世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

神ディフェンスのボクサーと手本となるボクサー

ボクシングにとって、ディフェンスはとても重要です。そのディフェンスで神業を見せたボクサーといえば、パーネル・ウィテカやメイ、ハメド、そして天才児ウィルフレッド・ベニテス(超至近距離でヒットマン・ハーンズの連打の嵐にさらされながらも上体の動きだけでかわした)の名が浮かびます。

また、少し古くなるが日本人で一番のハードパンチャーの藤猛を空転させたニコリノ・ローチェ(117勝4敗)もディフェンス・マスターですね。

 


その他、マーク・ジョンソンやミドル級からヘビー級までかけあがったジョームズ・トニーの二人の防御もすごい。ともに、防御力があるので上の階級にいっても対応ができた二人でしょうね。

しかし、日本人ボクサーはこれらのボクサーの真似は絶対にしないほうが’いいでしょう。できるはずがないからです。

川島や辰吉でさえ世界レベルではめったうちにされるほどなので、(川島はペニャロサに滅多打ちにされている。その他の世界戦の相手は弱すぎ)日本人ボクサーには日本人ボクサーなりの防御方法を学ぶべきでしょう。

ディフェンスは大きく分けると、顔や体を動かしてよけるのとガードでパンチを殺す2タイプに分かれます。

日本人ボクサーは、ガードでパンチを防御することを学ぶべきですが、良いお手本となるボクサーがいます。アイク・クォーティとリカルド・ロペスですね。

この二人のガードとブロッキングは真似るべきですね。パーリング等へんに動かさず(フェイントにひっかかるので)、きちんとブロックすることを心がけ、地道に練習すれば日本チャンピオンレベルのパンチはほとんどもらわないようになるでしょう。

ただ、ブロックはたんに腕をおいておくだけではありません。当然、パンチを見て対応しなければいけない。ストレートの場合、フックの場合、ボディ・アッパーの場合等、ブロックする位置や角度を変えなければならない。

しかし、これらをきちんと教えられる日本人トレーナーはほとんどいないのです。だから、日本人ボクサーはディフェンスが向上しなくて、簡単に一発でKOされるのです。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html

※日本人ボクサーがプロテイン利用で強くなった記事
http://www.maywetherj.work/archives/53709251.html

※学歴が関係なしで正社員になれる記事
http://www.maywetherj.work/archives/54037655.html  


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

 コメント一覧 (4)

    • 1. オルフェーヴル
    • 2020年07月02日 22:01
    • 管理人さん、参考になるかどうか分かりませんが、こんな動画もあります。最後はアリとダマトの邂逅です。
      https://www.youtube.com/watch?v=qenx90Aimfs
      ガードに頼らないディフェンスはどのボクサーも課題ですが、日本人ボクサーには無理なようですね。
    • 3. nanashin
    • 2020年07月03日 18:12
    • 突然の投稿失礼します。
      ジュニアバンタムの川島さんがディフェンスマスターと呼ばれるくらい日本的なディフェンスの認識ってかなり粗末なんだなと残念に思います。
    • 4. maywether
    • 2020年07月05日 14:13
    • >>オルフェーヴルさん
      ウィキペディアによると、1990年代初頭にグローブのサイズが変化しました。それとともに、ガードが多用されるディフェンステクニックに変化していたっと動画を見ても感じられます。また、重量級になればなるほど、ガードよりパンチを外す方がいいでしょう。さらに、タイソンのように入らないといけないボクサーはなおさらです。思うに、ガードは階級や個々のスタイルによって重要性が異なるでしょうね。ただ、タイソンのようなタイプで、ヘビー級でもある程度は必要でしょう。ダマトはあのご年齢でもアリのパンチが見えるのですね。感心します。
    • 5. maywether
    • 2020年07月05日 14:19
    • >>nanashinさん
      カーン博士が日本のボクシングを見た時に、ディフェンスができないので幻滅したという話があります。そこから、日本ボクシング界の防御技術は少しは向上してますが、欧米に比べるとまだ稚拙ですね。最近なら井岡が一番ディフェンス上手でしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
ギャラリー
  • 本当はこんなに強かった竹原慎二と渡嘉敷勝男
  • 本当はこんなに強かった竹原慎二と渡嘉敷勝男
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • ヘビー級最強のボクサー
  • ライバル対決・メキシカン対プエルトリカン