世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

ライバル対決・メキシカン対プエルトリカン

1970年代後半のバンタム級とスーパーバンタム級には3人のKOキングがいました。カルロス・サラテ、アルフォンソ・サモラ、ウィルフレド・ゴメスです。

 

サラテとサモラはメキシカンなのです。メキシカン同士、チャンピオン同士、凄いレコード同士がぶつかり、サラテが勝ったのです。そのサラテを迎え撃ったゴメスは、プエルトリカンです。

 

サラテが55戦全勝53KO、ゴメスが25戦全勝全KO2人はプエルトリコでぶつかりました。

サラテvsサモラ、サラテvsゴメス収録↓



このように、メキシカン対プエルトリカンという対決はいつも盛り上がり、打ち合い・プライドのぶつかいが必至なのです。

 

カルロス・パロミノ対ウィルフレド・ベニテス、チャベス対カマチョ、チャベス対エドウィン・ロサリオ、アントニオ・マルガリート対ミゲール・コット等枚挙にいとまがありません。

 

しかし、その中でベストファイトはと聞かれれば、サルバドール・サンチェス対ウィルフレド・ゴメスと答えるしかないでしょう。

 

前出した、サラテ対ゴメスの全勝対決ですがプエルトリカンのゴメスがKOしました。

 

勝ったゴメスは上の階級に上がり、それを迎え撃ったのはメキシカンのサルバドール・サンチェスだったのです。そうなると、会場は当然ラスベガスです。

 

試合開始後、ゴメスはいきなりダウンをくらい驚いた表情を見ませました。ゴメスは今まで相手が倒れるのは普通で、自身が倒れる姿など微塵も考えたことがなかったのでしょう。それでも、ゴメスはさるもので態勢を整えて反撃に出ます。



試合は8ラウンドに突入、ゴメスも反撃するも、サンチェスが怒涛の連打で、最後はロープの外にたたき出し、KOしゴメス神話の崩壊を告げました。

 

その後、サンチェスはあのアズマー・ネルソンをも激闘の末破ったのですが、愛車のポルシェでの事故で23歳の生涯を閉じてしまったのです。サンチェスの夢、医者になるという夢は叶わなかったのですが、メキシカンの心の中には永遠に刻まれているでしょう。




技なのです。



※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html

※日本人ボクサーがプロテイン利用で強くなった記事
http://www.maywetherj.work/archives/53709251.html

※学歴が関係なしで正社員になれる記事
http://www.maywetherj.work/archives/54037655.html  


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

 コメント一覧 (23)

    • 1. オルフェーヴル
    • 2020年06月10日 22:15
    • 管理人さんにとっては何を今更でしょうが、マルケス兄はパッキャオとの激闘の後にカサマヨールと対戦しています。身体能力やスピードではカサマヨールの方が上なのでしょうが、マルケス兄は技術とスタミナで上回り、終盤に攻略しました。お見事としか言いようがありません。カサマヨールはリーチとスピードで上回っていたのでしょうが、マルケス兄には関係なくパンチを当てていました。ここでもアッパーが効いていました。マルケス兄は相手が打ってきたらコンビネーションブローのカウンターを返し、相手がひるんだらすかさずコンビネーションブローで追撃、逆に相手が打ち返してきたら、そこをうまくカウンターで返すという高い技術力を持っていますね。ピンポイントパンチャーでもあります。サラテとサンチェスを組み合わせたボクサーですね。畑山や内山ではカサマヨールのようなボクサーの攻略は無理でしょう。日本で無双したのは単なるリーチが長いというだけです。マルケス兄はもちろんのこと、フレイタスやカサマヨール、コラレスには日本人ボクサーは手も足も出ないでしょう。マルケス兄弟はメキシコシティの治安の悪い地区の出身だそうですが、弟はどちらかというと陽気なメキシコ人みたいな顔ですが、兄は治安の悪い地区で育ったという印象そのままの強面ですね。
    • 2. ななし
    • 2020年06月11日 05:20
    • 日本人ボクサーとからめませんでしたが、サンチェスが人気絶頂の頃に、交通事故でなくなってなかったら、ボクシングの歴史はかわっていたかもしれませんね。
      未だにやぶられてない19度防衛、ロイヤル小林を破ったことの、あるべトラザ、無名の若手の売出し中のスーパーフェザー級時代のチャベスとの対戦があったかもしれません。
      もう少しはやければ、アレグリョとの夢のカードもあったかもしれまん

      サンチェスのすごさは、やや変則ですが、相手にいいボクシングをさせておいて、最後の最後でそのボクシングを上回るテクニックを披露する天才で、だからものすごい人気がありました。
    • 3. ななし
    • 2020年06月11日 05:51
    • かつて、NHKスペシャルで、パッキャオを中心としたプロモーターをふくめた巨額なマネーがとびかうマッチメイクなど北中米のボクシングの世界を特集したことがありましたが、あれでバッキャオとマルケス兄や北米のボクシングに興味をもった人たちは結構いたと思います。
      マルケス兄がパッキャオ4戦目が決まったあの喜びようや、パッキャオがマルケス兄のカウンターをくらった衝撃なシーン、アラムやメキシコのプロモーターのインタビューなど 貴重な映像で、海外のボクシングの特集や試合を流す有料のWOWOWのエキサイトマッチでもあのような特集はやらないし、民放は、山中だ、内山だ、長谷川でしたから。しかし、彼らは世界的な海外のボクシングの主役ではなく、メイウェザーやパッキャオにからめません。
      日本の国内向けのテレビ局にもちあげれた極東のちいさな島国の一度も島を出て、海外で試合をしたことのない無名の知名度のない、ガラパゴス王者です。
    • 4. maywether
    • 2020年06月11日 21:49
    • >>オルフェーヴル さん
      日本人ボクサーは、カサマヨールと対戦すらできません。内山は雑魚相手に過大評価されていたので、時代が合えば対戦できたかもしれませんが、レッスンをつけられて一方的な展開で惨敗でしょう。マルケス兄はカサマヨールに手こずりましたが、最後は完璧に詰めました。とてもハイレベルな一戦で、大観衆も満足した試合だったでしょう。コラレスはカサマヨールやフレイタスよりはるかに下のレベルです。コラレスに手も足も出ないのなら、カサマヨールやフレイタスには大人と子供です。
    • 5. maywether
    • 2020年06月11日 21:53
    • >>ななしさん
      サンチェスは変則に見えますが、教科書通りのボクシングです。左ジャブがとても良く、距離感抜群で、右のカウンターもハイレベルです。ゴメスだけでなく、アズマー・ネルソンにも勝ちました。アルゲリョとサンチェスがフェザー級で戦えば、想像を絶する戦いになっていたでしょう。テクニシャンながら、倒すボクシングを両者するので、目が離せないでしょう。
    • 6. maywether
    • 2020年06月11日 21:57
    • >>ななしさん
      山中、内山、長谷川のボクシングをテレビで見て楽しいでしょうか?何回も言いますが、郷土の高校野球予選を見るイメージしかわきません。マルケス兄、メイ、ロマチェンコ、ハグラー、レナード達のボクシングを見てしまうと、山中と内山のボクシングは低レベルすぎて見れないです。日本人ボクサーは、井の中で満足しないで大海を知ってほしいです。知っているが、負けるのがわかっているので大海を知らないふりをしているのかもしれません。
    • 7. ななし
    • 2020年06月12日 07:59
    • 愛知で暴走族をやり、ストリートでなんでもありの喧嘩繰り返し、少年院あがりの、いまや推定年収1億円ともいわれている朝倉兄弟は、アウトサイダーからRIZINへうつり、ユーチューブをつかって、いまや、総合だけじゃなく、キック、ボクシングなどふくめ、格闘の雑誌の表紙になり、いまやもっとも知名度のある格闘家になってますが、そんな朝倉も一歩海を出たら、まったくの無名の格闘家の一人で、朝倉界隈の階級には海外には化け物のような格闘家はゴロゴロいますね。
      ライト級にはマクレガー、ヌルマゴ、フェザー級には、アルド、ホロフェイ、アレクサンダーと強豪格闘家がひしめいてます。UFCだけじゃなく、ONE、ベラトールにもいます。
      キックはマイナーで那須川は公募しなければならないくらい対戦相手がいないようです。那須川はボクシングにいくのか、総合にいくのかわかりません。
      あとK-1の選手がウエルター級に挑戦するようですが、ユーチューブをつかっているようなので、京口とスパーをやってほしいですね。
    • 9. ファン
    • 2020年06月12日 13:01
    • ドネアやメイウェザーから今までボクシングを通して色々と楽しませてもらったでしょうに、日本人に負けたら老いぼれ、劣化ハゲ呼ばわりですか・・・

      マイクタイソンが復帰しRIZINももしかしたらオファーするかもしれないそうです。
      実現したとして年齢やルールの関係でタイソンが日本人に敗れる可能性も十分ありえますがそのときもタイソンをハゲ呼ばわりするんですか?
    • 11. 普通の人
    • 2020年06月12日 23:21
    • ファンさん、しつこい。
      このブログでは日本人に負けたらおしまいですよ。
      空気読んでください。
    • 13. オルフェーヴル
    • 2020年06月13日 20:23
    • 素人目ですが、サンチェスやマルケス兄、リカルド・ロペスに共通していることは、相手の打ち終わりを突く事が非常に上手い事です。何度も話題に載せますが、大橋とロペスを見ると、大橋が様子見のジャブを出すとロペスは横に動いてかわし、速いワンツースリーと3発のパンチを返します。またフックやアッパーを上下左右長短に打ちます。大橋はパンチを避けられるだけでなく、カウンターで返されるので、段々手数が少なくなり、一方的に打たれるだけになります。それにしてもロペスは慎重でした。最後も闇雲に追わず、大橋がカウンターを狙ってくることを読んで、カウンターのカウンターでとどめを刺しました。パッキャオとマルケス兄はマルケス兄がパッキャオの打ち終わりを狙ってカウンターと突き刺してもひるまずに踏み込んできたことや戦法を読んでカウンターのカウンターを返したり、緩急を付けたりで対抗したため激戦になりました。パッキャオとチャベスの戦いも大激戦になると思いますが、マルケス兄とチャベスも大激戦でしょう。ライト級で戦えばさぞ名勝負数え歌になると思います。恐らくマルケス兄のカウンターに対してもチャベスは踏み込んでいくと思います。マルケス兄が徹底的に離れてボクシングをするか、あえてチャベスの距離で打ち合うかで違ってくると思いますが。
    • 14. オルフェーヴル
    • 2020年06月14日 17:11
    • 以前、ここのコメントで大場とガッツは性格が合わなかったと読んだ記憶があります。2人は同い年です。管理人さんによると大場さんはマスゴミ嫌いとか。恐らく大場さんは人見知りが激しく、ガッツのような明るくて陽気、社交的な人間が嫌いだったのではと推察します(真面目で誠実な人が会社で人望があるかというとそうでもないのが人間社会の難しいところです)。大場さんと花形さんは親友だったのは有名ですが、花形さんはガッツとは逆で社交的ではないが、朴訥で丁寧、素朴な面があったので、うまがあったのでしょう。そして小林弘さんにも同じ匂いを感じたので一緒に練習したのだと思います。大場さんは打ち解けるのに時間がかかる人ですが、打ち解けた人からすると明るくて饒舌な印象を持つのではと推察します。ガッツとの話に戻りますが、前田日明がプロレスに女性客を初めて読んだのは藤波さんなんですと語ってましたが、ボクシングの場合は大場さんだととあるスポーツ紙に書いてありました。大場さんの時はおやじしかいない後楽園ホールに黄色い声援が飛んでいたそうです。恐らく、それでもチャラチャラせず人を近づけない面が魅力だったのでしょう。ガッツはそういった面に羨望と嫉妬があったのではないでしょうか。大場さんからすると、試合で駄目だと思ったらすぐにあきらめるような奴は好かんというのもあったのだと思います。私の憶測ですが、花形さんの話し方とか見てると社交的で陽気な人より、都会的でも大人しくて朴訥な人の方が大場さんは馬が合うと感じていたのではないでしょうか。
    • 15. オルフェーヴル
    • 2020年06月14日 17:20
    • 以前、浜田剛史が解説でリカルド・ロペスは相手に余力がある場合は自分のパンチが当たる距離でもあえて行かず、下がる勇気があると言っていましたが、確かにロペスは慎重な面があります。他のメキシコ人ボクサーと比べますと、マルケス兄弟、チャベスは相手に余力があっても踏み込んで行く、サンチェス、カネロ、バレラ、モラレスは中間で時と場合によると見ていますが、如何でしょうか。相手に余力があっても格下の相手なら踏み込むが、互角なら下がるというのが上記4人だと思います。バレラとモラレスは対戦した時はお構いなしに打ち合いましたが。同じ中間派でもロペスに近いのがサンチェス、マルケス兄弟に近いのが、バレラとモラレス、より中間派はカネロだと見ています。
    • 17. BY
    • 2020年06月16日 02:49
    • いつも拝読させて頂き大変勉強になっております。  管理人様はメキシカンのPED使用疑惑についてどう据えてらっしゃいますか? 
      マルケスが最高のボクサーの一人である事は疑う余地もなく、ただ、vsパッキャオ4は未だに物議を醸しております(私個人的には黒かなと)
      もちろんパッキャオも薬疑惑はありますのでメキシカンだけではありませんが、管理人様が仰る勇敢なメキシカンと薬使用の矛盾が出てしまいます。 
      ご存知の範囲の情報、及びお応えできる範囲のご考察でお聞かせ頂けたら幸いです。 
      決して安直な批判などでは御座いません旨ご理解下さいませ。
    • 18. maywether
    • 2020年06月16日 19:17
    • >>ななしさん
      朝倉はファイトマネーも日本人ボクサーの世界チャンピオン以上ですね。いかに、日本人ボクサーのファイトマネーが少ないかです。ボクシングで無観客試合をするのなら、youtubeを使って収益にすればいいですね。京口は朝倉とからんでビュー数やチャンネル登録数を増やしましたね。
    • 19. maywether
    • 2020年06月16日 19:19
    • >>ファンさん
      メイは日本人に負けません。たとえ、50歳になって劣化しても練習なしで日本人最強家に楽勝です。だから、劣化ハゲと呼ぶことは永遠にないでしょう。

    • 20. maywether
    • 2020年06月16日 19:24
    • >>普通の人さん
      別にしつこくないですよ。疑問点があれば、納得するまで言えばいいのです。

      日本人に負けたら終わりというのではなく、雑魚狩好き日本人に負けたら終わりです。結果を残している、木村、井岡、三浦、西岡などに負けてもリスペクトしてますよ。
    • 21. maywether
    • 2020年06月16日 19:42
    • >>オルフェーヴルさん
      そうですね、この3人のメキシカンに共通しているのは攻撃・防御が多彩で攻防一体ですね。体が硬いのに、アッパーが上手でロングのアッパーも打ちますね。普通ひざが硬いとアッパーをスムーズに打てないのですが、この3人は自然に打ちますね。左右、ショート、ロング、ボディなど。チャベスとマルケス兄が戦えば大激戦になるでしょうね。チャベスはタフなので、後半耐久力の差が出るかもしれません。

      大場チャンピオンは女性に人気あったのですか?おっさんやチンピラなどからの人気は凄かったので、意外ですね。それにしても、大場チャンピオンの位置づけはかなり上でした。小林弘さん対西城正三の時に、長島氏とともにゲストで出てたぐらいですから。当時の長島氏はイチローと松井と大谷を足してもはるか上の存在でしたからね。
    • 22. maywether
    • 2020年06月16日 19:47
    • >>オルフェーヴルさん
      リカルド・ロペスはメキシカンらしくないメキシカンです。あれだけ慎重なメキシカンは知りません。練習もストレッチや準備に時間をかけて慎重に体をならしていきます。サンチェスはロペスに近いかもしれませんが、サンチェスは打ち合いますからね。かなり激しく。ロペスはそうはせずに、クールにまず相手を見切ります。一方ロペスは相手が打ってこれない時だけ踏み込みます。カネロはマルケス兄に近い時もあります。
    • 23. maywether
    • 2020年06月16日 19:57
    • >>BYさん
      バルガス、ネリ、マルティネスが発覚したあれですか。以前野茂が言っていたように、自己責任でと思ったりもするし(当然反動が来るので)、ダイナマイト・キッドを見て、悲しくなったりもします。マルケスはやっていないと思うし、カネロはわかりません。ただ、証拠がないので議論はしたくないです。また、野茂の話に戻りますが、相手が薬物をやっていてもねじふせるぐらいのボクサーになってほしいと思います。本来ボクサーは、いつ、なんどきでも、誰とでも戦うという気があり、野茂のように相手が薬物をやっていてもどうってことはないぐらいの気持ちで勝ってほしいですね。私も薬でごつくなったボクサーとスパーをしたことがあるので、パワーアップするのは認識してますよ。
    • 27. 名前
    • 2020年06月17日 00:01
    • この前、一線級の試合ではないですがマレスとアグベコ戦を見ました。試合内容はアグベコがガードを下げボディワークなど頭の振りでかわし、カウンターを狙うといったものですが、このスタイルは黒人以外だと無理と思いました

      同じメキシカンでもバレラにチャベスにロペスにマルケスと色々とありますが、ガードを固めボディが上手く好戦的と一定の共通点があるように思えます。
      ただメキシコのボクシングはどこまで進化しても黒人のボクシングに近くなることはないでしょう
      黒人でもガードを固め堅実に戦う人もいますが、メキシカンからメイウェザーやロイやトニーやウィテカー並みの身体能力を出せる人は出ないと思います
      さらにメキシカンスタイルだと黒人の超人タイプには相性が悪いのではとないかとさらに思います
      ただメキシカンスタイルは日本人でもコピーできそうなところがあり、日本のボクシングはメキシコの十年前を歩んでいるのかもしれません
    • 28. ななし
    • 2020年06月17日 09:58
    • ユーチューブの世界は、テレビの知名度、年上だろうが、肩書、学歴、実社会の経歴、いくらボクシングや格闘技で頂点になっても関係なく、自分ですべて自由に編集して、いかにチャンネル登録と再生回数を増やし、多くの人に見てもらえるかどうかでユーチューブとしての実績が決まりますから。そこがいいんでしょうね。テレビや新聞をつかってテレビや新聞に売り込む必要がないかはら媚びなくても良い。
      世界王者としての実績があっても
      田中はユーチューブデビューしましたが、チャンネル登録が800いくくらいです。
      スパー映像もユーチューブに公開するだけで、金になりますし、テレビのように業界のしがらみがないの、京口✕朝倉のように他競技でもすぐにコラボできるのがよい。
    • 29. maywether
    • 2020年06月17日 21:06
    • >>名前さん
      ガードを下げたスタイルは、アズマー・ネルソンもしていました。一方メキシカンは、ほとんどがガードを高く掲げます。メキシカンのボクシングは、メキシカン同士でのガチガチの打ち合いを勝ち抜かないと駄目なので、必然的にガードが高くなります。それを崩すためには、上だけでは駄目でボディ打ち、アッパーが必要になるので、攻撃は多彩になります。アフリカン・アメリカンは、概して目がよく、反応も早いので、ガードを下げていても勘でよけることができるのです。メキシカン・スタイルは、天才タイプも崩すことはありますが、相性というより相手のレベル次第でしょう。ハメドレベルなら崩せるが、メイレベルは崩せないということですね。日本人ボクサーは、メキシカンのようにガードを掲げ体をふり、ジャブと湾ツーを丁寧にうつボクシングを真似ることができます。
    • 30. maywether
    • 2020年06月17日 21:19
    • >>ななしさん
      ボクサーのyoutubeでは、京口が一番いいのではないでしょうか。朝倉とのコラボで知名度や再生数がはねあがり、他のコラボも検討しているようですね。スパーの動画も適度に解説を入れたり、スパーのテーマや振り返りのコメントを入れてもいいと思います。また、どうせならニエテスやシーサケットなど呼んでスパー動画をとってもいいでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
ギャラリー
  • 17歳で世界チャンピオンになった防御の天才
  • 1970年代・1980年代と現代ボクシングの違い
  • 本当はこんなに強かった竹原慎二と渡嘉敷勝男
  • 本当はこんなに強かった竹原慎二と渡嘉敷勝男
  • 神ディフェンスのボクサーと手本となるボクサー
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング