世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

コロナで今後のボクシング・ビジネスは変革に迫られている

最初に、ボクシングの興行の仕組みを簡単に説明致します。

一般的には、興行主(プロモーターやボクシンジム会長等)が試合を企画・マッチメイク・運営します。

興行の収入は、入場券料、テレビ放映があれば放映料、スポンサーがいれば支援金等が収入になり、そこからファイトマネー、会場費、広告宣伝費、タイトルマッチの場合は承認料等支払われる仕組み
になっているのです。

ちなみに、日本人ボクサーの一般的なファイトマネーは4回戦であれば6万円、6回戦~8回線がが10万円~20万円、日本タイトルマッチで30万円~数百万円、世界戦で500万円~3,000万円ぐらいとなっております。(ファイトマネーは全てが本人に入るわけではなく、マネージメント料(最大33%)を所属ジムに支払わなければならない)

そして、今まで日本人ボクサーのファイトマネーの最高額は辰吉(対薬師寺戦)で1億5千万円以上と言われております。



海外では、フロイド・メイウェザー・ジュニア対マニー・パッキャオで、メイが300億円以上、パッキャオが100億円以上稼いでおります。

アメリカでは、ペイパービュー(有料放送)の収益が莫大な額になり、それがファイトマネーに計上されるので、一部の人気ボクサーのファイトマネーが日本とは桁違いの額になるのです。

ボクシングジムの収入は、練習生からの月謝、興行収益となるのですが、現在新型コロナウィルスの為、ボクシング興行は中止となり自粛している状態です。

しかし、先日愛知県や東京で無観客で試合を行っております。

無観客ですが、大会関係者や選手の為に感染防止対策をしなければならないので、非常に手間がかかったと思います。抗体検査、マスクやフェースガード着用、密集を防ぐための仕切り、消毒など。

おそらく、大赤字だったでしょう。テレビの放映権料や入場券料がなく、会場費やファイトマネーだけが出て行きますから。後楽園ホールでの興行では、2試合のタイトルマッチもあったので凄い額(1,000万円前後)の出費だったのかと思います。

それでも、どこかのジムが先駆けてやらないとボクシングは衰退していくし、ボクサーも収入がなくなってしまいます。



ただ、今後は赤字覚悟でやっていけば先が続かないので、無観客や入場者制限(三密を防ぐ)でも何らかの形で収入を得るシステムを確立しなければなりません。

例えば、youtubeを使ってライブ配信をしたり、インターネットを使って不特定多数から寄付金や激励賞等を視聴者から募ったり、オンラインで選手のグッズやトレーニングウェア、トレーニング機器、健康食品など売る等。

これまでとは比較にならないほど、youtubeなどの動画、ツイッター、ブログを活用し情報発信が必要でしょう。

動画発信は、試合だけでなく世界レベルの選手同士のスパーも発信できるし、練習内容も発信できます。体重の落とし方の指南もできます。それらを通じて、有料会員制度を確立するのもありでしょうね。

そして、そういったビジネスを確立したジムが今後生き残っていくでしょう。ボクシング業界は、非常に古い体質で、これまでなかなか変革ができなかったので、良いきっかけとポジティブにとらえて、様々なビジネススタイルを広げていってもらいたいと思います。

これを乗り切って、また以前のように多くの興行が開催されるのを待ってます!


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html

※日本人ボクサーがプロテイン利用で強くなった記事
http://www.maywetherj.work/archives/53709251.html 

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

 コメント一覧 (22)

    • 1. ななし
    • 2020年07月24日 18:55
    • 朝倉兄弟のいるトライフォース赤坂は代表がアウトサイダー出身のやり手弁護士で不動産投資家ですが、総合格闘技を教えるのではなく、トレーニングジムのようなこともやってます。
      そしてプロの格闘家がジムの会員に直接技術やトレーニング指導したりしており、ユーチューブをつかって、コラボして積極的に総合格闘技やジムの営業、宣伝をしてます。
      ボクシングはライセンス制度でルールによるしばりが多く、思い切ったことができませんね。
      内山も最近ユーチューブをはじめ、朝倉弟とコラボしたり、弟が内山のジムに通っていたり、ボクシングもユーチューブやSNSをつかって動き出してますね。
      亀田父もボッタクリバーの企画をやったり娘をつかい積極的に宣伝してますね。
    • 2. maywether
    • 2020年07月26日 12:27
    • >> ななしさん
      ライフォース赤坂のスタイルは、今後のボクシング界が参考にできるビジネスモデルでしょうね。そこには、古い制度が邪魔をしてますね。判子を押しに会社に行く必要があって、リモートワークができない様になんだか似てますね。

      内山は柔軟な考え方なので、朝倉兄弟のことを参考にしていると感じます。田口とのやり取りも面白かったし、今後伸びるでしょうね。亀田家もさすがにビュー数は多いし、かなり稼いでますよ。
    • 3. ななし
    • 2020年07月26日 13:26
    • 朝倉弟と絡んでいる内山なら、亀田、京口、所属ジムの女子ボクサーと素人とスパーさせた竹原、井岡や総合、K−1のユーチューバーなどとも垣根をこえて絡めそうですね。
      町の喧嘩自慢にボクシングをさせるとか、モーニングルーティンはどうなのかとか、殴られ屋とコラボするとか。
      前田✕朝倉のコラボはおもしろかったですが、ボクシング以外の人たちとコラボすれば化学反応がおきておもしろいし、ボクシングの競技レベルもあがるでしょう。
      人気ユーチューバーのラファエルとからんでましたが、ボクシングだけじゃなく、いろんなアスリートや人気ユーチューバーとコラボしたらおもしろいかもしれません。帝拳系のコラボは厳しいかもしれませんね。
    • 4. ななし
    • 2020年07月26日 19:48
    • 亀田3と井上を挑発していたナバラッテのスパーは貴重ですね。亀田3はメキシコの現地のトップレベルの選手と皮膚感覚でスパーしているので、日本では味わえない体験をしてます。
      身体が柔らかく、パンチを流す技術があり打たれ強く、タフで、スタミナ、リーチがあり、スイッチをくりかえしながら、いろんな角度からパンチを打つのでややっこしいと。とまったら勝てない、スピードには弱いといってます。
    • 5. 通りすがり
    • 2020年07月27日 01:35
    • 朝倉未来は動画でしゃべってましたが現在月収4000万超えてるみたいですね。
      朝倉と結構コラボするYouTuberのラファエルが年収4億と言ってますが、ラファエルより再生数が多かったりする朝倉なら妥当な月収って感じですかね。
      朝倉より稼ぐ日本人ボクサーは居ないでしょうか。
    • 6. ななし
    • 2020年07月27日 08:03
    • 弟もまあまあですが、朝倉兄のユーチューバーとしての一年前の月収400万が現在の月収4000万。トライフォース赤坂のインストラクターでの給料やファイトマネーなど含めると年俸5億くらいだからすごいですね。
      コラボのオファーも殺到してるのでしょう。
      ファイトマネーをジムにとられ、チケットも手売りする現状に嫌気がさすのも無理ないでしょうか?

      ユーチューバーの京口がRIZINの榊原代表とコラボしてましたが、朝倉のことをつぶやいた京口に井上尚弥がツィッターでボッタクリバーをやってくださいと朝倉を意識するような書き込みをやり絡んでましたが、さすがにこのような流れからボクシングをふくめた格闘家はこれからどんどんユーチューブに参入してくるでしょう。実際朝倉の企画をばくってるユーチューバーをみかけます。
      和氣もユーチューブはじめましたし、長谷川、田中もはじめましたが思ったほどのびてないようです。

      村田や親族が引退した井上ら地上波で稼ぐ帝拳陣営もどんどんファンをとられますからうかうかしてられませんね。
    • 7. オルフェーヴル
    • 2020年07月27日 21:57
    • ボクシング界に変革という文字はありません。国も不確実性の時代にどう対処するか、企業変革力が求められる、それはデジタル化だと言っているのですから、管理人さんが書かれたyoutube、ツイッターを利用するのは当然でしょう。トライフォース赤坂の代表に話を聞きに行くことくらいはしないと駄目でしょう。今の上の連中は自分の時代が持てばいいという堕落した考えでしょうが、それはコロナウイルスで駄目になりました。それも理解できないのかもしれません。まだ相撲協会のほうがマシです。
    • 8. オルフェーヴル
    • 2020年07月27日 22:12
    • 先日書いたマルケス兄の続きですが、浜田剛史がリカルド・ロペスがロッキー・リンをKOした試合で言葉足らずでしたが、ロペスが届かないと思った距離からパンチを当てるだけでなく、倒せるパンチを打てることを凄いという事を言いたかったようでした。マルケス兄もそうですね。マルケス兄のフェザー級時代の試合でマルケス兄が得意のアッパーでKOした試合ですが、素人目に見ますと相手に届かないと思った距離から急所を捉えるアッパーを打ってKOしていました。おそらく相手は届かないと思っていたと思います。いきなりアッパーが飛んできて対処できなかったようでした。マルケス兄がアッパーが得意だというのは分かっていたと思いますが、それでももらってしまうのは距離勘だと思います。それとマルケス兄はスタミナがありますね。特に8R以降強いですね。パッキャオとあれだけ打ち合ってもスタミナが落ちないのは元々の心肺能力が高いのでしょう。
    • 9. ななし
    • 2020年07月28日 11:29
    • トライフォースがやっているのフィジカルトレーニングは、ボディビルダーのような部分的に鍛えるウエイトトレーニングじゃなく、HITトレーニング。身体全体の動ける筋肉、遅筋、速筋や心肺機能をうまく鍛える、サーキットトレーニングににてますね。
      バービージャンプ、腕立て、ケトルベルトレーニング、ランニング、ボックスジャンプ。
      トレーニングの動画を流しただけで、再生回数を増やし、金にするわけですから、非常に宣伝がうまいです。

      料理系で売り出している井岡の動画を見ましたが、トークが下手くそでしたね。
    • 10. ななし
    • 2020年07月30日 12:55
    • 日本ボクシングのネット動画配信戦略がまったくなく、現役のボクサーでは京口が頑張ってるくらいです。

      頑張ってチャンネル登録を10万こえましたが、他のボクサー、あるいはボクシングジムのユーチューブ戦略はうまくいってないですね。
      横浜光ジムはなかなか頑張ってるほうですがわ28000人くらいです。

      ボクシングの興行を打つには、テレビ局や広告代理店だけでは限界があり、ネットでチャンネル登録をふやし、ネットで人気や知名度をあげチケットを買ってもらうしかないでしょうが、だからといって、チャンネル登録20万のRIZIN、チャンネル登録30万のK−1に流れているファンや一般のボクシングの知らない層にチケットを買ってもらうように着てもらうしかないでしょう。

      ボクシングでは看板といわれる村田はもっといくと思いましたが、ユーチューブははじめたばかりですが、以外に数字がのびないですね。
      井上が所属している大橋ジムはチャンネル登録が5460人とまるで人気がありません。
      ユーチューブの数字だけなら、RIZINやK−1の選手が圧倒しています。
      現役ボクサーではないのに、亀田父が33万人とボクシング関係では圧倒してます。
    • 11. maywether
    • 2020年07月30日 20:50
    • >>ななしさん
      ボクサーも様々な競技の選手と絡むのはありでしょうね。ただ、本質はボクシングで軸はぶれないでほしいですね。そして、ボクサーの凄さをや違いを見せてほしいです。
    • 12. maywether
    • 2020年07月30日 20:54
    • >>ななしさん
      ナバラッテ相手には、ヒットアンドアウェーを12ラウンド続ければ勝てます。ただ、かなりスタミナが必要でしょうね。
    • 13. maywether
    • 2020年07月30日 20:56
    • >>通りすがりさん
      4億とか月収4,000万円とは、夢のある話ですね。日本人ボクサーなら、世界王者でも1,000万円×年間2試合ですからね。
    • 14. maywether
    • 2020年07月30日 21:00
    • >>ななしさん
      ボクサーがyoutubeでも頑張ってほしいと思いますが、あくまでもボクシングを軸にし、ボクサーの凄さを広めたり、強かったボクサーの話や凄い戦いを一般人に広めてほしいです。だから、京口より横浜光ジムや赤穂の路線の方が好きだし、好感がもてます。京口も度がすぎると、朝倉のネームバリューをかりる金魚の糞になりかねないと感じる部分もあります。ボクサーとして、強さをもっと前面に出してほしいですね。
    • 15. maywether
    • 2020年07月30日 21:05
    • >>オルフェーヴルさん
      私は横浜光ジムが変えて行くと思ってます。会長は大学卒で商才もあり、元ボクサー(OPBF王者でランディ・スイコに勝ってます)でもあり、貴重な人材でしょう。海外との交流もあり、海外の良い部分を柔軟に取り入れてます。コロナ状況下でライブ中継もあるようです。
    • 16. maywether
    • 2020年07月30日 21:07
    • >>オルフェーヴルさん
      マルケス兄の右アッパーは距離が出ますよね。ショートも打てるし、時にはボディにも来ます。そして、フェイントが多彩であて勘に優れているのでもらってしまうようですね。
    • 17. maywether
    • 2020年07月30日 21:09
    • >>ななしさん
      トライフォースのフィジカルトレはいいですね。全身を鍛え、連動させないと筋肉はだめです。

      井岡は料理の動画をアップしているのでしょうか?そんなことより、ヌエテス戦やパリクテ戦を語ればいいと思います。
    • 18. maywether
    • 2020年07月30日 21:15
    • >>ななしさん
      横浜光の戦略はぶれがなく、芯がしっかりしているので、良いと思います。京口のように朝倉の名前で登録者数を増加させるより、横浜光ジムのように実際にネット中継にお金を出してくれる人を増やす方が、長期的には良いでしょう。まずは、ボクシングが好きだけど他に気が向いている人を取り込み、次は他の格闘技やスポーツ好きを取り組み、そして一般層を取り込めばいいでしょう。

      亀田父の33万人は、ボクシングを見ない層で潜在的にもどうかな?と思います。それより、横浜光が賛同するジムと組んで、さらなる増加を図っていけば結果は出てくると思います。
    • 19. ななし
    • 2020年07月31日 04:23
    • ボクサーの一日の朝からのルーティンとか、ボクサーがどんなフィジカルトレーニングをやっているのかとか、海外はどうのかとか、マッチメイクはどう決まるのかとか、プロテストはどうかとか見たい人は結構いるとは思います。
      AbemaTVが亀田や人気ユーチューバージョーやポストをつかって
      プロテストに合格させ、実際スパーや試合もやらせましたが、おもしろい企画をどんどん出せば、ボクシングを視聴したり、観戦する人や興味をもってくれる人が増えるでしょう。
    • 20. ななし
    • 2020年07月31日 10:58
    • ボクサーは憧れる存在にならないと、注目されませんね。人気商売でもあるわけですが、世界王者になってもバイトしてる状態だし、チケット手売りだと夢がないでしょう。
      人気ユーチューバーと絡んで知名度をあげるのは悪いことではなくむしろそうやって知名度をみなあげていってます。
      HIKAKINやはじめしゃちょーやヒカルやフィッシャーズやCanCamの表紙だった女優の池田エライザと同棲する水溜りボンドなどめちゃくちゃ稼いでいるユーチューバーに憧れるわけで、彼らをこえるようなボクシング界で人材が出てこないと人気がでてこないでしょう。
    • 21. maywether
    • 2020年07月31日 21:13
    • >>ななしさん
      世界王者が、練習方法をアップするのはいいですね。マッチメイクのことや世界戦の段取りのことなどは、金平会長が近いことを言っていたのではないでしょうか?あと、八重樫がデビュー前のシーサケットとやったことは、横浜光ジムが暴露してました。シーサケットは、ボクシングではなくアルバイトでいくと思ってたみたいですね。
    • 22. maywether
    • 2020年07月31日 21:16
    • >>ななしさん
      今なら、井上、井岡しか注目されてないですね。youtubeで知名度や注目度をあげるのはいいですが、本業はボクサーです。コラボもいいですが、ボクサーの凄さを思いっきりしらしめてほしいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
ギャラリー
  • 5人の日本人キラー
  • 17歳で世界チャンピオンになった防御の天才
  • 1970年代・1980年代と現代ボクシングの違い
  • 神ディフェンスのボクサーと手本となるボクサー
  • 史上最も偉大なスポーツ選手
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング
  • 世界チャンピオン達のトレーニング