世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

タイでボクシング活動している恵良がコメンとしてますね。https://togetter.com/li/1325021

プロ契約1 プロ野球は契約と共にプロとしての全容、契約内容を説明する機会があり又選手会もあるが、ボクシングはプロになったが最後、あたかもそれが当たり前の様に内容は伏せて ほぼジムと強制的に奴隷契約を結ばされる。

プロ契約2 海外の選手は 契約、人権も踏まえ個人の意思でのマネージメント制の大海原に対して日本、韓国だけはジム制度オンリーの非人権鎖国主義。 一番怖いのは日本のプロ選手皆、奴隷契約が当たり前だと思い込んでいる事。 作り上げた帝拳がこの契約に一番悩んでいる てかJBCはただのコミッション

また、中村優也のコメントがこれ。
やっと発行された。ほんま長かった。 これでどこの国でもJBCに邪魔されやんと試合出来る。 あとはこれをこれからのフリー選手に広めていくだけ。 ※JBCライセンスを持たない日本人ボクサーはフィリピンとタイで今試合ができない。 ※OPBFにWBOアジアのタイトルも出来ないしランキングにも入らない。

あくまで今の現状ですが、JBCライセンスを持たない日本人選手はフィリピンタイで試合が出来ないようにここ数年でなりました。 僕に関してはJBCに一度も携わってないのが良い意味で生きてます。 それでもこの前の試合ですらすごく邪魔をされ正確に試合決定したのは3週間前でした

以前は、高山勝成や石田や山口賢一が海外で世界戦などして活動していたが、今はJBCがそういったボクサーを妨害するようですね。

そして、別のコメントでファイトマネーについて。これは、まともではないですね。https://togetter.com/li/1330222


JBCや日本のボクシングジムの大半はこうなのか? それが実態なら、超ブラックですね。(現金でなく入場券でもらい、それを知人に売って現金化する)

こうしたことがニュースにもならないのは不思議ですね。アマの山根以上に根深いものがあるでしょう。

こんなブラック企業とは、もし仕事上で接点があっても絡まない方がいいでしょう。そして、そんなジムで活動している日本人ボクサーってどうなのでしょうか?

確かに日本の複数ジムはアジアやWBCでは力をもっているので、上の言いなりになって、ごまをすればランキングをあげてもらえるし、チャンスを優先的にもらえます。

そんなボクサーいますよね、さすがに個人名は言えませんが。(私が嫌いなボクサー)

マスコミやテレビ局にだまされないようにしましょう。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

コメント

 コメント一覧 (316)

    • 284. ななし
    • 2019年05月23日 17:51
    • >>242
      キコマルチネスはもうフェザー界隈では、完全にトップボクサーのかませ犬要因ですね。ラッセルジュニアはここ四年で一年で一試合しかしてません。
      いつでも距離をとり、翻弄できますが、わざとキコマルチネスにパンチをあてやすいような近距離にし、わざとボディを打たせてました。完全に遊ばれてます。
      キコマルチネスは突進してパワーでつぶそうとしますが、簡単にいなされてます。
      キコマルチネスの出血でストップになりましたが、あのまま続いても、逆転の可能性はゼロでした。

      黒田✕ムラザネの試合は、レフリーはとめませんでしたが、キコマルチネス✕ラッセルジュニアの試合なら、黒田は最後のラウンドにいかずストップされて負けてます。
    • 243. maywether
    • 2019年05月22日 14:11
    • >てつさん
      そうですね、井上には策があるでしょう。試合後とに成長しているように思えます。しかし、まだパンチのあるボクサーとの対戦がないのでそこは見てみたいですね。
    • 244. maywether
    • 2019年05月22日 14:13
    • >あさん
      信者は壊れたテープレコーダー同様、煩いですからね。あと、信者同様マスゴミもうざいですね。
    • 245. maywether
    • 2019年05月22日 14:14
    • >てつさん
      スペンスジュニア、ゴロフキン、エストラーダ、デービスは井上よりはるかに上ですね。所詮、一雑誌社が作っている空想ゲームですから。
    • 246. 名無し
    • 2019年05月22日 15:26
    • 管理人さんはバンタム級ではネリを高く評価しているようですが、その理由な何故でしょうか?
      山中はPFP100位にも入らないような雑魚なんですよね?
      ネリはそんな雑魚の山中相手にドーピングや体重超過で勝ったくらいしか実績の無い雑魚狩り専門の過大評価ボクサーだと思うのですが。

      また、バーネットを高く評価している理由も謎です。
      バーネットも名のあるチャンピオンとの対戦経験は少なく、ロドリゲスからは実質逃げています。
      それと先日行われたバーネットの試合は見ましたか?
      こう言ってはなんですが、雑魚相手にかなり苦戦していました。
      とてもバンタム級のトップレベルではありません。
    • 247. アリ
    • 2019年05月22日 15:43
    • 管理人さんの”小人はしおらしくした方がいい”という旨の発言はとても残念です。
      身長に関しては先天的なものだしだからこそ細かく階級分けしてるんです。
      小人という表現もそうですが小さい人間はしおらしくしたほうがいいのですか?どうして?
      そういう差別的な発言は控えた方が良いと思います。
    • 248. ななし
    • 2019年05月22日 17:04
    • 亀田✕天心の試合をしますが、亀田や天心がデービス、ラッセルジュニア、ロマチェンコ、マイキーガルシア、彼らと試合やれば3ラウンドもつんでしょうか?マイキーならパンチはあたるでしょうが、すべてガードされて殺されますし、ロマチェンコやラッセルジュニアやデービスだとまずパンチはあたらないでしょう。
      井上はカルモナ戦のときに、
      カルモナにフックをたたきこみ
      ガードの上ですがカルモナの目つきがかわりましたが、その後、井上は両拳を痛めて、必勝パターンで攻撃ができなくなり、軽打の連打とスピードでなんとかのりきりましたが、スピードのないカルモナだから助かっており、あのやりかただとロドリゲス戦の1ラウンドのような形になってたでしょうし、デービスやロマチェンコやラッセルジュニアとやろばなぶり殺しでしょうね。
      必勝パターンも封じられます。
    • 253. 名前欄
    • 2019年05月22日 19:51
    • まあ井上の体格と減量幅のあるボクサーなら
      アメリカやメキシコではフェザーで戦うんじゃないでしょうか?
      そっちの方が注目されますし稼げます
      井上がバンタムでやるのは日本の政治力があり
      そこでも金が稼げるからです
      日本人以外ではバンタムでは稼げまでん、少しでも強いとsバンタム以上に上げます
      ちなみにバルガスもマクダレノも井上と同じサイズです
    • 254. オッター
    • 2019年05月22日 21:06
    • 以前、ネリが井上と対戦した場合のインタビューを受けて、言っていた対策として、プレッシャーをかけ続けると言っていました。管理人さんと見立ては一緒
      ですね。ネリや陣営は分かっているのかもしれないですね。
    • 260. みかん畑
    • 2019年05月23日 00:06
    • 管理人さん、こんにちは

      連投すいません

      気になりすぎたことがありまして…

      今、目に見てきたのですが、先日の井上対ロドリゲスの1ラウンドのジャッジが3人とも井上だったんです。

      音無し、スローで見たのですが井上の方が見栄え悪く見えて、僕は、1ラウンド、ロドリゲスに付けたんです

      理由など、分かるようなら教えてもらえないでしょうか?

      これからの参考にしたく
    • 261. K
    • 2019年05月23日 00:18
    • 管理人さんの隅々まで返信されるところ感心致します。
      これだけ井上の近辺のレベルの低さを指摘され、まだま大した事ない事を言われているさなか、リング誌のP4P井上が4位って(笑)。 
      笑ってしまいました。
      でもスペンスより上とか、これはさすがに行き過ぎと思っていますが、まぁ交わる事ないですからやってみないとわからないとしか言えませんが俺は。いや、絶対負けるっ、と決め付けるのも井上に失礼ですし。井上の近辺から怒鳴られます、プロでボクシングやってみろと。

      管理人さん以上に厳しい視点のアメリカが言うしね。管理人さんは優しいですよ視点が。今だスーパーフライのロマゴンの事やエストラーダとか。エストラーダがバンタムでも最強とか、もっと厳しい目線でお願いします、それならシーサケット倒せてますよ。
    • 263. asa
    • 2019年05月23日 02:15
    • どうも井上に関しては マニアより世間の声のほうが当たってるようです。マニアは心配しすぎちゃうんですね。私もロドリゲスには苦戦すると思ってました。トップクラスにあの倒し方はちょっと見たことがない。居合のような左ショートを局面でつかいますね。実に良いボクサーです。ドネアとも素晴らしい試合をするでしょう。私ははネリが怖いですね。説明しずらいんですが…。
    • 264. 初心者です。2台目
    • 2019年05月23日 02:15
    • いつもブログ更新お疲れ様です。
      私自身このブログを知って以降は、井上尚弥選手に対して過度な煽りをするメディアには僻遠しますね。たしかにロドリゲスのKOはいいかもしれませんがp4pのランキングは見ていられないですね。
      でも素直にもっと強くなってほしいのでそのためにもドネアに勝ったらネリとやってほしいです。
      ところで、管理人様は英語がご堪能でいらっしゃるということなので何か英語を勉強する上でのコツや教材や方法があればご教授願いたいです。
    • 265. maywether
    • 2019年05月23日 09:04
    • >名無しさん
      山中を子ども扱いして粉砕したことはネリの強さの評価とは関係ありません。山中ていどなら、普通の世界チャンピオンは軽くKOします。ネリの強さですが、練習を間近で見ればパワーのすごさがわかるかと思います。ネリの練習を見て、レベルの超低いバンタムではトップクラスと思ったのが理由です。

      バーネットは岩佐にレッスンをつけたハスキンスにも勝ってるし、ザキヤノフにも勝ってます。バーネットも実際練習風景を目の前で見ればディフェンスのすごさや距離感の良さがわかります。バーネットについては、腰の負傷前と但し書きをしております。腰の負傷は長引きますからね。
    • 280. ななし
    • 2019年05月23日 11:11
    • >>265
      他の選手に対しては対戦相手で評価しているのに、
      ネリは練習を見ればわかると言っているのは何故でしょうか?
      ネリがいつ試されましたか?
    • 266. maywether
    • 2019年05月23日 09:10
    • >アリさん
      小人は塩らしくすれないいと言うのは言葉足らずですね。人間、ボクサー、キャラクターがあります。井上のキャラクターはしおらしくしたほうが良いでしょう。井上がアウトサイダーのようにいきっても似合いませんし、いきる必要はありません。
    • 267. maywether
    • 2019年05月23日 09:11
    • >ななしさん
      井上と亀田のレベルは、ロマチェンコやラッセルジュニアやデービスよりは4ランクから7ランクは落ちます。井上と亀田が同時にロマチェンコに襲い掛かっても無理でしょう。
    • 268. maywether
    • 2019年05月23日 09:13
    • >252
      失礼しました。
      井岡がミニマム、亀1と井上がライトフライでしたね。
    • 269. maywether
    • 2019年05月23日 09:23
    • >253. 名前欄さん
      166cmガンボアはフェザー級~ライト級、164cmのラッセルジュニアはフェザー級、166cmのデービスはスーパーフェザー級、168cmのマイキーはフェザー級~ウェルター級、173cmのカネロはウェルター級~ミドル級ですね。
    • 270. maywether
    • 2019年05月23日 09:25
    • >オッターさん
      プレッシャーをかけ続けられると通常より消耗しますし、自分のペースでボクシングができません。つめられると、不用意にパンチを出してしまうこともあり、そこを逆にあわされてジリ貧になりますね。井上はこれまで圧力をかけられたことはほとんどないでしょうね。
    • 329. コン
    • 2019年05月24日 23:41
    • >>270
      それは井上が強いから相手は圧力かけられないのです。
      ロドリゲス戦は1Rは圧力かけられましたが、2Rではきっちり対処してあつさりKOしてます。
    • 271. maywether
    • 2019年05月23日 09:38
    • >みかん畑さん
      ネリは他の階級ならさほどですが、バンタムならパワーでおさえて倒します。井上はセルバニアとのスパーを見る限り、スーパーバンタムが限界かなと感じました。セルバニアはスーパーバンタムでも非力でしたし(その後フェザーにあげましたが、フェザーでもパンチが全くありません)、そのセルバニアとパンチが互角なら厳しいなというのが本音です。アンカハスは線が細く、バンタムでは厳しいでしょうね。

      井上とロドリゲスの試合の1ラウンドですが、序盤ロドリゲスのワンツーや左フックがあたってました。井上のパンチは空を切ってます。また、ボディショットは全てガードされてました。後半もロドリゲスの左ジャブで井上の顔があげられてましたね。普通にジャッジすれば、10-9でロドリゲスです。しかし、軽量級の試合(アメリカが絡んでいない場合)では日本の影響力が強いので、そのへんでジャッジが井上びいきになったのでしょう。大橋ジム、JBC、または低犬、が主催者と近い関係なのでしょうね。ホームタウンデシジョンは日本国内だけではありません。プロボクシングは興行なのです。
    • 288. みかん畑
    • 2019年05月23日 18:52
    • >>271


      管理人さん、ありがとうございます。

      やはり見栄えわるかったよなと思いますね
      てか、井上選手もパンチ避けてるけどギリギリすぎて当たってるように見える印象あるんですよね
      スローみないと僕みたい素人には分からないです!笑

      ネリーはバンダムでパワーは1:2でしょうね
      異常にあるイメージ!笑

      デービスは入ってないのは不思議
      もう、暴君ですもん!
      試合でもプライベートでもw
    • 355. やま
    • 2019年05月27日 15:29
    • >>271
      ニコニコで1ラウンドをスローで検証している動画がありますよ。
      ロドリゲスが前進して圧力をかけていたので、私も井上がラウンドを取られたように感じましたが、実際のクリーンヒットの数はロドリゲスの倍でした。
      ジャッジは正しいです。
    • 272. マサマロ
    • 2019年05月23日 09:42
    • 管理人さん一点質問です!
      管理人さんが思う、現時点のp4pベスト10を教えて下さい!
      また時間あれば、過去の日本ボクサーのp4pもお願いしますm(_ _)m
    • 273. maywether
    • 2019年05月23日 09:46
    • >Kさん
      PAPは机上の空論です。また、強いボクサーとばかり絡んでいるボクサーにとっては不利なのです。(長谷川が7位、山中が9位、内山が10位に入ってますね)

      井上と田中が本物ではないとは言ってません。レベルの高いミドル級とレベルの低いライトフライ級~バンタム級は比べるのは無意味だと言っているのです。なぜ、全ラウンドとられるかといえば、パンチのあたる距離に入れてもらえないからです。この展開は、過去日本人が懐の深い外国人相手にやられていることです。ボクシングの試合をしたことのある人は距離が遠いと何もできない無力感を感じることがあります。この感覚をジェイコブスは与えることができるのです。あと、ミドル級とフライ級・バンタム級のスピードを比べますか?軽量級のほうがスピードがはるかにあるのは当たり前ですよ。
    • 291. K
    • 2019年05月23日 19:32
    • >>273
      軽量級がはるかにミドルよりスピードがあると考えるなら尚更、井上や田中が何も出来ないで終わる…という絶対的な結論はおかしいでしょ。
      何故なら、ジェイコブスが井上、田中が味わった事無い懐深い距離感、で空転させる空想をするならば、逆も考えないといけません。
      軽量級がはるかにスピードがあるのは当たり前、と言われるのならば、ジェイコブスやミドルの選手が体感した事が無いわけだから、ジェイコブスが井上の踏み込みのスピード、反応スピード、カウンターにカウンターを合わせるスピード等に対応出来るか考えた上での話です。

      スーパースターのカネロとフルまでいった強者ジェイコブスで比較されているのはわかります。が、これだけ戦う可能性ゼロだし、ボクシングもミドル級、軽量級は違いがあるのですから、この決め付けに、多少の突っ込みを勘弁して下さい。失礼しました。
      こういう決め付けや、~~なのです。の話には、他人が納得しやすく、話頂けたらありがたいです。
      楽しみに見てますので。
    • 274. 元ボクサー
    • 2019年05月23日 09:52
    • パウンドフォーパウンドのことだが、気になったのでプロボクサー視点で言いますね。管理人さんが言うように、ナンセンスです。まず、やはり階級によってレベルが違いすぎるので、レベルの高いミドル級やウェルター級は不利で、層の薄いミニマム級~バンタム級のボクサーには有利ですね。それと、たとえ軽量級で強くても重量級には勝てないし、アメリカでは重量級の4回戦ボクサーのほうが軽量級の世界ランカーより威張ってますよ。実際、重量級ボクサーのほうが強いので。井上選手や田中選手でもウェルター級の4回戦の黒人選手に瞬殺されます。それを階級で守られているだけです。ボクサー視点の意見でした。
    • 297. K
    • 2019年05月23日 20:28
    • >>274
      すみません、P4Pにおいて軽量級が有利って本当に思ってますか。
      今まで軽量級沢山いましたかね。ベビー級を筆頭で、軽量級なんか、ほぼ眼中なしでしたよね。
      たぶん管理人さん………感覚と言いますか、井上が4位になったからの、このコメントだと推測なんです。
      何故かというと、元ボクサーでボクサー視点の意見ですよ~と言ってくれて納得をしたくなるような雰囲気ですが、軽量級はP4Pには厳しかったのはわかるはず。人気も無かったから。
      でも最近はパフォーマンスも派手になり認められてきて、軽量級もビッグマッチと思われるようになった、ロマゴンやドネアの存在からでしょう。
      自分は世界からの期待の表れであって、アメリカで見てみたい!試合組んでやれっていう事だと思ってますよ。ランクに入れば世界的に注目されます、長谷川や内山が入った事を弱いくせにってバカにする方がいますが、世界が本当に強いのか?直に見てみたい強豪との戦いを!
    • 309. 元ボクサー
    • 2019年05月24日 09:22
    • >>297
      パウンドフォーパウンドについては、管理人さんが言っていることは概ね正しいです。やっぱりレベルの高いミドル級などは低く見られます。現にジェイコブスとの1戦でカネロは強く見えなかったですね。世界は強いですよ。辰吉さんが国内無敵の時にトーレスというボクサーに何も出来なかったけど、トーレスはコナドゥに簡単にKOされてます。そして、パッキャオが活躍していた時のフェザー級からウェルター級はモンスターばかりでしたよ。それは、ボクサーでなくてもわかるかと思いますよ。
    • 298. K
    • 2019年05月23日 20:51
    • >>274
      だから、ボクサーがやってた方だからこそ、黒人4回戦ボクサーに瞬殺とか、決め付ける割に、どの階級で?とかもない。もしかしたら、井上、田中をウェルターに持ってきた話ですか?
      見ている人に伝わるような内容でお願いします、結論から言って、井上、田中を落とす話としか取れません。
      管理人さんにも指摘入れてますが、瞬殺します!って、絶対的に言うのが、?です。

      どんなどうしようも無いボクサーにも尊敬の念が俺にはあるから、命かけてる訳ですからね。
      平等で納得出来るようなボクサー視点を期待してました。せっかくボクサーって言ってくれとるのに………
    • 310. 元ボクサー
    • 2019年05月24日 09:34
    • >>298
      井上選手や田中選手を落とすつもりはありません。53.5以下なら井上選手は素晴らしく強いし、50.8以下なら田中選手もかなり強いです。しかし、減量なしでウェルター級の黒人ボクサーとやれば撃沈です。ボクサーはそれがわかっているので、無理な減量をして体重が少しでも軽い相手と戦いたいのです。井上選手や田中選手を落とすのではなく、パウンドフォーパウンドはナンセンスだと言いたいのです。
    • 315. たまお
    • 2019年05月24日 15:00
    • >>310
      P4Pっていろんな数値なども考慮されランキングって作られてるみたいですがまあどうしても階級が遠ければ比べるものがないし階級のレベルとかにもよるしまああくまでこういうランキングがありますよって感じでいいと思います。実際に強いものを並べたらカネロなんてジョシュアに勝てないでしょうし50位にも入れない。P4Pは強いものを並べるランキングじゃありません。
    • 327. K
    • 2019年05月24日 20:07
    • >>310
      この文章ではパウンドフォーパウンドがナンセンスの話の内容になってない事に早く気づいて下さい。

      内容は何故か、ウェルター級4回戦の黒い肌をした人間が、バンタム級やフライ級の井上や田中が減量ナシで戦ったら、必ず瞬殺されるので、井上、田中の評価は低い、という内容です。そこからのP4Pナンセンス?

      何故にウェルターとフライの選手で戦う話が出て、比べたがるのですか?
      P4Pの本質わかっているはずです。体重のハンデなんかナシです。

      もうちょっと入り込みます、その4回戦黒人ボクサーは瞬殺する!そう言ったら仮説として、ボクシング経験なしで、めちゃくちゃ弱く素人、たまたま合格しての4回戦デビューのアメリカ黒人ボクサー、弱いと言われる日本人、なのに肌が黒い日本人ウェルター級ボクサー。
      それでも井上、田中は瞬殺されます。
      はっ?逆に瞬殺の可能性もあるかも…。結局、誰で、どんな黒人ボクサーか?絶対井上、田中瞬殺とか言えないのですよ。
      極端に言ってすみません、4回戦黒人を持ち出し井上、田中を瞬殺し、p4pランキング500位以下に押しやる話なんです。
      すみませんボクサーさん、ボクサーなら他人を簡単に瞬殺しないで下さい、ボクサーには大切な家族もいます。痛み、苦労はわかるはずですよ(泣)。
    • 275. maywether
    • 2019年05月23日 09:54
    • >asaさん
      私もネリに練習風景を見た時に説明しずらいものを感じました。技術、スピード、イマイチなのですが、パワーと何かをもってます。
    • 276. maywether
    • 2019年05月23日 09:58
    • >初心者です。2台目さん
      メディアはもちあげて、商品価値をつけるのが商売ですからね。また、もちあげたほうが取材もやりやすいのです。

      英語の勉強なら(英会話)、たくさん聴いて、たくさん話すことです。アプリでもたくさん聴けると思います。TED や VOA ENGLISH や英語ニュース(英語ニュース リスニング)などがおすすめです。
    • 277. オッター
    • 2019年05月23日 10:09
    • 日本代表のサッカーのFIFAランクと、井上のp4pランクは同等でしょうか?
    • 278. オッター
    • 2019年05月23日 10:18
    • 世界は井上の味方ということを考えると、井上がバンタムに上げてからの
      一連のストーリーができますね。結局判定までいっても井上が勝ったでしょう。
      余程の事が無い限り。
      逆に言うと、だから世界はWBSSというイベントに、日本より
      冷めているのでしょうね。
    • 279. ななし
    • 2019年05月23日 10:48
    • アジアで敵のいないテクニシャンの亀海が、テクニックを捨て、サイズ差でコットの距離を縮めて、圧力をかけましたが、1ラウンドで、亀海のパターンは2ラウンドから通用しなくなり、コットの横の動きや、軽いコンビネーションに翻弄され、亀海のパンチもきかない。最後までパンチをもらい続けてましたからね。
      コットは引退間近のブランクのあるボクサー。亀海はダメージを軽減する技術がありましたから、なんとか最後まで立ってられましたが、あれみてはてしない差かあるなと。
      コットはスピードのあるボクサーじゃないのに、コットの動きに翻弄されるという。
    • 282. ななし
    • 2019年05月23日 13:09
    • 伊藤はインサイドワークがよく
      インサイドワークの技術は
      トレーナーのエルナンデスから習得したんでしょう。あと、フィジカルもあり、右の感覚をつかんでいる。
      はやいうちから、アメリカにいき
      レオサンタクルスやオスカルバルデスら、海外の世界王者ら外国人ボクサーとスパをして強くなってるんでしょう。のびしろがまだまだあります。
      ただ空位での決定戦のディアスのそのあとの負けぶりをみると、スーパーフェザーじゃ一番弱いという評価ですね。
    • 283. ななし
    • 2019年05月23日 14:22
    • やはり、パッキャオはアジアナンバーワンのボクサーです。
      ドネアでも、スーパーバンタム、フェザーの壁はこえられません。
      しかし、パッキャオはバレラ、モラレス、マルケスとのフェザーでの死闘を制し、ライト級、ウエルター級までいって、デラホーヤ、ハットン、モズリー、ブラッドリー、コット、マルガリートらと対戦
      メイウェザーとのメガマッチまで
      実現させて、さらには、復帰してら
      ウエルター級でブローナー、サーマン、ウエルター級のラスボス、スペンスまでいこうとしてる。まさに伝説。
      マルケス、モラレス、バレラもすでに名のあるボクサーと対戦し勝利し実績を積んだボクサー。
      長谷川はフェザーどころか、スーパーバンタムでもはねかえされ、栗生も上にあがれず。希望の星だった辰吉もモラレスにやられたサラゴサにあしらわれる始末。
      井上がかつて熱狂させたパッキャオ、マルケス、モラレス、バレラのようにフェザーで大暴れできるなら
      おもしろいですけどね。 
      パッキャオがバレラを倒す出来事は、井上がラッセルジュニアを倒すような騒動でしょう。 
    • 285. maywether
    • 2019年05月23日 18:21
    • >マサマロさん
      P4Pは難しいですね、レベルの高い階級のボクサーが弱く見えますから。そうはいても、ロマチェンコ、カネロ、クロフォード、ウシク、デービス、スペンスジュニア、ゴロフキン、これらが上位7名ですね。

      日本人は、1位ファイティング原田さん、2位大場チャンピオン、3位渡辺二郎、4位井上、5位具志堅ですね。(井上が5位から4位へ)
      https://www.youtube.com/watch?v=rGPJqMMvnQg
    • 286. maywether
    • 2019年05月23日 18:21
    • >元ボクサーさん
      同感ですね。
    • 289. maywether
    • 2019年05月23日 19:27
    • >オッターさん
      P4Pというのは、空想の世界です。妄想です。本来は、重量級のほうが強いのです。普通に無差別でやれば、井上や田中は500位以下か700位以下ですね。

      レベルの低いバンタムでWBSSをやり、また資金面で難しいということは、日本の援助が必要ではないでしょうか?井上は決勝までいかないと困りますね。
    • 290. maywether
    • 2019年05月23日 19:32
    • >ななしさん
      ウェルター級以上になると、日本人や韓国人はアジアでは最強でも世界レベルで戦うとでくの坊になりますね。佐藤はシュトルムに片手でめったうちされ、朴もクォーティに片手で粉砕されました。亀海がコットに翻弄されるのも当然ですね。
    • 292. maywether
    • 2019年05月23日 19:33
    • >ななしさん
      ネリの練習は海外で見ました。練習をじっくり見ると試合以上にわかりますよ。ちなみに、井上や八重樫や田中などの練習は興味がないので見ません。時間の無駄ですね。動画でちょろっと見て終わり。
    • 293. maywether
    • 2019年05月23日 19:41
    • >ななしさん
      そうですね、伊藤はアメリカで成長してます。日本で3年やるのなら、アメリカで3ヶ月したほうがいいでしょう。村田のように、日本で退化した例もありますがw

      パッキャオが戦っていた時のフェザーは今のフェザーとは比べ物にならないほどレベルが高かったですね。なんせ、日本人をことごとく破壊したウィルフレド・バスケスを子ども扱いしたハメドを完封するバレラが大変だったくらいですからね。ウェルターも凄かったですね。クォーティ、デラホーヤといましたよ。パッキャオ以外のアジア人はそこまで来れなかったし、アジアを勝ち抜いても片手で破壊されましたからね。(朴と佐藤)

      パッキャオ > デラホーヤ > クォーティ・シュトルム > アジア最強、片手でじゅぶん 
    • 294. maywether
    • 2019年05月23日 19:51
    • >ななしさん
      長谷川を簡単にKOしたキコ・マルチネスはラッセルジュニアが相手だと全くパンチがあたらず、すぐにパンチを返され、サイドや背後に回られて、滅多打ちされましたね。途中ラッセルジュニアは余裕をかまして、ロープ際でマルチネスに打たせましたが、全てガードや見切りでかわしてました。ラッセルジュニアは攻防のレベルはひじょうに高いですね。
    • 299. ななし
    • 2019年05月23日 20:54
    • >>294
      長谷川はジャブでキコマルチネスの突進を
      とめようとしても、キコマルチネスは低い姿勢からどんどん突っ込んで入ってきます。て長谷川はサイドに回ろうとしてもだめですね。ジャブもかわされだします。
      入られ、打ち合いに応じなければならなくなり、右をあてられダウン。そこから一方的な展開ですね。マルチネスはいいカウンターをいれられ、前に出てきませんでしたが、長谷川は貧弱すぎて、パンチがないので、また前に出てこられて一方的なパワー負け。
      ところが、ラッセルジュニアは低い姿勢のジャブがキコにあたり、キコが前に出ても低い姿勢にして、まとまった機関銃のような適格なはやい連打のパンチで入らせない。そして、キコがパンチをうっても、一瞬でサイドにまわられあたらない。
      キコすすべなしです。
    • 295. ななし
    • 2019年05月23日 19:52
    • カールフランプトン✕ウォーリントン

      中間距離が得意なフランプトンに対して、最初からいきなり、とびこんで中間距離にさせないように、フランプトンのパンチに怖がることなく、もぐって低い姿勢で身体をあててもみあいながら、接近戦で連打を打ち続けた、ウォーリントンの作戦勝ちです。フランプトンは距離をとれず、出鼻をくじかれた。すぐに密着され、身体をあてられながら体力を削られ連打をくりされる。距離をとれないので接近戦で応戦するしかないが
      フランプトンより、ウォーリントンのほうが密着した接近戦の攻防が一枚上手だった。
    • 303. maywether
    • 2019年05月24日 01:01
    • >>295
      ウォーリントンが上手く距離をつぶし、回転の速い連打で責め立てました。あの展開になれば、ウォーリントンのペースです。
    • 296. ななし
    • 2019年05月23日 19:59
    • レオサンタクルス✕フランプトン
      お互い、接近戦を好まず、中間距離での攻防、どっちが勝ってもおかしくない。互角。ときおり接近戦になっても、ずっと接近戦にならずすぐに中間距離勝負になる。

      カールフランプトン✕ドネア
      距離で翻弄され、ドネアのパンチはフランプトンにはきかない。
      ドネアはどんどん体力が削られ、後ろにさげられ、接近戦でもドネアは押されて、パワー負けしだす。ドネアは最後は足にきて、ギリギリの状態。

      やはり、フェザーはラッセルジュニアが抜けている。ウォーリントンのようにひっつき、しつこく身体をぶつけて連打で攻め続けても、あのスピードではラッセルジュニアにかわされる。
    • 304. maywether
    • 2019年05月24日 01:10
    • >>296
      サンタクルス対フランプトンは両試合とも競ってました。サンタクルスは2戦目は戦い方を修正してクレバーに戦いました。

      フェザー級はレベルが高いですね。ラッセルジュニアが抜けてますね。
    • 301. まさお
    • 2019年05月23日 21:28
    • >271
      https://www.nicovideo.jp/watch/sm35147421
      他所様の動画で申し訳ないですが
      こちらの検証動画を見ると井上は押し込まれながらも的確に当てている印象です。タイミング的に危ないパンチも貰っていましたが1Rは井上で間違いなさそうです。私も最初の印象では1R目は井上が落としたかなと思いました。
      正直、スローでみないとわからないですね笑
    • 305. maywether
    • 2019年05月24日 01:15
    • >>301
      編集のトリックです。井上の当たったパンチとロドリゲスの微妙なヒットの箇所をピックアップしてますね。
    • 328. コン
    • 2019年05月24日 23:23
    • >>305
      1Rジャッジ3人全員10-9で井上につけてますが....
    • 302. ななし
    • 2019年05月23日 21:34
    • やはり、フェザーのボクサーは強いです。大沢はバルデスを倒せませんでしたが、まずフェザーのトップクラスのボクサーと戦う前の登竜門として、キコマルチネスと戦ってからでしょう。
      キコマルチネスも壊れてるかもしれませんが、あのキコマルチネスの突進力とパワーを封じれるか、フェザーのボクサーはキコマルチネスの突進力に下げられますが、しっかり対応してます。
      そこからでしょう。ただ、キコマルチネスは歳だし、井上はフェザーにあがれるかどうかわかりませんが、その時代はキコマルチネスはいないかもしれませんね。
      キコの上がスコットグイック、オスカルバルデス、カールフランプトン、ウォーリントン、レオサンタクルス、ラスボスはラッセルジュニアですね。
      スーパーバンタムの現在のトップボクサーは、スコットグイックやカールフランプトンと渡り合えるでしょうか?ドネアですら、落ち目とはいえ、疲弊され体力負けしてはねかえされた。ナバラッテ戦の出来からドグボエはフェザーじゃ厳しいかもしれませんね。
      フェザーはスーパーバンタムのように甘くない。マグダルノ、ドヘニー、ローマンもフェザーのトップクラスに入れないんじゃないですか?
      中国人ボクサーは第2のベルトです。やはり、井上は現段階では、フェザーではパワーレス。
    • 306. maywether
    • 2019年05月24日 01:18
    • >>302
      スーパーバンタムとフェザー級ではレベルの差が大きくあります。マグダルノ、ドヘニー、ローマンはフェザー級では通用しません。
    • 307. たま
    • 2019年05月24日 01:55
    • 結局ドネアと井上はどちらが勝つんでしょうね
    • 311. ななし
    • 2019年05月24日 10:50
    • スーパーフェザーとフェザーの壁もありそうですね。スーパーフェザーのトップボクサーと渡りあたえそうなのは、ラッセルジュニアくらいか?
      山中や長谷川レベルだとフェザーのトップボクサーとやると全員KO負け、西岡でもきつい。
    • 312. JIRO
    • 2019年05月24日 11:24
    • 井上はドネアはもう越えているらしいですよw、パッキャオも超えたのじゃないか?ってマスコミや日本人の試合しか見ないボクシングファン(笑)は言っていますね。
      笑わせてくれます、次回ドネアが負けたとことろで井上は全盛期のドネアとは比べ物になりません、レジェンドのフラッシュドネアを軽く扱われるのは大変憤りを感じますね。
    • 313. ベッカム
    • 2019年05月24日 11:45
    • 私は毎月仕事でイギリスには月に10日~15日滞在してますが、イギリス人にはまだ井上選手の名前は浸透してませんね。日本人なら、サッカーの岡崎選手や長友選手のほうがはるかに有名です。私はまだ井上選手のことを知っているイギリス人とであったことはありません。だから、日本のマスコミの記事には???です。イギリス人で人気ボクサーは、ジョシュア、フューリー、スミス、ブルックとイギリス人ばかりです。おそらく、他国の軽量級ボクサーには興味がないのでしょうね。
    • 356. イックションペ
    • 2019年05月29日 17:47
    • >>313
      そんなこと言ったらゴロフキンやカネロを知っている日本人も、海外のボクシングを見ている人しか知らないでしょ笑笑
      どこの国の人もその分野に興味がなければ母国の人しか知りません
      少し考えただけでわかることだと思いますけど笑笑
      世界的に人気であるサッカーでさえ、現役選手で日本で知られているのはクリロナとメッシくらい ズラタン以下はほぼ知られていないです
      実際、イニエスタが神戸に移籍した時、街頭インタビューで多くの神戸人がイニエスタについて知らないと答えていましたね
    • 314. ななし
    • 2019年05月24日 12:10
    • フェザーのイギリス人ボクサー、カールフランプトンやウォーリントンと絡んでイギリス現地で勝てば
      イギリスで知名度はあがるでしょう。カールフランプトン✕ウォーリントンはものすごいもりあがりでしたから。黒田✕ムラザネがしょぼすきる。

      ドネアをこえるなら、スーパーバンタム、フェザーのベルトをとり、スーパーバンタム、フェザー階級ナンバーワンになればこえられる。
      パッキャオは無理。もともとミニマムの身体でしたが、フェザー、ライト、ウエルター、スーパーウエルターまでいった。井上がバレラ、マルケス、モラレス、デラホーヤ、モズリー、メイウェザー、ハットン、コット、ブローナーやサーマンとやるようなもの。
    • 316. たまお
    • 2019年05月24日 15:07
    • >>314
      ドネアを超えるのにフェザー級のナンバーワンとか盛りすぎです。そのドネアはスーパーバンタム級ですらナンバーワンではなかったのだから。井上がフェザー級で並の王者クラスに勝てれば勲章の数は並ぶことにはなるけどそもそもフェザー級に行くのかが疑問。体格的にバンタムがベストだしその辺ドネアと似てる。
    • 325. ななし
    • 2019年05月24日 17:15
    • >>316
      井上周辺や井上本人のインタビューで
      フェザーの名前が出てきてます。
      おっしゃるとおり、だからといって
      いくかどうかわからないし、ドネアはリゴンドーに負けて、フェザーにあげた、しかしニコラスウォーターズに負け、スーパーバンタム、フェザー階級でNO1になってない。
    • 317. ななし
    • 2019年05月24日 15:39
    • レオサンタクルスなどメキシカンの
      トップクラスのボクサーはオーソドックスが多いですね。
      日本は西岡、長谷川、山中とサウスポー。

      同じフェザーでやはりつけいるのは、サンタクルスよりオスカルバルデス。バルデスはガードをさげるから。近距離になるとあげるが、距離や攻撃に転じる、たまにガードをさげることがある。そこをセルバニアにつかれました。
      サンタクルスは絶対にガードを下げませんね。リカルドロペスもそうでした。
    • 318. みかん畑
    • 2019年05月24日 16:02
    • まぁpfpってのは不毛なのは全ボクサーに当てはまりますよね

      一緒の階級から全員スタートありえないですしね。

      じゃぁなぜpfpの名前にはいるのか
      パワー、スピード、賢さ、試合時の修正力、
      あとは商業とのバランスなんでしょうね

      パワーとスピードだけ見てる人が多そうな気がしてます(^-^)
      てか、それしか見てないやつばっかやろ
    • 357. イックションペ
    • 2019年05月29日 17:51
    • >>318
      P4Pを決めるボクシング関係者がパワーとスピードしか見てないわけないし、関係者じゃなくてもP4Pの意味が分かる人はちゃんと見てるでしょう。
      最近詳しくなったニワカかな?笑笑
    • 319. maywether
    • 2019年05月24日 16:55
    • >たまさん
      ドネアは直近の試合でも、格下相手にかなり被弾していました。最近は、フランプトンやマグダレノにも負けてかげりが見えてます。井上が勝つでしょうね。
    • 320. maywether
    • 2019年05月24日 16:56
    • >ななしさん
      スーパーフェザーはデービスがいますからね。フェザーでは、ラッセルジュニアがスーパーフェザーでも勝負できるでしょう。
    • 321. maywether
    • 2019年05月24日 16:58
    • > JIROさん
      井上はウェルター級までいけるという声もありますね。また、ロマチェンコより上という声もあります。確か長谷川が連続KOした時も、盛り上がりましたっけ。
    • 322. maywether
    • 2019年05月24日 16:59
    • >ベッカムさん
      イギリスでもそうですか?アメリカでも井上は無名ですね。
    • 323. maywether
    • 2019年05月24日 17:01
    • >ななしさん
      オスカルバルデスは距離を保てば判定で勝てそうですね。サンタはやりにくいですね。
    • 324. maywether
    • 2019年05月24日 17:03
    • >みかん畑さん
      P4Pはリング・マガジンが商売用に始めたものでしょうね。読者を刺激し、より妄想で楽しめるようにと。実際の強さは、重い階級のほうが軽い階級より強いのですが、それだと軽量級の多い国には売れませんからね。
    • 330. みかん畑
    • 2019年05月25日 00:09
    • >>324

      ですね

      やはりヘビー級が一番つよいんですかね

      まぁそれだと正直あんまり、ボクシング面白くないかな……

      だって結局体でかいやつが強いんだもんね、実際そうなんすけどね!笑

      絶対的質量の前には勝てない!笑
      自然界だと自然なことなんでしょうけどね

    • 333. maywether
    • 2019年05月25日 15:26
    • >>330
      パンチの破壊力、パンチへの耐久性等違いますから。ただ、トニーのようなディフェンスの天才なら体重差を跳ね返します。
    • 326. ななし
    • 2019年05月24日 17:52
    • 前も書き込み見かけましたが、イギリス人ボクサーな増えたなと。
      チャーリーエドワーズ、ヤファイ、
      バーネット、セルビー、ハスキンス、スコットグイック。
      フライ級やスーパーフライ級バンタム級スーパーバンタム級、各階級に軽量級にも結構いますね。

      フェザーにもカールフランプトンやウォーリントンのイギリスの試合のように、ものすごいもりあがりをみせている。プロモーターやダゾーンの影響もあるんでしょう。
      イギリスはプロボクシングに力をいれてるんでしょう。イギリスで世界戦がさかんに行われるようになってる。あと中国です。
    • 331. 金平糖
    • 2019年05月25日 07:39
    • >>326
      世界チャンピオンという肩書きは、
      その国の興行規模に比例して増殖します。
      認定団体は、より実入りのよいボクサーにタイトルを取らせたいのです。
    • 334. maywether
    • 2019年05月25日 15:29
    • >>326
      イギリスのボクシング熱は重量級が関係してます。ヘビー級で強いボクサーがいる時のイギリスは盛り上がります。
    • 332. たこさん
    • 2019年05月25日 11:29
    • なんか妙にネリを推す声が多いけど、ドネアとやったらさっさと階級上げてほしい。
      ぶっちゃけバンダムで井上の評価を上げる奴いないでしょ。
      個人的にはフェザー級でゲーリーラッセルなんかがいいと思う。きっと面白い試合になるよ
    • 335. maywether
    • 2019年05月25日 15:32
    • >>332
      スーパーバンタムでナバレッテとやるのも面白いし、フェザー級でフランプトンとやるのも面白いですね。
    • 336. ななし
    • 2019年05月25日 15:58
    • ヘビー級にアンソニージョシュア
      スーパーミドル級にカラムスミス、ビリージョーソーンダース
      ミドル級にアンディリー
      スーパーウエルター級にリアルスミス
      ウエルター級にケルブルック、アミールカーン
      スーパーライト級にジョシュテイラー
      ライト級にアンソニークロラ、テリーフラナガがいます。 
      メキシコや中南米アメリカ、東欧だけじゃないですね。

      井上はロドリゲスをイギリスで倒しましたが、イギリスに乗り込んで、イギリス人のトップボクサー、バーネットやハスキンスやウォーリントンやフランプトンを狙うのも悪くない。すでに井上は日本ではイギリス人ボクサーのマクドネルを倒してる。
      ナバラッテ、レイバルカス、レオサンタクルス、オスカルバルデスなどメキシコ勢を倒すならアメリカです。ラスボスはラッセルジュニア
      亀田がスーパーバンタムでバルカスを倒せば、流れがかわります。
    • 346. maywether
    • 2019年05月26日 16:41
    • >>336
      井上はフランプトンやウォーリントンまでたどり着けるでしょうか?そこまで行けば、大したものでしょう。
    • 337. ななし
    • 2019年05月25日 16:07
    • すくなくても、井上はロドリゲスを倒し、バンタム級のトップクラスのボクサーにはインパクトを与えたようです。テテやウバーリがやりたがってる。
      スーパーフライ級のエストラーダも反応を示した。エストラーダはスーパーフラン級かバンタムにあげて井上とやるのか?井上にしてみても、スーパーフライ級時代の強豪ボクサーと試合できなかった無念がある。
      井上はドネアを倒せば、バンタム前後の強豪ボクサーはさらに狙ってきます。
      あとは、タパレス、ディエゴデラホーヤの動きですね。スーパーバンタムやフェザーあたりにのりこむのか。
      バーネットとナバラッテを倒せば、フェザーのボクサーまで関心を示すようになるかもしれませんね。
      井上の価値が高まってくりからです。
      スコットグイックやフランプトンとの決戦も見えてくる。
      なんにしても、ロドリゲス戦あと、対戦相手のレベルがあがってくるのは間違いないでしょうが、ドネアロードやめ、ひきこもり、内山、長谷川、山中コースにいくのか。
      わかりません。
    • 347. maywether
    • 2019年05月26日 16:46
    • >>337
      今後井上は雑魚狩やロートルの相手はやめて、ナバレッテやウォーリントン、フランプトン、ラッセルジュニア等を狙ってほしいですね。井上の価値が上がれば上がるほど対戦のオファーは来ます。某雑誌社が強すぎて相手がいないと間抜けな記事を出してましたが、逆です。井上が断られたのは、価値がないと思われてただけです。今後は、もっと上のレベルの戦いが見たいですね。
    • 338. ペンドルトン
    • 2019年05月25日 17:34
    • 私は井上×ネリが実現したら、井上が圧勝すると思います。ネリとは噛み合うと思うし、スピードは井上が上。ネリもパワーあるけどパンチの重さは井上。打ち合いになればネリは立っていられないと思う。
      井上を攻略するには、ハメドに勝ったバレラみたいにフルラウンド徹底してガードを意識し井上の打ち終わりにしっかりパンチをヒットさせてポイントを取る。絶対に足を止めない。あの時のバレラは冷静で素晴らしかった。
      管理人さんこの戦略、いかがでしょう?!
    • 348. maywether
    • 2019年05月26日 16:49
    • >>338
      パンチのスピードは井上で重さはネリですね。ハメド戦のバレラの戦い方は、ほぼ全てのボクサーは嫌がります。バレラは打ち合いだけでなく、基本のレベルも世界レベルなのです。これは、メキシカンボクサーに共通してます。
    • 354. ななし
    • 2019年05月26日 17:58
    • >>348
      サンタクルスを見たらわかりますが、ガードをしっかりあげ、ジャブもいい。のびてきますし、基本がしっかりしてますね。日本人ボクサーは辰吉も山中もそうですが、なぜガードをさげるのか
    • 339. ななし
    • 2019年05月25日 21:06
    • ハメドは変則的なボクサーで
      反射神経もよく、ありえない
      角度からのパンチがとんできて
      非常にやっかいですが、
      バレラは変幻自在なハメドの
      動きに惑わされることなく
      自分のスタイルをくずさず
      ハメドのスウェーを狙って
      のびるジャブを打ち続けたのが
      よかった。
    • 349. maywether
    • 2019年05月26日 16:50
    • >>339
      ボクシングの基本はジャブです。しかし、世界レベルのボクサーはジャブのさしあいで負けても、別の戦略を用意してますね。
    • 340. ミハレス
    • 2019年05月25日 21:46
    • いつもブログを楽しみにしています。

      管理人さんは以前の書き込みで、ロドリゲスはバトラーやモロニーに勝っており強いと評価していました。
      ロートルばかり対戦している井上は20代の世界レベルのボクサーと初めて対戦するので今回のロドリゲス戦は真価が問われるような事を書いていました。

      結果は井上の2R KO勝ちでしたが、この結果をふまえて井上の実力を、今どのように評価していますか?
    • 350. maywether
    • 2019年05月26日 16:53
    • >>340
      以前のコメントで書いたように、ネリとバーネットの次の3番手です。そして、バンタムはレベルが低いので、可能ならフェザー級で戦って欲しいと思います。スーパーバンタムも、穴なのでスーパーバンタムではナバレッテとやって欲しいですね。
    • 341. 通りすがりっぽい人
    • 2019年05月25日 23:56
    • ラッセル言うほどですかね。マルティネスとかいう下降線のボクサー(雑魚の長谷川をサンドバッグにしましたが、その以外の戦績はムンローとかいう西岡程度にボコボコにされたボクサーに敗れるなどたいしたことが無い)とやりましたが錆びついたように見え、流血ストップが無ければ案外ヤバかったんじゃないですかね。まぁ不人気&雑魚しかいないフェザーゆえに干され続けてますし、全盛期はロマチェンコとやったころでしょうからそう見えただけかもしれませんけどね。
    • 351. maywether
    • 2019年05月26日 16:57
    • >>341
      ラッセルは5年前のロマチェンコとやった時に比べ、錆びてますがまだ強いですね。キコマルティネス戦はあのまま続けば、悲惨な試合になってました。
    • 342. ななし
    • 2019年05月26日 11:30
    • ビデオ判定てバッティングによるノーコンテスト、スーパーフライ級の江藤もついてない。
    • 352. maywether
    • 2019年05月26日 16:57
    • >>342
      ついてないですね。
    • 343. ななし
    • 2019年05月26日 13:27
    • やはり、アメリカは広い
      伊藤の時代でもスーパーフェザーでは天下をとれないか。アマチュアであの広い大陸でアメリカ五輪代表になるだけのことはある。
      へリングはあと一歩で王者を逃していたが、やはりスーパーフェザーでは伊藤が穴だったか。
      ライト級にいたし、ジェイコブスともやったことがある黒人のスピードのある手足の長いボクサーですが、なにもさせてもらえない。伊藤はアメリカで修行してるが、まだまだ課題はたくさんある。あのようなタイプのボクサーは日本にはいないし、岩佐レベルでは練習にならない。伊藤に金魚のふんのように極東のちいさな競技人口も少ない日本人ボクサーがついていって伊藤のスパー相手となって練習してるが、黒人のスピードのある長身ボクサーと練習したほうがよい。あれじゃ、ディアスになにもさせなかったかなスティーブンソンとやっても歯が立たなかっただろうし、デービス、ラッセルジュニア、ロマチェンコには葉が立たない。
      へリングはクロフォードからアドバイスをうけたようだ。
    • 344. ななし
    • 2019年05月26日 14:48
    • サウスポーのへリングの距離に完全にコントロールされたね。へリングは半身の構えで、後ろにさがりながら、さらに懐を深くして、サイド攻撃。足もあるし、はやい。さらに長くはやいジャブ。伊藤が入っていこうとしても、クリンチではぐらかされたり、伊藤のインステップのワンツーもフックをうたれて、バランスをくずされて、グローブをマットにつけたし。伊藤の距離にいっさいさせなかった。
    • 345. ななし
    • 2019年05月26日 15:31
    • あの打ち合い好きなベルチェルが三浦戦では、足をつかい左右に動きながら、距離をとる。三浦はカウンターがあるから、入れない。入ってもバックステップでかわされる。
      ジャブのさしあいでは距離で勝てない。
      長身で懐が深いスピードのある足のあるアウトボクサーに日本人ボクサーはことごとくコントロールされてやられてる。村田、伊藤、三浦
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ