世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

長谷川穂積はバンタム級時代、10回の防衛をしております。特に、6回目~10回目の防衛は圧巻でした(2ラウンドKO、2ラウンドKO、1ラウンドKO、1ラウンドKO、4ラウンドKO)。

ロチャ戦の後の長谷川への評価は、「なんでこんなに強いの?」「ボクシングの神様がついた」「あれはバンタム級のパンチではなくライト級のパンチ」等、一般の人達は錯覚しました。

パウンドフォーパウンドの上位にも入り、今の井上以上に強いと思われ、「リアル」とも言われたのです。

しかし、実際の長谷川選手はその後モンティエル(ドネアにKO負けしている)やジョニゴン(西岡やペニャロサにKO負けしている)等に負け、世界には通用しないボクサーということをさらけだしたのです。

なぜ長谷川はそこまで強いと思われたのか?何度も言いますが、対戦相手が弱ければ強く見えるのです。

6回目の防衛相手は長谷川戦後は6勝5敗(6勝3敗のボクサーに負けてます)、7回目の防衛相手は長谷川戦後は5勝6敗、8回目の防衛相手は長谷川戦後は3勝3敗、9回目の防衛相手は長谷川戦後は2勝1敗(23勝18敗のボクサーに負けてます)、10回目の防衛相手は長谷川戦後は4勝3敗(勝った相手はほとんど負け越しボクサー)、とこんなレベルの相手と戦っているのです。

この程度のボクサーがなぜ世界ランクに入れるのかが不思議だし、そんなボクサーをテレビ局や解説陣は強い対戦者と偽るのも不思議なのです。

皆さんご存知のように、テレビ局は昔からやらせが多いのです。最近ではイッテQがありもしない祭りを捏造したり、TBSでもプロ志望届を出していない高校生をドラフトでもれ消えた天才と報道しているのです。https://iromame-beans.jp/user/yu2otktk/02118939194f7e23a068

ないものを平気であるようにしたり、事実を平気で曲げて放送するのがマスコミなので、ある意味弱い対戦相手を最強チャンレンジャーというのはまだましなほうでしょう。

しかし、2000年以降の日本人世界チャンピオン達は 強い世界レベルのボクサーを避けまくっているように思えて仕方ありません。

メイウェザー、マルケス兄、ロマチェンコ、カネロ、ドネア、デラホーヤ等は常に強い対戦相手と戦ってきました。

世界チャンピオンなら、防衛相手の候補で世界一強い相手と防衛するのが筋と思いますがほとんどの日本人ボクサーは強くもなく、パンチのない相手を好んで選びます。

たいしたことのない相手に勝って、「次はゴロフキン」「パッキャオ超え」という無責任でナンセンスなマスコミの煽りはヘドが出そうになります。

ボクシングに関しては、マスコミは一切不要です。結局、2000年以降リアルの日本人ボクサーって西岡以外いたのと考えてしまいます。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (247)

    • 148. ななし
    • 2018年12月11日 07:46
    • アリの最後はみてられないくらいボロボロでしたが、アリやアリ時代のライバルが次々去り、レナード、デュラン、バーンズ、ハグラーのミドル級人気におされていて、ヘビー級人気が低迷している時期に彗星のごとくあらわれたのがタイソンですよ。まだラリーホームズもいました。
      タイソンですら28戦目でようやく世界王者ですから、ヘビー級の層はあつかったと思います
      。日本のように10戦もしないのに、世界挑戦したり、世界王者になるようなレベルでは
      ないでしょう。
    • 151. 空欄
    • 2018年12月11日 09:57
    • 記事でもコメントでもテレビや芸能界の話が書かれていますが、M-1後に久保田と武智が上沼恵美子に意見した件についてどう思いますか?
    • 152. オルフェーヴル
    • 2018年12月11日 20:42
    • 管理人さん、私も一時期ビジネス英語を習っていた時がありました(能力不足と資金不足で断念しましたが)。その時の講師の方が中堅の外資系製薬会社の部長でした(日本人です)。その方は留学などせず英語を習得された方で、JETROで英文契約書の書き方等の講義を依頼される程でした。管理人さんが日本人は留学しても日本人同士でしかつるまないと書かれてましたが、そういうこともあるのか、その方曰く、留学するんだったら語学習得だけなんて詰まらない。語学プラスαを身に付けるべきとよく言っていました。ですからボクシングのトレーナーもプラスαでしょう。トレーナーといっても単にボクシングだけでなく、運動生理学とか心理学、医学、社会学も必要かと思いますので。日常でもその一言が仇になることがありますからビジネスではその一言(一語)が命取りになると基礎的な文法は習得しろとよくその講師は言っていました。ボクシングで言えばジャブからのワンツー、サイドステップでしょうか。
      管理人さんはロマチェンコのボクシングスタイルは好きではないとのことですが、好き嫌い別にして高度な技術の持ち主ということには異論は無いと存じます。メキシコ人特有の手数の多さとは違う独特の手数の多さはパンチ力の無い日本人は見習うべきだと思います。また村田で恐縮ですが、村田はボクシングは最後はどつき合いと抜かしますが、フックやアッパーも満足に打てないのにどつき合いもないでしょうと思いますが、如何でしょうか。世界レベルの打ち合いでは全員アッパーを上下左右長短織り交ぜて連打しています。奴の勘違いは自分のパンチ力はタイソン級だくらいに思っていることですね。竹原よりもないし、あれくらいのパンチ力ならごろごろいるでしょう。
    • 153. 密舵
    • 2018年12月11日 21:06
    • >空欄さん
      僕は、興味ないです。あなたは、どう思っているの?
    • 155. 空欄
    • 2018年12月12日 07:30
    • >>153
      日本の上下関係が気持ち悪いなと思いました
      年上とか先輩に意見しただけで叩かれすぎ
      更年期って発言はダメだと思うけど
      過去に、脳科学者の茂木健一郎さんが、日本のお笑いを批評したのをオリラジのあっちゃんが擁護しただけで干されました
    • 154. ななし
    • 2018年12月12日 07:13
    • タイソンは、動物をかわいがる内気な少年だったようで、近所の悪ガキ集団にいじめられた。ところが、かわいがっていた動物が惨殺され
      劣化のごとく怒り、悪ガキ集団を瞬殺したようです。そこから不良少年となった。
      フロイドパターソンやホセトーレスを育てたカスダマトの出会いは大きいですが、タイソンなとつむてダマト以上の指導者はいなかったんでしょう。ダマト死後、ドンキングに利用されます。
      ロッキー5に似たような話があります。
    • 156. ななし
    • 2018年12月12日 07:35
    • カスダマトにしても、エディダウンセントにしても、マックにしてもいろんなタイプや性格の
      ボクサーを見てきたんでしょう。
      また、ボクシングの世界を知り尽くしており、
      ボクサーに近寄る、プロモーター、とりまき、ボクサーの末路も見てきた。引退後のボクサーの生活。実績や実力をつけると勘違いするタイプがいます。

    • 157. ななし
    • 2018年12月12日 07:39
    • 日本にいて、雑魚狩りロートル狩りばかりして、マスコミやとりまきがはやしたてると、
      本人もその気になり勘違いするんでしょう。
      海の向こうとのボクシングと接触をさけ、
      ガラパゴス日本ボクシングとして発展してきました。あれだけ最強だとさわいだ井岡が、アローヨ戦であれだけ顔をはらし、ニエテスやエストラーダやロマゴンやシーサケットのような格上の実績のあるボクサーがスーパーフライ級ですらひしめいている。
    • 158. ななし
    • 2018年12月12日 08:19
    • 村田陣営はブランド戦前、ゴロフキンと戦える位置にいるんだ、カネロは最悪だと豪語し、ブランドなど目じゃないと格下あつかいしてましたが、蓋を開けてみたら、ウエルター級のスペンスジュニアに圧倒されるレベル。アメリカの本場で中量級でようやく中堅レベルくらいのブランドにボコボコにされて化けの皮がはがれ、いかに村田をつかって6年間、ボクシングファンを騙していたかわかります。ビートたけしも村田をもちあげてました。
      アマで金メダルとって6年たって、
      この程度かと。アマで銀のゴロフキンはどうなんだと。
      明石家さんまはそのあたり、スポーツ好きとはいえ、亀田のランデアタ戦以降、亀田とかかわらなくなった。
      赤井やトミーズ雅とからんだとはいえ、スポーツとの関わり方がうまい。
    • 159. maywether
    • 2018年12月12日 09:54
    • >ななしさん
      メキシコには様々なタイプのボクサーがおります。基本は、打ち合い上等のボクサーが多いのですが、マルケス兄のようにカウンターパンチャーがいたり、リカルド・ロペスのようにパーフェクト・ディフェンスの持ち主がいたり、ラバナレスやマルガリートのようなラフなボクサーがいたりと、多種多様なのです。
    • 160. maywether
    • 2018年12月12日 09:59
    • >kさん
      そうですね、タイソンが出て来たときはセンセーショナルでした。特にタイソンの練習風景の動画がよくテレビで映されたのですが、日本人の軽量級より速い動きで攻せ守るので、あっけにとられたものでした。1つ言えるのことは、全盛期にライバルがいなかったのが残念でした。まわりも、さほどレベルは高くはなかったでしょうね。
    • 161. maywether
    • 2018年12月12日 10:03
    • >通りすがりっぽい人 さん
      ドグボエは大竹戦で日本人からは過大評価されてるかもしれないですね。以前もいいましたが、日本人とやれば簡単に倒せるので過大評価される傾向があります。(ユーリや徳山等)ただ、相手のメキシカンはよく対策をしてました。
    • 162. maywether
    • 2018年12月12日 10:06
    • >ななしさん
      ボクシングは本当に距離が大事です。特に近距離だととても強く、KOを量産しているボクサーでも距離をとられれば何もできなくなったりします。また、距離をつめて近距離で打ちまくるタイプのボクサーは、毎回練習してきっちりと仕上げないと、入れなくなります。(タイソンのダグラス戦は仕上げなかったので、入れなかったですね。)
    • 163. maywether
    • 2018年12月12日 10:09
    • >空欄さん
      タイソンは背も176cmほどだったし、強かった時は練習をきっちりとしていたので、体がとても絞れてました。

      M-1後の久保田と武智の発言ですが、くず芸人が何を言ってるの?と感じました。私は、村田のような雑魚がカネロのことを言及することは大嫌いだし、低レベルの芸人が格上の人を批判するのはどうかと思います。また、更年期障害とかよく言えたものです。せめてダウンタウンぐらい売れてから言えばいいのです。
    • 169. 空欄
    • 2018年12月12日 11:57
    • >>163
      久保田達が言ってるのは審査の不公平さについてです。
      なのでボクシングで例えるなら、年上で先輩で功績のあるアリがパッキャオとマルケス兄の判定で、パッキャオの方が好きだからという理由でパッキャオに入れるようなものです。
      パッキャオに入れたことが問題なのではなく、個人の好みで入れたことが問題なのです。
    • 170. 空欄
    • 2018年12月12日 12:12
    • >>163
      現役時代にいくら凄かったとしても、良い採点ができるとは限りません。
      なのでボクシングなど多くの競技では、元選手ではなくジャッジ専門の人が審査をしますよね。
      お笑いは食べ物や音楽と同じで好みがあるので採点すること自体がナンセンスだと思いますが、あえて審査するのならそこに主観的な好みを入れるべきではなく客観的に見て技術などで採点するべきです。
      上沼は、ギャロップのハゲネタはダメだけど、ミキのファンだから不細工ネタはOK。他にも、嫌いだから、暗いから、自分は年寄りだからついていけないで採点しています。
      学校や職場でいうなら先生や上司にひいきで成績や出世を左右されるようなものです。韓国での浅田真央の採点も同じです。
      他の審査員は客観的に審査できてると思います。
      それを意見するのに年上先輩売れてるとか関係あるのでしょうか。
    • 164. maywether
    • 2018年12月12日 10:16
    • >オルフェーヴルさん
      留学しても日本人同士つるむ人もいれば、きっちりと外国人と交流して英語力を伸ばす人もいます。語学学習もまずは基本を身に着けて、さらに上の部分を築いていけばいいのでしょうね。

      トレーナーも当然ボクシングの部分に加えて、筋肉のこと、フィジカルのこと、栄養学のこと、戦略のこと、回復のことについて等は必要ですね。

      ロマチェンコのスタイル、好きでないと申しましたか?というより、日本人が真似をすべきでないと言ったような気がします。ロマチェンコは、アマでも場数を踏み、また天才肌(日本人の天才とはレベルが違います)なので、日本人は真似ができないのです。ただ、サイドに出ることは学んでほしいと思います。
    • 165. maywether
    • 2018年12月12日 10:42
    • >空欄さん
      アメリカでも上下関係は当然あります(特に軍隊)が、日本に比べてひじょうにゆるいです。おそらく、パワハラ等がさかんで上下関係がきついのは日本と韓国が世界でトップだと思います。パワハラや余計な上下関係はいりませんが、久保田の発言はどうかと思いますよ。人間のクズの代表ですね。
    • 171. 空欄
    • 2018年12月12日 12:21
    • >>165
      いや、アメリカなど欧米にも上下関係が多少あって軍隊は厳しくて、日韓などアジアの上下関係が厳しいのは知ってます。
      厳しすぎるのが気持ち悪いと言ってるのです。
      久保田は今回出場しておらず、武智は上沼からの評価が悪くなかったので、彼らは他の批評された芸人仲間を思って言ってるのでしょう。同じ事を思っている芸人はたくさんいると思います。上沼のあのコメントはパワハラに近いです。バイキングの坂上に似てますね。小藪と宮迫はそれが理由で辞めたした。
      オリラジのあっちゃんなんか、茂木健一郎の正論を擁護しただけで干されました。
      ちなみに更年期障害と言ったのは撮影者の武智です。
    • 166. maywether
    • 2018年12月12日 10:48
    • >ななしさん
      あと、クーヨとナチョもですね。彼らの共通点は、ボクサーに強制させないし、偉そうにしないことですね。日本のトレーナーの多くは、三流~五流で知識はないのですが、偉そうなのが多いですね。

      村田は、ブラントよりさらに下のランキング10位~20位ですね。二階級下のボクサーよりも弱いし、化けの皮がはがれましたね。さんまは、赤井が若い時からテレビで注目していたようですよ。(浪速のロッキーの時)赤井は華がありましたから。
    • 167. ななし
    • 2018年12月12日 11:15
    • 実績や社歴が長いだけで、仕事を手抜きして
      でたらめで、社歴や実績のない人材を叱責したり、威張る人間は必ずどこいってもいますね。
      上下関係の弊害です。
      上にはヘコヘコしますが、下の人材には威張ります。当然下のものから慕われませんね。
      下のものもいずれ、実績を積み実力をつけてきます。
      上沼やアッコも
    • 168. ななし
    • 2018年12月12日 11:23
    • たしかに威張りすぎたり、パワハラ的な言動を繰り返し、老害的な側面はあるにせよ、上沼は視聴者から支持をうけ、たくさんの番組をもってます。さんまともさんまの番組でさんまとやりあえるレベルです。
      上沼に対するあの発言は、気持ちはわからないでもないですが、さすがにNGですね。
      漫才の実力はともかく、タレントの実績や実力は完全に負けてます。
    • 184. 空欄
    • 2018年12月12日 14:56
    • >>168
      正論ではあるけど、更年期障害などは汚いというか言い方が悪かったですよね。
      ただ、久保田達は叩かれすぎですね。上沼本人が怒るならまだしも全く関係ない一般人が2人を自殺に追い込む勢いで叩いてて日本終わってるなと。
    • 172. 通りすがりっぽい人
    • 2018年12月12日 13:07
    • 村田なんて4-5階級は下のマイキーのワンツーや全盛期の1割の能力もないパックの連打でも下手したら4R持たずにKOされるんじゃないですかね。あれだけ足もなくガードもゆるい上、攻撃手段もインサイドワークもロクにないとなれば普通にあり得ると思います。普通のミドルのプロボクサーの世界ランカー候補レベルではありえない話ですが、日本人ボクサーの超絶低レベルではあり得るでしょう。ミドルで20番とかいう以前のレベルの低さで、実際には50位にすら入っていないと思います。倒したボクサーは世界で200位にも入っていない名ばかりの素人だったとしか思えないぐらい弱いボクサーばかりでしたし。
    • 173. maywether
    • 2018年12月12日 13:26
    • >ななしさん
      欧米は日本に比べ、上下関係はゆるいです。やることをやっている先輩はきちんとリスペクトされ、だめな先輩はリスペクトされません。だから、理不尽なことも言わないし(言っても従わない)、パワハラもはるかに少ないです。訴えられます)

      久保田が言える立場ではないですね。私は漫才は好きですが、M1は見ません。低レベルすぎですから。漫才はやはり、やすきよやしん竜、巨人阪神、中田カウスボタン、ツービート、これぐらいでないと笑えませんよ。久保田の漫才は一度見ましたが、日本人ボクサーの世界戦並みに眠たくなり、途中でやめました。
    • 174. maywether
    • 2018年12月12日 13:29
    • >空欄さん
      上沼は審査では個人の感情ぬきでやってるでしょう。別に贔屓をしたわけではないと思います。(私は上沼本人ではないので、断言はできませんが)ただ、スポーツでも審査の入るスポーツは難しいですね、体操、スケート等がそうですが。
    • 185. 空欄
    • 2018年12月12日 15:03
    • >>174
      コメントを聞く限り贔屓と疑われてもしょうがないですよ。
      上沼の事に詳しい関西人?が上沼の好きは面白い、嫌いは面白くない、上沼さんの言う〜は別の意味だとネットのコメントで見たのですがそんなの分かるわけないですよね。
      M-1は関西だけの放送じゃないので、俺みたいな関西人じゃない田舎者には通じません。
    • 175. maywether
    • 2018年12月12日 13:34
    • >空欄さん
      ジャッジ専門の人に疑問はあります。たとえば、ガード主体のボクサーがきっちりとガードをしていたのを、ヒットととらえてポイントが流れる傾向があります。ボクサー、及び経験者とほかの人とでは動体視力が違いすぎるので、ヒットしたかディフェンスか等のジャッジができるのか疑問なのです。

      お笑いの審査の場合は、基準をしっかりとつければいいですね。例えば、20点基本(お笑いの基本はわかりませんが)、30点(ネタの内容・完成度)、20点(アドリブ)、30点(面白さ)等、人事の評価基準のようにすれば曖昧にならないでしょう。まあ、百歩譲って文句があるのなら、久保田は大成して自分が審査する側に行けばいいのです。無理でしょうが。
    • 176. ボクサー
    • 2018年12月12日 13:35
    • ジャッジ批判は世論もよくしていますね 村田の一戦目なんてエンダムは上手くマスボクシングやったがジャッジを接待し忘れて適正なジャッジ受けてマスコミ使ってジャッジの大バッシング。二戦目はお抱えジャッジを好待遇で迎えたから。上沼さんと批判した芸人みてるとお笑いはガチンコなんだと思いましたよ。審判買収より健全ですね。日本も自分たちに都合いいときは審判批判、同じことを白鵬など外人がやると批判。外国人に対しての差別感情がすごいですね。ネリと日本人の処分みても。鉄剤注射などドーピングまがいは国内でも行われてるのに。出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案可決されましたが後々もめるでしょうね ボクシングに例えればタイやフィリピン、メキシコのボクサーがガンガン新人王戦から出てくるようなものですから 相撲でもモンゴル人に勝てないのですから 日本人の仕事が最後は奪われるでしょうね はじめは安い労働力として使ってもいずれは 
    • 177. maywether
    • 2018年12月12日 13:41
    • >空爆さん
      日本に比べてひじょうにゆるいですとしてますよ。また、日本と韓国が世界一、上下関係がきついとも言及してますよ。上下関係が嫌なら、吉本に入らず上下関係のあまりない他社(例えば、人力舎)に行けばいいのです。また、会社も上下関係のゆるい会社はわりとあるので、そこに行けばいいのです。芸能界やバラエティの世界はパワハラや贔屓は覚悟しないとだめでしょうね。今は、ましになったほうだと思いますよ。横山やすhしがいた時は、ひどかったですから。さんま達は、連れまわされて睡眠時間がなかったようですよ。また、理不尽なことでおこられることもしょっちゅうだったようです。
    • 178. maywether
    • 2018年12月12日 13:43
    • >通りすがりっぽい人さん
      そんな雑魚村田でも、日本人の中ではダントツなのですね。日本人ボクサーは弱すぎですね。そんな村田でも日本では歴代2位(竹原の次)と言われているのです。化けの皮がはがれる前は、竹原より上だという人もいた始末ですw
    • 179. ボクサー
    • 2018年12月12日 13:44
    • 亀田と村田を同じ扱いはダメでしょ。亀田は仮にも世界ランカー、世界チャンプと試合してますよ。3兄弟ともに しかもあんなにも一方的に負けてないです。3階級制覇ですよ 村田が穴王者ねらいでも判定狙いでも3階級制覇できますかね ボクシングテクニック見ても亀田のが上でしょう 亀田は強いボクサーではないが上手いボクサーではあるでしょ 勝ちに徹した時の勝ち方テクがうまい
    • 180. maywether
    • 2018年12月12日 13:50
    • >ボクサーさん
      ボクシングのジャッジは公平でも難しいですね。上のコメントで申しましたが、ジャッジの目が動きについていけないので、ガード主体のボクサーはポイントをとられやすかったり、ジャッジの好み(アウトボクサー、インファイター)によって、ポイントがわかれたり等です。

      ネリの場合は、ネリが低犬の山中を簡単に倒したのが問題となりましたね。これが、低犬でなかったり、もっと山中に見せ場を作ってあげたりすれば処分も違っていたかも知れないですね。
    • 181. maywether
    • 2018年12月12日 13:55
    • >ボクサーさん
      亀田は必要以上に世間は叩き、弱いように操作してますが、内藤に勝った日本人は亀田兄だけだし、坂田に勝った日本人は亀田次男だけなのです。村田と亀田の比較は少し難しいですね。というのも、村田の階級は欧米人がいますから。欧米人がいる階級といない階級では、実力だけでなく、やらせもやりにくいので比較しずらいのです。だから、村田もミドルでは雑魚キャラにならざるをえないのです。
    • 182. ボクサー
    • 2018年12月12日 14:18
    • ロマチェンコもフェザーが適正階級なのでライトならいずれ負けるでしょうね。フェザー級なら一歩の踏み込みで届いてももう一歩踏み込まないと当たらないですもん。一発で倒すパンチもライトではないし。フェザーなら強すぎて対戦相手がいないからビッグマッチできないからなのでしょうがダメージ食いますね。パックやメイやロマチェンコ、カネロ、リゴンドーにしても強すぎて無理に階級あげて自分のスタイル崩さないといけないのつらいですね メイでもライト級なら余裕で倒して勝てるのに
    • 183. ボクサー
    • 2018年12月12日 14:32
    • しかし興毅は南米人、メキシコ人と多く試合していますよ。むしろアジア人よりも。ポンサクやムニョス、ウーゴルイスあたりのミドル級世界ランカーと村田がやれば悲惨な結果になるでしょう。ボクシングはお互いに同じ階級、同じ体格で戦ってるので仕方ないです。足も使えないしカウンターもないブロッキングとワンツーボデイだけなら軽量級だったとしてもフルボッコされるでしょう 逆にロマゴンなら軽量級でも欧米人相手でもぼこぼこにしたでしょうし もちろんパックも元々はフライで欧米人をボコボコに  
    • 186. ななし
    • 2018年12月12日 15:11
    • 子役時代からの坂上の芸歴や俳優としての実績や実力からいって、今の若手は誰も勝てませんね。人気があるないは別です。
      新喜劇の座長である小藪クラスでも
      坂上との仕事に神経をすりへらしてるようです。ダウンタウンとも互角にからんでます。
      杉田かおるとセッションしてましたが
      安達祐実が杉田かおるは女優としての実力や
      レベルが全然違うといってました。
      坂上がいままで子役時代から接した芸人に比べたら、いまの芸人は子供レベルでしょう。
      梶芽衣子が出たときの坂上のタジタジぶりには笑いましたが。
    • 190. 空欄
    • 2018年12月13日 00:49
    • >>186
      坂上のパワハラの話をしているのですが、坂上の芸歴や俳優としての実績や実力はなんか関係ありますか?
      芸歴や俳優としての実績や実力があればパワハラしてもOKと言いたいようにしか見えないですね
      坂上は非常に頭が悪く、間違えた事を言っているのにそれをパワハラで通します
      高橋真麻、ホラン千秋、安藤美姫へのセクハラ発言
      小藪、宮迫、アナウンサー、ウエンツ、JOY等へのパワハラは有名でYouTubeにもあります
      いつも日本の社会システムを批判してる連中ですら坂上を擁護するとか日本も捨てたもんじゃないですね
    • 191. ななし
    • 2018年12月13日 04:22
    • >>190
      芸歴や実力なども
      関係あるからある程度、
      許されるんですよ。
      坂上のいきすぎた発言が。
      しかも、坂上が司会者として
      抜擢されてるのは、視聴者からの
      支持をうけてるからプロデューサーも
      起用してるんでしょう。
      坂上の発言が不愉快だったり、許せない、受け入れられない視聴者が
      増えていけば、そのうち
      坂上の番組は終わるでしょう。
      小藪のように番組をおりればいい話です。とんねるずの番組がなくなったのもパワハラ芸が受け入れられなくなったという話もあります。
    • 187. ななし
    • 2018年12月12日 15:24
    • 茂木は元マイクロソフトにいてビル・ゲイツの
      下で働いていてウィンドウズの開発にたずさわった西さんを怒らせたことがあり、西さんの
      前でアップル製品をもちあげ、ウィンドウズを
      徹底して批判し、怒らせました。
      その場で謝罪する羽目になりましたが、
      後先のことを考えず感情的になる傾向があるようです。
      視聴者やファンが批判するのはいいでしょうが、芸人が芸人を批判したりするには
      それなりのリスクがあり、逆につっこまれたり、過去の言動を批判されたり、番組を干される覚悟が必要でしょうね。
    • 188. ななし
    • 2018年12月12日 16:42
    • ネリーと山中の試合はコメントでさんざん論じられましたが、一戦目は、序盤は山中が押し気味に進めてました。ネリーは前に出ず様子見でした。ところが、ネリーが山中の左の被弾覚悟でフィジカルをつかって距離をつめると、山中はあっけなく倒れました。
      山中は距離をつめられると、あんなに身体が貧弱で弱いんだと拍子抜けしましたね。
      接近戦におけるパンチがない。
      ナバラッテなら、のらりくらりとよけながら
      ショートアッパーなどつかい追っ払います。
       
      2戦目はネリーは完全になめきってましたが、
      ネリーは正直すぎます。
      ネリー陣営が帝拳とビジネスするなら
      うまく山中の華をもたすような
      戦い方をすればよかったですが、
      まあそんな選択ははなかからなかったのでしょう。ネリーが悪者あつかいされてますが、
      無ざんなやられかたをして
      醜態をさらした、完全に
      実力で負けて、めっきがはがれた
      山中への批判がまったくなく、
      違和感を感じました

      スーパーフェザーあたりから、欧米人が
      増え、帝拳マネーは通用しなくなります。
    • 189. オルフェーヴル
    • 2018年12月12日 21:03
    • 茂木は脱税容疑をかけられたりした胡散臭い奴です。本当の脳科学者はあんなにテレビに出るほど暇じゃありません。
      ところで、皆さん村田を嫌いなようですね。ボクサーさん、村田は亀田と同等に扱うべきだと思いますよ。別の意味で。そう同等に叩かれるべきということです。大口叩いているくせに前頭下位程度のボクサーに惨敗したんですから。
      管理人さんには釈迦に説法ですが、ヤフーニュースのコメント欄を見ると亀田兄弟がボクシングを冒涜した、世界王者の威信や価値を低下させたというコメントが多いのですが、それは8割は間違いですよね。以前にも書きましたが、日本政治の機能不全が80年代から始まっていたのと同様に、ボクシング界の機能不全も80年代から始まっていました。大橋や畑山、鬼塚なんてのも怪しいですし、管理人さんが再三書いています通り、2000年代以降の世界王者でまともなのは西岡だけでしょう。私は嚆矢は具志堅だと思っています(新設階級を狙い挑戦者もさほど強い奴もいませんでした)。山中なんて酷いものでしょう。ネリと何故やらせたのかというまともな批評をしたのは部外者である青木真也さんだけでした。亀田だったら相当叩かれているでしょう。
      あと管理人さん、よく日本人ボクサーは中南米のボクサーにアウトボクシングされると踏み込む勇気がないとか敗戦の理由を語っているのを耳にしますが、それは事実でしょうが、実際は距離感がないということが大きいと思いますが、如何でしょうか。フットワークが無いから距離を取られるともうどうにもならないですよね。さらには当て勘もないから、当たる距離でも当てられません。距離感に対する認識が皆無という指導者の無知無能ぶりもひどいものです。
    • 192. ななし
    • 2018年12月13日 06:09
    • 青木がかしこいのは、格闘技や対戦相手や
      格闘技団体などはビジネス相手だと割り切ってることですね。UFCを選ばずにまだメジャーじゃないONEを選んだとき、さんざんなたたかれようだったようです。単純にギャラがいいのと
      UFCに参戦しては、試合もさほど組まれないし、使い捨てにされる。アジア人ファイターかトップにたてない現状など考えてONEを選んだ。またプロレスにも参戦しており、プロレスのビジネス的な要素を格闘技にもちこんだり、
      うまいです。
      今やONEはアジアで巨大な格闘技団体に成長しており、青木はONEである程度のポジションをつかんでいる。前田日明が一目おくのもわかります
    • 193. ボクサー
    • 2018年12月13日 09:45
    • フェザー級ぐらいから日本人が勝のは難しくなりますが軽量級は認めないとなるとロマゴンや軽量級時代のパッキャオを認めない、ミドル級の村田より低評価となるとそうでもないですよね。タパレスやデラホーヤとかフェザー級以下でも強いのはいてますから。ただその辺あたりとは対戦を避けるかボッコされるかが日本人選手ですけど。それとボクサーとしての山中紳介は高評価してませんがタレントや人間的には好きです。あくまでここで書く評価はボクサーとしてです。決してアンチでもなんでもないです。
    • 194. maywether
    • 2018年12月13日 14:51
    • >ボクサーさん
      ロマチェンコは、スーパーライトぐらいからきついでしょうね。ペドラザもロナレスもスーパーフェザーから来たボクサーでさほど大きくはないですから。フライからあがったパッキャオやスーパーフェザーからあがったメイは化け物ですね。ともに、スーパーウェルターまで行きましたからね。
    • 195. maywether
    • 2018年12月13日 14:55
    • >空爆さん
      そうですね、上沼の本心は上沼しかわかりません。何とでも作ったり、偽れます。M1は通じませんに意味が?私は、M1は新人王程度に見てます。20代にはいいかもしれませんが、所詮新人王程度です。眠たいだけです。
    • 196. maywether
    • 2018年12月13日 15:01
    • >ななしさん
      山中は弱いのは、岩佐戦でわかりました。ボクシングは岩佐のほうが上ですが、岩佐は打たれ弱いこととスタミナがないという欠点があり後半に岩佐がしぼんで負けたのです。山中はエスキベルをはじめ、弱い相手とローカルばかり選んでいたので、一般人には弱いとは思われなかっただけです。ネリ戦の山中が本来の世界レベルで戦った時の山中の姿なのです。ネリも2戦目はもっと遊んで9ラウンドぐらいまでひっぱれば良かったのです。山中程度なら、遊んでも負ける心配はないし、パワーはないので倒される心配もないので、楽だと思うのですが。遊んだ上で勝てば、低犬もやっきになってネリを処分しなかったのだと思います。
    • 197. maywether
    • 2018年12月13日 15:07
    • >オルフェーヴル さん
      村田のことは嫌いではなく、失望しただけです。11位~20位のくせに、口だけは一丁前なので。

      日本人ボクサーの距離感のなさは受け入れるべきですね。自分の当たる距離が短いとわかれば、その距離に入れる練習をしないとだめなのですが、踏み込みができない、攻防分離と全然なってません。トレーナーも言わないし(きずかない)ボクサーの自覚のなさは何故でしょうね。おそらく、日本人ボクサーがまわりにいるので、気がつかないのでしょうね。低レベルの中で少し強くて満足しているのでしょうね。
    • 198. maywether
    • 2018年12月13日 15:09
    • >空爆さん
      坂上ってそんなに影響力があるのですか?私は、基本バラエティはあまり見ないので、坂上の番組は見たことがなく存在する少し前まで知らなかったのです。唯一、さんま御殿で見るぐらいですね。
    • 199. maywether
    • 2018年12月13日 15:14
    • >ななしさん
      青木はネリと山中の試合(第2戦)に何か言ってましたね。みんなが山中擁護の中、本心を言うのは勇気がいるというか芯が強いというか、日本人には少ないキャラですね。でも、こんなまともで正直な人は日本ではけむたがられうのです。
    • 200. maywether
    • 2018年12月13日 15:17
    • >ボクサーさん
      軽量級を認めないのでなく、ミドル級はそれだけ格が上ということです。しかし、村田ごときは当然パックやデラ、モラレス、バレラより下だし、シーサケットやロマゴン、ドネアよりも下ですよ。山中は、ボクシングも好きではないし(弱いことと雑魚狩ボクサー)、性格も好きではありません。
    • 201. ななし
    • 2018年12月13日 17:35
    • ブランドは当初は村田との再戦をほのめかして、日本でやっていいといってましたが
      どうやら雲行きがあやしくなったようです。
      ミドル級の主戦場はアメリカであり、
      村田とやるより、アメリカで村田以上の実力者と戦ったほうが、よりアメリカ市場でアピールしたほうが利益になると判断したんでしょう。村田は第2のベルトという価値がありましたが、現在はなんの価値もなく、価値といえば帝拳や電通マネーでしょう。
      村田を日本で倒してもなんのアピールにもなりませんから。
    • 202. オルフェーヴル
    • 2018年12月13日 22:26
    • 村田同様、山中も進歩がなかったですね。コンビネーションが打てない。今まではロートル相手、雑魚狩りなので、誤魔化しがききましたが、ネリのように関脇クラスが来たら、左ストレート1本、パンチ力も大したことないと見切られ、さらには少し本気を出したら、怯える始末。1戦目はトレーナーが止めるのが早過ぎる、2戦目はネリの体重超過で誤魔化しましたが、もう精神的にやられていて、2戦目はやらせるべきではありませんでした。完全に怯えてましたね。ホンダは何故やらせたのですかね。1戦目を見ればもう怯えているのが素人でも分かる内容でした。日本人は距離を単純にリーチでしか見ていませんよね。だからリーチで上回れば距離をとれると思っています。ロマチェンコを見ればリーチ差なんかフットワークで簡単に上回るという事が理解できません。日本で練習してれば本当に進歩がないですよね。結局日本人が英語の習得がうまくいかないのは指導者の力量不足というのと似ています。山中もアマチュア経験は豊富ですが、日本で練習していた為、進歩がありません。結局村田同様コンビネーションが打てません。ボクシング界も青木真也みたいな人が欲しいですね。選手もビジネスもできる人が。
    • 203. たらこ
    • 2018年12月13日 23:53
    • 岩田翔吉見ましたが、はっきり言って微妙でした。この選手は本当に謎で大学4年間で大した実績を作ってないんですよね。高校時代は田中と井上弟に勝ったみたいですが。
    • 205. ななし
    • 2018年12月14日 07:32
    • アメリカで練習をやってるから
      岩田はこれからでしょう。まだデビューしたてです。
      伊藤がロサンゼルスでルディエルナンデスと
      合宿してますが、一日15ラウンド以上の
      スパーをしてます。そこに岩田は参加してます。伊藤はライト級の世界王者やフェザー級の世界王者、北米大陸の王者やマイダナの弟など
      アメリカを主戦場にしてる世界クラスの
      ボクサーとスパーをすることで、エルナンデスに指導をうけながら強くなってます。
      マイキーともスパーをやりたいといってました

      カタハラはようやく9戦目です。セルバニアとスパーで圧倒したとのことですが、メキシコのボクサーとの試合を見る限り、身体はほそく、まだまだのような気がします。セルバニアだけじゃなく、いろんなタイプの世界クラスのボクサーとの試合経験を積んでいかないと強くなりません。いくら強くても、経験がなかったり、老獪なボクサーにやられる可能性があります。
    • 206. ななし
    • 2018年12月14日 07:40
    • 村田は今まで積み上げた
      メダリストという肩書や
      世界選手権2位というアマの
      実績を捨て、プロは関係ない
      世界的な指導者のイスラエルサラス
      に全面的にゆだねて練習すれば
      よかったわけです。サラスとの契約を解消
      して日本で練習するようになりましたが。
      まず世界レベルのミドル級前後のボクサーが
      日本にいません。レベルの低いボクサー相手に
      スパーしたりひとりよかりの練習しても
      強くなるわけがありません。
      むしろデビュー戦に比べ劣化してますね。
      村田はアメリカにいるときは、黒人の
      サイズが同じくらいのボクサーとスパーしたりしてました。
    • 207. maywether
    • 2018年12月14日 15:49
    • >ななしさん
      村田が山中のように雑魚狩を続けて7回・8回と防衛を重ねでもすれば、英雄扱いだったでしょうね。しかし、世界ランク10位には入るかはいらないかのボクサーに化けの皮をはがれての惨敗です。ボクシングは対戦相手次第で神やリアルになりますからね。
    • 208. maywether
    • 2018年12月14日 15:56
    • >オルフェーヴル さん
      山中は過大評価されたボクサーの典型ですね。日本以外なら、世界ランクにすら入れなかったのではないでしょうか?しかし、雑魚・ロートルを専門に取り扱い紙の左とまで言われましたから。ネリとは相性だけではなく、完全に実力・パワーが違ってましたね。100回やっても100KO負けでしょうね。山中の対戦相手でパワーがある相手がゼロだったので、ネリのパワーに怯えたのも破壊された原因の一つでしょうね。
    • 209. maywether
    • 2018年12月14日 16:37
    • >たらこさん
      大学時代の岩田を拝見しましたが、どたばたしていて無駄な動きが多く、低レベルだったのでがっかりした覚えがあります。日本人の天才は世界では平均レベルですし、また早熟タイプの選手も多く、岩田は早熟だっただけだと思います。大学ではレベルの低いアマ、または三部リーグだったので伸びがなく、中途半端なレベルで止まっていると思います。はっきりいえば、新人王に出場するレベルかと思います。野茂や落合は高校時代は無名でしたがプロで大成し、逆に甲子園をわかしたがプロでは通用しない選手が多いものです。
    • 210. maywether
    • 2018年12月14日 17:21
    • >ななしさん
      伊藤はマイキーとスパーをやりたいのですか?頼もしいですね。ただ、今の実力ではやってもレッスンをつけられるだけなので、もう2段階上に行ってからやればいいでしょうね。

      カタラハはアマでは200勝以上しており、マグサヨにも数回勝ったようです。ただ、このままなら早熟ボクサーで終わってしまうので、今後どうかですね。スパーでセルバニアからダウンを奪ったといっても、スパーの時のカタラハの体重はわかりませんからね。
    • 211. maywether
    • 2018年12月14日 17:24
    • >ななしさん
      伊藤はマイキーとスパーをやりたいのですか?頼もしいですね。ただ、今の実力ではやってもレッスンをつけられるだけなので、もう2段階上に行ってからやればいいでしょうね。

      カタラハはアマでは200勝以上しており、マグサヨにも数回勝ったようです。ただ、このままなら早熟ボクサーで終わってしまうので、今後どうかですね。スパーでセルバニアからダウンを奪ったといっても、スパーの時のカタラハの体重はわかりませんからね。
    • 212. maywether
    • 2018年12月14日 18:35
    • >ななしさん
      なぜ、村田は日本で練習をしたのでしょうね。ライト級以上のボクサーは、日本でやるべきではないでしょう。海外と日本の差が激しすぎます。日本チャンピオンクラスでも前座ですよ。へたすりゃ、高校生が日本チャンピオンを軽くあしらいますよ。日本で歴代2位の村田でさえ、アメリカではパっとしないボクサーにめっためたにされるのですから。日本のトップは、海外では雑魚ということを認識し、頭を低くし教えてもらわねば上には行けないでしょうね。
    • 213. ななし
    • 2018年12月14日 19:05
    • ライト級はもともと、畑山以降正規王者は
      18年ベルトを奪ってませんが、現在、マイキーやロマチェンコがいる以上お手上げでしょう。それより下のペトラザでも誰も勝てませんね。まずペトラザにパンチがあたりません。
      やはり、マイキーやロマチェンコグラスが、スーパーフェザーで無双して、相手がいなくなり、階級をあげた後の空位を狙うしかないですね。
      それがドーピングでこけた尾川であり伊藤だった。デービスはさけるしかないですね。
      ライト級で日本人がベルトをとるのも奇跡ですが、それ以上は平仲や竹原は実績を過去つくってるとはいえ、現段階では奇跡すらないでしょうね。井上はムンギアに破壊されかねないです。クロフォードが去ったスーパーライト級にもつけこむすきはないですね。
    • 214. maywether
    • 2018年12月14日 19:16
    • >ななしさん
      ライト級以上は難しいですね。結局、欧米人がほとんどいなくてアジア人が中心となるバンタム以下でないと、日本人ボクサーは勝ちきれません。そして、ウェルターやミドルになると、全くだめで日本チャンピオンですら海外なら前座以下のレベルになるのです。そんな弱い日本人ボクサー同士でスパーをしても、強くなるはずもないので、ライト級以上で世界レベルを目指すボクサーは日本にいればだめですね。
    • 215. オルフェーヴル
    • 2018年12月14日 22:32
    • 管理人さん、ネリは2戦目は遊ぼうと考えていたと思います。ところが、ちょっとパンチを振るっただけで勝手に山中が倒れてしまいました。怯えていてとても戦える状態ではなかったですね。どうしてもやらせるのならテイケン(ホンダ)は最低限のメンタルトレーニングはやらせておけよと思いますね。青木真也が言うように、あの試合は、
      ①体重超過してこようが、強い奴は勝つ
      ②契約違反ならやらせなければ良い
      この2点です。
      もう村田なんて雑魚なんですから試合をして勝ったところで、価値や評価が高まるなんて事はありません。要は奴がベルトを持っているから戦っただけで、別に奴の評価が高い訳ではありません。
      ライト級以上は日本で練習していては伸びません。目指すのが日本王者なら別ですが。管理人さんの評価が高い平仲は奇跡かもしれませんね。平仲は石松同様5回は防衛できる力はあったと思いますし、防衛を重ねていけば当時はチャベス、ウイテカー、デラホーヤと絡めたかもしれません。この3人には勿論勝てません。しかしこの超がつく一線級、大横綱と試合をするだけでも凄いことですよね。それこそまさに本物(リアル)でしょう。
      あと管理人さん、本物(リアル)を見抜く眼力も日本人はありません。仮に平仲が5、6回防衛を重ね、上記の3人と戦ったとします。勿論聖地ラスベガスです(アステカスタジアムでもいいでしょう)。ところが、日本人は具志堅や石松、山中、内山なんかを上におくと思います。何度も書いて恐縮ですが、某週刊誌の日本人世界王者ランキングで西岡が入っていませんでした。日本人ボクサーは海外で勝てないとか言いながら、海外で2度、しかも本場ラスベガスでメインイベンターになった西岡を低評価しているのですから話になりません。

    • 216. オルフェーヴル
    • 2018年12月14日 22:48
    • それと管理人さん、90年代にいた渡辺雄二をご存知でしょうか。奴は大学のボクシングは遊びと言って中退し、プロへ行きましたが、アメリカやメキシコからすれば日本の「プロ」も「遊び」「遊戯」さらに言えば「ゲーム」みたいなものでしょう。マルケス兄のスパーリングの動画を見ましたが、相手は勿論格下でしたが、食らいつこうと必死でしたし、相手の執念を感じたマルケス兄も本気で相手にしてダウンを奪っていました。火花散るスパーリングとは素人がみてもこういうものをいうのだと思いましたよ。こんなところに放り込まれれば日本人ボクサーはすぐに潰れますし、留学なんかさせられないなと思いました。まあスパーリングをしなくてもいいからメキシコで基礎的なミット打ちを100Rやれば違うでしょう。日本王者クラスが行ったところで、先方のトレーナーがスパーさせてくれません。シャドーボクシングからやり直しでしょう。管理人さんがナチョやクーヨだとして村田が来たらスパーリングさせますか。させられないでしょう。しかしマルケス兄はスピードが無いように思えてあの連打は高速ですよね。アッパーをダブル、トリプルで打つのは本当に上手いです。あれじゃ何回も書きますが、畑山は3R以内にやられるでしょう。スパーリングでも駄目でしょう。それとナチョの力が多大だと思いますが、1Rに3度もダウンすれば萎えます。それを盛り返したのはマルケスの頑健さとナチョの激と戦略が大きかったと思います。こうすれば巻き返せるという策を授けたのだと思います。
    • 217. ななし
    • 2018年12月15日 05:40
    • 内山は海外で世界レベルのボクサーと
      スパーをやれば、化けてたかもしれませんね。
      世界をとったときはまだリナレスより
      格上でしたから。
      平仲は世界レベルのボクサーと互角に
      戦えるフィジカルとパワーがありましたね
    • 218. ななし
    • 2018年12月15日 12:16
    • 内山が井岡とからんでますね。
      井岡のトレーナーがかつて内山の
      トレーナーのからみからでしょう。
      内山はドネアと対談したり、
      アベマテレビで亀田を支えたり、
      竹原と同じく
      帝拳ビジネスとは少し距離をおいてます。
    • 219. ななし
    • 2018年12月15日 12:25
    • 帝拳にとってみたら、比嘉や村田がこけた以上、井上兄弟と、伊藤をつかうでしょう
      拳四郎は鼻がないですね。
      伊藤に必死にむらがってますね。
      解説にはおなじみの香川な山中をつかうでしょう。香川は帝拳に雇われてる以上、帝拳批判はできませんから。
      内山はあくまでもボクサーとしての実力はともかく、内山をとりまく環境にボクシングの才能をつふまされたと思いますね。
      世界をとったときは、30くらいですが、リナレスより強かったわけですから。

    • 220. ケンシロウ
    • 2018年12月15日 12:58
    • 管理人さんは、井岡はニエテスに勝つと思いますか?
    • 221. ななし
    • 2018年12月16日 09:51
    • 井岡は日本人女性と結婚し、
      ガンボアやリナレスを
      育てたサラスとは7年ぶりに
      コンビを組んでます。
      この7年間はTBSと組んで
      日本国内でガラパゴスビジネスやってましたが、もしサラスとともにずっとアメリカで
      トレーニングを積んでたら、大化けしてスーパーフライ級の階級最強の位置にいたかもしれませんね。

      長谷川や山中はいまのとこ
      井岡に近づけませんが、
      亀田やアベマと
      ビジネスしてる内山なら近づけるでしょう。
      帝拳の力がおよんでいる
      JBCは井岡や井岡が練習してる
      日本のボクシングジムにクレームを
      入れないんでしょうかね。
    • 222. ななし
    • 2018年12月16日 16:51
    • ウクライナのダラキアンは強いですね。
      今すぐスーパーフライ級にあげても
      勝てるんじゃないですかね。
      田中の周辺の王者は
      穴がいませんね。実力者ばかりです。
      ムラザネは坂本とやります。
      穴がないが、しいていうなら
      ロートルのムラザネを狙うくらいしかない。
      あとは、ロサレスもそのうち
      スーパーフライ級に上げるかもしれませんね。
    • 223. ななし
    • 2018年12月16日 17:09
    • カネロはスーパーミドル級もタイトルを奪いました。ミドル級階級最強のゴロフキンの2戦でかなり実力つけ成長してます。特に2戦目はびびらずに前に出てゴロフキンと打ち合い、退けたことが自信になってます。
      カネロをとめるのはミドル級ではチャーロ兄くらいか。やはり村田がカネロとやれば、破壊、再起不能にされてたかもしれないですね。



    • 224. ななし
    • 2018年12月16日 17:28
    • くりかえしますが、やはりゴロフキンという壁はカネロにとって大きな存在で、それだけゴロフキンはすごかったんでしょう。絶頂期のゴロフキンのパワーはさすがに老衰してるでしょうが、カネロの進化は驚きです。
      チャーロ、ジェイコブス、アンドラーテ、そしてスーパーウェルター級も現在は185センチくらいの長身ボクサーがそろってますが、ジャレットハードあたりくらいがカネロを狙って上にあがってくるでしょう。
      ミドル級、スーパーウェルター級、ウェルター級はやはり層が暑く、次から次へと強いホープが出てきますね。現在はウェルター級とスーパーウェルター級のフィジカルの差があります。

      とにかく、ゴロフキンは階級をあげませんでしたが、階級をあげるカネロを中心にミドル級、スーパーウェルター級、スーパーミドル級とあわただしく動いてきました。
      ライト級以上からもそうですが、北米で王者になるほうが、世界ランカーを倒すより難しく、世界レベルのボクサーがゴロゴロいて層も厚いんじゃないでしょうか。
      メキシコ人ボクサーはともかく、やはりフィリピン人や日本人は入れませんね。
    • 225. maywether
    • 2018年12月16日 22:39
    • >オルフェーヴルさん
      ネリ対山中の第2戦は、ネリは計量失格でしたが翌日(試合当日)も計量を課せられたので、ネリにもハンディが課せられているのです。山中は、KO負けするのがわかっているので2戦目はやらないほうが良かったと思います。

      平仲は、沖縄出身のボクサーらしく体が頑丈でパワーがありました。よく浜田と比較されますが、平仲のほうが遥かに上のレベルです。ただ、チャベスやウィテカと絡めるまではいってません。しかし、内山や山中よりも遥かに上のレベルです。

      渡辺雄二は、私は再三コメント等で登場してますよ。人気もあり10戦全勝全KOと注目されてましたが、エルナンデス(デラやメイにKO負け)に子供扱いされましたね。また、その後フェザーに落とし逆にバンタムからあがってきたバスケスに顎を砕かれてのKO負けです。実際、スタートは渡辺雄二が3階級上だったのでバスケスより遥かに体格で勝っておりながら、簡単にKOされました。渡辺雄二は、日本人には抜群に強くほとんどKOしてますが、世界では子供レベルでした。渡辺雄二とマルケス兄は同じ階級ですが、渡辺雄二のやっていることや実力はマルケスに比べると小学生レベルですね。ガキの遊びレベルです。
    • 226. maywether
    • 2018年12月16日 22:44
    • >ななしさん
      内山は化けはしないと思いますが、もっと強くはなっていたでしょうね。雑魚でなくても勝てるぐらいまではなっていたでしょう。

      内山はジムに方針のせいで、強いボクサーと絡めなかったのでしょうね。だから、ドネア等世界のボクサーには尊敬の念があるのでしょう。また、世界で戦う井岡のサポートにも惜しみがないのでしょう。内山は、リアルでない低犬ビジネスに興味がないだけでしょうね。世界を知ってしまえば、低犬の試合等は底辺レベルに見えますから。
    • 227. maywether
    • 2018年12月16日 22:47
    • >ケンシロウさん
      ニエテス対井岡はめちゃめちゃ注目してます。3年前ぐらいなら、簡単にニエテスが勝ちますがニエテスもう36歳で体力がなくなっているし、井岡は海外も経験したので一皮向けてます。さらに、井岡は自分より背が低いボクサーには強いので前半はニエテス、後半は井岡とみております。井岡にも勝機はありますよ。
    • 228. maywether
    • 2018年12月16日 22:51
    • >ななしさん
      井岡のいいところは、猛練習をいとわないことと走りこむ量の凄さから来るスタミナです。テクニックより、井岡はスタミナが本当に凄くよく練習をするので体の切れもあります。(パワーレスだが)私は、亀田と組んで井岡が東南アジアのボクシングを活性化させてほしいと思ってます。
    • 229. maywether
    • 2018年12月16日 23:04
    • >ななしさん
      ダラキアンは豪腕で強いですよ。昨年井岡がブランクを作らなかったら、あたっていたのですがその時はダラキアンが勝っていたでしょうね。

      ムザラネももう36歳でドネアとやったたのは、8年前でしたね。ムザラネのトレーナーが昨年交通事故で亡くなってます。その影響がないのか、心配ですね。

      カネロは出入りがきちんとでき攻防一体なので、大きな相手も苦にしないですね。次はミドルなので、是非チャーロとやってほしいですね。ウェルター~ミドルは役者揃いで面白いです。そこに日本人が絡むのは至難の業です。村田などは、そこに絡めないボクサーに完敗ですから。日本人だけでなく、アジア人はここに入れないでしょう。





    • 242. ハメッド
    • 2018年12月17日 13:19
    • もうすぐ井岡×ニエテス戦ですね。
      本来だったらライトフライ級で見たかったカードですが井岡にとっては間違いなく歴代最強の相手でしょう。

      井岡の攻撃、コンビネーションの幅広さは日本人でも一、二を争います。
      ただこれまで通用したのは背が小さくリーチが短い、さらに防御がブロック中心の相手に通用しました。ガードを崩して当てる術は優れていますが

      ニエテスはボディワークが上手くパンチを基本的に外すタイプの防御です。
      井岡がそのタイプを切り崩せるか見ものです。

      唯一懸念とされるのは、「アローヨ戦の様なスタイルにはしない」と言っていたので今までの様なスタイルに逆戻りしたら絶対負けます。
      井岡の出方が注目される試合です。
    • 244. ななし
    • 2018年12月17日 16:14
    • サラスがどういうニエテス対策をするのか楽しみです。ニエテス陣営も井岡対策はばっちりでしょう。井岡の相手はアローヨ、ニエテスとどんどんレベルがあがっていきます。
      ニエテスのほうが、実績、経験では井岡より
      格上ですが、井岡はニエテスに勝てば、エストラーダのステージにあがれます。エストラーダの壁を超えたら、階級最強のシーサケットとからめるでしょうね。途中で、アンカハスやヤファイともからめる。
      井岡は現在はスーパーフライ級ではベスト8からベスト4あたりくらいですね。井岡はまだ、ロマゴン、エストラーダ、ニエテス、シーサケットなど激闘をくりひろげた
      ボクサーの戦いにおける新参者ですから。
    • 245. オルフェーヴル
    • 2018年12月17日 22:03
    • 管理人さん、失礼致しました。取り上げていました。大変失礼致しました。渡辺雄二は畑山同様、マルケス兄ともかぶっていますね。渡辺雄二はライト級だとナザロフがいるので逃げ、スーパーフェザー級でも畑山や三谷が台頭してきたので逃げ、無理な減量でフェザー級に落として、バンタム級上がりのバスケスにKOされました。バスケスにあの試合ですから、マルケス兄だともっと悲惨な状況でしょうね。渡辺雄二は畑山同様、身長、リーチはマルケス兄より上ですが、フィジカルを生かそうとしても生かせず血祭りになるでしょうね。確か漫画家の誰かが応援してましたね。日本レベルの技術者赤城をラッキーパンチでKOしてました。初防衛戦を見ましたが、これで世界に行くのというレベルでしたね。これがホープってマルケス兄からすれば本当に高校生レベルです。内山はジムの小銭稼ぎの犠牲者ですね。井岡のようにアメリカに行けばまだ違ったと思います。ロマチェンコまでは行かないまでも、三浦が戦ったバルガスまでは行ったと思います。
      ところで平仲ですが、仮の話にはなりますが、5、6回防衛(半分は海外)していたとしても、チャベスやウイテカー、デラホーヤにたどり着くのは困難でしょうか。メイウェザーの相手を例にすると、第一群としてはパッキャオ、デラホーヤ、第二群としては、コット、カネロ、マルケス兄、モズリー、第三群としてはジュダー、オルティス、マイダナ、パルミドール、ハットンかと思います。平仲でもたどり着けるのは第三群でしょうか。その後の第四群はコラレス、カスティージョ、エルナンデス、かと思います。日本人は精々第4群でしょうか。平仲だとハットンやオルティスだったら好勝負ができると思いますが、如何でしょうか。
    • 246. 通りすがりっぽい人
    • 2018年12月18日 07:12
    • セルバニアが「井上のパンチはSフェザー級クラス」とか言っていたとマスゴミが捏造して発表してますね。実際には全く逆で「井上にはパンチが全くない」というニュアンスでこぼしていたと記憶しているのですが……

      タダでさえセルバニアはALAジムの落ちこぼれで3階級以上は下(もちろん井上(笑)ではないです)のボクサーにスパーですら壊されかけた3流ボクサー(日本にいなければ世界ランカーにはなれず到底世界王者挑戦なんて出来ないレベル、フィリピンでやっていたらせいぜいうまくいって東洋ランカー程度)ですが、そんなセルバニア相手にすら井上のパンチはスパーですら全く効いてません。実際に対等な条件で試合をやれば井上は普通にセルバニアにすら歯が立たないでしょう。

      それをどうやったらそんな頭が沸騰したようなことを書けるんですかね?最早論ずることも出来ない低レベルのお粗末な記事としか言いようがないです。
    • 247. No name
    • 2018年12月18日 08:15
    • ニエベスもベストは悪魔的な強さを誇ったLフライの頃までで、Sフライまで行けば井岡同様にフィジカル面での優位はないでしょう。Lフライ時代の全盛期同士ならニエベスがほぼ勝つと言えましたが、Sフライまで行けば両者パワー不足で技術戦になるかと。しかもニエベスは36歳と全盛期を通り過ぎて完全に下り坂、前の試合では完全な格下相手(とはいってもSフライでは小柄でパワー不足のアローヨ兄弟程度なら普通に勝てそうなフィリピアーノで、おそらくフィジカルだけなら王者経験者のアンカハスやカシメロより上、もし日本人ボクサーなら大半のSバンタムやフェザーのボクサー相手でも普通に勝てそうに見え、こんなのがゴロゴロいるフィリピンの軽量級は層が厚い)に終始パワーで押され気味、しかも動きにも精彩を欠くという有様で何とか技術でポイントを奪取してドローに持ち込むのが精一杯でした。

      正直なことを言うと、両者知名度の割りに物足りない試合になるのではないということを危惧しますね。これがLフライ以下の試合なら適性階級同士でビッグマッチになるんでしょうけど、Sフライでは適性階級を大幅に超えているせいで両者完全に力不足です。この試合後にLフライまで無敵だったロマゴンの二の舞になるのも時間の問題でしょう。幸い二人ともフライ以上ではまともな強者(二人ともフライ以降での一番知名度の高い相手がLフライ出身のレベコなので)とやっていないので、まだメッキははがれてないですけどね。一応井岡はアローヨ兄とやりましたが、アローヨ兄も相対的なレベルで言えばレベコと大差ない(若干アローヨ兄の方が上だとは思いますが)でしょう。単純にアローヨ兄の適性階級がフライ~Sフライなのでレベコよりは適性階級をフライの時点で当に超えている井岡で比較したらレベコよりは強く見えるのが当然だと思いますけどね。
    • 248. No name
    • 2018年12月18日 08:21
    • ただ一応個人的な見解を述べるなら、井岡とニエベスの強さは似たり寄ったりだと思いますけどね。それぐらいLフライまでの井岡は完璧な強さでした。(ニエベスはそれより強い勝ち方でしたが) それにニエベスもLフライ時代はロドリゲスJrや万全のフェンテス(田中に体調不良で簡単にKOされたのは除外)を筆頭に井岡のLフライ時代より相手は強いですが、それでもロマゴンやエストラーダといった超一流どころか、ビロリア級の相手すら対戦経験はないので、そういう意味では若干過大評価だと思います。井岡もLフライ時代にアルバラード(再起戦でレベコにも負けてますが)に完勝しており、このボクサーはその後負け無しのままサックリンJr(高山やメリンドに善戦)を簡単に2RKO(他にも田口が大苦戦したデラロサにも1RKOで圧勝)、先日にはLフライの王座決定戦を制して王者になっているので言うほど弱くないです。
    • 249. maywether
    • 2018年12月18日 11:17
    • >ハメッドさん
      攻防一体のニエテスと攻防分離の井岡ですが、スタミナや体格等井岡が勝っている部分もあり、勝機はあります。両者コンビネーションに優れてます。私は、かなりレベルの高い試合になるかと思ってます。
    • 250. maywether
    • 2018年12月18日 11:22
    • >ななしさん
      井岡はこれに勝てば、ヤファイやアンカハスですか。すごいところまで行こうとしてますね。

      ニエテスの弱点は、スタミナ、体力、そして陣営の戦略です。おそらく、メリンドと同じセコンドがつくかと思いますが、メリンドの田口戦・ケンシロウ戦を見ればセコンドの無能さがわかります。また、止血が下手ですね。(ニエテスはあまりカットはしていないので心配はいらないですが)戦略面で井岡陣営が勝るかと思い、そして後半勝負を実行できれば井岡有利かと思います。2年前や3年前なら、ニエテスには勝てないでしょうけど。
    • 251. maywether
    • 2018年12月18日 11:26
    • >オルフェーヴルさん
      渡辺雄二は当時の日本人では最強でした。世界では、小学生レベルでしたが。

      井岡、伊藤は海外でたくましくなりました。木村と三浦もです。一方、内山や長谷川や山中は日本国内で雑魚狩にいそしんでいる間に弱くなりましたね。それでも、強いと勘違いされてパウンドフォーパウンドに入りましたが。山中や長谷川は本来は150位以下なのですが、それでも上位に入るパウンドフォーパウンドはいかにいい加減かがわかります。
    • 252. maywether
    • 2018年12月18日 11:33
    • >通りすがりっぽい人さん
      セルバニアはフィリピン人には珍しく非力です。だから、フィリピンでのスパーで滅多打ちにあい、日本に逃げ、パンチのない相手のおかげで体がすっかり回復したのでしょう。マスゴミにかかれば、そんなセルバニアはフィリピン名門ジムのエースだとか、アマで数々の栄冠をかちとったとか書くのでしょうね。(実際は、アマの経験はほとんどなし)
    • 253. maywether
    • 2018年12月18日 11:37
    • >No name さん
      ニエテスは純粋のミニマム級でした。井岡は、複数階級を狙う為にわざわざミニマムに落としました。

      おっしゃるとおり、ニエテスと井岡はスーパーフライでは、シーサケット、ロマゴン、エストラーダ、アンカハス達の下です。しかし、日本人でここに食い込めるボクサーはなかなかいません。井上はアンカハスと対戦してほしかったのですが実現しなかったので、井岡にはここをクリアして是非アンカハスと戦い、その後エストラーダと戦って逃亡の汚名を返上してほしいと思ってます。
    • 254. ななし
    • 2018年12月18日 11:56
    • 身体の強い平仲はコッジに勝っていたのに負けにされたり、所属ジムが地方の沖縄で、スーパーライト級では国内では世界レベルの相手もいないし、試合もほとんどせず不運でしたね。
      海外ではかませ要因でよばれてました。
      もしコッジに勝利していたら、運命が変わっていたかもしれませんね。インチキ判定で負けましたが。イースト戦も、フィジカルをつかい押し気味に試合を進めて、あのままいけば大差の判定勝利でしたが、一瞬の隙をつかれてカウンターでやられました。全盛期だとランドールと互角以上の戦いをしてたかもしれませんね。本人はチャベス信望者とのことですが。
    • 262. ゴーヤーマン
    • 2018年12月21日 21:10
    • >>254
      あの試合は平仲が勝ってましたね。技術的にはコッジが遥かに上でしょうが平仲にはそれを凌駕するフィジカルとパンチ力がありましたね。
    • 263. へドン
    • 2019年01月27日 21:45
    • >>254
      初めまして。
      平仲は強かったですね。
      ただ、イースト戦はイーストの柔らかい体にいなされてダメージは与えられず、中盤以降は消耗してポイントを挽回されてました。
      あのまま判定になれば1ポイント〜2ポイント差でどうにか…てスコアでした。
      そしてランドールにはメスのように斬り刻まれるでしょう。
    • 255. ななし
    • 2018年12月18日 12:14
    • 井岡は階級最強のドネアまでたどりついた西岡の後を追って、階級最強をめざしてるので、ここでコケてほしくないですね。
      もう少しパワーをつけてなんとか実績もあり
      格上のエストラーダまでいきたい。
      あの身体じゃエストラーダのパワーにやられます。エストラーダはパワーだけじゃない。
      田中は井上に比べて激闘を繰り広げてますが、階級最強ではなく、統一戦でダラキアンを倒さなければなりませんね。ダラキアン倒せば、フライ級のトップにおどりでます、しかも名古屋を出て第三国で。田中も井岡もパワーをつけたい。バンタムはタバレス、ネリーそして、
      バーネットを倒して階級最強でしょう。
      テテやロドリゲスは本来なら彼らより格下です。バーネットがリタイアしたのが
      繰り返しますが、階級最強決定戦と
      言えなくなりました。
    • 256. ハメッド
    • 2018年12月18日 12:30
    • 成る程、ニエテスの衰えと井岡の成長で戦力差が縮まりましたか。

      あと今のヤファイ、シーサケット、エストラーダ、ロマゴン、アンカハスですが今の井岡ならヤファイには勝てますね。
      エストラーダとロマゴンにはまだ届かないですが、
      シーサケットは打ち合いに付き合わなきゃ攻略しやすいです。
      今のところ面白い試合ってなったらやはりアンカハスですかね。

    • 257. ななし
    • 2018年12月18日 20:53
    • 渡辺は序盤、勢いがよく、帝拳所属のエルナンデスにパンチが身体あたるたんびにロープ際においつめるたんび観客の歓声がすごかったように思えます。ところが、エルナンデスにまったくパンチがきかず、エルナンデスはうまくディフェンスします。懐がふかく長身のエルナンデスのしつようなボディ攻撃に苦しみ、渡辺はどんどんダメージが蓄積されて、動きもにぶくなり、なぶり殺しにあい、やられるんですね。ハードパンチャーのふれこみで、宣伝し、登場もかっこつけ、タニマチもたくさんいて、人気もありましたが、渡辺のパンチがエルナンデスにきかないので唖然としました。
      エルナンデスはパワーはなく非力な部類ですが、テクニックがあった。
      逆にエルナンデスのパンチがおもしろいように
      渡辺にあたり、渡辺はどんどん動きがにぶくなり苦しくなってきます。
      ちなみに、エルナンデスの兄貴が、伊藤を指導してるルディエルナンデスです。
    • 258. オルフェーヴル
    • 2018年12月18日 21:13
    • 井岡とニエテスの話題が先行していますが、伊藤も初防衛戦が控えています。伊藤は防衛を成功させて来年からはアメリカを拠点に防衛戦をして欲しいですね。内山、山中、長谷川、井上路線には行かず、西岡のようにいずれはラスベガスでメインイベンターになって欲しいです。伊藤は来年も日本で無名の挑戦者を相手にするようでしたら失望しますし、日本限定王者と言わせてもらいます。西岡がドネアにたどり着いたように、伊藤はロマチェンコまでたどり着いてほしいですね。勿論厳しいのは分かっています。
      ところでカネロの相手だったフィールディングですが、役不足と思いますが如何でしょうか。村田でちょうど良いかと。村田とカネロが試合をしたらこうなんだろうなと思いました。密かに村田は狙っていたのではないでしょうか。何度も書いて恐縮ですが、村田は本当に自分がカネロやジェイコブスやチャーロ、サンダースと同格と思っていたのでしょうかね。カネロは世界挑戦の前にも36戦を要し、フェデセントロやユース、シルバー王者など段階を踏んでいます。世界王者になってからも衰えたとはいえモズリーやトラウト、バルドミールなど古豪と試合をしています。アメリカデビュー戦も骨のある相手を選んでいますが、村田って本当に骨のある相手とやっていないでしょう。カネロからすれば黙れ、下郎がといったところでしょう。
    • 259. オルフェーヴル
    • 2018年12月19日 21:10
    • 管理人さん、渡辺雄二は畑山同様、マルケス兄やメイウェザーと絡む機会がありましたが、エルナンデスに赤城戦同様、間違って勝ってしまったら、ネルソンやデラホーヤと対戦する機会があったという事ですよね。有り得ない話ですが。エルナンデスは6Rで渡辺雄二をKOしましたので、マルケス兄やメイウェザー、ネルソンやデラホーヤなら半分の3Rで終わりでしょう。渡辺雄二は当時のボクシングブームに乗ってウジテレビが作り上げました。当時ボクシングブームということで、民放各局にはスター(世界的には雑魚ですが)がいました。
      日本テレビ=辰吉
      TBS=鬼塚
      テレビ朝日=大橋
      がいたので、ウジテレビもうちもいないかと出てきたのが渡辺雄二でした。顔も悪くないし華もあったので(あくまでも日本レベルですが)、宣伝したのでしょう。そして辰吉がブランクを作り、鬼塚も勝ったがインチキだと猛批判を浴びたので、エルナンデスに挑戦する際は切り札的に扱われていました(Fridayも好意的に取り上げていました)。結局何も出来ずにKO負けでしたね。所謂安易な世界挑戦で恥を晒しただけでした。バスケス戦も見ましたが、進歩がなかったですね。そもそも中南米の選手とやるのに、エルナンデス戦以降も殆ど中南米の選手と試合をしてこなかったのではないでしょうか。まあ実力は畑山と大して差がなく、畑山の方が運がよかっただけでした。管理人さん、日本人選手はマルケス兄やカネロのように段階を踏もうとしたら相撲でいう序二段か三段目で潰されてしまうでしょう。だから金でランキング操作して穴王者を作って挑戦させたりするという勝負ごとにおいて風上にも置けない事をするのでしょう。実に卑怯で人としてどうなのという段階ですよね。
    • 260. ななし
    • 2018年12月20日 08:02
    • 亀3がブンルアンにアメリカで勝利
      しかし、ブンルアンはタイで赤穂に
      ラフファイトきみのボクシングで勝利してます。
      ブンルアンていう共通のボクサーがいるとは
      いえ、まずアメリカなら足をつかえますが、
      亀3がタイで試合をしたら、
      得意の足が柔らかいリングでつかえず、
      気温や湿度の影響から、スタミナが
      どんどん奪われ、もみあいの接近戦での戦いになり、あの得意のディフェンスも発揮できなくなる。首相撲やラピットパンチをうっても
      反則をとらないタイアウェー特有の
      レフリングに苦しみ、赤穂や赤穂をやぶったが、タイでシーサケットにやられた佐藤のようになにもできない可能性があるのでは
      ないでしょうか?あのファイティング原田ですら、タイでボーンキングビッチにやぶれてます。日本人ボクサーはタイアウェーでの世界戦では一度も勝ててません。ユーリがムアンチャイに勝利してるくらいですね。それも、ラウンド終了がはやかったり、パンチをうつたびに
      歓声がすごく、歓声でセコンドの支持がかきけされますね。
      そういう意味においては、タイのアウェーでブンルアンをやぶって大森を退けたフィリピン人のタパレスは強く、本来ならテテとやるべきだったでしょう。

      タイ人ボクサーにタフなファイターが多いのは、ムエタイや柔らかいリングの影響もあるでしょうね。

      フライ級の田中はタイでやったら勝てないでしょうね。どちらというと木村のほうが
      タイにあってる。ただし、よくタイで合宿する木村も普段よりタイでは相当なスタミナを消耗するでしょうね。
    • 261. ななし
    • 2018年12月20日 10:18
    • キックの話ですが、那須川とやった、ロッタムもスキアムもタイでは二軍レベル。ラジャムダンやルンピニーのバリバリの王者は日本にこないようですね。ブアカーオも二軍レベル。
      かつて、ムエタイノバリバリの王者が、魔裟斗の前の世代の前田憲作相手に日本で遊んで判定勝ちしたことがあります。
      アムナットも那須川とやったころは、ロートル化しており現役バリバリでタイなら、那須川は
      勝つのは厳しいでしょうね。
      タイ特有の柔らかいリングは普段日本のリングでやりなれている日本人ボクサーだと
      ふくらはぎに重りがついているくらいのリングなんでしょうね。しかも、暑さと湿気でさらにやられてしまう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ