
      対戦相手の質や実績がしょぼすぎる。
      フレディノーウッド、マルケス兄、パック、ハメド、バレラ、モラレスのような強敵と激闘をくりかえし強さを証明したボクサーならまだしも、対戦相手の質が世界レベルとはいえないロートルや雑魚ばかり。
    • 270. 密舵
    • 2018年11月30日 20:41
    • >オッターさん
      井上や村田などは、亀田でも言わないような馬鹿げた発言をしてますよね。はっきり言って、亀田家よりも他の日本人ボクサーの方がよっぽど態度がでかいですよ。井上なんて、俺でも殴り殺せますよ。(ボクシング経験者です。井上より階級が上ですが) 井上は国内最強ですらない。亀田兄弟よりも弱い。あんなパンチのないただの雑魚、糞ガキは一般人にも負ける。亀田兄弟は、“一般人より強い”ということは証明した(アベマTVの番組で)。俺も、亀田兄弟には勝てないが、井上には勝てる。亀田大毅さんのパンチは俺にも効くが、井上のパンチは俺には効かない。井上のパンチは、大きな相手には効かない。上の階級の日本人ボクサーや日本人格闘家、体の大きな一般人にも勝てない。
    • 271. オルフェーヴル
    • 2018年11月30日 21:26
    • 管理人さん、相撲協会が来年から力士の給料を上げます。横綱が300万円(勿論手取りです)で関取になる十両ですと110万円です。実は昔は力士の給料は安かったのですが(その代わりタニマチから貰っていました)、若貴ブームの時に大盤振る舞いしました。相撲協会も問題がある組織ですが、こと給料(待遇)については良くやっていると思います。昨今相撲ブームですが、浮かれず給料を上げるのを2、3年我慢しました。しかしボクシング協会って何をしているのでしょうか。私は実力はともかく、日本チャンピオンは相撲で言えば関取だと思います。月100万は無理としても月50万円(年収600万円)は与えてもいいと思いますが、如何でしょうか(勿論1年間王座にいた場合です)。興行形態が相撲とボクシングは違うのは分かりますが、未だに現金で支給しないなど論外です。さすがにテイケンやキョウエイのような大手ジムは現金での支給のようですが、21世紀も20年近くなり平成も終わるというのに何の対策もしません。40年は放置してますよね。連中は昨今はボクシングで喰っていこうという気概のある奴がいなくなったとか抜かしていますが、待遇改善のたの字もないのに、そんな奇特な人がいるかと思います。これも以前に書きましたが、北野武が90年代初めにF原田に日本チャンピオンになったら喰えるようにしないとスポーツが多様化しているし、やる人がいないのではと言っても馬耳東風でした。はっきり言って連中は無能すぎます。確かメキシコでは国内王者になれば年金が付くと聞いたのですが、世界王者になったら年金が貰えるくらいしないと寿命が短いのですから本当に先細りです。
    • 272. ボクサー
    • 2018年11月30日 22:27
    • 確かに文面見ると階級などが会えば戦ってみたいといってるだけですね。階級合わないので戦う事はないでしょう。記者やファンが煽ってるだけですね。井上選手自身はかなりいい人柄なんでしょうがファンが井上はロマと同等みたいにいうのはいらっとしますね。リナレスより強いですから マルケスについては動画貼り付けた日本人選手が一番くわしいでしょうね 兄弟子ですから
    • 273. ボクサー
    • 2018年12月01日 01:09
    • 井上選手自身は僕なんかまだまだですと発言していますし、ロドリゲスについても先に当てた方が有利的な、決して楽観的な事はいってないですよ 本人は冷静に客観的に自身を見てますよ 世界の中での位置づけを
    • 274. たらこ
    • 2018年12月01日 05:25
    • そもそも井上尚弥では、リナレスにすら勝つイメージが全く湧きません…
    • 275. シロー
    • 2018年12月01日 07:26
    • 密舵さん あなた井上を殴り殺せる??
      いい大人とは思えない発言ですね
      何か井上に怨みでもあるんでしょうか?

      ボクシングファンとはとても思えないですね

      ところで井上選手より強い日本人選手がいるんですね
      初耳です。 無知な私に名前教えてください


      どういうところが井上選手より上なのかも知りたいです
      言っときますが私は井上信者ではありません
      強い選手が知りたいし好きなだけです。

    • 276. 密舵
    • 2018年12月01日 18:28
    • >シローさん
      おお?また、あんたかい?井上より強い日本人なんていくらでもいますよ。同じ階級でも、亀田大毅選手の方がよっぽど強いですよ。井上が強いと思っている時点で、相当、見る目がないですよ。
    • 277. maywether
    • 2018年12月01日 21:42
    • >ボクサーさん
      メキシコ在住だけあって、ガードもしっかりしているし日本人の中ではパワーはありますね。茄子革よりははるかに強いですね。
    • 278. maywether
    • 2018年12月01日 22:04
    • >ななしさん
      所詮レベルの低いバンタムで1位になっても、パウンドフォーパウンドでは実質50位ぐらいではないでしょうか?マルケス兄やモラレスとはレベルの次元が違いすぎますね。

      ファン・ディアスがラクバ・シンに勝ったにはデビュー4年目でまだ21歳の若僧の時ですね。ラクバシンは畑山を完全KOし、日本人には全勝なので日本人の中では強い部類ですが、世界レベルのボクサーには簡単にひねられます。そんなディアスがフレイタスもKOし、ライト級を統一した後の25歳で1番強かった時期に、マルケス兄とぶつかり激闘をしました。これこそ本当の激闘でこんな試合をみれば、八重樫の試合は激闘ではなく、幼稚園児の喧嘩にしかみえなくなってしまいますね。実際の試合は序盤ディアスがペースを握り、階級の差かと思い、かなりの苦戦を覚悟しました。しかし、8ラウンドから的確な右アッパーが入りだし、9ラウンドのは芸術的なコンビネーションで倒しました。おそらく、世界中の観戦した人は熱狂したでしょう。私はあの試合は、もう50回以上見ているので、展開は覚えてますw マルケス兄の凄いところは、ここで畳み掛けて倒してくれればなと思っている時に、いつも倒してくれるところですね。
    • 279. maywether
    • 2018年12月01日 22:23
    • >オルフェーブルさん
      マルケス兄の試合を見てください。バレラ戦、ハカ戦、カサマヨール戦、ディアス戦(1戦目)、マイケル・カティディス戦などご覧いただければと思います。メキシコはボクシングがさかんで、みんな勇敢です。また、基礎をきしんと教え込みます。戦績の悪いボクサーでも、日本チャンピオン以上のテクニックはもっている感じはしましたね。メキシコでボクシングを見れば、日本チャンピオンはカスレベルに見えますよ。チャベスやロペスのような神やマルケス兄、モラレス、バレラ、カネロのような準神がどんどん輩出されるのもうなずけます。トレーナーもいい、勇敢でないとだめなので気持ちが強い、基礎をしっかりするので、心技体がしっかりとしております。ビバ・メヒコです。
    • 280. maywether
    • 2018年12月01日 22:27
    • >ななしさん
      ハメダはマルケス兄を避けてました。22ヶ月連続で指名挑戦者の位置にいながら試合が成立しませんでした。また、ノーウッド戦もダウンを2回奪いましたが、ダウンとして認められず、判定負けです。だから、以前無冠の帝王と呼ばれていたのです。日本人なら弱くても世界チャンピオンになれますが、マルケス兄は長い間世界チャンピオンになれなかったのです。全ての歴代日本人ボクサーより遥かに強いにもかかわらずです。
    • 281. maywether
    • 2018年12月01日 22:42
    • >オッターさん
      イーファイトのようなしょうもない記事に会員登録をしたくないので、読んでません。だから、憶測でしか申せませんが井上はロマチェンコとできないし、やる資格もありません。たとえばアマチュアでの経験は、井上は世界では勝ててません(世界大会3回戦負け)。一方ロマチェンコは、オリンピック2連覇しているし、396勝1敗と井上とは格が違いすぎます。プロになってからも、井上はロートル狩や銀行マンや引越しやと対戦している間に、ロマチェンコはサリド、ラッセル・ジュニア、ウォータース、リゴンドゥ達と試合をしているのです。井上は、バーネットに勝ち、スーパーバンタムでドグボェやバルガスに勝ち、フェザーではラッセル・ジヌアとバルガスに勝ち、スーパーフェザーでデービスに勝って初めて対戦できる権利ができます。今では、パウンドフォーパウンドのベスト3と50位~100位のボクサーとしか認識ができません。
    • 282. maywether
    • 2018年12月01日 22:48
    • >Kさん
      もし井上がロマチェンコのことをリスペクトできなければ、DQですよ。拳を交えるのなら、少なくてもスーパーフェザーまで行って、ロマチェンコにスーパーフェザーまで降りてきてもらわねばならないです。井上の身長は160cmほどです。また、井上は非力なボクサーとしか試合をしてません。それで、スーパーフェザーまで行けますか?スーパーバンタムでもやばくないでしょうか?セルバニアには全くパンチが通用しなかったし、セルバニアはスーパーフライのカタラハから何度もダウンを奪われているようにさほど頑丈なボクサーではないですよ。今までの井上の試合を見て言えることは、体格で優位にたつと強い、ロートルには強い、パワーのある相手とは1戦もしていない、等でスーパーバンタムを撃破するのは?です。
    • 283. maywether
    • 2018年12月01日 22:51
    • >ななしさん
      上にもコメントしましたが、ロマチェンコはサリド、ラッセル・ジュニア、ウォータース、リゴンドゥ達と試合をしているのです。井上は、バーネットに勝ち、スーパーバンタムでドグボェやバルガスに勝ち、フェザーではラッセル・ジヌアとバルガスに勝ち、スーパーフェザーでデービスに勝って初めて対戦できる権利ができます。まあ、不可能でしょう。
    • 284. maywether
    • 2018年12月01日 22:54
    • >密舵さん
      井上はこれまでは、雑魚、ロートル、銀行マン、引越しやに勝った程度ですね。今後、バーネットやテテ、ドグボェ、バルガス等と戦えば井上の強さ・実力がわかります。それで、いいではないでしょうか?
    • 285. maywether
    • 2018年12月01日 23:00
    • >オルフェーブルさん
      日本チャンピオンはボクシング協会の番付で言えば、関取というより三役でしょうね。実際の実力はメキシコのアマ以下ですがw そんな弱い日本チャンピオンが月50万はもらいすぎです。例えば、アメリカかメキシコで欧米の世界ランカーに勝つという義務をクリアできれば50万円を与えてもいいですが、日本でしか勝てないガラパゴスボクサーは月10万円の価値もないです。

      メキシコの国内チャンピオンは日本人世界チャンピオンより価値があるので、年金はもらってもいいですよね。彼らは、おそらしいほどハードな練習・スパーをしております。だから、メキシカンはみんなガードが固いのです。日本人のような貧弱でガードが弱いボクサーがメキシコで練習するだけでつぶれます。以前、ボクサーさんが指摘されていたような気がします。
    • 286. maywether
    • 2018年12月01日 23:04
    • >ボクサーさん
      階級が違うので、戦いようはないですね。パッキャオやモラレスのようにあげていけばいいのですが、井上はスーパーバンタムが限界でしょう。マスコミや大橋陣営が余計なことをするたびに、井上が嫌われていきますね。実際、ロマチェンコと井上には埋められない大きな差がありますから、ボクシングファンはイラっとするでしょうね。私はロマチェンコはそれほど好きでないので何も感じませんが、これがマルケス兄やメイならスーパー激怒ですね。
    • 287. maywether
    • 2018年12月01日 23:08
    • >たらこさん
      リナレスと井上がライト級で戦えば、99%リナレスが勝ちます。展開としては、リナレスがジャブを中心に組み立て、井上が入れず、3ラウンド~5ラウンドに井上が強引に入ったところをカウンターからの連打で井上は倒れます。そこで終わるか、それの繰り返しで塩着けかどちらかですね。おそらく、リナレスは井上のパンチが全く怖くないので(リナレスの今までの対戦相手で井上が一番パンチがないから)、安心して井上のパンチを見切れるでしょう。
    • 288. maywether
    • 2018年12月01日 23:20
    • >シローさん
      井上がロマチェンコと試合をしたいと言っていることで、スーパーフェザーまでを前提に言えば、井上より強い日本人ボクサーは数人います。スーパーフェザーの伊藤はスーパーフェザーでやれば井上より遥かに強いし、フェザーなら亀3の方が強いでしょう。フェザーから上は大した日本人ボクサーがいないので、井上より強いボクサーは少ないのは事実です。しかし、フェザー以上なら井上は平凡なボクサーになりますよ。
    • 289. maywether
    • 2018年12月01日 23:27
    • >密舵さん
      ロマチェンコに近い階級で言えば、伊藤が井上より遥かに強いです。フェザーでなら、亀3の方が井上より強いです。上でコメントしましたが、身長160cm程度の井上はフェザー級なら平凡なボクサーに成り下がります。
    • 290. 大和魂
    • 2018年12月02日 00:05
    • >287.288
      管理人さんの井上選手に対する評価が的確すぎますね。話は少しそれますが、井上選手の身長が少し気になりました。というのも、以前は162センチと公表していたのが今は165センチになってます。実際私の知り合いの女性(163センチ)が横に並びましたが、井上選手はその女性より低かったので、161ぐらではと思ってます。まあ、どうでもいいことですが井上選手は気にしているのでしょうね。
    • 291. 金星宏幸より(きんせいひろゆき)
    • 2018年12月02日 00:49
    • 4 昔から日本人は体格で勝って勝とうとするボクサーが多かったが今はネットで直ぐに調べられるし海外では160~170センチでもフェザー級~ウェルター級のボクサーは沢山いました。元にマイク・タイソンは176センチでもヘビー級でした。村田選手や竹原選手の方が高い筈だけど日本人はデカク成るほどボクサーは筋トレを軽視してやらないで体格で勝ろうとし過ぎるからです。だから減量ばかりで逃げるのです。タイソンは腕立て伏せ500回腹筋2000回はやっていたと有名ですよ。筋トレもしっかりやっていました。日本人ボクサーはプロレスラーや相撲選手を見習ってもっと筋トレをしないと駄目ですね。ボクシングも格闘技ですよ。筋トレしないと強くなれないのは当たり前です。自重筋トレでも十分に筋肉は付きますからね。言い訳する前に筋トレで努力をしてもらいたいと思います。そうじゃないとファンからは強く無いと見抜かれますよ。
    • 292. ななし
    • 2018年12月02日 05:57
    • メキシコボクサーはいいですね。
      あしたのジョーのコークスクリューブローをうつホセメンドーサもメキシコ人。ジョーと互角に戦ったカーロスリベラが、ホセのテンプルうちにやられてパンチドランカーになりましたが、話は脱線しましたが、70年代から80年代が、サルバトーレサンチェスやチャベスの時代、チャベス衰退期に、リカルドロペスが出てきて、ロペスが引退間際に、2000年代からマルケス兄が登場、バレラ、モラレスと続いてマルケス兄が引退時期に、カネロが登場してくる。
      うまく、継承して出てきますね。指導者もすばらしいんでしょう。あとは国柄でしょうね。
      ジョフレを2度破ったファイテング原田級の
      スターレジェンドがどこまででてくるんだと。
    • 293. ななし
    • 2018年12月02日 06:09
    • サッカーは国柄が反映しますが、メキシコ人サッカー選手はそんなに身長の高い選手はいなくて、日本人サッカー選手とかわりません。
      近年ようやく、身長が高くて、動ける選手が増えてますが、日本人サッカー選手とメキシコ人サッカー選手の違いは、身長はさほどかわらないのに、身体の頑丈さ、横のサイズが全然違います。空気の薄いところにいるわけじゃないが、
      スタミナは異常ですね。簡単に試合をあきらめないしタフです。テクニックもあります。
      日本人選手はテクニックがあっても、試合では
      メキシコのチームとやると、テクニックを披露できません。ボクシングも似てますね。
      ラファエルマルケスの体つきは西岡と比べて同じ階級かと思うほど屈強な身体つきで、ジョニゴンをふっとばした左ストレートをあれだけくらっても倒れなかった。
      タフでね。マルケス弟とのつぶしあいで、イスラエルバスケスもマルケス弟も壊れましたが、
      もったいないです。
    • 294. シロー
    • 2018年12月02日 07:46
    • >> 密舵さん
      いくらでもいる? だから具体的に誰と誰なんですか?
      亀田3の方が強い? どこがですか?

      そういう子供みたいな答えしかできないんですか?
      具体的に亀田3はどういうところが井上より上なんでしょうか?

      スピードは井上 パンチ力も井上 ディフェンスも井上が上
      亀田3は世界戦でKO勝利ありましたっけ?

      ボクシングファンとして真摯に答えてください

      管理人さん ブログを荒らす気は毛頭ありませんが
      井上と階級も違う亀田3を強いと言い理由を
      聞かれれば子供の屁理屈で
      返してくる自称ボクシング通ってのが許せないのです。





    • 295. ななし
    • 2018年12月02日 08:14
    • ロマチェンコはすでにフェザーで最強の
      ラッセルジュニアをクリアしてますから。
      スーパーバンタムで敵なしだったリゴンドーもロマチェンコは戦意喪失させた。リゴンドーはドネアに勝利してますから。
      さらに、上の階級でリナレスを一蹴。
      井上はラッセルジュニアにたどりつく
      レベルでもなく、リゴンドー、バルカス、
      ドクボエといった強敵を倒して、
      ラッセルジュニアとの対戦に
      ふさわしいレベルだとアピールしなければなりませんが、ロマチェンコにはアクシデントがなければ、99%勝てませんね。てかロマチェンコは片腕がつかえず怪我してるにもかかわらずリナレスに勝利
      井上は100%実現できないことを、口先だけで
      しゃべらないほうがいいです。これじゃ
      レオサンタクルスと戦いたいといった
      山中と同じです。
      リング誌にとりあげられたからといって
      調子にのりすぎです。
    • 296. ななし
    • 2018年12月02日 08:29
    • 引退したマルケス兄に日本にきてもらって、
      スーパーバンタムからスーパーライトあたりの
      日本人のトップボクサーと試合をやらしたらいいんですよ。おそらく全滅でしょう。
      メイウェザーのエキシビションなど金を出す暇があれば引退したマルケス兄に金を払って
      試合をさせレッスンうけさせればいい
      ブランクのあるコットに亀海はなすすべも
      なかったですから。
    • 297. オルフェーヴル
    • 2018年12月02日 11:49
    • 管理人さんはサッカーが好きではないようですが、メキシコは2度もサッカーのワールドカップを開催し、アメリカ、カナダとの共催とはいえ、8年後の2026年のワールドカップの開催国になりました。3回もワールドカップを開催するとは羨ましいですね。1986年の開催はコロンビアが大地震で駄目になり、急遽代替で選ばれましたが、当時いいよなーと思いましたし、今回もいいよなーと思いました。メキシコは治安の不安があり、外務省からは渡航自粛を呼び掛けている地域もありますが、8年後行ってみたいですね。ボクシングジムも見学したいです。メキシコも一番人気があるのはサッカーでしてアステカスタジアムの規模は欧州のスタジアムよりも大きいです。一度行ってみたいです。日本人1人の観戦は危険かもしれませんが。メキシコが開催国だった1970年はペレの最後のワールドカップという他にも面白い試合が多かったですし、1986年のワールドカップもジーコやプラティニの最後のワールドカップでマラドーナの5人抜きや神の手ゴールなど印象的なワールドカップでした。
      サッカーの話が長くなりましたが、確かに実力がメキシコのアマチュア並みで50万は高いかもしれませんが、それ位はくれないとやる人がいないというのも現実問題としてあります。相撲の場合は引退時に番付、場所数に応じた退職金が支払われますが、年金が駄目なら退職金はあっても良いのではと思いますが、如何でしょうか。ちなみに横綱の退職金は基礎支給額が1500万で、1場所ごとに50万が加算されます(全休の場合は支給対象外)。でも10回防衛したから退職金1憶円ですといっても雑魚狩りでの防衛じゃ高すぎる気は致します。
    • 298. 密舵
    • 2018年12月02日 12:59
    • >シローさん
      貴様こそ、何を根拠に井上が強いと言っているのだ?対戦相手が雑魚ばかりだと、いくらでも戦績を作れるとわからないのか?亀田兄弟の相手の方が、井上の相手より強いのだよ。相手が雑魚ばかりだったら、いくらでもKOできるわな。お前は、井上の試合しか観たことないのか?目が腐ってるわ。
    • 299. ななし
    • 2018年12月02日 16:52
    • 井上と亀田3はやってみなければわかんないでしょうね。現時点でいえるなら、井上はフェザーでバルデスにあと一歩までいきながら、途中で戦略をかえられてカウンターを暗いダウンを奪われ判定で負けたにスパーで倒されるレベルです。井上はフェザーでは王者クラスとやればパワーレスでしょうね。まだウォーレン以上のコンディションのいいバリバリのパンチのある世界クラスとやってません。
      技巧派のパンチのないロートルだから
      あそこまでふみこめるんでしょうね。
      モンテリエルレベルのボクサーにカウンターで
      やられる可能性がある。

      亀3はスーパーバンタムで暫定レベルでありまだ正規ベルトをとってません。ディフェンステクニックやスピードがありますが、パンチがないですね。カウンターも下手くそになってるし
      一発もなければ、こまかな連打もない。
      上からかぶせる右フックくらいですが、
      あれもメディナに致命的なダメージをあたえられるようなパンチじゃなく、音はしましたが、メディナはけろっとしてましたね

      長いラウンドを戦えるスタミナや海外で王者をとった実績面でみたら、亀田3のほうが上ですね。
    • 300. ななし
    • 2018年12月02日 17:05
    • 共通の相手でマクドネルがいますが、
      2連敗しましたが、実際は1勝1敗でしょう。
      2戦目は完全に亀田サイドの戦略ミスです。

      亀3と井上じゃタイプが違う。
      井上はフィジカルにものをいわし
      一瞬のスピードで、自ら動いて
      相手を倒しにきますが、
      相手が貧弱なパンチのないボクサーだから
      通用したのであり、一歩間違えたら
      カウンターを食らって無残にやられます。
      自身より身体の強いボクサーだと
      フィジカルをつかってプレッシャーをかける
      ボクシングも通用しなくなるでしょう。
      ディフェンスもスピードでごまかしてます。
      ディフェンステクニックは低いです。

      亀3は絶対に致命的なパンチをもらわないようなディフェンス重視のボクシングをやり、
      すきをうかがい、カウンターや軽いパンチをあててポイントを稼ぐやりかたで、自らリスクをおかして打ち合いはしませんね、一瞬で積めて
      被弾覚悟でいかない。

      だからマクドネルタイプのボクサーとやるば
      あのような試合になる。
    • 301. maywether
    • 2018年12月02日 18:22
    • >大和魂さん
      女性はバストサイズとウェストサイズを、男性は身長を偽りますね。
    • 302. maywether
    • 2018年12月02日 18:24
    • >金星宏幸より(きんせいひろゆき) さん
      ボクシングは格闘技とスポーツの要素をもっておりますね。日本やイギリスのボクサーはスポーツ要素が強いボクサーが多いですが、アメリカやメキシコのボクサーは格闘技的要素が強いですね。ただ、日本人はスタミナがあるので12ラウンド逃げ切ることも可能ですが、一流ボクサーが相手ならどこかでつかまり、倒しきられますね。
    • 303. ななし
    • 2018年12月02日 18:33
    • チャベスはアステカスタジアムで13万人観客を集めたようですが、神ですね。チャベスは。メキシコの国民的ヒーローですね。メキシコには当時、サッカーで世界的スーパースターのレアル・マドリー所属のウーゴサンチェスがいました。ウーゴサンチェスとチャベスという世界的スーパースターがいたのがすごいです。
      日本での80年代のスーパースターは
      この二人に匹敵するアスリートはいませんね。
    • 304. ルイス
    • 2018年12月02日 19:41
    • 5 相変わらず井上が弱いとか言う人や亀田和毅より弱いと言う人も居ますね。そろそろ井上を認めてもいいんじゃないですか?何回かコメしてますが、井上は今までの日本人ボクサーの中では本物だと思います。それに亀田和毅が合計24ラウンド戦っても勝てないマクドネルを1ラウンドでKOしてる時点で実力は上だと思いますよ。この前のメディナ戦でも微妙な勝ち方しか出来てませんし。井上なら軽くKOしてますね。あとリナレスなら井上に勝てると言うコメをみましたが、当たり前ですよ。バンタム級の選手がライト級の選手と戦えば負けますよ。逆にリナレスがSウェルター級のチャーロやハードに勝てますか?
    • 305. ボクサー
    • 2018年12月02日 22:45
    • 井上選手の身長はコメントにあるとおりです。目の前にした印象は小さいな~て。確かにリナレスと比べられるのはかわいそうです。ファンやマスコミが勝手にライトでも世界とれる、ロマチェンコと同格とかいうからリナレスを例にだされて。本人もバンタムでも小さいほうだといってます。井上選手本人が被害者ですよ。またそういうファンは負けるとすぐ手のひら返しますし
    • 330. box
    • 2018年12月04日 20:03
    • >>305
      いや井上本人がライトでもいけるって言ってますがw
    • 306. 密舵
    • 2018年12月02日 23:04
    • >ルイスさん
      あなたは、どれだけの日本人ボクサーを知ってるんですか?“井上が本物”とは、何を根拠に言えるんですか?バンタム級の選手がライト級に勝てる訳ない?パッキャオは勝ったのですが…?階級のせいにしないでください。同じ階級でも、井上は強い相手と戦ってませんよ。和毅選手は、井上とは対戦相手の質もファイトスタイルも全然違いますよ。和毅選手の方が、強い相手と戦っているんですよ。ファイトスタイルはアウトボクサーですが。わかりませんか?井上選手が和毅選手と対戦したら完封されると、私は思います。
    • 307. ななし
    • 2018年12月03日 07:10
    • 本物のボクサーという私を含めたみなさんの基準が違うので意見が別れますよね。
      私の本物というのは、フェザー級最強とよばれる現段階のラッセルジュニアと戦うステージまできて倒せばマスコミが煽る軽量級最強は本物です。ラッセルジュニアにたどりつくには、ドグボエやバルカスなどのスーパーバンタムの実力者を倒さなければ、ラッセルジュニアのステージにあがれません。
      他にもプランクトンやリゴンドーなど実力者がひしめいてます、
      井上の実績からいって、いまあげたバリバリの世界レベルのボクサーとたたかってません。
      ロートルの世界レベルとはいえないパヤノ、
      ナルバエス、第2のヘルトを保持した
      コンディションの悪いロートルのマクドネルだけです。病人のマクドネルやナルバエス、パヤノレベルならドクボエやラッセルジュニアはもちろんフィリピンの二軍のセルバニアでも簡単に倒すでしょう。対戦相手の質やレベルが井上と比べて全然違います。
      スーパーフライ級の実力者と戦わす、
      シーサケットやエスラーダやロマゴンクラスの
      ボクサーと比べて前座あつかいです。
      アローヨやニエテスともやってない。
      実績からいって本物といえないでしょう。
      日本のマスコミ、帝拳陣営がだましてるんでしよう。長谷川や長谷川の劣化盤の山中、村田に対する報道と似てますね。
    • 308. maywether
    • 2018年12月03日 07:53
    • >ななしさん
      メキシカン・ボクサーの好きな所は、勇敢で誰とでも戦い、打ち合うところです。チャベスやマルケス兄は最高だし、それ以外でも凄い世界チャンピオンがゴロゴロいます。

      スタミナもあり、根性もあり、何よりもプライドが凄いですね。マルガリートはパッキャオに滅多打ちされ眼底骨折をしましたが、ストップを拒否をして最後まで戦いました。その後、入院を余儀なくされたのですが。すぐに試合を投げるフィリピン人ボクサーとは大違いですね。
    • 309. maywether
    • 2018年12月03日 07:56
    • >ななしさん
      マルケス兄には、日本人ボクサーと試合をしてほしくはありません。経歴に傷がつきます(雑魚狩扱いされます)。

      レッスンは大いに歓迎です。全トレーナー、全世界ランカー以上は、ぜひ出席してマルケス兄の講義、および実践を見ればいいでしょうね。
    • 310. maywether
    • 2018年12月03日 07:58
    • >オルフェーヴルさん
      おっしゃるとおり、50万円ぐらいに設定しないとやる気も出ないでしょうね。もし、それが実現できれば眼の色を変えて練習し、またトレーナーもコミッションをもらうなどして、活性化する可能性は大きいですね。
    • 311. maywether
    • 2018年12月03日 08:09
    • >ななしさん
      チャベスはアステカ・スタジアムで13万人の観衆を集めました。ちなみに、内藤対亀田で20,000人、辰吉対アヤラで17,000人、今の日本人世界チャンピオンは何人集客できるでしょうね?
    • 312. maywether
    • 2018年12月03日 08:17
    • >ルイスさん
      リナレスなら井上に勝てると言うコメをみましたが、当たり前ですよとのことですが、井上がリナレスに勝つことがほぼ不可能なことは皆さんご理解されております。なぜ、このようなばかげたトピックが出てきたのかいいますと、井上がロマチェンコと条件があえば戦いたいと、売名行為的な発言をしたからです。

      井上は日本人の中ではトップクラスです。しかし、ロマチェンコと比べると、はるか下のレベルで、階級も違うし、レベルも違いすぎるのです。井上が雑魚狩・ロートル狩・銀行マン狩・引越しや狩に勤しんでる間にロマチェンコはサリド、ラッセル・ジュニア、ウォータース、リゴンドゥ達と試合をしているのです。井上がロマチェンコと試合をしたいというのは、村田がゴロフキンと試合をしたいという以上に滑稽です(村田の場合は階級が同じ)。
    • 313. maywether
    • 2018年12月03日 08:20
    • >ボクサーさん
      井上も実現不可能なことを言うのがだめですね(条件があえば、ロマチェンコとしたい)。お前は何様なんだ?とみんな感じているでしょうね。
    • 314. maywether
    • 2018年12月03日 08:25
    • >ななしさん
      私の本物のボクサーというのは、そこまでハードルが高いわけではなく、世界レベルのボクサーと戦い続けているボクサーです。

      ドネア、ビロリア、イスラエル・バスケス等は、階級最強ではないのですが、本物のボクサーです。

      日本人ボクサーの雑魚狩・ロートル狩は、そろそろやめてほしいですね。
    • 315. ルイス
    • 2018年12月03日 08:38
    • >>密舵さん
      まずは、亀田和毅って強い選手と闘いましたか?マクドネル位しか居ないんじゃないですか?バンタム級チャンピオン時代は並の世界ランカー相手に3度防衛しただけじゃないですか??マクドネルに2度負けたのに、井上に勝てますか?井上はマクドネルを1ラウンドで仕留めてますよ。
      井上が強い選手だと思ったのはまずナルバエスを2ラウンドでKOしたことで強い選手だと思いました。確かに年齢が高い選手でしたが、全盛期のバンタム級時代のドネアやテテもナルバエスをKO出来ませんでした。それに比べたら2ラウンドでKOしてます。更にバンタム級に上げてからは、マクドネル・パヤノをKOしてます。マクドネルは確かに減量苦ではありましたが、それは言い訳になります。そしてパヤノは強い選手だと思いますよ。かなり前のブログでは井上はパヤノに勝てないとか、パヤノは本物だとかコメントしてる方々もいましたし。井上が圧勝したときに、手のひらを返してロートル扱いは非道くありませんか?
      パヤノは負傷判定といえども、モレノに勝ってます。また、ウォーレンにも勝ってます。この2選手を軽く1ラウンドで倒してるんですから、本物だと思いますよ。
      階級の話は、パッキャオやメイウェザーは複数階級を制覇しても苦戦もしてませんが、ドネアやロマゴンなど複数階級制覇しても、最近は苦戦してます。リナレスもライト級を取る前はかなり苦戦してました。普通に考えて、いきなり井上がライト級の選手とやれば負けるって話は違うと思いますよ?
    • 316. 石の拳
    • 2018年12月03日 09:32
    • 階級が違う選手を単純比較してどうするのw?階級を言い訳にするな?パッキャオがバンタムの体重でライト級で戦ったの?階級を言い訳にしないなら、ヘビー級にはロマチェンコより強い選手がゴロゴロいる。じゃあ、ロマチェンコは雑魚ですか?とにかく、ボクサーに対するリスペクトが無い輩が多すぎる。井上はこれから試されるから楽しみだよね、でいいでしょ。誰々と戦いたい、戦ってみたいというのが悪だとは思わない。
    • 317. ルイス
    • 2018年12月03日 10:48
    • >>maywetherさん
      自分もロマチェンコの対戦相手は皆ネームバリューで実力もあるので、井上もその域には及ばないのは同感です。ただ井上の発言自体は、ロマチェンコよりも自分が強いといってるわけでもないですし、ボクサーとしては、最強のロマチェンコと戦いたいと言うこと自体はいいんじゃないですか??そこで、自分の方が強いとか、勝てるなどの発言をしたならば、自分もどの口が言うんだと思いますけどね。
      個人的にはWBSSを優勝したならば認めてもいいんじゃないですかね??
    • 318. オッター
    • 2018年12月03日 10:55
    • 管理人さん、いつも丁寧にありがとうございます。
      管理人さんの解説は、相変わらず解りやすいです。
      僕が言いたい事は、管理人さんがコメントしている通りです。
      でも僕が言うと不愉快になるので、まとめは管理人さんにお願いしたいと
      思います。
      管理人さんや皆さんのおかげで、僕の知らない時代の話や選手、フェザーより
      上の事をしるこ度ができて、見識がひろがり、過去の映像や、ボクシングの
      楽しみや奥深さを知ることができて嬉しいです。
    • 319. オッター
    • 2018年12月03日 11:03
    • しかし、The AnswerやE-fightは日本のマスコミなんですかね?
      よくサッカーの代表が、国内でコンサート試合をして、相手の選手や監督が
      日本を褒めちぎるコメントをしますが、一般の人はそれがリップサービスだと
      解ります。なぜならいくらマスコミが煽っても、サッカーにおいては裾野が広いので多くの人が簡単に海外のチームや代表、知識を持てます。
      しかし、ボクシングはマスコミが煽ると、ボクシングに対しての裾野をもつ人が少ないので、マスコミやガラパゴス試合ですぐに洗脳されます。
      サッカーのように海外の試合を地上波でやる事も少ないし、動画も敢えて探す人も少ないでしょう。もう少し裾野を広げて欲しいものです。
    • 320. オッター
    • 2018年12月03日 11:08
    • メキシコ日本では、国民性、教育水準、経済的等がうわべ、メキシコより
      高いとされています。体格も似ていますね。
      なのスポーツにおいてはこうも違うのはなぜでしょうか?スポーツにおいては
      メキシコが100年先を行っています。特にサッカーやボクシングでしょう。
      ボクシングはトレーナーや選手が、なぜこうも違うのでしょうか?

    • 321. ななし
    • 2018年12月03日 11:46
    • モレノはマレスに負けており、マレスは
      ジュニゴンにやられてます。
      ジョニゴンレベルでも、イスラエルバスケスや
      ペニャロサがいるステージではねかえされてます。
      モレノは山中とやるときはあきらかに、劣化
      バヤノもウォーレンに勝ったといっても
      世界9位です、二度目に破れますが、ウォーレンはザキノヤフやハスキンスに勝てませんね。この二人にバーネットは勝ちました。パヤノはウォーレン以上のボクサーと対戦しないまま
      劣化してるボクサーです。
      パヤノやモレノの戦績みたら、レベルが
      わかってきます。
    • 322. maywether
    • 2018年12月03日 15:06
    • >石の拳さん
      階級が違うボクサーを比較するのはナンセンスですね。ただ、発端は井上のロマチェンコへの発言ですね。井上がロマチェンコとやるのなら、160cmの身長でスーパーフェザーまであげなければならないですね。セルバニアにパワー負けしている井上がスーパーフェザーまであげて大丈夫でしょうか?井上はロマチェンコのことを言うより、まずはバンタムに専念し、それを成し遂げれば、スーパーバンタムというように考えればいいだけなのです。
    • 323. maywether
    • 2018年12月03日 15:08
    • >ルイスさん
      ロマチェンコと戦うにはある程度の資格がいります。西岡でさえ資格がない言わんばかりに、最初はドネアに拒否をされたのです。また、井上の場合は階級が違いすぎるので、(実現性がない)売名行為に見えるのです。
    • 324. maywether
    • 2018年12月03日 15:11
    • >オッターさん
      私の言い方は、事実なのでかなりぐさっと刺さり、敵だらけですよ。不愉快になってもいいでしょうね、みんなオピニオンが違いますから。ただ、差別用語や教養のない言葉はだめですね。

      マスコミは日本だけでなく、海外もゴミが多いです。次のテーマはマスコミなので感じることがあればコメントしてください。
    • 325. maywether
    • 2018年12月03日 15:16
    • >オッターさん
      なぜ、メキシコ人はボクシングが強いのかを改めて申します。
      ・マチズム信仰(だから男らしく、勇敢です)
      ・歴史、英雄からの継承
      ・トレーナーが優秀で基礎を疎かにしない
      ・高地で育ったのでスタミナがあり、体が強靭
      上の4項目が大きいかと思います。
    • 326. maywether
    • 2018年12月03日 15:19
    • >ななしさん
      バーネットは意外と強い相手としてますよ。(バンタム級の中では)ネリは雑魚としかしてませんが、どうでしょうか?思った以上にパワーがありますね。テテとネリがやれば、面白いですね。
    • 327. オッター
    • 2018年12月03日 15:30
    • ロマチェンコと井上の比較の補足として、自分なりに日本人選手の取り巻きに
      対して思う事をもう一つ。
      ロマチェンコはデビュー当時からほぼ最強の相手と試合をしてきました。
      井上は言う割には、兼業ボクサーやロートルはご承知の通りです。
      でも、井上や陣営や取り巻きは強すぎて相手がいないとお題目の様に言いますが、ではロマチェンコはとうなのでしょうか?世界的に見れば井上
      なんかより遥かに強いと思われるロマチェンコですが、これだけの戦う相手がいるではないですか。強豪の。しかもデビュー当時から。
      そう考えると、井上の取り巻き達の、強すぎて相手がいないというのは矛盾
      ですし、気の小さい言い訳に聞こえますね。
      ロマ陣営が、強すぎて相手がいないと行って、雑魚やロートルと戦いますか?
      その気になれば、井上や陣営にもロマゴンヤシーサケと試合が
      出来たはずです。
      現に、ロマ陣営は最初からそうやってきました。
      これはやはり、陣営の交渉力のなさや、勝って、煽って、儲かるための
      手段にしか見えません。だから信用出来ないのです。
    • 328. 密舵
    • 2018年12月03日 16:37
    • >ルイスさん
      あなたは、日本とメキシコのレベルの違いが想像できますか?和毅選手は、メキシコのリングで、本場の選手達と戦ってきたんですよ。メキシカン以外だと、例えば、プンルアン(タイ人)。こいつを、和毅選手は左ボディ一発でKOしています。プンルアンはその後、赤穂亮を秒殺したハードパンチャーです。和毅選手は、井上くらいパンチのある選手とは、とっくに経験済みだと思います。あと、マクドネル戦。マクドネルで間接的に比較しても、無駄ですよ。井上と和毅選手とは、ボクシングスタイルが違いますから。あなたには、相性という概念がないんですか?ナルバエス戦も同様、間接的な比較で井上がドネアやテテを超えたと考えるのは、早計です。ナルバエスは既に、ドネアのような世界レベルのハードパンチャーを経験してるので、井上のパンチを舐めていたのでしょう。テテ戦では、彼のパンチを警戒していたので、判定まで行ったのでしょう。河野公平選手も同様ですね。河野選手も、井上戦の前、強打者コンセプションと対戦しました。それで、井上戦では、“コンセプと比べたら、井上のパンチは大したことない”と感じて、打ち合いに挑んだのでしょう。結果は、ご存知でしょう。井上の5RKO勝ちです。井上は世界レベルのハードパンチャーではありません。ドネアやテテ、コンセプションなどは、井上とはモノが違います。パンチの桁が違う。
    • 329. ななし
    • 2018年12月03日 20:14
    • ネリーはたしかに雑魚しかやってなく、
      ロートルの山中くらいですね。山中は
      ネリー戦で化けの皮がはがれました。
      パンチやパワーのあるボクサーに
      対応できず、ドグボエとやった大竹のようになりました。ネリーはドグボエのように
      ファレスやマグダルノレベルの
      バンタム級の実力者とやってないし、
      ロドリゲスもモロニー戦で化けの皮が
      はがれました。
      大森戦でやらかしたタバレスもいません。
      タバレスのやらかしで暫定から昇格したテテとネリーをやらせるのもありだったかもしれません。バンタム級での実績はやはりバーネットが一番ですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ