世界のボクシングと日本のボクシング

世界のボクシングと日本のボクシングとは、メジャーリーグと日本の野球以上に差がある・・・

カテゴリ: 世界のボクサー

youtubeをいろいろ見ていると、興味深いスパーリングがよくアップされてますね。

例えば、トーマス・ハーンズとマイク・マッカラムのスパーリング。

ヒットマン・ハーンズは、リーチ203cmから繰り出される長距離砲のジャブや打ち降ろしの右でKOの山を築いた5階級制覇のスーパースターです。

対するマッカラムも、49勝36KOとハードパンチャーで、ジュリアン・ジャクソンやミルトン・マクローリーやドナルド・カリーをKOした試合は有名です。

階級はほぼ同じ(ハーンズはウェルター級スタートで、マッカラムはスーパーウェルター級スタート)で、年齢もほぼ同じです。(マッカラムが2歳上)



おそらく、スパーをした時はお互いにミドル級の時だったと思います。それにしても、ヒットマンの距離は長すぎますね。対戦相手は、あまりの距離の長さにとまどうでしょう。

次に、佐藤を左手だけで子ども扱いしたフェリックス・シュトルムとK1で魔裟斗に勝利したアルバート・クラウスです。



このスーパーリングは完全にレベルが違うので、シュトルムはかなりながしている様子ですね。

シュトルムは相変わらずガードが堅固で左ジャブが鋭いですね。

そして、最後の動画は西島洋介山とジェームズ・トニー。



天才トニーを相手に西島もよく健闘してますね。

ローチはこのスパーリングについて、「素晴らしい内容のスパーだったから今でもよく覚えているよ。
ニシはクイックネスとパワーを兼ね備えていた。ただ、アゴの強さだけはちょっと疑わしかったな。」

とコメントしてました。

今回は以上3本だけ紹介致しますが、他たくさんのスパーの動画があります。

基礎がしっかりしていて実力のある日本人ボクサーは、どんどん海外でトレーニングをして強くなってほしいものですね。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

最近のコメントで才能、天才という言葉が出てきます。

海外では本物の天才ボクサーが数多くいます。その中でも、ベスト5を見ていきたいと思います。

第5位 シュガー・レイ・レナード
ウェルター級最速のスピードを誇り、5階級制覇のチャンピオンです。
ハグラーはハーンズとの一戦は伝説となっております。

第4位 パーネル・ウィテカ
ディフェンスの神様、4階級制覇のチャンピオン。
ウィテカのディフェンスは本当に凄すぎて、見とれるぐらいですね。ディフェンスの歴代トップ3にも入ります。キャリア49戦で最もタフなファイトはと尋ねられ、全てイージーだったと答えているほどです。対戦相手の中には、チャベス、ホセ・ルイス・ラミレス、アズマー・ネルソン、デラホーヤ、ティト達がいます。ちなみに、デビュー戦の相手は11戦全勝でした。

第3位 ロイ・ジョーンズ・ジュニア
元世界ミドル級チャンピオン、ライトヘビー級チャンピオン、ヘビー級チャンピオン。運動神経は抜群で、独立リーグのバスケット選手としても活躍してました。

第2位 ナジーム・ハメド
悪魔王子。ガードをしない、飛び上がってパンチを打つなどスタイルが奇抜。160cmに満たない身長でフェザー級で試合をしていたのも驚きですね。たくさんの日本人を破壊したバスケスを子供扱いした試合も圧巻でした。911のテロがなければ、バレラとも再戦したりして、もっと活躍していたでしょう。

第1位 モハメド・アリ
ヘビー級史上最速スピード、The Greatest。



フロイド・メイウェザー・ジュニアやロマチェンコでも歴代トップ5には入れないですね。

この2人は天才でもありますが、それ以上に努力・訓練の方が大きいですね。

あと、ジェームズ・トニーやザンダー・ザヤス(現在16歳)も天才ですね。

世界のボクシング界は、次から次へと天才ボクサーが出てくるので見ていて本当に楽しいですね。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクシング界を盛り上げるには、ライバル対決が欠かせないでしょう。今回は、ひじょうに盛り上がったライバル対決、そして好勝負を演じたライバル対決に触れてみたいかと思います。

アルツロ・ガッティ対ミッキー・ウォード
歴史に残る壮絶な打ち合い。タイトル戦以外でこれほどの注目度、集客力は珍しいですね。第3戦はノンタイトル戦ながらメインイベントの興行になり、チケットが入手困難だったのです。

シュガー・レイ・レナード対トーマス・ハーンズ
第1戦は、まさしく統一戦。超ハイレベルな両王者の見事な統一戦。試合内容も素晴らしく、12ラウンドまではハーンズがフリッカー・ジャブで試合をコントロールしていたが、13ラウンドにレナードが嵐の連打を放ち、14ラウンドに仕留めた。レナードはテクックだけでなく、打ち合って倒すこともできる凄みを見せ付けた一戦でもありました。



マニー・パッキャオ対ファン・マヌエル・マルケス
パッキャオの1勝2分で迎えた第4戦、マルケスの右カウンターは見事でした。

モハメッド・アリ対ジョー・フレージャー
アリに初黒星をつけたフレージャーとアリの戦いは、合計3度にわたり名勝負をつづり、今では伝説の1戦となっています。ニューヨークでの第1戦目と3戦目のスリラー・イン・マニラは、何度見ても興奮します。

他4度に渡って打ち合いを演じたイスラエル・バスケス対ラファエル・マルケス、デ・ラ・ホーヤ対モズリーも好勝負でした。

そして、エリック・モラレス対マルコ・アントニオ・バレラもメキシカン同士の熱くてハイレベルな打ち合いでした。

ライバルに恵まれた、アリ(フレージャー、ジョージ・フォアマン等)、レナード(ハーンズ、デユラン、ハグラー、ベニテス等)、パッキャオ(マルケス、モラレス等)。

一方、ライバルに恵まれなかったのでイマイチ好勝負が少なかったのが、チャベス(メルドリック・テーラーぐらいか?)やロイ・ジョーンズ・ジュニアでしょうね。


※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

ボクサーというのは、パンチ力がある相手と試合をするのは嫌なのです。また、相手にパンチがあればディフェンスの時にも恐怖心が芽生え、パンチがしっかりと見えないケースもあり、本当に厄介です。

最近の日本のボクサーでは内山が群を抜いてますが、海外ではとても多くのハードパンチャーがいるのです。

その中でもベスト3は、ジョージ・フォアマン(76勝5敗68KO)、マイク・タイソン(50勝6敗44KO)、ジュリアン・ジャクソンではないでしょうか。



ジョージ・フォアマンは、アリに負ける前までは本当に強く象をも倒すと言われてました。あのフレージャーをたったの2ラウンドで倒したのですから、驚きです。

タイソンもチャンピオンになったばかりの頃のパンチは驚異的だったが、問題児であったので、たびたびブランクを作り、そのパンチ(動きもそう)もすぐにかげりが見えてきた。カス・ダマトとジェイコブスが亡くなったのが大きかったでしょう。

ジュリアン・ジャクソン(55勝6敗49KO)は、ワンパンチで倒すので早いラウンドでのKO勝ちが多かったですね。

しかし、この倒し屋は大事な試合でけっこう負けてます。例えば、世界初挑戦の時(当時29戦全勝27KO)は、マイク・マッカラム(当時26戦全勝23KO)にKO負けをくらってますし、またジェラルド・マクラレン(31勝3敗29KO)にも2度KO負けをくらってます。

他、石の拳 ロベルト・デュラン(103勝16敗70KO)、ヒットマン トーマス・ハーンズ(61勝5敗48KO)、ウィルフレッド・ゴメス(44勝3敗42KO)、カオサイ・ギャラクシー(49勝1敗43KO)、マイケル・カルバハル(49勝4敗33KO)、ゲンナジー・ゴロフキン(38勝1敗1分33KO)といったボクサーのパンチも強いですね。

こんなボクサーとは、試合をしたくないでしょうね。

※世界のボクサーと日本人ボクサーとの壁(世界の戦いに入っていけない日本人ボクサー)
http://www.maywetherj.work/archives/53009851.html


にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

打たれすぎたボクサーには、パンチドランカーの症状が出てきます。

私は50試合以上を行ったボクサー
打ち合いを好むボクサー
打たれ強いボクサー
ハードパンチャーとの試合を5試合以上行ったボクサー
軽量級(一発で終わらないことが多いため)

以上5項目があてはまるボクサーには心配してしまいます。

エルナン・マルケスというメキシカンのボクサーがいるのですが、マルケスは5項目全てに充当しております。

戦績は43勝(30KO)10敗2分、打ち合いを好み、打たれ強く(最近は簡単に倒れます)、過去ドネア、ルイス・コンセプションと3試合(37勝26KO7敗試合)、ブライアン・ビロリア(38勝26KO6敗)、ジョバンニ・セグラ(33勝29KO4敗)、ファン・フランシスコ・エストラーダ(38勝26KO3敗)、フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(29勝21KO4敗1分)と戦っているのです。

はじめてマルケスを見たのは、コンセプションとの試合(第1戦)でした。当時のコンセプションは25歳でフライ級ながらKOの山を築きいけいけでした。

そんなコンセプションが1ラウンドから襲い掛かり、マルケスは1ラウンドにダウンを喫します。しかし、すぐにダウンを奪い返し、11ラウンドの激闘を制しTKOで破ったのです。



しかし、その後ビロリアに倒され(3度のダウン、そしてタオル。試合後に病院に直行)、セグラにも倒され、エストラーダには7度も倒され、



直近の試合のロドリゲスJr戦ではカウンターの左フックを食らって失神しました。



メキシカンは、試合数も多いし、打ち合いが多く、また同国人同士のサバイバルマッチも多く想像以上に大変です。

しかも、これだけ強いボクサーばかりにぶつけられるマルケスの身体は大丈夫なのでしょうか?  

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
にほんブログ村

このページのトップヘ