世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

カテゴリ: 世界と日本のレベル差

中・重量級のアジア人ボクサーにとって、黒人ボクサーはひじょうに高い壁であります。

古くは、アジア人最重量級チャンピオンの白仁鉄がジュリアン・ジャクソンに3ラウンドでKOされています。

白仁鉄はデビュー以来26連続KOするほどアジアでは敵がいなかったのです。(宮田、堀畑、田島達は簡単にKOされている)

しかし、ジュリアン・ジャクソンには3ラウンドにつかまり、左フックで吹っ飛ばされてダウンを喫し、なんとか立ち上がったがコーナーまで簡単につめられストップ負け。



佐藤仁徳、吉野をKOした朴も、アイク・クォーティの左1本でやられているし、日本人で唯一ミドル級チャンピオンになった竹原もジョッピーに9ラウンドTKO負けをくらっている。

しかし、さすがにパッキャオはクロッティやブラッドリーに勝っており 黒人ボクサーといえど、関係がないようなのだ。(パッキャオは次元が違うのでもはやアジアという枠ではくくれません)

現在、村田がミドル級で活躍してますが、村田がチャーロやジェイコブスやアンドラーデ達をKOする場面は、全く想像できません・・・

※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

前回の記事で日本人は競技人口が少ないバンタム以下でないと、世界で戦うには厳しいと述べました。

事実、ライト級以上になると世界チャンピオンは激減するし、競技人口が1番多くレベルの高いウェルター級では日本人世界チャンピオンは歴代ゼロなのです。

以前、レベルが1番高い階級としてウェルター級をとりあげましたが、今回もウェルター級関連とさせていただきます。http://www.maywetherj.work/archives/52561528.html

実際1980年代に活躍していたシュガー・レイ・レナードやトーマス・ハーンズのボクシングを見た時は驚愕しました。あまりにも、日本人ボクサーとのレベルの差に・・・

その後も、パーネル・ウィテカ、オスカー・デ・ラ・ホーヤ(スーパフェザー級~)、フェリックス・トリニダード、アイク・クォーティ、シェーン・モズリー、マニー・パッキャオ、フロイド・メイウェザー・ジュニア等、そうそうたるボクサーがウェルター級を征してます。

日本人ボクサーにおいては世界挑戦することも難しく、辻本(クエバスに挑戦するも6ラウンドKO負け)と龍反町(パルミノに挑戦するも7ラウンドKO負け)と尾崎富士雄(ブリーランドに挑戦するも4ラウンドTKO負け)

ちなみに現在の日本ウェルター級チャンピオンは永野祐樹。下記動画を見ると、世界との差が一目瞭然でした。



日本人ボクサーが世界ウェルター級チャンピオンになるのは何年後でしょうか?

※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

伊藤雅雪がジャメル・ヘリングに完敗しました。伊藤でさえ、軽く翻弄されて何もできないままの惨敗でした。

日本人ボクサーは、欧米人がほとんどいないバンタム級以下では勝てますが、欧米人がいる階級になると勝つのが難しくなります。

スーパーフェザー級より、ライト級以上はもっとレベルが高くなり、ウェルター級、ミドル級では日本人は蚊帳の外です。

これまでのボクシングでレベルがひじょうに高い争いが何度かありました。

モハメッド・アリをジョージ・フォアマンやジョー・フレージャー達が取り巻いた世代のヘビー級、シュガー・レイ・レナードやマービン・ハグラーがいた世代のウェルター級からミドル級の戦い、(ヒットマン・ハーンズ、ロベルト・デュラン、ウィルフレド・ベニテス等)、メイウェザー・ジュニアとマニー・パッキャオが繰り広げたスーパー・フェザー級~ウェルター級での戦いがそうです。

そこには日本人ボクサーは当然入っていけません。

たとえば、当時日本で最強だった佐藤はシュトルムに左手だけで粉砕され、サンドバッグのごとく打ちまくられました。




シュトルムはWBAミドル級チャンピオンでしたが、スーパーフェザー級から上がってきたデラホーヤに負けてます。

もう少しさかのぼると、ウェルター級に日本最強の吉野というボクサーがいました。その吉野は、朴という韓国人にKOされたのですが、その朴がアイク・クォーティにこれまた左手一本で破壊されたのです。



このアイク・クォーティもその4年後にデラホーヤに敗れております。そのデラホーヤは言うまでもなく、メイとパッキャオに敗れております。

日本人ボクサーはこのようなレベルの高い階級では、蚊帳の外になり、たとえ世界チャンピオンになったとしても村田のように階級10位以下の実力しかないのです。

上の2つの動画を見れば、シュトルムもクォーティも何も特別なことをしてません。佐藤と朴の攻撃をしっかりとガードを固めて防御し、左ジャブをきちんと積み重ねているのです。

左ジャブをきちんと放つことにより、自分の距離をコントロールしているのがうかがえます。多くの日本人世界チャンピオンはこの防御・左ジャブ・距離をつくる、これら基本ができてません。

まずは、これらを世界レベルにしないといつまでたってもライト級以上では蚊帳の外でしょうね。


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ポンサクレック・ウォンジョンカムの動画を見ていましたが、日本人との対戦があまりにも多く驚きました。

浅井、内藤、本田、中沼、小松、清水、升田、亀田兄、粉川を相手に11勝1敗2分だったのですね。日本人相手に楽な防衛戦を重ねたので、17回の防衛もなんだかケチがつきますね。

逆に、ヘナロ・エルナンデスはもっと日本人と対戦したと思ってましたが、竹田と渡辺雄二の2戦だけでした。

葛西を分殺し、渡辺雄二の顎を折ったウィルフレド・バスケスも意外と少なく3勝1分(引分は六車戦)です。

日本人相手に防衛戦をやれば楽で小銭が稼げるので、たびたび日本に来て日本人キラーと呼ばれた外国人ボクサーはわりと多いのです。

アレクサンデル・ムニョスは初来日時は21戦全KO勝ちというレコードをひっさげて、セレス小林に挑戦しKOしてベルトを奪っていきました。その後も、小島、名城、本田、川嶋、相澤を破ったのですが、亀田兄に負けて日本人相手には7勝1敗でした。

また、柳明佑は喜友名、小見山、大鵬、徳島、井岡、細野相手に6勝1敗。

それ以上に日本人相手に圧勝を重ねたのは、張正九とダニエル・サラゴサです。

張正九は、大橋、伊波、倉持、渡嘉敷を相手に5勝4KOで、サラゴサは畑中、辰吉、原田に4勝。

張正九は対戦相手の全ての日本人を滅多打ちにし、サラゴサは対戦相手の全日本人を翻弄しました。

しかし、1番の日本人キラーはルーベン・オリバレスかもしれません。

89勝の中には、牛若丸原田(フィティング原田さんの実弟)、金メダリストの桜井孝雄、金沢和良、歌川善介等日本人から9勝(日本人には9戦全勝8KO)ももぎとっているのです。



上の動画は、オリバレス対金沢和良の激闘です。当時のオリバレスは45勝1分の怪物でしたが、金沢さんは死闘を繰り広げました。

私は玉砕は嫌いですが、この試合は勇気のある玉砕・根性をもって勝ちにいった玉砕と感じ、好勝負だと思っております。  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ほとんどの日本人ボクサーは、強い世界チャンピオンには挑戦しないし(できない、相手にされない)、また強い相手と防衛戦をしません。

さほど強くもないボクサーにチャンピオンの座を献上するのです。http://www.maywetherj.work/archives/50945706.html

世界のトップクラス達の戦いの輪に入っていけないのです。

フェザー級以上になると、そのことが実に顕著に現れますね。

横田、葛西、渡辺雄二を簡単に破ったのはウィルフレド・バスケスです。バスケスは、日本人ボクサーに対しては子供扱いしましたがナジム・ハメドには子供扱いされてKOされました。(ハメドはバレラに完敗してます)

ライト級チャンピオンで最弱ともいわれている畑山を簡単に下したのはラクバ・シンとジュリアン・ロルシーです。この2人は、ファン・ディアスに負けてます。(ディアスはマルケス兄にKOされてます。好勝負でしたので、下の動画をご覧ください)



ウェルター級では、吉野と佐藤仁徳の二人のボクサーは日本では無双していました。日本人ボクサー相手にKOの山を築いておりました。

そんな無敵の吉野と佐藤仁徳は韓国人の朴に簡単にKOされました。その朴は、世界に行けばアイク・クォティに左手一本で粉砕される始末なのです。(クオティはデラホーヤに負けました)

同じく当時ミドル級で最強だった佐藤幸治はフェリックス・シュトルムにこれまた左手一本で子供扱いされてます。(シュトルムもデラホーヤに負けました)

日本人を片手で粉砕したり、子供扱いするボクサーでも、マルコ・アントニオ・バレラやファン・マヌエル・マルケスやオスカー・デ・ラ・ホーヤには勝てないのです。

だから、日本人ボクサーはこのレベルのボクサーとは対戦すらできないのです。(対戦しても、先日のメイ対茄子皮のようになるでしょう。また、このレベルのボクサーは日本人と対戦となると雑魚狩のレッテルをはられます。)

そんな世界の戦いに入っていけない日本人ボクサーの中にあって、下の階級ではありますが先日井岡がドニー・ニエテスという世界レベルのボクサーと対戦しました。これは、現役日本人ボクサーの対戦相手では最強のボクサーです。だから、井岡は負けても胸をはれるのです。

ちなみに、スーパーフライ級では NO1はシーサケット、NO2がエストラーダ、その下にローマン・ゴンザレス、ニエテス、アンカハス、ヤファイが君臨しており、その下が井岡なのです。

下の階級のトップクラスのボクサー達がスーパーフライ級に終結したので、人材がそろい、レベルの高い階級となっているのです。(逆にバンタムはミニマムやジュニア・フライとともに1番レベルの低い階級)

日本人ボクサーは、西岡以来長らく世界レベルのボクサーの争いに入っていけていないので、今後の井岡の動向や活躍に期待をしております。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ