世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

カテゴリ: その他

以前アメリカに住んでいた時に感じたのですが、ほとんどのアメリカ人は日本のように、華奢な体型やスリムな体系を嫌い、適度についた筋肉(もしくはかなりの筋肉)が美しいとされるため、たくさんのアメリカ人はプロテイン摂取しているのです。

筋肉を再生、増強するのに、効果的かつ簡単にできる方法としてプロテインが重宝されているのですが、ある調査によると、プロテインサプリマーケットは12.6兆ドル(2016年)の市場なようなのです。だから、プロテインやサプリはアメリカの方が進んでおり、たくさんの種類があるのです。

何が日本製プロテインとアメリカ製が違うのか?味という声は多いですが、そんなことより一番大きな違いはタンパク質含有量でしょうね。

単純に比較してみると、日本製の人気プロテインの「ザバスのホエイプロテイン100 ココア味」があり、国内では最もポピュラーなプロテインでもあります。

このプロテインで1回あたり約15.5gのタンパク質を摂ることができます。一方のアメリカ製のプロテインは、ほとんどが1回に含まれているタンパク質は20g以上なのです。

だからといって日本製のプロテイン全てがダメだというわけではなく、国内のプロテインでも近年ではアメリカを参考にし改良を重ねた結果、非常に高品質になった商品もあるのです。

例えば、パーフェクトパンププロテインという大人気のプロテインがあります。このプロテインは、プロテインの他にもHMB、クレアチン、アルギニン等筋肉に必要な栄養素がほとんど入っているので注目をされてます。そして、1番重要なタンパク質含有量は1杯約25gとアメリカ製にひけをとりません。

パーフェクトパンププロテインの公式サイトはこちら 



そして、株式会社ライドがネット通販で独占販売している「HMB極ボディ」は、アメリカの特許を備えおります。

ちなみに、亀田兄と2号のおススメでもあり、会見場で以下のように述べております。

「先日も海外に行っていたので、わかるのですが、海外のほうがこういうサプリメントが進んでいるところがあります。この商品がアメリカから特許を取って日本で発売されることは、我々のようなトレーニングをするような人にとっては歓迎すべきこと」

HMB極ボディの公式サイトはこちら 
 



HMB極ボディ最大の特徴は、HMBの含有量は2,100mgですが、実質的な吸収量は3,150mgとなっています。私が知っているプロテインでHMB配合量が2,000mgを超えるのはあまりなかったと記憶しております。

HMBについては、こちら → https://www.rehabilimemo.com/entry/2017/10/26/160719

これら2つのプロテインは、日本製でありますがアメリカ製をまね、かつ改良したものなので効果抜群で人気があるのです。

ボクシングもそうなのです。日本人ボクサーは、もっとアメリカやメキシコ等のトレーニングを取り入れればいいのです。

わからないのなら、海外に行き海外のジムで修行をして、トレーニング法を持ち帰ればいいのです。ついでに、いいトレーナーを見つけて定期的に日本に呼べばかなり強くなるでしょうね。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

1週間ほど前に、橋詰や京口などのボクサーの犯罪の記事を掲載致しました。http://www.maywetherj.work/archives/53058492.html

けっこう、現役ボクサーや引退したボクサーの犯罪をよく目にします。

コメントでは、ボクサーは社会不適合者だといったものもありましたが、要は環境が悪いのでしょう。

本来はきちんとした企業で働くべきなのに、飲食店でのアルバイト、土方、工場工、ブラック企業等でしか働く機会がなく、そうした劣悪な環境で働くうちに心もますますすさんでいくのでしょうね。

なぜ、多くのボクサー達(多くの引退したボクサー)はきちんとした企業で働かないのか?また、ホワイト企業や正社員として働かない人が多いのでしょうか?

学歴?チャンスがないから無職?

しかし、日本の企業は10代・20代の方にはチャンスをどんどん与えてくれる土壌があるのです。

例えば、DYM就職という転職サイトは(10代・20代限定)職歴や学歴問わず、書類選考なしで企業面接へ進めるのです。

ということは、従来では必須の書類選考・一次選考が組み込まれていないため、企業の人事の方や社長と直接最終面接をすることが可能なので、正社員として働く機会が目の前にあるのです。

(『書類審査なし』で、いきなり面接まで進める理由はDYM就職のマッチング力の高さと企業からの信頼にあります。だから、おすすめサイトとしてよく紹介されてます)

既卒や第二新卒だけでなく、フリーター・ニート・中卒・高卒など社会人経験の少ない方をも対象としているので、第二新卒・既卒・フリーター・ニート達の96%が正社員になって活躍されているのです。

ご登録はこちらから↓

ボクシングをやっている人、ボクシングを引退された人、またブラック企業で大変な人、正社員として働きたい人等は登録をしてください。登録料は無料だし、面談や紹介でお金は発生しません。

ボクサー達は、ボクシングを引退した後の方が長いのです。また、ほとんどのボクサーはしっかりと教育を受けていないので正社員になる機会が少ないですね。

そして、これまでと違って仕事内容のことも考える良い機会だと思いますので、これまで転職エージェントに相手にされなかった方も、登録して頑張りましょう。


※下記サイトから、BCAAを多く含んだプロテインを購入すると 約半額(9,480円が4,800円)となります。(オードリーの春日も使っており話題になってるおります)

  
 
にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクサーはけっこうな減量をします。特に日本人のボクサーは昔からかなりの減量をしてきました。ファイティング原田さん、ガッツ石松等は普通に短期間で 10kg以上落としてますね。

ただ、ボクサーの減量は計量時までに落とすだけであって持続できないのです。前日計量にシフトされた昨今では、おそらくほとんどのボクサーは1日で 5kg以上体重が増えているでしょう。中には、10kg前後増えるボクサーもいるのです。

今回は、そんな減量ではなく正しいダイエット法を書いてみます。私も、20代後半頃からたびたびダイエットを行ってきましたので自身の成功例や身近の人の成功例を列挙します。

以前筋トレで紹介しました、HMBはダイエットにも効果的です。http://www.maywetherj.work/archives/52460017.html 

HMBの正式名称は「βヒドロキシβメチル酪酸」といいます。サプリメントとしては2010年に販売が許可された成分で、医療の現場において入院中の寝たきりの患者さんに投与する事で筋力の低下を抑えたり、リハビリをしている方の筋力増加などの目的で使用されていた成分なんですね。

「HMBはプロテインの20倍効率がいい」とされてます。ダルビッシュがまわりのメジャーリーガーの影響をうけて(自身でも研究した結果)、HMBを使用しております。https://twitter.com/faridyu/status/445363060392214528

こちらに、安くて効果的なHMBのサイトを見つけましたので、ご興味のある方はご覧ください(購入もできます)。

  

ただ、このサプリメントを飲むだけでは筋肉増強・ダイエットはできません。あくまでも筋トレをして筋肉をつけ、脂肪燃焼をさせてのダイエットです。

また、カプサイシンやカテキン等のサプリメントもそうですね。それらを摂取しただけではだめで、あくまでもトレーニングや運動した時の脂肪燃焼をサポートする役割なのです。

なかなか飲むだけでやせるサプリメントはないものです。

しかし、知人たちが楽して成功したサプリメントを2つ共有します。

1つ目は、おなかの脂肪を減らすサプリメントとして口コミが広がり認知度が広がっているシボヘールです。

機能性表示食品のひとつで、「おなかの脂肪を減らす」がキャッチフレーズです。「葛の花由来のイソフラボン」という機能性関与成分が、おなかの内臓脂肪と皮下脂肪にアプローチして分解を促し、燃焼しやすいカラダをつくってくれるサプリメントです。

ちなみに、葛の花由来イソフラボンの効果は、肥満の予防・内臓脂肪の燃焼促進・内臓脂肪の蓄積を抑制なのです。

口コミでは、「飲み始めて2ヶ月で、ウェスト周りが5センチ痩せました。最初の1ヶ月はほとんど変化がなくて不安だったけど続けてよかった」 「便秘に悩まされていたけど、お通じがよくなった。体重もストンと2キロほど落ちました」といったものがあります。

正しい飲み方は、食事の30分前に4粒まとめて飲むことだそうです。また、初回限定価格で3218円のところ、たったの980円で購入できます →こらちから980円でシボヘールが購入できます 


これまで、いろいろとお金をかけてきたがイマイチだった方、毎日忙しくてまとまった運動ができない方、頑張ってもなかなか体重が減らない方、まずは2ヶ月間トライしてください。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村


もうすぐ、ゴロフキン対カネロ(サウル・アルバレス)の世紀の再戦ですね。ゴロフキンもカネロも体格がごつく、マッチョでとても格好いい体型です。

日本人ボクサーは、欧米やタイ人やフィリピン人ボクサーに比べて、貧弱で惰弱で弱い。体が強い欧米のボクサーですら、筋トレ、体幹トレ等をし、またプロテイン等もしっかりととるアスリートが多いのです。

一方日本人ボクサーは無理な減量をするボクサーが多いため(より小さなボクサーとの対戦を好むため)、筋トレやプロテインは未だにご法度としている選手も多いでしょう。

日本人ボクサーの中では、西岡が30代を超えてからプロテインを使用しだしたと聞いてます。30代というのは、代謝も落ちて贅肉がつきやすくなるし、筋肉もつきにくくなるし、また回復も遅くなるのです。そうした時に、西岡はトレーニング法を見直して2000年以降の日本人NO1ボクサーになり、海外でマルケス弟やジョニー・ゴンザレス(長谷川を簡単に4ラウンドでKO)を打ち破ったのです。

ここでプロテインのことを簡単に説明します。基本的にプロテインはタンパク質の塊で、タンパク質というのは運動などで傷付いた筋肉を強化して、補修するための成分です。

アスリートの方でなくても、一般の方でプロテインを活用されている方はたくさんいます。私も以前活用し、肉体改造をしました(3ヶ月で見違えました)。私はボクシングを全くやらなくなってから、体がたるんだことや肩や胸の筋肉をつけたかったので(ボクシングでは胸の筋肉がつきません)、筋トレとプロテイン活用で肉体改造に着手したのです。

筋トレで筋肉がつけば人生は変わると思います。夏などは、女性からの視線も激増するし自分自身に自信をもてます。変なチンピラもからんでこないし、代謝がよくなり太りにくくなります。そして、毎日が楽しくなりますね。

私は筋肉がつきにくい体でしたが、プロテインを活用したせいでかなりの筋肉がつきました。また、5年以上経過しても維持できております。

しかし、プロテインはたくさんあるのでどれを使えばいいのか迷われるでしょう。私もたくさんのプロテインを試しましたが、BCAAを多く含んだプロテインが一番効果がありました。

BCAAというのは、Branched Chain Amino Acidsの略称で、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれます。必須アミノ酸にも含まれるバリン、ロイシン、イソロイシンがこれにあたり、私たちの筋肉を構成するタンパク質(筋タンパク質)に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めるなど、筋肉のエネルギー代謝に深く関わっています。

下記サイトのプロテンはBCAAを多く含んだプロテインで、オードリーの春日も使っており話題になってるようですね。こちらのサイトから購入すると約半額(9,480円が4,800円)となります。
    ↓


もし、今までプロテインを試してあまり効果がなかった方はHMBを試されてもいいでしょう。HMBを間単に言いますと、「HMBはプロテインの20倍効率がいい」とされてます。ダルビッシュがまわりのメジャーリーガーの影響をうけて(自身でも研究した結果)、HMBを使用しております。https://twitter.com/faridyu/status/445363060392214528

こちらに、安くて効果的なHMBのサイトを見つけましたので、ご興味のある方はご覧ください(購入もできます)。



最後に、手っ取り早い筋トレ方法はダンベルの活用をお勧めします。ダンベル1つあれば、様々な部位(大胸筋、上腕二等筋、上腕三等筋、三角筋、僧帽筋等)の筋トレができるからです。

 

ダンベルや様々なトレーニング用具はこちらから購入ができます。



スポーツジムに行くのが面倒ならば、自宅でダンベルとプロテインとで肉体改造ができるかと思います。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクサーはなぜ減量をするのか? 理由は2つあるでしょう。

1つは、余分な肉をそぎ落とした方が動きに切れが出て、速いパンチ・速い動きができるからです。

そして、もう1つの理由は少しでも小さな相手と試合がしたいからでしょう。例えば、普段60kgのボクサーがライト級でライト級のボクサーと対戦するより、10kgほど絞ってフライ級で出るほうが勝つ可能性が高いし、何よりより小さく・よりパンチのない相手と試合ができます。

ある程度の減量は、動きに切れが出て、そのボクサーも強くなります。例えば、普段60kgのボクサーが5kg~7kg絞って、スーパーバンタム級やバンタム級で試合をすればいい動きができます。

これが10kg前後絞りフライ級で出ると明らかに減量疲れ等が出て、パワーがなくなるばかりかスタミナもなくなり、コンディションがうまく作れないでしょう。

しかし、自分のコンディションが悪くてもより弱い相手。よりパワーのない相手と試合がしたいため、日本人は過度の減量をする傾向があるのです。

私は、過度の減量をするボクサーは「私はより小さな相手・よりパワーのない相手と試合がしたい」と言っていると感じますが、世間は「減量大変だな。頑張れ」となってます。

中には減量が辛いので、周りに当り散らすボクサーもいるのですが、誰もそのボクサーに減量してくれと頼んだわけではないのです。そのボクサーが、より小さな相手と試合がしたいから減量しているだけであり、嫌なら減量せずに試合をすればいいだけなのです。

ただ、ファイティング原田さんや白井義男さんが世界チャンピオンになった当時は 今のように17階級ではなく、たったの7階級だったので(加えて1団体しかない)、無理な減量をしないと世界では戦えない環境にありました。

その後、階級や団体が増えていくのですが1つの漫画が減量に対してポジティブな印象を植え付けたのです。その漫画は、ご存知あしたのジョーですね。

力石徹がライバル矢吹丈と戦うために、ウェルター級からバンタム級まで下りてくる壮絶な減量があり、力石はそれを乗り越えて、試合にも勝ったのです(その試合で力石は死亡)。

力石の減量は矢吹と戦うためだったので仕方ないと感じますが、ほとんどの日本人ボクサーの減量はそうではなく、弱い相手と試合をするためなのです。

だから、無理な減量をしていて「減量きつい」とうるさく言うボクサーには、「そんなに小さな相手と試合がしたいの?」と言ってあげてください。

最後に減量はボクサーだけでなく、ほとんどの方の健康にいいかと思います。私も、炭水化物を抜いたダイエットをしたり、野菜を増やして食生活を改善したダイエットをたびたび決行しております。

しかし、なかなか続かないのが現状なので、下記アプリ(専属AIトレーナー 無料でダイエット)とともに減量を行うのもいいかと思います。

一度、お試しください。

ps. 途中入力画面で有料プランの提案がありますが、私は無料プランで行ってます。今、ストレッチやツイストの指令が出て(動画にて)、実行しております。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村
 

このページのトップヘ